Android One S3のレビュー

Android One S3レビューの概要(ポイント)

初心者向けスマートフォン

2018年1月発売にY!mobileから発売されているAndroid One S3。SHARPが作っているスマートフォン。

Sシリーズのため性能的には高くありませんが、初心者向けならこれでOK。

型落ちしてきているため、ワイモバイルのタイムセールなどで安くなるケースがあります。

簡易スペック表

CPU Snapdragon430
RAM 3GB
ROM 32GB
画面 5.0インチ

中古を見る ヤフオク

Android One S3 実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

Android One S3の特徴

低価格な日本製モデル

Android One S3はシャープが発売しているモデルで、国産にあたります。

国産モデルは海外モデルと違って、ソフトの初回起動時に説明が親切だったり、見やすいといったメリットがあるため、初心者には使いやすくなっています。

特にシャープは格安スマホもたくさん出していますから、それに合わせてチューニングしています。

 

全体的にスペックが低い

Android One S3はスペックを眺めると、同時期に発売された同価格帯のスマートフォンと比べると、性能が非常に低い。

特に海外製スマートフォンと比べてしまうと、2世代くらいの差があるため、正直買うのはおすすめできません。

しかも、同じ時期に発売されたAQUOS sense liteも1世代分くらい性能に開きがあります。そのため、"本当の初心者"向けのモデルと言えます。

Android One XシリーズとSシリーズの違いで描いているように、基本的にはXシリーズを選ぶ方が、長い目で見ると安心感がありますね。

目次に戻る⇒

 

Android One S3のマシンスペック

マシンスペック

Android One S3のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2018/1/18
寸法 144×41×8.5mm
重さ 143g
ディスプレイ サイズ 5.0インチ
形式 IGZO
画素数 1920×1080
バッテリー 電池容量 2700mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 ×
プロセッサ(Soc) Snapdragon430
GPU 公式記載なし
ストレージ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
外部メモリ 400GB
通信 下り最大 112.5Mbps
上り最大 37.5Mbps
Wi-Fi b/g/n
bluetooth バージョン 4.2
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋センサー 〇(静電方式)
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ ×
緊急避難速報
防水 IPX5・IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS 9.0
SIMサイズ nanoSIM
DSDS

対応バンドについて

公式に記載はありません。

スペックの解説

Sシリーズは、ベーシックな性能を持つモデルになります。そのため、シャープのAndroid Oneはメモリが2GBしかなく、少し不足を感じる部分がありました。

ところが、S3モデルからメモリ容量が3GBとなり容量がアップ。メモリが多いとアプリを沢山立ち上げられるため、使いやすくなっています。

ただし残念なことに、日本仕様にもかかわらず、おさいふケータイが省かれていたり、他のAndroid One X3Android One X5と比べて、通信速度が圧倒的に遅いデメリットがあります。

目次に戻る⇒

 

Android One S3のカメラスペックと作例

カメラスペック

Android One S3のカメラに関するスペックは以下の通りです。

メインカメラ1
有効画素数 1310万画素
F値 記載なし
光学手振れ補正 ×
電子式手振れ補正 ×
インカメラ
有効画素数 500万画素
F値 記載なし
光学手振れ補正 ×
電子式手振れ補正 ×

 

Android One S3で撮影した作例

購入していないため外観写真はありません。

目次に戻る⇒

 

Android One S3の外観

購入していないため外観写真はありません。

目次に戻る⇒

 

Android One S3のメリット・長所

省エネディスプレイIGZO搭載

シャープの液晶ディスプレイ技術として欠かせないものが、IGZO。高精細と、省電力を兼ね備えたディスプレイです。

S3は、バッテリー容量が2700mAhと比較的大きめなので、IGZOとの組み合わせで、かなり電池を持たせることができます。

目次に戻る⇒

 

Android One S3のデメリット・欠点

日本の独自機能が非搭載

日本製のスマートフォンの多くは、おサイフケータイ、ワンセグを搭載している機種が多いですね。

しかし、このAndroid One S3には、残念ながらおサイフケータイ、ワンセグのどちらも搭載されていません

日本独自の機能を重視するなら、前述した通り、京セラのAndroid One X3がいいですね。

この端末は日本独自の機能について、ほぼ全てといっていいほど機能を持たせているスマホです(最近のスマホでは搭載されていない赤外線機能も持っています)。

目次に戻る⇒

 

Android One S3の口コミ・評判

Twitterの良い口コミ

 

Twitterの悪い口コミ

 

あなたの口コミを投稿する

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Android One S3
Average rating:  
 0 レビュー

目次に戻る⇒

 

Android One S3がおすすめのタイプ

真の初心者のみ

Android One S3はスペックが低いです。そのため、少しハードに使おうものなら、処理が遅くなることはスペック上から明らか。

ただしシャープのスマホだけあって、UIやアプリ使用時の解説はとても優れています。

この2つから、真の初心者しか進められません。もし「スマホを使って積極的に何かしたい(カメラも含めて)」ということが目的なら他のスマホが良いでしょう。

 

Android One S3をおすすめしない人

スマホでアプリなどを楽しみたい人

Android One S4は上で書いているように、真の初心者だけにすすめられるスマホです。アプリを複数立ち上げたりすると、Snapdragn430の3GBではすぐに遅くなってしまいます。

また欠点として、Android One Sシリーズはキャリア専売ということもあってか、価格に対して性能が少し低めです。

もし、他のモデルでもよければAndroid One S3よりもP30liteなどのモデルを選ぶ方がコスパ的には良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

Android One S3の実機レビューまとめ

スペック低いので注意

結論

スペックが低くて残念なところが多いので、使う人を選ぶスマホ。ハードに使うなら絶対に選んではいけない機種です。

安さにつられて買おうとしているなら、おすすめの格安スマホから同価格帯で手に入るスマホを選ぶ方がよいでしょう。

目次に戻る⇒

 

Android One S3のキャンペーン・安く買うために

Android One S3はワイモバイルの専売モデルです。時期にもよりますが、タイムセールで大幅に安くなっていることもあるので、必ず一度は見てください。

過去には、タイムセールとは別のキャンペーンで投げ売りされていたこともあるので、ワイモバイルのキャンペーンページを確認しておく方が良いでしょう。

 

ライバル機種のレビュー

2019年発売の同クラス格安スマホです。

  • AQUOS Sense2
  • 3万円以下のおすすめスマホ

 

関連公式サイト

-スマートフォン
-

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.