Chromebook Flip C434TAの実機レビュー

Chromebook Flip C434TAのレビュー概要

14インチの高級Chromebook

Chromebook Flip C434TAはASUSから発売されている個人向けとしてはハイエンドなChromebookで、Core i5-8200Y、もしくはCore i3-8100Yを搭載した2in1パソコンです。

5万円未満が日本の主流のChromebookに対して、本モデルは5万円以上しますがその分、性能、本体の質感が高くなっています。

Windows PCに比べると用途は限られますが、ネットサーフィンが中心ならばChromeOS(プログラム)の軽さを活かし、同価格帯のWindows機よりも熱・音が少ない快適なパソコンとして使うことができる満足度の高いPCです。

簡易スペック表

CPU Core i5-8200Y
Core m3-8100Y
RAM 8GB
ROM 64GB eMMC
32GB eMMC
画面 14.0インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測) 1405 g
Geekbench5 multi 1384

※詳細スペックはこちら

 

Chromebook Flip C434TA実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事メーカーよりお借りしてレビューしています。

 

Chromebook Flip C434TAの特徴

ここではChromebook Flip C434TAの一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

オールメタルの高い質感

ChromeOSはWindowsPCと違いOSの料金がかかりません。そのため、日本のChromebookの相場は全体的に低くなり、5万円以下が中心となっています。そのため、筐体へのコストが削減されているケースも多く見かけます。

ところがChromebook Flip C434TAは7~8万円台の価格帯で発売されるChromebookのため、筐体デザインにもコストがかけられオールメタルの高い質感となっています。

 

高性能なプロセッサ

ChromeOSは軽量なため低スペックなプロセッサでも動きますが、Chromebook Flip C434TAではCore i5-8200Y、Core m3-8100Yを搭載し、より快適な環境を作ることができる一台です。

目次に戻る⇒

 

Chromebook Flip C434TAの価格とコストパフォーマンス

Chromebookの相場観から言うと、本PCは価格としては高くなっています。またプロセッサ、メモリ、そしてROMがeMMCであることを考えると、同レベルの価格帯のWindows PCと比較すると、スペックの観点でのコストパフォーマンスは劣ると言えるでしょう。その代わり、デザイン性という基準では同価格帯のWindows PCと比べても優れていると感じます。

Chromebook Flip C434CTはChromeOSを使っている時点で単純なスペック比較は難しいですが、デザイン性という意味では同じクラスのWindowsノートパソコンよりも質感が高く、お買い得感があります。

価格情報について

現在の価格については、各通販サイトをご覧ください。

 

Chromebook Flip C434TAのスペック

今回レビューしたChromebook Flip C434TAのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2019/09/15
製品名 Chromebook Flip C434TA
型式 C434TA-AI0115
サイズ 320.9×202.3×15.9
重量(実測) 本体 1405 g
電源アダプタ 175 g
CPU Core i5-8200Y
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 64 GB eMMC
2nd -
ディスプレイ サイズ 14.0インチ
解像度 1920×1080
形式 IPS液晶
生体認証 指紋 ×
Windows Hello ×
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター ×
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth 4.0
LTEモジュール 対応の可否 -
SIMカードサイズ -
光学ドライブ -
バッテリー サイズ -
公称値 最大10.0時間

※1 詳細仕様はこちら

スペックの解説

今回レビューしたChromebook Flip C434TAは、Core i5-8200Yモデルです。プロセッサは省電力版なので、一般的なノートパソコンで使われるUシリーズと比較すると性能は落ちます。メモリは8GBでChromebookとしては最高クラス。一方、ROMのeMMCは一般的な価格を考えれば、64GBで小さめになっています。バッテリー容量は最大10時間となっており、比較的短めのスペックです。

目次に戻る⇒

 

Chromebook Flip C434TAのベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

OCTANE 2.0

Chromebookのため、ウェブブラウザのベンチマークテストである「OCTANE」にて評価を行いました。スコアは26973でした。他の結果と比較したい方は、OCTANEベンチマーク一覧をご覧ください。

 

GeekBench 5

GeekBench 5にてスコアを計測しました。multiが1384、Singleが746となっています。Chromebookのスコアを比較したい場合はGeekbench5測定結果一覧をご覧ください。

 

騒音テスト

どの操作においても騒音はほぼなく、非常に静かです。

 

Chromebook Flip C434TAの通信環境(WI-Fi)のテスト

Chromebook Flip C434TAの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全部屋で十分な通信速度が得られていますが、最長距離にあたる部屋2だけは速度の低下が大きくルーター前に対して半分以下の速度に、さらにジッターも大きく伸びる結果となりました。

特徴的なのはPINGです。それぞれ10msが多く出ていますが、スマホでWi-Fiに接続したときと比べると2~4msほど速い数値が出ています。つまりChromeBook Flip C434TAの方がレスポンスが速いと言えます。

目次に戻る⇒

 

Chromebook Flip C434TAのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDによる充電テストを行いました。18W、30W、61W、90Wで検証したところ、全てのモデルで充電が確認できました。実測は以下の写真の通りです。クリックにより拡大できます。なお、本PCは逆サイドにもUSB-PDがあり、充電対応しています。

-18W-

-30W-

-61W-

-90W-

 

Chromebook Flip C434TAの外観

天板はオールメタルで高級感のある仕上がりです。センターにASUSのロゴがあります。同社の特徴であるスピンドル加工はありません。背面も同素材でできており、高級感があります。

 

開いた様子です。内部のパームレストも同様にメタル、さらに狭ベゼル仕様で高級感があります。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

センター上部にはWebカメラがあります。

 

キーボードです。ChromeBookでは一般的な配列です。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを計測し割返して測定したところ、キーピッチは17.2mmでした。またキーストロークは1.2mmです。

 

タッチパッドは105mmとなっています。

 

右側インターフェイスです。USB-Cとmicro SDスロットがあります。

 

左側インターフェイスです。USB-C、USB-A、ヘッドフォンジャック、音量ボタン、電源ボタンがあります。

 

microSDカードは最後まで差し込めるタイプなので、挿したまま持ち運びが可能です。

 

質量を測定したところ、1,405gでした。

 

充電器込みでは1,580gとなりました。なお充電器単体では175gです。

目次に戻る⇒

 

Chromebook Flip C434TAのメリット・魅力

高級感のある一台

Chromebook Flip C434TAは一般的にChromeOSを搭載したノートパソコンの相場で見ると高いこともあり、ラグジュアリーな外観を備えています。特に、パームレストのエッジ部分の処理が美しく、見た目に優れたノートパソコンと言えるでしょう。

 

優れたタッチパッド性能

同じクラスにChromeBook x360 14cがありますが、それと比べるとよりスムーズで優れたタッチパッド性能を誇ります。マウスを使わずに外で使うことが多いなら、ChromeBook FLIP C434TAの魅力は大きくなります。

 

キーボードの入力性が高い

相場よりも高級なこともあり、キーボードの質感が高く入力性が高いことも特徴です。安物にありがちな、ペチペチなるようなキーボードではありません。

 

両USB-Cに対応

どのノートパソコンにも言えますが、USB-Cが両サイドから出ているにも関わらずUSB-PD充電には片方しか対応していないということがよくあります。しかし、Chromebook Flip C434TAは両方とも対応しており、状況に応じてどちらからも充電することが可能です。

目次に戻る⇒

 

Chromebook Flip C434TAのデメリット・欠点

14インチとしては重め

Chromebook Flip C434TAは14インチでは1.4kg台となっています(14インチWindows PCのメインストリームは1.2kg以下)。ヒンジがあるからか重くなっており、持ち運びにはWindowsの14インチに比べると不利になることが多いです(ただし、Chromebook の中では軽量です)

 

スピーカー性能は控えめ

値段帯の割にスピーカー性能は控えめで音のインパクトは小さめです。特に低音が弱いです。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Chromebook Flip C434TA
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Chromebook Flip C434TA

質感の高いハイエンドChromebookです。Celelon系に比べて、約2.5倍のベンチマーク値が出ているだけあって非常に快適。本体デザインも秀逸で持ち運びしたくなる一台です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 外観がシルバーでかっこいい
  • 開いた様子も全体的に統一感がある

 

Chromebook Flip C434TAがおすすめな人

外観が優れたChromebookが欲しい人

Chromebookの市場は低価格帯が主流であることから、ディスプレイ、外観にコストダウンの跡が見られることがよくあります。しかしながら、Chromebook Flip C434TAの場合は、値段が相場と比べて高い分、外観にもしっかりとお金がかけられていると感じました。

 

高性能Chromebookが欲しい人

Chromebook Flip C434TAはCore i5-8200Yを搭載したノートパソコンで、一般的にChromebookで搭載されていることが多いCeleron Nシリーズと比較すると高性能でスムーズな動作が可能です。

 

Chromebook Flip C434TAがおすすめではないタイプ

Chromebookに安さを求める人

やはり相場観から見れば、Chromebook Flip C434TAは高めです。個人的にはそれなりに高いほうがより快適に使えるのでおすすめですが、Chromebook自体に安さが求められるケースが多いので、そういった人から見れば弱点になります。

 

高性能かつコスパを求める人

外観と重さはさておき、高性能とコスパを求めるならChromebook x360 14cの方が良くなります。こちらはCore i5-10510Uを搭載しており、ベンチマーク結果を比較してもより高性能になっています。それでいて値段はほぼ同じなのでこちらも合わせて検討しておきましょう。

 

Chromebook Flip C434TAのカスタマイズ・モデルの選び方

このモデルにはCore-m3モデルとCore i5モデルがあります。どちらを選んでも、ChromeOSとしては十分な性能を誇るためスペック面の最低ラインは十分クリアしています。著者の意見としては、せっかく高性能Chromebookを購入するなら、価格差も少ないですし、Core i5を購入するほうが良いのではないかと感じます。

 

Chromebook Flip C434TAの実機レビューまとめ

レビューしてきた中で最高の一台

結論

Chromebook Flip C434TAは、高い性能を持つプロセッサを備えた一台です。もともとのChromeOSの軽量さと合わさることでよりスムーズな動作を実現することが可能。

さらに外観にもコストがかけられていることもあり、見た目の良さ、キータイピング、タッチパッドの快適さなど人が触れるところの質感が高いことも魅力となっています。

多少値段は高いですが、それを補う十分な魅力があるので買いの一台と言えるでしょう。

 

Chromebook Flip C434TAを安く買う方法

Chromebook Flip C434TAはASUS公式サイト、Amazon、楽天などの通販サイトで取り扱いがあります。2モデルしかないため、公式サイトであえて買う必要はありません。通販サイトで価格とポイント還元率を調べて購入すると良いでしょう。さらにASUSのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめているので参考にしてください。

ASUSでクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

ASUS(エイスース)のパソコンは他社と比べて、コスパが高くなっています。特に2020年に入ってから、性能と安さを兼ね備えたモデルを多く出しているため、「現行が安い」+「型落ちモデルも安い」とユーザー ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)