IdeaPad C340(15)の実機レビュー

IdeaPad C340(15)のレビュー概要

第10世代も選べる15.6インチPC

IdeaPad C540(15)は15インチサイズのノートPCを低価格で求める人にちょうど良いパソコンです。

第8世代だけでなく、内臓GPU性能が強化された第10世代のCoreを選ぶことができます。

光沢ディスプレイなので、エンターテインメント性が高いこともポイントの一つ。

コスパがいいだけにチープな部分もありますが、事業所用であったり、家庭にとりあえず全てをこなせるノートPCをできるだけ低価格で欲しいといった人には、ちょうど良い選択肢です。

簡易スペック表

CPU Core i3-8145U
Core i3-1005G1
Core i5-8265U
Core i5-1035G1
Core i7-8565U
Core i7-1065G7
RAM 4~16GB
ROM 128GB~1TB SSD
(NVMe)
画面 15.6インチ
GPU CPU内臓UHDグラフィクス
インテルIris Plus グラフィクス
(CPU末尾にG〇が付くもののみ)

詳細仕様書(公式)

公式サイトで見てみる

 

IdeaPad C340(15)実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人で安く買いたい人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本機はLenovoさんよりお借りした上で実機レビューを行っています。

IdeaPad C340(15)の特徴

低価格でローエンドからハイエンドまで取りそろえる

IdeaPad C540(15)では、Core i3からi7までのラインナップがあります。IdeaPad S540(15)のようにグラフィックボードが載っているモデルはないものの、カスタマイズ性があるのは嬉しいポイント。

グラフィクス性能を上げるなら、第10世代のチップセットを選ぶという方法もあります。

それでいて最高スペックに設定しても価格は12万円以下。15.6インチは安くなることが多いですが、それでも国内メーカーと比較すると、破格と感じます。

 

光沢のあるディスプレイ

以前レビューしたIdeaPad S540は非光沢ディスプレイモデルでした。このC340(15)は光沢液晶となっています。

 

360°回転できるヒンジ設計

LenovoのYogaシリーズのようにこの製品では360°回転できるヒンジを備えています。光沢液晶の方が映像は綺麗に見えるので、360°を使っての動画視聴は相性が良くなります。

外観でも掲載していますが、15インチディスプレイの360°は迫力があります。

 

タッチパネルに対応

360°ヒンジでタブレット化することができるため、タッチパネルに対応しています。

 

ペンが付属

タッチパネル対応していることもあり、Active Penが付属しています。360°回転できる仕様なのでペン入力が容易です。

 

ペンは電池式で持ち手に2ボタンが付属するタイプです。

目次に戻る⇒

 

IdeaPad C340(15)のスペック

今回レビューしたIdeaPad C340(15)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック

発売年度 2019年
サイズ 364mm×250mm×20.5mm
CPU Core i5-8265U
GPU インテルUHDグラフィックス
メモリ 8GB
ディスプレイサイズ 15.6インチ
ディスプレイ 1920×1080
記録方式 256GB
生体認証 指紋認証
フロントカメラ 720万画素
プライバシーシャッター有
リヤカメラ なし
SIMカードサイズ 対応無し
LTEモジュール 非対応
重量 2.0kg
光学ドライブ なし

※レビュー製品以外の仕様書はこちら

 

スペックの解説

IdeaPad C340(15)は、Corei3~i7からありますが、レビューしたものは第8世代Core  i5でメモリは8GBのものです。Core i5であれば、ちょっとした事務作業も楽々こなすことができます。

SSDですが、容量は少なめの256GB。ただしカスタマイズにより最大1TBまで増やすことができるため自分の環境に合わせて直販サイトからカスタマイズで申し込むようにしましょう。

フロントカメラは物理シャッターを搭載したモデルです。

目次に戻る⇒

 

IdeaPad C340(15)の外観

IdeaPad C340(15)は天板がシルバーになっています。素材はおそらくプラスチックですが、塗装が上手くされていて、一見金属に見えます。

 

横から見ると本体とディスプレイの閉じた面が上手くフラットになるように設計されています背面はこちら。センター部に大きく排気穴が空いています。

 

右側面はUSBコネクタが2つ、フルサイズのSDカード挿入口が1つあります。

 

逆側には3.5mmイヤホンジャック、USB-C、HDMI、ACアダプタの挿入口があります。

 

開いてみた様子がこちらです。

 

光沢ディスプレイになっていて、1920×1080でもきれいに映る印象です。

キーボードはこちら。Lenovoでよくあるパターンで英字キーボードを日本語用に直したキーボードになっています。テンキーは付属していません。

 

配列的には違和感はないため、使い勝手の面では気になりません。エンターキー周りはLenovoおなじみの特殊配列です。エンターと「む」が繋がっていたりします。

 

キーストロークは浅めです。音は少し大きく気になるかなと感じました。

 

タッチパッドです。ほぼセンターにあります。Lenovoらしく、さらさらとしていて使い心地が良いです。

 

右側に指紋認証を搭載しています。360°回転して立てた状態がこちらです。大きいので迫力があります。光沢ディスプレイと相まって、エンターテインメント性が高そうです。

 

ディスプレイはこちら。ベゼル幅は大きく感じますが、光沢ディスプレイの没入感があるせいかあまり気になりません。

 

下部ベゼルは大きくなっています。

 

フロントカメラがこちら物理シャッター付きです。赤ぽちは閉じた状態です。

目次に戻る⇒

 

IdeaPad C340(15)の通信環境のテスト

ノートパソコンのため、テザリング環境にて通信テストを行いました。UQモバイル回線でPixel4を用いています。テストは12:00に行いました。

高速通信ができています。

 

合わせてこちらがBNRスピードテスト(画像読み込み版)です。19.74Mbpsとこちらも高速なテスト結果が得られました。

目次に戻る⇒

 

IdeaPad C340(15)のメリット・魅力

コスパがよく最上位でも12万円を超えない

IdeaPad C340(15)の最大の魅力はやはりコスパと言えるでしょう。Core i7モデルで16GBメモリを搭載しても12万円を超えません。15インチPCの中でも破格値と感じます。

 

光沢・大画面・360°ヒンジのエンターテインメント性

2つめのメリットは、エンターテインメント性が高いこと。動画視聴やゲームをするなら、光沢ディスプレイの方が没入感が高まります。

360°ヒンジを使えば視聴時にキーボードが見えない点もメリットになりますね。

 

第10世代Ice Lakeプロセッサーを選べる

現在(記事執筆時)、第10世代と第8世代は混在している状態です。第10世代はかなり性能が良くなっているということもあり、選択できるメリットは大きいと言えます。

 

プライバシーシャッターを搭載

2019年ごろからLenovoでは標準搭載になってきていますが、プライバシーシャッターは実用性が高い物理的セキュリティ機構です。

セキュリティを重視する会社ではプライバシーシャッターを必須にしているところを聞いたこともあるため、機能として標準搭載しているのはメリットが大きいと言えます。

目次に戻る⇒

 

IdeaPad C340(15)のデメリット・欠点

クリック音が大きい

弱点に感じたこととして、タッチパッドのクリック時の音が「カチッ」としてかなり大きいと感じました。Lenovo製品の中で、最も大きなクリック音と思ったほどの印象がありました。

 

キーボード音も大きめ

キーボード音も比較的大きめです。同じキー配列ではC630を保有していますが、こちらはしっとりした打ち心地なのに対して、カチャカチャした打ち心地で少しチープなイメージを持ちました。

 

テンキーなし

本機種ではテンキーはありません。15インチモデルはテンキー有りも多いので、表計算ソフトなどを使う場合はそちらを選んでも良いでしょう。

 

スピーカーの音がイマイチ

主観的な評価で恐縮ですが、かなりこもった音がする印象です。音を楽しむためのパソコンではありませんが、もし再生することが多いなら別途スピーカーを用意したほうが良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

IdeaPad C540(15)
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC編集部 on IdeaPad C540(15)

15インチのコスパに優れる大画面PCです。最高スペックにカスタマイズしてもお値打ちなところが嬉しい。

ただ、タッチパッドのクリックに不満があったり、スピーカーの音がこもったりしているので、値段の安さは出ているかなと思いました。

ローエンド側の価格が安いので、安いパソコンが欲しい!という初心者向けです。

 

IdeaPad C340(15)がおすすめな人

入門者向けのノートPC

IdeaPad X340(15)は初心者向けのノートパソコンだと感じます。特に一番のポイントは、コストパフォーマンスと15インチであること。

個人的な意見ですが、ノートパソコンを初めて使う人は画面が大きい方が良いです。そちらの方が慣れやすいからです。

また、初心者ほどパソコンにスペックを求める必要はありません。この両方の要件を満たすことを考えると、15インチの低価格PCは魅力的に映る一台です。

 

動画も楽しみたい人

360°ヒンジと光沢ディスプレイは動画視聴に活躍します。15.6インチもあるため、迫力があることもメリットの一つですね。

amazonプライムやHuluといったVODは、テレビだけでなくスマホ、パソコンで楽しむことも可能です。

その際、このディスプレイ構成はエンターテイメントに役立つと言えるでしょう。

 

 

IdeaPad C340(15)がおすすめではないタイプ

モバイル性を重視する人

IdeaPad C340(15)は本体重量が2.0kgあります。15インチでは標準ですが、もう少し軽いタイプを選んでもいいかもしれません。

 

テンキーが欲しい人

15インチはテンキー付属のモデルも多々あります。このモデルには無いので要件を満たしません。軽さとテンキーの観点から言えば、同じLenovoのIdeaPad S540が良いです。

第10世代の末尾G〇モデルは選べませんが、グラフィックボード搭載モデルを選択することも可能です。

 

動画編集までバリバリやりたい人

動画編集をこなしたい人は、最もハイスペックな仕様にしたとしても仕様的に要件を満たさなくなる可能性があります。

将来的に動画編集も考えているのであれば、ThinkPad X1 Extreme、もしくは別メーカーですが、X571GT-AL203TSを候補に入れてみてもいいかもしれません。

 

IdeaPad C340(15)のキャンペーン・最安値で買うために

IdeaPad C340(15)に限りませんが、Lenovoの製品は実は「どこから公式サイトに入るか」によって、製品の価格が変わります。

最も安く買う方法については、以下のページで解説しているので、参考にしてください。

参考 Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーンで最大限安く買う方法・コツ

 

IdeaPad C340(15)の実機レビューまとめ

コスパ良い大画面PC

結論

ASUSの限定モデルであるIdeaPad C340(15)は、コスパに優れたハイスペック15.6インチノートPCです。

定価で20万円切りは破格と言っても良いでしょう。重いことが弱点ですが、家庭内の仕様をベースにするなら、コネクタ類の拡張性を考えても、候補に積極的に入れるべきPCです。

公式サイトで見てみる

-パソコン・ノートパソコン
-,

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.