iPhoneXRの実機レビュー

2018/10/26に発売された新型iPhoneXR(アイフォンテンアール)。

今回はSIMフリー版を当日に予約購入したので、実際に触ってみてレビューをまとめました。

私はiPhoneX、iPhoneXs Maxと買ってきていますが、このiPhoneXRは2018年発売モデルで最もおすすめできるiPhoneです。

その理由をくわしく説明します。

結論:2018年最も狙い目なiPhone XR

iPhoneシリーズの中では、圧倒的に狙い目なのがiPhoneXR。

理由は、

  • 最新CPU(SoC)A12 Bionicでありながら、高いコスパ
  • 美しい6.1インチの大型ディスプレイ
  • 大きな画面サイズの割に軽い本体

の3点です。

高額になり続けているiPhoneシリーズの中でも、XRは値段を安く設定しているのは、好感が持てますし、値段以上の性能を持っていると感じます。

それぞれの項目について、iPhoneXRの魅力を次から解説していきます。

 

カラーリングが美しくそのまま持ちたいiPhone

iPhoneXRのカラーリングはたくさんの種類があります。

 

私はその中から「ブルー」を選びました(理由は他の人が選ばなそうだったからです)。

ブルーのiPhoneを撮影したものがこちら。ブルーといっても明るく、ポップな色合いになっており、遊び心の効いたカラーになっています。

 

iPhoneは「高級感」で押しているものが多いですが、ブルーはトイ的な魅力のあるカラーです。

ボディカラーが美しいからこそ、そのまま持つことができますし、前に書いた通り、軽さも生かして使うことができますね。

 

iPhoneXRの外観

外観の写真を撮影してみました。まずは側面。

右側の電源ボタン。

 

左側のマナーモードボタンと音量ボタン。

 

下部にはライトニングケーブルの挿入位置があります。

 

本体カラーに合わせて、サイドのアルミニウムも薄いブルーに着色されています。

特徴的だと感じたところがカメラ。シングルカメラでかなり大きめです。

 

これまでどおり、段が付いてしまっているので机に置くときは気になってしまいますね。

 

iPhoneXs MAXとiPhoneXRで撮影した写真の比較

iPhoneXRとiPhoneXs MAXで撮影した写真を比べてみました。

まずはiPhoneXs MAX。

 

そしてiPhoneXRです。

 

緑を中心にして撮影したものがこちら。まずこちらがXS。

 

こちらがXRです。

 

撮影してみて、ほとんど違いは感じませんでした。

おそらく、iPhoneXsシリーズに搭載されているうちの広角カメラがiPhoneXRに搭載されているため、実質的に違いがないからだと思っています。

ただ、iPhoneXRは望遠用のレンズがないため光学ズームができません。

(デュアルレンズは光学と望遠の組み合わせ)

 

もし遠くを撮影するようなことがあれば、iPhoneXsシリーズの方が良いでしょうね。

 

インカメラはデュアルなので自撮り性能は高いことを忘れてはいけない

iPhoneXRはデュアルカメラで、アウトカメラは間違いなく優れています。

逆にインカメラはというと、Xsと同じデュアルカメラが搭載されています。そのため、内向きのポートレートも含め高画質な撮影が可能。

 

インスタグラムをはじめ、自撮り性能を求める場合はiPhone XRでも、Xsでもどちらでも、ほとんど同じ性能として使うことができますよ。

 

Apple Payももちろん問題なし

iPhoneXRは、廉価版モデルになりますがApple Payは問題なく使うことができます。

 

iPhoneXRのメリット・長所

6.1インチディスプレイでサイズバランスがとても良い

iPhoneXRの魅力の中でも特に良さを感じるのが、ディスプレイサイズ。

今まで実際に使っていて、iPhonXsは微妙に小さく、iPhonXs MAXは大きすぎるように感じていました。

iPhoneXRはその中間サイズで6.1インチになっています。

 

iPhoneXsと比較してみるとあまり違いがあるようには感じません。

 

しかし、よく見るアプリ「マンガボックス」を開くと、iPhoneXRは大画面のためアプリの表示形式が変わっています。

 

私はネット閲覧、書籍、マンガを見ること中心なので、「疲れずに持てるディスプレイサイズ」は最重要。

この6.1インチは、iPhoneXsサイズで足りなかった分を埋めてくれる魅力あるサイズになっています。

 

iPhoneXRは194gもあるが軽く感じる

iPhoneXRの魅力は軽いことにもあります。

ぜひ機会があれば一度店頭で持ってみてほしいですね。とても軽く感じます。

iPhoneXs、Xs MAX、XRの重さを比べてみた結果が次の通り。

機種名 重さ
iPhoneXs 177g
iPhoneXs MAX 208g
iPhoneXR 194g

 

数値上のデータでは、ディスプレイサイズが小さいiPhoneXsが最も軽くなっています。

ところが左右に持ってみると、感覚的にiPhoneXよりも軽く感じます。

iPhoneXRはサイズが大きい割に、iPhoneXと同じくらいの数値なので、密度が小さく感じるのでしょうね。

 

液晶はiPhoneXsと異なるが正直差はわからない

iPhoneXRの液晶は、iPhoneXsと違います。

  • XR:液晶ディスプレイ
  • Xs、XsMAX:有機ELディスプレイ

 

一般的には有機ELディスプレイの方が綺麗と言われています。どっちを持ってみても、違いがわかりません。

意識的に見ても違いがわからないのに、普段の生活の中で見ていても、ほとんど区別はつかないのではないかと思います。

 

顔認証(Face ID)のスピードは素早い

iPhoneXで初めて搭載された、顔認証。

体感的なところですが、2018年モデルのiPhoneの方が速い印象があります。

実際に、iPhoneXRの顔認証を撮影した動画がこちら。かなり速い印象を受けます。

 

合わせてiPhoneXs MAXで撮影しているものがこちら。こっちも速いですね。

 

顔認証を使っていない人に知っておいてほしいこと

顔認証速度はとても重要。理由は、スマホを見るまでの動作にあります。

タッチID(指紋認証)の場合は、

  1. ポケット(鞄)から出す
  2. 同時にホーム画面に触れて解除
  3. 手元に持ってきたときには開いた状態

となります。1,2をほぼ同時にできるメリットがあります。

 

しかしFace IDの場合は、

  1. ポケットから出す
  2. 画面を正面に向ける
  3. ロック解除される

という流れなので、ワンテンポ遅れてしまいます。

このように顔認証の動作速度は重要なのです。

 

iPhoneXRのデメリット・短所

ベゼル幅が大きい

iPhoneXと比較してみた写真がこちらです。明らかにiPhoneXRの方がベゼル幅が大きくなっています

(右がiPhoneXR)

 

iPhoneXRは液晶ディスプレイのためバックライトを必要とします。

バックライトは通常ベゼル部分に入っているので、結果的に大きくなってしまったと考えられますね。

初めて箱から取り出して、電源を付けた瞬間から「なんかベゼル幅が大きいな」と感じるのは私だけではないでしょうね。

 

3Dタッチが使えないことは残念

iPhoneに過去モデルから搭載されている3Dタッチ(感圧式タッチパネル)は、iPhoneXRでは使うことができません。

3Dタッチを使えば、ライトの調光や、文字の選択を簡単にすることができます。

下の動画で感圧タッチの中でも最も便利な「文字の選択」をやっているので、ぜひ見てみてください。

 

3Dタッチを使っていない人はあまり気にならないかもしれませんが、私は使う方なので、少し残念です。

 

iPhoneXRで売れている色は・・・?

どうもTwitterを見ていると、iPhoneXRはレッドが売れている模様です。

iPhoneXRでツイッター検索した結果を見ると、購入報告があるので、いろいろな角度からカラーを見ることができますよ。

 

iPhoneXRの最大のメリットは安さ(コスパ)

私はスマホマニアなので、色んなキャリアで試したいためSIMフリー版を購入しましたが、どうせ買うならキャリア版がおすすめです。

理由は値段。iPhoneXRの価格は表の通りです(2018年10月26付)。

64GB 128GB 256GB
ドコモ 39,528円 46,008円 57,672円
au(機種変更) 33,360円 39,840円 51,600円
au(新規・MNP) 23,760円 30,240円 42,000円
ソフトバンク 106,560円 112,800円 124,800円

 

iPhoneXsの時は最大17万円の本体価格だったため炎上しましたが、廉価版のiPhoneXRは割引を効かせると3万円台から購入できますよ。

処理性能はXsと同じであるため、色んなメディアでコスパの高さが取り上げられていますね。

 

iPhoneXRを選ぶべきは「光学ズームにこだわらない人」

長々と書いてきましたが、iPhoneXRは非常にバランスの取れた端末です。

値段も安く、CPUはハイスペックで画面も見やすい。

そんなiPhoneXRを選ぶべきは、「光学ズームにこだわらない人」です。

専用の望遠カメラを用意しているiPhoneXsシリーズには、どうやってもシングルカメラのiPhoneXRは性能面で勝つことができません。

しかし、逆に光学ズームをする機会がない、デジタルズームでもいい、ということであればiPhoneXRの方が、コスパが高いので魅力的になるでしょう。

 

まとめ:iPhoneXRは性能、価格ともにちょうどよいモデル

この記事ではiPhoneXRの魅力についてまとめました。

何度も繰り返しになりますが、iPhoneXRは2018年モデルの中では、価格面で優れているので、最も買う価値のあるモデルです。

スマホの性能も、価格も妥協したくない人にとって、最も適切なiPhoneがこの「XR」ですよ。

 

-スマートフォン
-

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.