iPhone11Pro(+無印)と値下げしたiPhoneXRの比較

2019年に発売となる新しいiPhone11シリーズ。今までよりもさらにカメラに力を入れていることで、差別化を図ったモデルになっています。

この記事では、そんなiPhone11、iPhone11 Proだけでなく、型落ちで併売となるiPhoneXRについて、どれが良いのかを比較してみました。

結論から言うと、以下の通り。

  • 日常使いがメイン:iPhoneXR
  • インスタグラム、簡易ゲームユーザー:iPhone11(購入レビュー)
  • カメラ・動画性能を求める:iPhone11 Pro

※11は公式サイトへ、XRはレビューへリンクしています。購入後レビュー追加予定

それでは、主観バリバリでくわしく説明していきます。

 

性能面でiPhone11、Pro、XRを比較

まずそれぞれの性能、仕様について比較してみました。表がこちらです。

マシンスペックを比較

差別化できているメリットについて、オレンジ色にしています。

iPhone11 iPhone11 Pro iPhoneXR
発売日 2019/9/20 2019/9/20 2018年9月12日
寸法 150.9×75.7×8.3m 144.0×71.4×8.1m 150.9×75.7×8.3m
重さ 194g 188g 194g
ディスプレイ サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.1インチ
形式 液晶ディスプレイ OLED 液晶ディスプレイ
画素数 1792×828 2436×1125 1792×828
326ppi 458ppi 326ppi
コントラスト比 1400:1 2000000:1 1400:1
バッテリー 電池容量 公式記載なし 公式記載なし 公式記載なし
ワイヤレス充電
リバースチャージ × × ×
急速充電
(18W充電器付属)

(18W充電器付属)
プロセッサ(Soc) A13 A13 A12
ストレージ(ROM) 64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB 128GB
メモリ(RAM) 記載なし 記載なし 記載なし
外部メモリ × × ×
通信 下り最大 記載なし 記載なし 記載なし
上り最大 記載なし 記載なし 記載なし
Wi-Fi a
ac
b
g
n
bluetooth バージョン 5 5 5
最大接続台数 公式記載なし 記載なし 記載なし
生体認証 指紋センサー
顔認証
光彩認証 × × ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水 IPX8 IPX8 IPX8
防塵 IP6X IP6X IP6X
ワンセグ/フルセグ × × ×
赤外線通信 × × ×
3D Touch × ×
コネクタ Lightning Lightning Lightning
OS iOS13 iOS13 iOS13

 

カメラスペックを比較

iPhone11 iPhone11 Pro iPhoneXR
超広角 画素数 1200万画素 1200万画素 -
f値 2.4 2.4 -
広角 画素数 1200万画素 1200万画素 1200万画素
f値 1.8 1.8 1.8
望遠 画素数 - 1200万画素 -
f値 - 2 -
インカメラ 画素数 1200万画素 1200万画素 700万画素
f値 2.2 2.2 2.2
備考 ナイトモード ナイトモード -

 

iPhone11とiPhoneXRの比較

スペック表を比較するとわかりますが、iPhone11とiPhoneXRは外観サイズ、重量は全く同じ。もはや同じ筐体を使いまわしたのかなと思うレベル。

他にもXRと11を比較してみると、チップがA13になっていること、カメラが増えていることの違いくらいです。

iPhone11の広角カメラは、Xperia1GalaxyS10を凌ぐ今までにない画角で撮影できるので、それ自体はメリットですが、写真を撮る人にとっては不要。

Galaxy S10の広角カメラ作例。かなりワイドです

 

また、スペック表には書いていませんが、iPhone11 Proでは防水が4mまで対応したもののその環境で使う人はほとんどいないはず(無印は2m、XRは1m)。

そう考えれば、iPhoneXRで十分な気がしますね。

 

iPhone11 Proを入れるとどうか

iPhone11 ProはiPhoneXS、iPhoneXS MAXの後継機なので、正直iPhoneXRとは比べられません。

後述しますが、ディスプレイとカメラを考えるならダントツでiPhone 11 Pro。

個人的にProモデルに関してだけ言えばカメラ機能が非常に優れているため、欲しいと思ったら確実に投資するiPhoneと思うレベルですね。

 

ディスプレイ性能面で選ぶべきはiPhone11 Pro

ディスプレイ重視で見るなら確実にiPhone11 Proを買うことをおすすめします。

理由は、残像感。僕自身はiPhoneXR、iPhoneX、iPhoneXS MAXと購入してきていますが、OLEDと液晶ディスプレイは全く別物です。

有機EL(OLED)の原理でも解説しているように、背面の発行のオンオフが100%切り替えられる有機ELは残像感がないため、iPhoneXRにすると違和感が残ります。

以下は、iPhoneXとiPhoneXRを比較した写真ですが、ディスプレイのベゼル幅が全く違います。これは液晶ディスプレイならではの弱点。

ベゼルの太さが気になる人はiPhone11 Pro一択です。

左iPhoneXR、右iPhoneXS MAX

 

ベゼルの広さに関して言えば、他の有機ELモデルと比べても明らかです。

左iPhoneXR、右Pixel3

 

カメラ性能で選ぶべきもiPhone11 Pro

Appleのスマホに限らない話ですが、最近のスマホのカメラの進歩は本当にすごい。iPhoneXとiPhoneXSは見た目が同じですが、中身のカメラははっきりいって別物でした。

参考 iPhone XS MAXのカメラ作例

 

そのため、カメラの性能で選ぶならダントツでiPhone11 Pro。

カメラが望遠、広角、超広角がついたことだけでなく、以下の3つのメリットがあります。

  • 超広角でポートレート(ボケ加工)が可能
  • ピクチャーインピクチャーの動画撮影が可能
  • ナイトモードを搭載

 

AppleのKeynoteを見ていると、特に魅力的だったのがピクチャーインピクチャー合成。カメラを同時に使う動きは今までにないものはとても魅力的。

 

子供の撮影している様子をiPhone11 Proで撮れば、これまでと別次元の楽しみ方ができるかもしれませんね。

 

インスタグラムをするなら断然iPhone11シリーズ

今回のカメラから、セルフィー機能にスローモーションが付きました。さらにインカメラが1200万画素にアップしています。

こちらは見て頂いた方が分かりやすいので、公式サイトをご覧ください。

公式 iPhone11

 

インスタグラムでストーリーを使って自撮りを上げるユーザーはiPnone11の需要はとても高いでしょう。

 

価格面で選ぶならiPhoneXRが値下げで安い

iPhoneXRは安い

値段で選ぶなら間違いなくiPhoneXRでしょう。ダントツの安さで、64,800円から購入することができます。下取りがあればさらに安くすることも可能。

2019年10月からキャリアでの割引は2万円までに制限されます。

おそらく軒並みキャリアが揃えてくるはずなので、それを考慮すると、5万円以下でXRが買える可能性がグッと上がります。

 

3D Touch問題でLINEの既読スキップができないのでXRに魅力あり

LINEに既読を残さないテクニックで3Dタッチ(感圧タッチ)を使う方法があります。これによって、相手に既読をつけずに中身を確認することができます。

iPhoneXで3Dtouchを使った様子

 

意外と便利な3D Touch機能ですが、iPhone11からはこの機能が省かれています。

LINEの既読を残したくない人、3D Touchでチェックしていた人は不便になること間違いなしです。

 

簡易ゲームをするならA13搭載のiPhone11が良い

ここまでだとiPhone11を選ぶ要素がありませんが、意外と魅力的に感じるのはA13チップが、XRと比べて+1万円で手にはいること。

しかも、iPhone11 Proよりも画面が0.3インチ大きいメリットがあります。ゲームにおいては、カメラの要素よりもCPU(チップ)の影響の方が大きく寄与するため、iPhone11はメリットが大きいですね。

ただし、映像の表現力という観点ではiPhone11 Proを選ぶべき。コントラスト比が全く別レベルなこと、そして残像感でOLEDが優位です。

 

総合的にみて選ぶなら値下げしたiPhoneXR、カメラ機能で選ぶならiPhone11Pro

スペックデータを見る限り、上でも書いたように無印のiPhone11とXRにはあまり差がありません。そのため1万円を出すかどうかは日常用途かどうかだけの判断でOK。

もし「カメラで記録を残したい」ということが目的なら、迷わずProモデルを購入するべきですね。

公式 Apple Store(iPhone)

-比較

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.