Android One S6の特徴レビュー

Android One S6レビューの概要(ポイント)

Y!mobileの超格安スマホ

Android One S6はワイモバイルから発売された2万円台で購入可能な、京セラの低価格スマートフォンです。

5.8インチの大きな画面、151gの軽量さと軽く扱いやすい端末になっています。

ただし、CPUがMediaTeckのHelio P35/MT7675を採用しており、性能的にはLINE、電話、メール、ネット、YouTube以上の事をするなら他の端末を選ぶ方が良いでしょう。

簡易スペック表

発売予定月 2019/12/19
SoC P35/MT6765
RAM 3GB
ROM 32GB
画面 5.84インチ
重量 151 g
5G(Sub-6) 非対応
5G(ミリ派) 非対応
京セラ
2020/04/02時点で価格は2万円となっています。現在の価格は公式サイトをご覧ください。

 

Android One S6 実機レビュー目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

 

Android One S6の特徴

この項目ではAndroid One S6のメーカーの特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

価格は安いがコスパが高いわけではない

Android One S6はとにかく価格が安く、キャリアとしては珍しい2万円台で購入できるスマートフォンです。ワイモバイル自体の価格が安いことに加え、Y!mobileのキャンペーンも組み合わせることでさらに安く購入することができます。

 

性能はローエンド

本機種はHelio P35/MT6765を搭載しています。またメモリは3GBです。性能はローエンドなので、ハードなゲームは厳しくなります。

 

カラーバリエーションは3色

本機はブラック、ホワイト、ラベンダーブルーの3色展開となっています。

目次に戻る⇒

 

Android One S6のマシンスペック

マシンスペック

Android One S6のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2019/12/19
寸法 73×153×8.9mm
重さ 151g
ディスプレイ サイズ 5.84インチ
形式 液晶
画素数 2280×1080
バッテリー 電池容量 3050mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 対応
プロセッサ(Soc) P35/MT6765
GPU 公式記載なし
ストレージ(ROM) 32GB
メモリ(RAM) 3GB
外部メモリ microSD(512GB)
通信 下り最大 112.5 Mbps
上り最大 37.5 Mbps
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水(お風呂) IPX5,IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android 10
SIMサイズ nanoSIM
DSDV ×

※スペック詳細はこちら

スペックの解説

Android One S6のSoC・メモリスペックで目立つところはほとんどなく、まさにローエンドモデルの構成と言えます。USB-Cに対応していたり、この価格帯では珍しく防水・防塵に対応したモデルになっている点は評価すべきと考えます。

目次に戻る⇒

 

Android One S6のカメラスペック

カメラスペック

カメラスペックは以下の通りです。メインカメラの画素数は値段帯から見ると、性能が良いように感じます。ただし、光学手振れ補正については、記載がありませんでした。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
メインカメラ  1600万 - - -
超広角カメラ  800万 - - -
インカメラ  800万 - - -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

目次に戻る⇒

 

Android One S6の外観

表面です。上部に切り欠きノッチがある形状になっています。

 

背面はこちらです。大きなデュアルカメラと背面に設置された指紋認証が特徴です。センター下部に大きくAndroid Oneと印字されています。

目次に戻る⇒

 

Android One S6のメリット・長所

USB-Cに対応している

Android One S6は外部出力用のコネクタとしてUSB-Cに対応しています。昨今のコネクタ類はUSB-Cに移行していますし、パソコン側でもUSB-PDに対応したパソコンを数多く出して普及して来ています。

スマートフォンはあまり使わない人でもパソコンをよく使う人の中にはUSB-Cを充電器としている人がいると思うので、このUSB-Cの対応は大きなメリットです。

 

低価格ながら超広角カメラ搭載

Android One S6はデュアルカメラ構成です。超広角カメラを搭載しているため、画角の広い写真が撮影できます。

 

インチ数の割に軽い

本機は5.8インチで151gといった軽さが特徴です。iPhone11 Proは5.8インチで177gとなっています。非常に持ち運びに向いたスマートフォンです。

 

価格が非常に安い

ローエンドスマホですが、かなり価格が安く京セラが出しているとは思えない価格帯になっています。格安かつ国産メーカーを選びたいといった人に有利になるスマホと言えます。

 

防水防塵である

Android One S6はこの価格帯としては珍しく防水防塵に対応しています。これは国産メーカーならでは。基本的にこの価格帯は海外メーカーが基本のため、防水防塵に対応していていないため、低価格かつ本体の防水防塵性を考慮するならほぼ一択とも言えます。

目次に戻る⇒

 

Android One S6のデメリット・欠点

最高速度が112Mbps

ローエンドのため全般的に性能は低いですが、中でも大きなデメリットが最大速度です。最大ダウンロード速度が112Mbpsしかありません。ワイモバイルは他社格安SIMに比べて高速にもかかわらず、この最高速度が生かせないのはデメリットと言えます。

目次に戻る⇒

 

Android One S6がおすすめのタイプ

安い防水・防塵スマートフォンが欲しい人

最もおすすめのタイプは価格が安く、かつ防水防塵性を優先する人です。同価格帯なら海外メーカーの格安スマホの方が安くなりますが、防水・防塵性能はありません。

 

 

Android One S6をおすすめしない人

LINE・電話・ネット閲覧・YouTube以上のことをする人

Android One S6はローエンドモデルです。ハードな利用は厳しいと考えて下さい。もしゲームをしたり、ハードに毎日使い倒すことを前提とするなら、ワイモバイルで発売されているP30 liteを考慮に入れる方が良いでしょう。もし別途購入することが可能なら、少し値段は上がりますがOppo Reno Aをおすすめします。

目次に戻る⇒

 

Android One S6の特徴レビューまとめ

低価格の防塵・防水スマホ

結論

価格優先かつ、防水防塵機能をもつスマートフォンを求めている人におすすめの一台です。

ローエンドモデルなので全ての人にお勧めできるわけではありませんが、LINEや電話、ネットサーフィンが中心ならこのレベルで問題ありません。

初めてスマホを買うエントリー向けのモデルとしても良いでしょう。

 

Android One S6のキャンペーン・安く買う方法

Android One S6はY!mobileの専売モデルとなっています。安く買うためにはオンラインで購入するようにしましょう。Y!mobile公式サイトで購入すれば初期手数料をゼロ円にすることができ、節約することができます。

また購入時はワイモバイルのキャンペーンページも合わせてご覧ください。時期によっては安く買える可能性があります。

京セラ
2020/04/02時点で価格は2万円となっています。現在の価格は公式サイトをご覧ください。

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

ワイモバイルからの同時期販売モデルのレビューです。

 

関連公式サイト

© 2020 SIMPC(シンプシー)