【違いを解説】DAIVの各ラインナップ特徴とおすすめシリーズの選び方

マウスコンピューターのパソコンにはクリエイター向けノートパソコンとしてDAIV(ダイブ)シリーズがあります。

この記事ではDAIVシリーズを複数レビューしたことがある著者がシリーズについて図で解説するとともに各ラインナップの特徴、選び方のポイントについてまとめました。

詳細のレビューやベンチマーク結果について、各モデルの後に個別レビュー記事を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

 

DAIVノートパソコンのラインナップ目次

以下からDAIVノートパソコンの各モデルの解説に飛ぶことができます。目的のモデルが決まっている場合はリンク先からご覧ください。

 

本文の前に

マウスコンピューターのパソコンは公式で買う前に安くする手段があります。くわしくはこちらの記事をご覧ください。

 

DAIVノートパソコンの特徴と選び方

DAIVの位置づけは「クリエイター向け」のノートパソコンです。分かりやすくするため、DAIVノートパソコンの性能面での位置づけを図にしてみました。

 

基本的にノートパソコンは大型化するほどチップセットが豪華になり、性能が上がる傾向があります。ところがDAIVシリーズに関してはそれが言えません。

特に珍しいのが「DAIV 3N」。このモデルはゲーミングのG-Tune P3にあたるモデルで、13インチとは思えないほどの非常に高性能なモデルになっています。当サイトのDAIV 3Nのレビューでも紹介していますが、CINEBENCH R20の値が1800ptsを超えており、非常に優秀。以下は計測データです。

 

もう一つ注意しておきたいポイントが色域です。以下に各モデルの色域カバー率を表にしました。

DAIV 3N DAIV 4N DAIV 5D DAIV 5P DAIV 5N DAIV
5N-OLED
DAIV 7N
sRGB 102 102 102 102 102
NTSC 72 72 72 72 72
DCI P3 100
Adobe RGB 100

(単位は%)

 

基本的に全てのモデルがsRGB 100%以上ですが、大型機はAdobe RGB100%のものも出てきます。クリエイティブ作業において重要な色域については自分が求める用途において選ぶ必要があることを覚えておきましょう。

それでは以下より具体的にそれぞれのシリーズの特徴について解説します。

 

DAIV 3シリーズの特徴

DAIV 3シリーズには「DAIV 3N」があります。DAIVのパソコンシリーズの中では最も特殊と言っても過言ではないノートパソコンです。

 

DAIV 3N

このパソコンの珍しい理由はCPUで「Core i7-8709G」を搭載していること。通常13.3インチのノートパソコンクラスならCINEBENCH R20のスコアで「1000~1500pts」がいいところですが、本PCは1800ptsほど出ています。

さらに、外部GPUとして「Radeon Vega M GH」も搭載し、クリエイティブ作業にも使えるPC。1.6kgありますが、本体がコンパクトなのでモバイル性も高いパソコンです。

コンパクトと高性能を両立したい人にはおすすめです。以下より詳細をご覧ください。

DAIV 3Nの実機レビュー

DAIV 3Nのレビュー概要 13インチハイスペックPC DAIV 3Nはかなりマニアックなノートパソコンで、13インチながらインテルCore i7-8709Gを搭載したハイスペックPCです。 なおグ ...

続きを見る

 

DAIV 4シリーズの特徴

DAIV4シリーズは14インチノートパソコンです。ラインナップには「DAIV 4N」があります。

 

DAIV 4N

DAIVシリーズの中ではこのモデルが「最も普通のノートパソコン」と言えます。軽さと性能のバランスが一般的な14インチノートPCの平均と近くなっています。

クリエイティブパソコンということもあり、広い色域とGeForce MX250を搭載しています。手を出しやすい価格なので、性能がよくモバイル性の高いノートパソコンが欲しい人にもおすすめできるモデルです。

当サイトでもDAIV 4Nをレビューしています。以下より、ご参考ください。

DAIV 4Nの実機レビュー

DAIV 4Nのレビュー概要 コスパの高いGPU搭載軽量14インチ DAIV 4Nは14インチノートパソコンとしてはほぼ最強のコスパを誇るノートパソコンです。GPU搭載パソコンでありながら、1.09k ...

続きを見る

 

DAIV 5シリーズの特徴

DAIV5シリーズには以下の4つがあります。1に近づくほど上位モデルになります。

DAIV 5シリーズ一覧

 

このDAIV 5DがDAIVシリーズの中でもメインストリームと言える商品ラインナップになります。上位モデルと下位モデルの違いは「色域」と「外部GPUの性能」となっています。

最も廉価版である「DAIV 5D」はCore i5+MX250という最低ランクの組み合わせですが、最上位はCore i7(Hシリーズ)+GTX2060となっており、さらにDCI-P3で100%カバーです。

 

DAIV 5N-OLED

有機ELディスプレイ搭載の最上位モデルです。GTX2060を搭載しており、クリエイティブ作業でも文句なしで使えるでしょう。本モデルがDCI-P3 100%です。

 

DAIV 5N

OLEDモデルの下位グレードです。有機ELが省かれた仕様になったことで色域カバー率が落ちています。

 

DAIV 5P

5NからGeForce GTX1650モデルとなり、グラフィックス性能が落ちています。

 

DAIV 5D

最廉価モデルです。CPU性能は高いモデルも選択できまですが、GeForce MX250になっているので、他のDAIVシリーズと比較してかなり割安です。色域カバーを気にしないなら、m-book K700も候補に入れておく方が良いでしょう。

当サイトではこちらのDAIV 5Dをレビューしています。以下よりご参考ください。

DAIV 5Dの実機レビュー

DAIV 5Dのレビュー概要 15インチクリエイター向けPC DAIV 5Dはクリエイター向けに発売されている15.6インチのノートパソコンです。 デスクトップ向けの高性能CPUに加え、GeForce ...

続きを見る

 

DAIV 7シリーズの特徴

DAIV 7シリーズには「DAIV 7N」があります。DAIVシリーズの中で、性能も価格も最高クラスのノートパソコンです。

 

DAIV 7N

17.3インチノートパソコンなので大型です。スペックはCore i7-9700、Ge Force GTX2080の組み合わせです。さらにAdobe RGB100%のカバー率になっています(4K対応IPS液晶を搭載しています)。

 

DAIVシリーズの違いまとめ

本記事ではDAIVシリーズのノートパソコンについてその違いと各ラインナップの特徴についてまとめました。ぜひ自分に合ったノートパソコンを見つけるようにして下さい。

またマウスコンピューターのパソコンの購入を検討している人は以下も必ずご覧ください。パソコンは高額商品なので数パーセントでも割引率が大きく変わります。

マウスコンピューター公式のキャンペーンを使って安く買う方法・コツ

もともと価格の安いマウスコンピューターのパソコンをさらに安く買うための方法、セール、注意点についてまとめています。 結論を先に言うと「マウスコンピューター公式」で買うのが一番お得です(後ほど価格比較し ...

続きを見る

 

関連記事

パソコン選びに悩んでいる人は以下の関連記事も合わせてご覧ください。

 

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)