【体験談レビュー】使って分かったマイネオの全てと口コミ(メリット・デメリット、キャンペーン)

mineoレビューの概要(ポイント)

SNS系最強の格安SIM

au回線から始まった格安SIM。関西電力系のオプテージが運営。

マルチキャリアでどこの回線でも取り扱っており、各回線への変更が簡単で引っ越しが多い人に有利。

また電話オプションが充実しており、かけ放題から時間定額まで選べます。

長く運営している老舗なので、安定感はありますが、キャンペーンが少ないのが欠点。

管理人の評価

速度
キャンペーン
端末の充実度
解約のしやすさ

投稿口コミはこちら

 

マイネオレビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。すでに契約検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューは実際に契約の上行っています。

 

mineo:マイネオとは?

オプテージ(旧ケイオプティコム)が運営

マイネオは、関西電力系の光通信会社「オプテージ」が運営しています。関西の人だと、eo光と言った方が馴染みがあるかもしれません。東海だとLIBMO、九州だとBBIQが同じような立ち位置の、地域型の通信会社ですね。

 

2019年3月の調査でシェア2位

「関西がメインの会社なんだったら、シェアが小さそうな感じがする」と思うかもしれませんが、マイネオのシェアは2019年3月のMMD調査で2位。

格安SIMが始まった初期からやっているサービスなので、ユーザー数がかなり多くいます。ユーザー数が多いのは安心感がありますね。

 

もともとはau回線だけだったがマルチキャリアに

マイネオはもともとau回線しか取り扱いがありませんでした。

ところが、ドコモ回線、そしてソフトバンク回線も取り扱うようになり、日本で初めて3回線を取り扱うマルチキャリア格安SIMとなりました。

メモ

ちょっと上級者向けのお話ですが、マイネオは契約後も簡単に回線を切り替えられる格安SIMです。引っ越しなどで今使っている電波が悪くなった時に、他に簡単に変更出来ちゃいます。

 

料金プランは回線違いで3種類

マイネオのプランは回線違いで、ドコモ、au、ソフトバンクの3種類あります。それぞれの料金プランは以下のようになっています。

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
500MB 1,400円 1,310円 1,750円
3GB 1,600円 1,510円 1,950円
6GB 2,280円 2,190円 2,630円
10GB 3,220円 3,130円 3,570円
20GB 4,680円 4,590円 5,030円
30GB 6,600円 6,510円 6,950円

※音声通話SIM(データSIMは mineo 公式をチェック)

 

回線によって、若干値段は違いますが基本的にほぼ同じ。データ容量でそれぞれの月額の料金プランが決まっています。

 

電話オプションが豊富

マイネオは、他の格安SIMと、電話のオプションが比べて充実しています。並べると以下の通りです。

マイネオの電話オプション

  • 10分かけ放題
  • LaLaコール(IP電話)
  • 通話定額オプション(30分/60分)

 

マイネオがすごく良いと思うポイントの一つがこの電話オプション。特にIP電話か、10分かけ放題か選べるのは大きいですね。

ちなみに、格安SIMはかけ放題が10分か5分になっているパターンがありますが、マイネオは10分なのでお得です。

 

料金に悩む人の料金シミュレーター

「マイネオで実際に使うにあたって本当に安いかどうかがイメージできないなぁ・・・」という人に、ぴったりなのが料金シミュレーションです。

過去、格安SIMの中でも早くシミュレータを出したこともあって、かなりわかりやすく、しっかりとしたツールになっています。

mineo 公式サイトで実際のデータ使用量に合わせて、基本料金を比較することができます。

 

実際に公式の mineo のサイトでシミュレーションでどれくらい安くなるか、試してみると良いでしょう。

 

mineo(マイネオ)のメリット・利点

ドコモ、au、ソフトバンクから選べるトリプルキャリア

マイネオの強みは、3キャリア全ての回線に対応していること。場所によってはドコモの電波が良くても、auの電波が入らないなどがあります。

トリプルキャリアは、自分の好きな回線に簡単に変更できるメリットがあります。

しかも、変更はネット上のマイページからの申し込みで1分程度でできるのでとても楽ですよ。

 

これが一番役に立つのは、引っ越しや転職の時。電波状況が変わっても一番良い電波に回線を切り替えられます。

 

マイネオのもう一つの強みはmineoキャリア決済

格安SIMのほとんどがキャリア決済には対応していません。そんな中で、マイネオはドコモプランで対応しているメリットがあります。

スマートフォンで課金をよくする人には、便利な機能ですね。ただし、使えるのはGooglePlayのみ。iPhoneでは使えないので注意してください。

他社の対応状況

格安SIMのドコモプランで対応しているのはマイネオと楽天モバイルくらい。auプランでUQモバイルが対応してるくらいだね。

 

マイネオはアンテナショップが優れている

格安SIMも家電量販店でドコモやソフトバンクと並んでいるのを見かけるようになりました。

ところが、公式のアンテナショップを持つ店はまだまだ少ないです。そんな中マイネオは渋谷や大阪グランフロントに公式アンテナショップを持っています。

特に渋谷は1棟まるまるマイネオストアになっており、4階はユーザーだけが利用できる「VIPルーム」があります。

 

マイネオのデメリットについて

平日12:00~13:00と通勤、帰宅時間は通信速度が特に遅くなる

mineo(マイネオ)だけでなく、格安SIMの最大の弱点がこの「平日12:00~13:00と通勤・帰宅時間の速度の低下」です。

この時間は、仕事の昼休みに入る人が多い時間帯で、通信速度がガクンと落ちてしまいます。

スピードテストしたデータが下のグラフ。早い時間帯は100Mbpsを超える時間があるため、すこしわかりにくいですが、12-13時の速度低下は特に大きく、1Mbpsを切ります。

 

1Mbps以下のスピードでは、Twitterくらいなら可能ですが、インターネットをサクサク見ることはできません(動画はほぼ見れません)。

ただし、遅くなるのは「平日の昼と通勤・帰宅時間」です(休日や祝日は問題なし)。この時間をのぞけば、YouTubeのハイビジョンや、動画アプリ(例えばHulu)も全く問題なく見ることができます。

注意ポイント

速度低下がイヤな場合は、UQモバイルを選びましょう。全時間帯で速いです。

 

mineoの平日昼間以外の速度変化と設備増強について

マイネオは平日の昼間に速度が落ちます。これは格安SIMのユーザ数と設備状況が関係しています。

マイネオはdocomoやauから回線を借りて運営しているのですが、ユーザー数が増えると回線を増強(設備増強)をする必要があります。

この設備増強のやり方は格安SIMの会社によって違っていて、ユーザーが増えて苦しくなったら一気に増やすタイプと、細かいタイミングで増やすタイプがあります。

 

マイネオは後者で、細かい感覚で設備増強をしているタイプ。速度が急激に速くなったり、遅くなったりしにくい格安SIMと言えますし、実際に使っていても、ほぼ差を感じません。

速度が極端に速くなる分には問題ないのですが、極端に低い時期があると、使っていてストレスがたまることがあります(他にはこういう会社もあります)。

豆知識

マイネオのファンサイト「マイネ王で設備増強のアナウンスをしています。

 

auスマホはSIMロック解除をしないといけない可能性

au VoLTE対応端末は、SIMロック解除して使う必要がある場合があります。XperiaZ4、GalaxyS6 edgeなど2015年夏モデル以降が対象です。

SIMロック解除をする必要があるかどうかはこちらで確認することができます。必ずチェックしておきましょう。

 

auプランの3Gエリアは使えない

mineo(マイネオ)は、auプランの場合、3Gの電波が使えません。ただ、私が住んでいる地域もだいぶ田舎ですが、3Gが繋がらないデメリットは全く感じません。今はほとんどが4Gですよね。

 

10分かけ放題は「mineoでんわアプリ」からかける必要あり

mineoでかけ放題を使う場合には「mineoでんわ」を設定する必要があります。設定自体は簡単で、専用アプリをインストールして、そこから電話をかけるだけです。

mineoでんわ ~スマホの通話代をおトクに!~

mineoでんわ ~スマホの通話代をおトクに!~
開発元:OPTAGE Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

mineo(マイネオ)でかけ放題を利用しない場合の、通話料金は税抜き40円/分です。25分話しただけで、1,000円です。

電話が多い人は、

  • 電話のかけ放題に申し込む
  • 専用のアプリ「mineoでんわ」から発信する

という2点はかならず気を付けておいてください。

 

Apple Watchのワンナンバーシェアが使えない

第三世代のApple Watchで3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)の場合、「ワンナンバーシェア」というオプションが利用できます。

ワンナンバーシェアは、スマホに掛かってきた電話をApple Watchしか持っていない状態でも受けられる機能。ランニング中にApple Watchだけしか持っていない場合に便利ですね。

ただし、マイネオに限らず全ての格安SIMではワンナンバーシェアは使えません。

 

支払いはクレジットカードが基本

支払いはクレジットカードが基本です。ただし、関西のインターネットサービス「eo光」を口座振替で支払っている場合のみ口座振替の適用が可能です。

以下であれば、口座振替は対応可能です。

口座振替ができる格安SIM

※LINE Payによる支払い

 

MMS(マルチメッセージサービス)が使えない

マイネオではMMSは使えません。ただし、「Swingmail(スウィングメール)」というアプリを使えばチャット形式にできます。

 

一部の格安SIMからmineoへMNP乗換ができない

格安SIMの提供会社の中に、四国電力系子会社のSTnetが運営する「Fiimo(フィーモ)」と、九州電力が運営する「QTモバイル」、「テレビトクシマ・スマホ」という会社があります。

QTmobile公式より引用)

 

これら3つの格安SIMから、mineo(マイネオ)へはMNP(ナンバーポータビリティ:番号そのまま)による転入ができません。

これらの格安スマホを使っている人は、ほとんどいないと思いますが、念のため書きました。

 

マイネオを使った体験談

○:4年間ほぼノートラブル

マイネオをはじめ、格安SIMはキャリアの月額料金に比べて5,000円ほど安いので、どうしても「安かろう、悪かろう」のイメージがある人が少なからずいると思います。

私も同じように思っていました。

しかし、実際に2年使ってみて通信障害が起きるといったトラブルは、まだ格安SIMが始まった当初(2015年の4月ごろ)に1回あったくらいで、それ以降は一度も出くわしていません。

 

○:対応端末が最も多く、回線切り替えが楽

ドコモ、ソフトバンク、au対応の全キャリア対応になったので、スマホがそのまま使える対応端末が最も多い格安SIMになりました。

キャリアの端末ならほとんど使えますが、自分の端末が使えるかどうかは mineo の公式HPで、ちゃんとチェックしてみてください。

 

○:iPhoneも使える

2年間使ってきたうちの半分はandroid、半分はiPhoneで使ってきました。現在、私はiPhone11 Proで使っていますが、快適そのものです。

 

〇:マイネオは十分な通信速度がある

マイネオは安い分、キャリアよりも通信速度が落ちます。それでもインターネットを見たり、漫画アプリを読んだり、ゲームをしたり、YouTubeを観たりと言った普段の用途で通信速度に困ることはまずありません。

私はネット関係の仕事をしていることもあって、スマートフォンを人よりも使っている時間が長いと思いますが、その中で使う分には不満はほとんどありませんね。

 

〇:テザリングが無料で使える

スマホとパソコン、タブレットを繋ぐテザリングが無料でできるのも大きなポイントですね。

外で仕事する場合に助かります。

ポイント

大手キャリアはテザリングで料金がかかるケースがあります。時期やプランによって、料金が変わるため各社のサイトでテザリングの料金はよく確認してください。ドコモソフトバンクau

 

〇:地震警報もきちんと受信できる

みなさんもスマートフォンで地震警報を受信することに一度は出くわしたことがあると思います。

マイネオでは、あの地震警報もきちんと受信できます。訓練警報でしたが、実際に受信したのがこちらです。

 

〇:音声通話の選択肢が多い

使う人によって、音声通話のオプションプランが選べるのがマイネオの特徴。

電話のオプション

  • かけ放題プラン
  • 通話定額サービス(30分,60分)
  • LaLaコール(050から始まるIP電話)

 

電話かけ放題について

かけ放題プランの特徴は、次の通り。

かけ放題の特徴

  1. 月額料金850円
  2. 10分以内なら何度でも無料
  3. 電話番号は090,080発信
  4. 通常の音声回線を使用しているため「高品質」

 

これらの中でも、マイネオ電話は090,080で発信できるため、「相手を混乱させない」という大きなメリットがあるでしょう。

電話回線を利用した電話なので、途切れることもなく高品質ということも、メリットの1つ。このマイネオ電話に加えて、これまでの通話プランもちゃんと残っています。

 

LaLaコールについて(IP電話)

LaLaコールの料金プランを見ていただくとわかりますが、固定電話にかける料金が3分8円と、とても安い。

そのため、「美容室や、ディナーの予約や、市役所や保育園への電話」の時に使うようにしています。

 

通話定額について

マイネオには、いわゆる「無料通話」のような電話パックがあります。30分:800円、60分:1600円(税抜)で使えるサービスです。

ただ、ちょっと値段が高め。他の二つのプランに比べると、完全に見劣りしてしまいます。

 

〇:マイネ王の存在が頼もしい

マイネオが回線数を伸ばした理由の一つにマイネ王の存在があります。

マイネオ自体がユーザーに優しいこともありますが、それに加えてユーザー同士のアドバイスがマイネ王の掲示板で活発に行われています。

わからないことがあれば、ネットで調べるのももちろんアリですが、マイネ王にも答えがあることが多いので、私も色々と見ることがあります。

ちなみに、回答することによって、通信データ(ギガ)がもらえたりもします。コミュニティが盛り上がる仕組みこそマイネオさんのすばらしさです。

 

〇:コミュニティで助け合うフリータンクが素晴らしい

フリータンクもマイネオの大きなメリットのうちの一つです。21日以降になれば、最大1GB借りることができるので、「今月は容量が足りない!」という時に本当に助かります。

ポイント

本来21日にマイネオのフリータンクの引き出しが可能になるのですが、熊本地震があった時に、「フリータンクの引き出し日程を早めた」ことがありました。災害は無いに越したことはありませんが、有事の際、即座に対応していたのが印象深かったと、同時にフリータンクという仕組みの良さを感じた出来事でした。

 

マイネオはSIMフリーパソコンが使いやすい

マイネオにはデータ専用SIMがあります。このデータ専用を使って、SIMフリーパソコンに接続することができます。

 

格安SIMは会社によって異なりますが、「データシェアできるもの」と「シェアできないもの」があります。

マイネオは繰り越したデータ量をすべてシェアする機能があるため、スマホで余ってもパソコンで使いまわすということが可能。データシェアができれば、複数SIMでも共有が楽になるメリットがあります。

 

×:特定の時間帯の通信速度低下が改善されない

キャリアに比べれば、料金が安いのであまり文句を言えない部分ですが、相変わらず昼間(12:00~13:00)の通信速度は、docomoプラン、auプランともに遅いです。

また、昼間の通信速度制限に加えて、最近、ラッシュの電話での速度低下が激しい気がします(昼間ほどではありません)。

一言

マイネオに限らずこれは格安SIMでは、しょうがないこと。もし速度低下が嫌なら、ワイモバイルUQモバイルを使うことをおすすめします。この2つはめっちゃ速いです。

 

×:キャリアメールに弱点有り

マイネオメールはセキュリティが低い

これもマイネオに限らず、格安SIM全体に言える話ですが、マイネオのキャリアメールはセキュリティが低い設定になっています。

そのため、2つの問題があります。

マイネオメールの弱点

  1. ガラケーのメールで弾かれる恐れがある
  2. 銀行のパスワード忘れ用のメールアドレスに登録できない

 

もし、この2つに該当するならキャリアのまま使うか、UQモバイルのようなサブブランド系の格安SIMを使う必要があります。

 

×:MMSに対応していない

マイネオのキャリアメールはMMS(マルチメッセージサービス)に対応していません(MMSについてくわしくはこちら)。

もしMMSのようなチャット形式でキャリアメールをやり取りしたい場合はSwingmailを使いましょう。以下で設定方法を解説しています。

 

マイネオがおすすめなタイプ

引っ越しが多い人

引っ越しが多い人はマルチキャリアに対応したマイネオは有利です。どの回線でもマイページから簡単に乗り換えができるため、引っ越し先で電波が悪くなっても、他の回線に簡単に乗り換えられます。

 

スマホが苦手な人

スマホが苦手な人はマイネオを選ぶと良いです。理由はアンテナショップが多いから。格安SIM系の中でも多いので、いざ困ったときに聞きやすいメリットがあります。

 

みんなの口コミ

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

mineo
Average rating:  
 13 レビュー
by みあ on mineo

格安simの会社の中では一番よいと思う。しかし通信速度というか時間帯によってはまったく繋がらない。外ではあまりネットしないまたはポケットWifiを使う方におすすめ。

by みき on mineo

料金プランがシンプルで分かりやすくて安いのはいいのですが、平日のランチタイムの時間はほぼネットは使い物になりません。LINEの送受信は不自由なくできますが、画像や動画を閲覧するのは、遅すぎて無理です。それ以外の不満は特にありません。

by zoid on mineo

ギャラクシーS9を使ってます。動画を見なければストレスなく使えるかなと思ってましたが、正直遅いです。制限解除すればサクサクかと思いきや、そうでもありません。安いのでこれからも使いますが、値段相応のものです。お勧めはしません。

by かわら on mineo

時間帯によっては、もっさりすることもありますが、料金が安いので相応だと思っています。
金額を押さえたかったので、その点で満足しています。

by くりりん on mineo

非常に使いやすいです。とくにマイネ王のふりータンクは21日以降最高1ギガまでもらうことができ、使いすぎた付に助かってます。朝一番などネット環境が悪いときがありますがそれ以外はあまり不満がありません。カスタマーセンターの対応もいいです。

by 肉まん on mineo

他の格安SIMと比較して公式サイトでの説明の分かりやすさや、導入のハードルの低さは強く感じました。
一方で昼の時間帯には速度が非常に遅くなるので、Wi-Fiに接続するなどの工夫が必要と感じました。

by やーまん on mineo

懸念していた不安などはこれといって気にならなかった。
大手キャリアの料金と比べて2~3分の1で価格は申し分ない。
マイネオの公式サイトではチャットで質問などもできるのでユーザビリティが高く個人的には満足だ。

by まる on mineo

会社員、motoG6使用。
速度が比較的早いという口コミを見てBIGLOBEから乗り換えましたが、通勤、お昼休みの時間帯共に速度が遅く、またBIGLOBEに戻ろうかと考え中です。

by kk on mineo

mineoを利用してから早5年が経ちますが、コスパは非常にいいと思います。通話料も含めて2,000円以下はありがたいです。勿論自宅ではwifiが絶対要件ですが。言うなれば、いい加減、お昼の時間の速度は遅いので、その点だけそろそろ改善してほしいと思います。

by マロンチョコ on mineo

大手の携帯会社の更新時期と重なっていており、前から気になっていたmineoを利用しました。

がっかり点は通信速度です。料金が安いため多少の我慢が必要かと思っていましたが、それ以上に速度が遅く困りました。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 

 

ドコモとの料金比較

マイネオのプランは他社とは少し違っていて、利用する回線ごとに「Aプラン」「Dプラン」「Sプラン」の3つに分かれており、それぞれ料金も異なります。

ここではドコモとの比較を行うので、ドコモ回線を利用した「Dプラン」との比較をしていきましょう(ドコモは音声通話つきのプランなので、マイネオも音声通話つきの「デュアルタイプ」で比較します)

一人暮らしの場合(セット割なし)

マイネオ
プラン名 Dプラン
基本データ 容量(月) 500MB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
月額料金 1,400円 1,600円 2,280円 3,220円 4,680円 6,600円
2年間の料金 33,600円 38,400円 54,720円 77,280円 112,320円 158,400円
通話料 20円/30秒
ドコモ
プラン名 ギガライト ギガホ
基本データ 容量(月) 1GB~7GB 30GB
月額料金 2,980円~5,980円 5,980円 (7か月目から6,980円)
2年間の料金 71,520円~143,520円 161,520円
通話料 20円/30秒

 

マイネオは容量ごとの定額制で、一番小さいプランは500MBで1,400円。それに対して、ドコモはギガライトの1GBで2,980円。

最小プランで使おうと思うと倍以上料金が違う上に、マイネオの6GBよりもまだ高い。

また、格安SIMは容量の小さいプランが安い代わりに大容量プランは高い、もしくは扱っていないことが多いのですが、マイネオの30GBはドコモのギガホよりも安く設定されています。

一人暮らしで家族割やネット回線とのセット割がない場合、どれくらい容量を使うにしても、マイネオの方がお得というわけですね。

 

家族で使う場合

20GBまでのプランなら家族でもマイネオの方が安い。だけど30GBプランを家族で使う場合に限っては、ドコモの方が安くなります。

まず、こちらが家族割引について。

マイネオ ドコモ
名称 家族割引 みんなドコモ割
上限・範囲 ・最大5回線 ・3親等以内の親族 ・最大20回線 ・3親等以内の親族
内容 ・2回線以上で 一人当たり毎月50円割引 ・2回線の利用で 両回線とも毎月500円割引
・3回線以上の利用で 各回線が毎月1,000円割引

 

マイネオの家族割は、5回線全部埋まったとしても、全員合わせて250円の割引にしかなりません。

ただしマイネオは元々の料金、特に大容量以外のプランが安いので、家族割が少なくてもトータルコストはドコモより安くなります。

家族4人、それぞれが最小プランを使う場合(セット割なし)

マイネオ ドコモ ギガライト
データ容量 500MB 3GB 1GB
月額料金 (割引前) 5,600円
(1,400円×4)
6,400円
(1,600円×4)
11,920円
(2,980円×4)
家族割 (月額) 200円 (50円×4) 4,000円
(1,000円×4)
月額料金 (割引後) 5,400円
(1,350円×4)
6,200円
(1,550円×4)
7,920円
(1,980円×4)
2年間の料金 129,600円 148,800円 190,080円

 

マイネオのほうは家族全員が500MBというのはあまり現実的ではないので、3GBも比較に入れてみました。

家族4人で2年分だと、マイネオの3GBとギガライト(1GB)は4万円近く差が出ています。しかも、もしもドコモで3GB使おうと思ったら、さらに料金の差は広がりますよね。

やはり割引は少ないものの、節約するなら家族でマイネオがおすすめなのです。ただし、30GBプランの場合は例外。

家族4人、それぞれが大容量プランを使う場合(セット割なし)

マイネオ ドコモ ギガホ
データ容量 30GB 30GB
月額料金 (割引前) 26,400円 (6,600円×4) 23,920円 (5,980円×4)
※7か月目から6,980円×4
家族割 (月額) 200円 (50円×4) 4,000円 (1,000円×4)
月額料金 (割引後) 26,200円 (6,550円×4) 19,920円 (4,980円×4)
※7か月目から5,980円×4
2年間の料金 628,800円 550,080円

一人の場合だと30GBでもマイネオの方が安いのですが、家族割を含めるとドコモのギガホが逆転します。

つまりドコモがいいかマイネオがいいかは、家族の中で30GBの大容量を使う人がどのくらいいるか、が一つの基準ということだね。

 

通話オプションの比較

マイネオは通話オプションが充実しているのが特徴。自分に合ったオプションが選べるから、通話重視でもマイネオが良いでしょう。

マイネオ ドコモ
家族間 通常料金 国内通話無料
かけ放題
(無制限)
1,700円
かけ放題
(時間制限)
10分かけ放題
880円/月
5分かけ放題
700円/月
通話定額 30分/60分
840円/1,680円(月)
IP電話 LaLa Call 100円/月
(通話料は別途)

 

マイネオは、ドコモや他社に比べて通話オプションが充実しているのが特徴。かけ放題や定額パック、IP電話など、使う人に合わせたオプションを選びやすいのはマイネオならでは。

特にかけ放題が5分ではなく10分というのが、嬉しいポイントです。

 

解約金の比較

2019年10月1日の法改正以降、マイネオとドコモの解約金は以下のようになっています。

マイネオ ドコモ
プラン 全プラン ギガホ・ギガライト
(定期契約なし)
ギガホ・ギガライト
(定期契約あり)
契約期間 なし なし 2年
契約解除料金 なし なし 1,000円
契約期間以降 なし なし 満了月以外は解約金発生

 

マイネオはMNPする・しないに関わらず、契約期間の縛りも解約金もなしになっています。

ドコモはまだ2年契約のプランもありますが、dカードで支払いをすると「定期契約なし」でも「定期契約あり」と同額の月額料金になるため、縛りも解約金も実質ゼロになりました。

ただ、定期契約なし・ありでプランが分かれているのもややこしいし、マイネオの方がスマホ契約に詳しくない人にもわかりやすくて、解約金に対する安心感が強いです。

 

Softbankとの料金比較

ソフトバンクの「ミニモンスター」「ウルトラギガモンスター+」と、マイネオのソフトバンク回線「Sプラン」の料金を比較してみましょう。

一人暮らしの場合(おうち割なし)

マイネオ
プラン名 Sプラン
基本データ 容量(月) 500MB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
月額料金 1,750円 1,950円 2,630円 3,570円 5,030円 6,950円
2年間の料金 42,000円 46,800円 63,120円 85,680円 120,720円 166,800円
通話料 20円/30秒
ソフトバンク
プラン名 ミニモンスター ウルトラギガモンスター+
基本データ 容量(月) 1GB~50GB 50GB
月額料金 2,980円~7,480円
(2年目から3,980円~8,480円)
6,480円
(2年目から7,480円)
2年間の料金 83,520円~191,520円 167,520円
通話料 20円/30秒

 

まずマイネオのすべてのプラン(容量)と、ミニモンスターを比較してみると、最低額も容量ごとの金額も、マイネオの方が安いです。ミニモンスターの1GBと、Sプランの6GBが同じくらいの金額ですからね。

2年目になるとミニモンスターはさらに1,000円高くなるので、ミニモンスター1GBと同じ料金で、マイネオなら10GBプランでもお釣りがきます。

また大容量プランでも、30GBまでならウルトラギガモンスター+を使うより、Sプラン30GBの方が料金を抑えられます。

しかも、これでもSプランはAプラン・Dプランに比べて料金が300~400円ほど高いんですよ。もしAプランやDプランで契約するなら、さらに安くなります。

そもそもソフトバンクは家族割やおうち割ありきの料金設定になっているからね。どちらも適用されない一人暮らしだと、料金が高すぎます。

 

家族で使う場合

次に家族で使った場合を考えます。まず割引は以下の通り。

マイネオ ソフトバンク
名称 家族割引 みんな家族割+
上限・範囲 ・最大5回線 ・3親等以内の親族 ・ 家族である証明書が 提示できる範囲
・同住所に住んでいる人
内容 ・2回線以上で 一人当たり毎月50円割引 ・2回線以上で 一人当たり毎月500円割引
・3回線以上で 一人当たり毎月1,500円割引
・4回線以上で 一人当たり2,000円割引

 

家族割の内容を見てみると、マイネオは一人当たり最大50円なのに対して、ソフトバンクは一人当たり最大2,000円と破格の割引額。

ただし!ソフトバンクの家族割が適用されるのは、ウルトラギガモンスター+のみという落とし穴があります。

ミニモンスターに関しては家族で使っても料金が変わらないので、少ない容量で使いたい場合には、やはりマイネオのほうがお得なことに変わりはありません。

例外として、ソフトバンクが家族割でマイネオに大きな差をつけるのは、大容量プランの場合です。

家族4人、それぞれが大容量プランを使う場合(おうち割なし)

マイネオ ソフトバンク
ウルトラギガモンスター+
データ容量 30GB 50GB
月額料金 (割引前) 27,800円 (6,950円×4) 25,920円 (6,480円×4)
※2年目から7,480円×4
家族割 (月額) 200円 (50円×4) 4,000円 (1,000円×4)
月額料金 (割引後) 27,600円 (6,900円×4) 17,920円 (4,480円×4)
※2年目から5,480円×4
2年間の料金 662,400円 478,080円

 

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+は、家族で使うことで劇的に安くなります。しかもウルトラギガモンスターは50GB、さらに一部のSNSがカウントフリー。

家族で大容量プランを使いたいという場合に限っては、マイネオの30GBにしてしまうのはちょっともったいないですね。

 

通話オプションの比較

二つの電話オプションを比較してみました。

マイネオ ソフトバンク
家族間 通常料金 国内通話無料
かけ放題(無制限) 1,500円
かけ放題(時間制限) 10分かけ放題
880円/月
5分かけ放題 500円/月
通話定額 30分/60分
840円/1,680円(月)
IP電話 LaLa Call 100円/月
(通話料は別途)

 

ソフトバンクの5分かけ放題は、月額500円とマイネオよりも安いです。しかし、1回の通話が5分までというのがネック。

その点、マイネオは10分かけ放題なので通話に余裕が持てるし、かけ放題以外にも通話オプションの選択肢があり、自分に合ったオプションが選べるというメリットがあります。

 

解約金の比較

マイネオとソフトバンクの解約金ってどうなってるの?乗り換えがしやすいってのも重要だよね。
じつはどちらも、解約金なし!契約期間の縛りがないから、乗り換えの自由度が高いよ。

マイネオ ソフトバンク
契約期間 なし なし
契約解除料金 なし なし

 

以前はマイネオは最低利用期間1年、ソフトバンクは2年縛りがありましたが、現在ではどちらも契約期間・解約金がなしになっています(マイネオは2019年9月30日以前、ソフトバンクは9月13日以前の契約の場合、解約金は従来のままです)

よってこれから申し込む場合、マイネオでもソフトバンクでも、契約期間の縛りや解約金を気にする必要はありません。

 

auとの料金比較

auとの比較ということで、au回線である「Aプラン」の料金を元に、auの各プランと比較しました。まず1人暮らしの場合です。

一人暮らしの場合(auスマートバリューなし)

マイネオ
プラン名 Aプラン
基本データ 容量(月) 500MB 3GB 6GB 10GB 20GB 30GB
月額料金 1,310円 1,510円 2,190円 3,130円 4,590円 6,510円
2年間の料金 31,440円 36,240円 52,560円 75,120円 110,160円 156,240円
通話料 20円/30秒
au
プラン名 新ピタットプランN フラットプラン 7プラスN フラットプラン 20N データMAX プランPro
基本データ 容量(月) 1GB~7GB 7GB 20GB 上限なし
月額料金 2,980円 ~5,980円 5,480円 5,000円 (7か月目から6,000円) 7,980円 (7か月目から8,980円)
2年間の料金 71,520円 ~143,520円 131,520円 138,000円 209,520円
通話料 20円/30秒

 

こうして比較してみると、マイネオが圧倒的に安いのは一目瞭然。例えばauのピタットプランで3GBを使う場合、家族割やスマートバリューなしだと4,480円になるのですが、マイネオなら1,510円。

たった3分の1の料金です。

また、マイネオの20GBとフラットプラン20Nを比較してみても、2年間で約28,000円の差額に。

大容量プランも30GBまでなら、auのデータMAXプランProよりも、マイネオの30GBの方がはるかに料金を抑えられます。

そもそもauはスマートバリューや家族割がないと、かなり高くなる料金設定なんだよね。一人で使う場合ほどマイネオがおすすめだよ。

 

家族で使う場合

マイネオにも家族割があるけど、auと比べるとどうなの?
マイネオの家族割、じつは割引額はたったの50円なんだよね…。まぁ格安SIMは家族割がないことの方が多いし、割引が少額でもマイネオがお得なことに変わりはないよ。

マイネオ au
名称 家族割引 家族割プラス
上限・範囲 ・最大5回線
・3親等以内の親族
・最大10回線
・ 同居している家族
(auスマートバリューに加入の場合は、別居家族も対象)
内容 ・2回線以上で 一人当たり毎月50円割引 ・2回線の利用で 一人当たり毎月500円割引
・3回線以上の利用で 一人当たり毎月1,000円割引

 

3回線以上で1,000円割引されるauの家族割に対して、マイネオの割引額は一人当たり50円。「たった50円!?」というのが正直な感想…。

しかしマイネオは元々の料金がかなり安いので、家族で使う場合でもマイネオの方がお得だと断言できます。

家族4人、それぞれが最小プランを使う場合(auスマートバリューなし)

マイネオ au 新ピタットプランN
データ容量 500MB 3GB 1GB
月額料金 (割引前) 5,240円
(1,310円×4)
6,040円
(1,510円×4)
11,920円
(2,980円×4)
家族割 (月額) 200円 (50円×4) 4,000円
(1,000円×4)
月額料金 (割引後) 5,040円
(1,260円×4)
5,840円
(1,460円×4)
7,920円
(1,980円×4)
2年間の料金 120,960円 140,160円 190,080円

 

マイネオの500MBの場合、家族4人で使っても月額たったの5,040円。ただ、500MBだと使える量が少なく、家族全員が500MBというのは現実的ではないので、3GBとも比較してみました。

auなら4人家族で月に4,000円も割引がありますが、それでもマオネオと比べると、2年間で5万円近い差額が出ます。

ちなみに、もしauスマートバリュー適用の場合でも、上記のケースではマイネオの方が安上がり。やはり家族で使う場合でも、マイネオがおすすめですね。

 

通話オプションの比較

マイネオとau、それぞれの通話オプションは以下のとおり。

マイネオ au
家族間 通常料金 国内通話無料
かけ放題(無制限) 1,700円
かけ放題(時間制限) 10分かけ放題 880円/月 5分かけ放題 700円/月
(キャンペーン適用で12か月間500円/月)
通話定額 30分/60分 840円/1,680円(月)
IP電話 LaLa Call 100円/月 (通話料は別途)

 

マイネオには無制限のかけ放題はありませんが、5分かけ放題ではなく10分かけ放題なので、通話に余裕をもって安心して使えるというメリットがあります。

また、通話定額パックやIP電話のLaLa Callなど、選択肢が多いという点も魅力。

自分によりぴったりの通話プランを選びたい、という人は特に、マイネオをお勧めしたいですね。

ただしマイネオのかけ放題は、専用アプリ「mineoでんわ」で発信する必要があるってことを覚えておいてね。

 

解約金の比較

マイネオは元々、MNPじゃなければ解約金がかからない格安SIMだったよね。
そうだよ。だけど2019年10月1日以降は、MNPでも解約手数料がかからなくなったんだ。

マイネオ au
プラン 全プラン 定期契約なし 2年契約N
契約期間 なし なし 2年
契約解除料金 なし なし 1,000円
契約期間以降 なし なし 更新期間(3か月間)以外は
解約金発生

 

マイネオは以前から、MNP転出以外では解約金が発生しないという珍しい格安SIMでした。しかし2019年10月1日の法改正以降は最低利用期間がなくなり、MNPかどうかに関わらず、1年以内でも解約金がかからなくなっています。

これで、MNPでの転出も、以前に比べてかなりハードルが下がりました。auでも現在は解約金が1,000円まで引き下げられていますが、やはり1,000円でもお金が掛かるのと掛からないのとでは、解約へのハードルが段違いですよね。

 

キャンペーン情報

新規申し込みのキャンペーン

現在新規申し込みのキャンペーンは行っておりません。

※既存ユーザーへのキャンペーンは公式サイトでご確認ください。

 

販売スマホの選び方

選ぶ際のポイント

マイネオの販売端末ラインナップは充実しています。ただし、端末自体の割引はあまりありません。

またiPhoneを取り扱っています。基本的に格安SIMでiPhoneを使う場合は端末を別途購入しないといけない面倒がありますが、マイネオならその心配は不要です。

 

おすすめ端末

iPhoneXR

iPhoneXRは性能とコストパフォーマンスの観点から見ると非常に優れたスマホです。マイネオでは7万円以下から購入することができます。

中古で買えばさらに安く買うこともできますが、新品でまとめて買うならXRはおすすめ。性能は2018年発売のiPhoneXSレベルです。

iPhoneXRの実機レビュー

2018/10/26に発売された新型iPhoneXR(アイフォンテンアール)。 今回はSIMフリー版を当日に予約購入したので、実際に触ってみてレビューをまとめました。 私はiPhoneX、iPhone ...

続きを見る

 

AQUOS sense3

国産系で安く安心して使いたいなら、AQUOS sense3です。AQUOSシリーズは実はandroidでは日本でトップセールスを誇るブランドです。

特にこのSense3は安定感があって、性能良し、バッテリー良し、カメラ良し、さらにおサイフケータイ搭載と格安モデルでは弱点のないモデルで5万円以下を求めるならとてもおすすめできるモデルです。

AQUOS sense3の実機レビュー

AQUOS sense3レビューの概要(ポイント) 完成度を高めたシャープの格安スマホ 2017年、2018年、2019年前半とAndroid格安スマホの販売数No.1のSharpが発売する格安スマホ ...

続きを見る

 

ZenFone6

カメラ部分が回転するちょっと珍しいスマホで、ギミックにばかり目がいってしまいますが、実は高いバッテリー性能、高性能なCPUを搭載しています。

そして何よりも注目はカメラ。インカメラ、アウトカメラが同じカメラを利用できるため、自撮りを楽しむことも可能。

ZenFone6の作例でも紹介しているように、カメラ性能がとても高いです。また、7万円以下で買えることもポイントの一つです。

ZenFone6の実機レビュー

ZenFone6レビューの概要(ポイント) 2019年ASUS最高峰モデル ZenFone30周年となるタイミングで発売されたZenFone6。フリップカメラ搭載で完全にフルノッチレスのスマートフォン ...

続きを見る

 

セッティング方法

マイネオ接続設定

Androidの接続設定(APN設定)

androidは、自分で設定をする必要があります。手順は下記の通りです。

  1. CPA設定を行う
  2. 次の表に従って、データを入力して終了
  • ネットワーク名:mineo
  • APN:mineo.jp
  • ユーザーID : mineo@k-opti.com
  • パスワード:mineo
  • 認証タイプ:CHAP

 

入力して4G LTEのアンテナが立って、ネット通信できるようになればOKです。

 

iPhoneの接続設定

iPhoneでネット接続に行う設定は3つだけ。

  1. SIMカードと本体に差し込む(約3分)
  2. マイページでマイネオ回線に切り替え(約5分)
  3. プロファイルをインストールする(約1分)

プロファイルは、こちらのリンクからインストールするだけ。

 

契約したプランに合わせて、青枠で囲ったところから、プロファイルをインストールすることができます。

 

メールボックス容量アップ設定方法

容量アップの設定は、mineoのホームページから行います。まずは、mineoのマイページへ、eoIDとパスワードを打ち込んで、ログインをします。

 

ログインすると、マイページが出てきます。マイページの画面から出たら、下にスクロールして、「オプションの変更申し込み」をクリックします。

 

僕はもう既に申し込んでしまっているので、チェックボックスの選択欄には項目がありません(代わりに利用中の欄に、メールボックスの容量追加のオプションが記載されています)。

 

容量追加を申し込む場合は、この画面で「メールボックス容量追加」のお申し込み欄にチェックを入れて、下の「次へ進む」から申し込みをするだけで大丈夫です。

 

マイネオキャリアメールの設定方法

iPhoneの標準メールアプリで使う方法

まずは、純正のメールアプリを開き、その他を選択。

 

新規アカウントとして「○○○@mineo.jp」のアドレスと、メールパスワードを入力(eoのIDとは異なるので注意)。

 

入力すると、さらに細かく入力する画面になりますので、これらを入力します。

受信メールサーバには「imap.mineo.jp」と、先ほど同様のメールアドレスとメールパスワード。送信メールサーバには「stmpauth.mineo.jp」とメールアドレス、メールパスワードを入力。

注意

(写真では、送信メールサーバのホスト名が、「stmppauth.mineo.jp」になっていますが、これは間違いで、正確には「stmpauth.mneo,jp」です)

 

そして、「return」を押すと、検証中となり、一番上の考え中アイコンが回り始めます。

 

しかし、一回目は成功しません。なぜなら、mineoのメールはSSL接続では設定できないから、なんです。

 

「アカウントをSSLなしで設定しますか?」という選択肢に対して、「はい」を選択すると、無事設定が終わり、受信画面に移ります。

 

この状態でメールの設定は完了。送信で試しに知り合いに送るか、自分自身に送って通信確立しているかどうか確認してくださいね。

 

CosmoSia(コスモシア)の設定方法(android向け)

google playより、CosmoSiaコスモシアをダウンロード、インストールします。

無料メールアプリ - CosmoSia:Gmail ヤフー キャリアメール SMS対応

無料メールアプリ - CosmoSia:Gmail ヤフー キャリアメール SMS対応
開発元:株式会社ACCESS
無料
posted withアプリーチ

 

インストールして起動すると、下記のようなメール設定画面が現れます。ここでは「その他」を選択します。

 

次に、自分のmineoメールアドレスとメールアドレスパスワードを入力します(メールアドレスパスワードは、mineoマイページの契約内容照会から確認することができます)。

 

メールアドレス、パスワードを入力するとプロトコル選択画面が出てくるので、IMAPを選択します。

 

下記のサーバ設定において、それぞれ設定項目を入力していきます。

設定手順

  1. ユーザー名
  2. IMAPサーバの変更「imap.mineo.jpを入力」
  3. IMAPサーバのポートを143に変更
  4. STMPサーバの変更「smtpauth.mineo.jpを入力」
  5. STMPサーバのポートを587に変更
  6. 認証ONにして、ユーザー名とメールパスワード入力

 

CosmoSiaの設定画面から入力を大きく変更しないといけないので、コツコツ丁寧にやっていきましょう。変更項目は下記の通り。

 

これで設定が上手くいけば、設定が終了し、下記のインストール終了画面がでてきて完了です。

 

【ビジネスマン向け】Sparkで使う方法

アプリストアからSparkをダウンロードします。

Spark – メールアプリ by Readdle

Spark – メールアプリ by Readdle
開発元:Readdle Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

アプリを開くと下記のようなタイトル画面が現れます。

下にスライドしていき、「使い始める準備ができました」のところをタップします(タイトル画面のログインは使う必要はありません)。

 

サービスに接続の画面が開いたら、一番下の"その他"をタップします。そして、ログイン画面が開くので、mineoのメールアドレスと、メールアドレス用パスワードを入力します。

 

メールアドレスと、メールアドレス用パスワードは、mineoのマイページで確認することができます。マイページの下部の方に"ご契約内容紹介"がありますのでこちらから確認することができます。

 

ご契約内容照会の中にメールのパスワード確認画面がありますのでこちらをSparkに入力してください。

 

Sparkのアプリ設定の方に戻ります。先ほどのメールアドレスとパスワードを入力したら、緑のログインボタンを押します。

パスワードが合っていれば、アカウントの詳細画面が開きます。通知設定については、ご自分で選択してください。

"通知"を選択すると、ロック画面のところに通知が表示されるようになります。

 

最後にこの画面が表示されれば設定完了です。完了を押すと、受信ボックスが開くとメールがあると思います。

念のため、右下の"ペンマーク"から新規メールを作る事ができるので、自分にメールを送って確かめてみて下さい。

 

K-9mailの設定方法

「K-9mail」はGoogleplayからダウンロード、インストールできます。よければ、こちらからどうぞ。

K-9 Mail

K-9 Mail
開発元:K-9 Dog Walkers
無料
posted withアプリーチ

 

開くとk-9mailの特長一覧が出てきます。ちょっと言葉が専門的でわかりにくいなぁと思うのは、僕だけでしょうか?

細かくは追求せず、まず「次へ」をタップ

 

アドレスとメールパスワードを聞かれるので、入力します。ここで入力するのは、mineoメールアドレスとメール用のパスワードです。

 

「IMAPサーバ」を選択します。

 

受信メールサーバの設定を下記のように入力していきます。

間違えやすいのが、アカウント。「・・・・@mineo.jp」で入力してください。細かくは以下の参考例をどうぞ。

受信サーバーの手順

  • IMAPサーバ:imap.mineo.jp
  • 保護された接続:使用しない
  • ポート:143
  • アカウント名:・・・・@mineo.jp
  • 認証タイプ:パスワード
  • IMAP名前空間を自動検出にチェック
  • ネットワーク経由で圧縮:全てにチェック

 

入力例がこちら。

 

送信メールサーバも同様に入力していきます。

送信サーバー設定

  • SMTPサーバ:smtpauth.mineo.jp
  • 保護された接続:使用しない
  • ポート:587
  • このサーバは認証が必要にチェック
  • アカウント名:・・・・@mineo.jp
  • セキュリティ設定:パスワード
  • パスワード:メールパスワードを入力

 

入力例がこちら。

 

さらに、通知設定について入力。僕はデフォルトのまま登録。

 

最後にアカウントのスレッドタイトルと、署名を入力します。僕はmineo、そしてとなしばと入力(となしばというところは署名にあたります)。

 

起動直後はこんな感じになっています。このmineoと書かれている部分は、先程決めたスレッド名が反映されています。

 

mineoスレッドをタップすると受信ボックスが開きます。なんとなく、gmailを、イメージさせるようなデザインですね。

 

受信メールの見え方はこんな感じ。ちゃんとCosmosiaで送った絵文字もきちんと使えていますね。

 

さらに注目が、こちらの署名。設定のところで入力した入力した「となしば」というのが反映されてます。

 

mineo(マイネオ)に変更することで、相手先に「なんだ?このメールアドレス?」と思われないためにも、署名を設定しておくことをオススメします。

 

「mineoスイッチ」アプリとウィジェットの設置方法

アプリ版とウィジェットの違い

2つの違いとしては、「ソフトの起動が入るかどうか」というポイントがあります。

例えばアプリの場合だと、下記のように、ボタンをタップしてから、ソフトを使い始めますよね。

 

一方で、ウィジェットの場合は、下記のように、ホーム画面に常駐させることができます。

要するに、ウィジェットを使うことで「ソフトを起動するという、手間を省く」ことができるんですよ。

 

ちなみに上記はAndroid版の場合で、iPhone(iPad)の場合は、上部のステータスバーから出す事ができます。

 

どちらにしてもウィジェットを使うこと、アプリを起動せずによりスマートに立ち上げる事ができるようになる仕組みです。

 

ウィジェットの設定の仕方(android)

まずは、google playからダウンロードを行います。

mineoスイッチ

mineoスイッチ
開発元:K-Opticom
posted withアプリーチ

 

アプリからインストールを選択します。インストールされたら、アプリを起動して、eoIDとパスワードを入力します。すると、画面上に今の残通信量や、mineoスイッチが表示されるようになります。

 

ここまで終わったら、ホーム画面に戻りホーム画面のボタンのないところを長押し。

すると、下部にウィジェットというのが出てくるので、ここをタップ。そして、中からmineoスイッチを選択し、ホーム画面に表示します。

 

これで、設置は完了。後は、必要に応じて、ホーム画面に設置されたウィジェットをタップするだけ。楽チンです。

 

iOS(iPhone、iPadなど)の場合

今回は、現在使っているiPhone6sで説明させてもらいます。まずは、app storeでmineoアプリをインストール。そして、eoIDとパスワードを入力します。ここまではandroidと同じパターンです。

そして、上からステータスバーを下してきて、ウィジェットを下記のように、編集ボタンから設定していきます。

 

ステータスバーの中の隠れてしまうとはいえ、iOSのスタイルの方ががシンプルでいいかもしれません。ここは人によって好みが別れそうなところですね。

 

mineoスイッチを使う便利な点

低速モードを使うことで通信量(ギガ)を節約できるmineoスイッチを使うことの最大のメリットは「バックグラウンド(スリープ)時のデータ節約」だと考えています。

スマートフォンの性質上、TwitterやFacebookといったアプリは使っていないときにも通信を行っています。正直、鞄に入れて使っていないときなんて、早く通信する必要ないと思うんです。

むしろ、ゆっくり通信してくれて高速通信量を節約してくれる方が助かります。最後に操作を終わるタイミングで、ピッと節約ボタン押せる今回のウィジェットは凄くいいですよ。

豆知識

ちなみに、マイネオにはバーストモードと呼ばれる、「低速時でも最初の一瞬だけ高速通信する」という機能があります。この機能により、マイネオは意外と低速状態であっても快適に通信を行うことができます。文字中心のサイトや、Twitter、LINE程度であれば低速モードで十分使えることがほとんどです。

 

プラン変更・解約について

mineoのマイページへ行きます。

マイページにログインすると、下の方に「基本データ容量変更」というところがあるので、クリックして開きます。

 

ここから、プラン変更を行います。ここでは、月々の容量の変更を行うことができます。

現在、10GBプランを使っているので、10GBのところは選択ができません。変更したいところにチェックを入れて、次へ進み、入力確認すればOKです。

 

注意!翌月の反映は25日まで

mineoのプラン変更でもっとも注意しなければならないポイントは、プランの変更を翌月に反映するために25日までに実施しておく必要があること。

例えば、10月からプラン変更を適用させるためには、9月25日までにプラン変更の手続きを行っておく必要があります。

 

3分あればプラン変更可能

結論を言うと、ID、パスワードを手元においた状態から始めるとすれば、およそ3分あればプラン変更は終わります。めっちゃ簡単。

お店に行って手続きを待つ必要がないのは大きなメリットですよね。

 

料金プランの変更にはお金はかからない

マイネオの場合、こういったインターネット上での手続きにおいては、お金(事務手数料)がかからないこともメリットの一つです。

 

オプション解約も同じページから

基本的なデータプランだけでなく、留守番電話や転送電話、でんわかけ放題、安心フィルタリングなどのオプションの契約、解約も可能。

同じページから解約手続きをすればよいだけなので、とても簡単です。

 

その他について

端末追加購入の方法

mineoの申し込み、変更手続き、解約等は基本的にネットでできるようになっています。

今回購入したArrows M03も、mineoの公式HPのログインページから申し込みを行いました。

まずは、ログイン後のページで下の方にあるメニューから、端末の追加購入を選びます。

 

端末追加購入を選ぶと、画面がうつって、端末の申し込み画面になります。ここで自分の欲しい端末を選びます。今回は、ArrowsM03を購入するつもりなので、チェックを入れておきます。

mineoの端末の購入画面では、価格に加えて、いくつかのスペックが記載されていてわかりやすいのが特徴的ですね。

 

続いて、支払回数を一括で払うか、分割で支払うかを選びます。 

 

次にオプションを選択します。選べるオプションは「端末保障」と「mineo安心パック2(端末保障+ウィルスバスター モバイル月額版)」が可能になっています。

 

後は次に進むだけです、完全に終了すると、端末の追加購入(機種変更)お申込み受付完了のページに移ります。お疲れさまでした。

 

ポイント①:端末保障可能

追加で購入する端末の最大のメリットは、「端末安心保障サービス」を同時に自動で申し込めることでしょう。

保障サービスでは、水没や破損を含む”通常保証期間でも対応できない事態”でも、同じスマホに交換してくれるサービスです。格安スマホは安いと言っても、それなりに値段はするので、月々370円で安心して使えるなら納得じゃないでしょうか。

 

ポイント②:料金はまとめて引き落とし

端末の追加購入に伴い、支払方法を入力する画面はありません。つまり、月々の引き落としと合算請求されます。

実際に手続きをしてみて良かった事は、端末の追加購入がとても楽だったこと。実質、手続きしていたのは3分もかかっていないです。

また、合算請求なので、端末購入のためにクレジットカードの支払手続きをしなくても良かったことも、安心ポイントですね。

 

ポイント③:分割払いもOK

申込手順の途中で、一括か、分割で支払いを選択する画面がありました。mineoはどちらかで支払いが可能。

ただし、分割支払いする場合は、24回払いしか選択肢がないのも注意ポイントです。

 

注意点①:購入してから3カ月間は追加購入不可

mineoの追加端末購入で「端末を買ってから、3カ月は次の端末を買えないこと」が一番の注意点です。端末の支払期間に次の端末が買えないようにしているようです。

 

注意点②:分割払いは2台まで

気軽に購入することができる分割払いですが、mineoの場合、2台までしか適用できません(大手キャリアの場合は、制限なし)。

 

注意点③:プラン変更の場合、通信できない期間があるかも

現在Aプランを使っていて、端末の同時購入に伴ってDプランに変更する場合、4G LTE通信ができない期間ができます(申込から、端末が届いてセッティングするまで)。

 

SIMカードの交換方法

SIMサイズの変更、VoLTE対応、非対応の切替について

これらの場合は、まず公式ページにアクセス後、ログインします。その後、メインのページの下の方にある、メニュー一覧から、「SIMカード変更・再発行」を選択します。

 

ここから、自分で次に使用したいSIMカードを選択して、次に進んで申し込みを完了させます。ちなみに、docomoで表示される形式とauで表示される形式は異なっています。まずはdocomo版はこちら。

 

次にau版はこちらです。但し書きがあるので違いがわかりやすいですが、auの場合はVoLTE対応のSIMを選ぶかどうかという選択肢があります。価格はどのサイズへ変更しても2160円となっています。

 

回線種別の切り替えの場合

マルチキャリアに対応したmineoの場合、プラン変更も可能です。この場合、メニュー一覧の中から、「プラン変更(Aプラン⇔Dプラン)」を選択します。

 

選択すると、次のようにプランを選ぶ画面に移ります(現在契約しているプランと別のタイプのプランが出てきます)。ここで、必要事項を入力して申込完了すれば、OKです。

 

音声有り無しタイプ変更の場合

音声有り無しの切替の申し込みの場合は、「タイプ変更」のところから申し込みを行います。

 

この場合は次のような画面に移ります。実は、2のプラン変更をする場合とほとんど同じ画面で、選ばれているプランが現在契約しているプランか、どうでないかの違いだけです。

こちらも同様に必要事項を入力して、申し込みを完了すればおしまいです。

 

-サービス

Copyright© SIMPC|シンプシー , 2020 All Rights Reserved.