Pixel 4aの実機レビュー

Pixel4aレビューの概要(ポイント)

Googleが出す廉価スマホ

Googleが直接販売するPixel4aは価格、軽さ、カメラが魅力的な機種。

4万円以下で買える価格ながら、ミドルハイクラスのCPU、6GBのRAM、128GBのストレージを持っています。

またGoogleお得意のソフトウェア側のカメラ加工により、シングルカメラでも段違いのボケ味を持つ写真を撮影できるようになっています(作例で掲載)。

ソフトウェア側の加工は前モデルの処理速度の遅さを改善しており、実使用で不満のでない体感速度に進化。

超広角が不要とゲームをしないなら、これで十分と言えるスマートフォンです。

簡易スペック表

発売日 2020/08/20
SoC Snapdragon 730
RAM 6GB
ROM 128GB
画面 5.81インチ
重量 143 g
5G(Sub-6) 非対応
5G(ミリ派) 非対応

Google Storeで見る

SoftBankで見る

 

Pixel4aの目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはGoogleストアにて購入の上レビューを行っています。

 

Pixel4aの特徴

この項目ではPixel4aの特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

ミドルレンジの価格帯

Pixel4aは4万円強とミドルレンジの価格帯になっており、手に入れやすい価格です。SoCに新しいSnapdragon730Gを搭載しているため、ミドルレンジの中でも性能的に高い位置づけになります。

 

ミドルだがRAM、ROMは十分

Pixel4aの魅力は価格に対してRAM6GB、ROM128GBと容量が大きくなっていることです。RAMは上位のPixel4と同じ容量を持っています。

 

150g以下の重量

本体は147gとPixel4よりもさらに軽くなっており、機動力が高いことが特徴です。

 

シングルカメラだがポートレート可

Pixel4aは廉価版ゆえかシングルカメラ構成になりました。ただし、以前のモデルからのソフトウェア側でのカメラ制御のレベルの高さもあり、質の高いポートレート撮影を可能としています。

後半で作例を掲載していますが、ポートレートだけでなくズームでもミドルレンジとは思えない高い能力を有しています。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aの価格とコストパフォーマンス評価

Pixel4aはGoogle StoreがSIMフリーモデルを発売しています。価格は4万円強です。性能を考えれば、非常に安い価格設定になっています。またキャリアではSoftBankが取扱をしています。

公式サイトで見てみる

SoftBankで見る

目次に戻る⇒

 

Pixel4aのマシンスペック

マシンスペック

Pixel4aのマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/08/20
寸法 144×69.4×8.2mm
重さ 143 g
ディスプレイ サイズ 5.8インチ
形式 有機EL
画素数 1080×2340
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 電池容量 3140mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 18W
プロセッサ(Soc) Snapdragon730G
GPU Adreno618
ストレージ(ROM) 128GB
メモリ(RAM) 6GB
外部メモリ ×
通信 下り最大 公式記載なし
上り最大 公式記載なし
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証 ×
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報 公式記載なし
防水 ×
防塵 ×
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android 10
SIMサイズ nanoSIM・eSIM
DSDV

※スペック詳細はこちら

 

対応バンドについて

5G 非搭載
4G LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/38/39/40/41/42/66
WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
3G 850MHz / 900MHz /1800MHz/1900MHz

 

スペックの解説

Pixel 4aのスペックで際立っているのは軽さです。150g以下となっており、2019~2020年に発売されたスマートフォンの中ではかなり軽い部類に入ります。

Pixel4と比較して画面サイズは0.1インチ大きくなり、バッテリー容量も300mAhほど増加しています。

SIMはDSDV対応ですが、物理SIMとeSIMの組合せになっている点に注意して下さい。廉価版として注意点はリフレッシュレート60Hzであることです(上位のPixel4はリフレッシュレート90Hz)。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aのベンチマークテスト

Antutu

Antutuの値は「270993」です。その他の機種比較についてはAntutu測定データまとめをご覧ください。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

CPU-Z

CPU-Zを用いてデバイスチェックを行いました。結果は以下の通りです。

 

Pixel4aの通信スピードテスト

Pixel4aの通信環境テストをアプリOoklaを用いて行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のLYNKSIS VELOPを用いています(クリックで拡大します)。

 

全体的に安定したPINGが出ており、一戸建ての全部屋で安定したWi-Fi通信ができています。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aのカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。アウトカメラのズームに最大倍率は10倍となっています。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1200万 1.7

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

インカメラスペックは以下の通りです。固定フォーカスです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
セルフィーカメラ 800万 2.0 - -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

動画撮影能力

アウトカメラは以下の通りです。

4K 撮影 30fps
1080P 撮影 30,60,120 fps
720P 撮影 30,60,240 fps

 

Pixel4aで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。まず、Pixel4aでズーム機能を検証しました。ソフトウェア能力によるものなのか、7倍でも他のスマホに比べて非常に綺麗です。

標準

2倍

5倍

7倍(最大)

 

明るい色、暗い色の花の撮影によるホワイトバランスの変化を検証しました。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロカメラは搭載していないため標準的な能力です。

充電器の文字にピント

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケは強く出ており、ポートレート無しでも立体感が出ます。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

ポートレートモードの加工と加工前の比較です。さすがPixelの処理能力で、しっかりとボケています。輪郭も比較的正確に抜いています。

加工前

加工後

 

夜景能力の比較のために、キャンドルライトを用いて比較しました。一つではかなり暗いはずですが、割としっかりと輪郭を捉えています。4個用いたあたりから、しっかりと被写体を捉えています。

1個

2個

4個

6個

12個

 

屋外で撮影した写真の例です。ズームの検証を合わせて行っています。

標準

2倍

5倍

7倍

目次に戻る⇒

 

Pixel4aの外観

背面です。マットな質感で全く指紋が付きません。これだけでも価値があります。

 

カメラはシングルとなっています。対角上にフラッシュとカメラを搭載しています。センターに指紋認証があります。

 

右サイドは電源ボタンと音量ボタンがあります。ボタンの押し心地はチープです。

 

左サイドにはSIMスロットを備えています。本体にはeSIMを搭載しています。

 

上部にはヘッドフォンジャックがあります。

 

下部はUSB-Cを備えています

 

前面から見た様子です。Pixel4aではシリーズ初のピンホールカメラ式になっています。

 

上部ベゼルです。ベゼル幅は比較的大きめです。

 

下部ベゼルです。

 

付属品です。USB-C to USB-Cのコネクタ、USB-AからUSB-Cへの変換コネクタ、USB-Cポートの電源アダプタがあります。18W仕様です。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aのメリット・長所

価格が安い

やはり価格が安い点は大きな魅力と言えるでしょう。ハードなゲームは厳しいでしょうが、Snapdragon730Gで普段の使い勝手は十分すぎるレベルです。またメモリ6GBで4万円強ならお買い得感が強いと言えるでしょう。

 

Pixel3aのポートレートの遅さが改善

廉価版はSoCの能力不足によるカメラの処理能力不足を懸念していましたが、実際に使ったところ全く遅さを感じなくなっています。ゲームはしなくてもカメラを重要視する人は多いと思うので、大きな進化と言えるでしょう。

 

本体サイズが軽い

昨今のスマホは大型化の傾向があり、特にSIMフリーモデルはその傾向が強いです。そんな中、Pixel4aは150gを切る重量となっており、非常に軽くなっています。

 

背面を触っても指紋が付かない

個人的にもっとも大きな魅力は背面で、指紋が全くつかないことです。スマートフォン本体をケース無しで運用する人にとって嬉しい仕様と言えるでしょう。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aのデメリット・欠点

シングルカメラである

Pixel4aはシングルカメラであり、上位で搭載していた望遠カメラがなくなりました。ただ、前述したようにズーム自体はPixel4a側のソフトウェアの影響か普通に撮影できるので、むしろ弱点は広角カメラと言えます。室内撮影や風景を広く取りたい人にとってはマイナスになる可能性が高いと言えるでしょう。

 

ベゼル幅が気になるかも

Pixel4aは3a同様に、横のベゼル幅が若干大きくなっています。人によっては気になるかもしれません。

 

ただし、上部のインカメラ領域のベゼルがなくなっているため、好みは人によるところでしょう。

 

リフレッシュレートの問題

Pixel4aではリフレッシュレートは60Hz固定になっています。この価格でリフレッシュレートまで求める人はほとんどいないと思いますが、上位は90Hzになっているため弱点として挙げておきました。

 

サイドのボタンが安っぽい

右サイドに電源ボタンと音量ボタンがありますが、見た目の質感は普通なものの押したときの感触がとても安っぽいです。クリック感が強いのでこれを好む人もいるかもしれませんが、上質さはないので注意しておきましょう。

 

2つ目のスロットはeSIMである

Pixel4aは上位同様にSIMの2枚挿しが可能ですが、一つはeSIMです。物理SIM2枚挿しができないので注意しましょう。もし2枚挿しで同クラスの価格帯を狙うなら、OPPO Reno Aが良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aの口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Pixel 4a
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Pixel 4a

ミドルレンジで4万円以下で買えるスマートフォンとは思えないほど性能バランスが取れています。特にカメラはソフトウェア加工のレベルの高さもあり、ハイエンド以上。また147gの軽さが非常に魅力的なため、長時間スマホを使っている人にぜひおすすめしたい一台です。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aの女性目線の口コミ

普段、iPhone8を使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 背面のマット感が良い
  • 軽くて持ちやすい
  • 背面のカメラが気になる

 

Pixel4aがおすすめのタイプ

安さとカメラ性能が欲しい人

安いだけのスマートフォンはたくさんありますが、カメラ性能を両立しているもの、特に「ポートレート」が強いカメラはまずありません。これはGoogleならではが持つ大きな強みです。

ゲームはしないけど、カメラをよく撮影する人、かつ価格の安いカメラを求めている人にとってはこれほど魅力的な端末はないでしょう。

 

軽いスマホが欲しい人

Pixel4aは2020年に登場しているスマホの中でもかなり軽い部類に入ります。通勤時間が長かったりして、スマホを持っている時間が長い人は軽いスマホの方が良いでしょう。

 

Pixel4aをおすすめしない人

軽さと性能を求める人

軽さと性能を求める人にはおすすめできません。それならば、ハイエンドチップセットを搭載したiPhoneSE2もしくは、AQUOS Zero2、Xperia5のSIMフリー版を購入するほうが良いでしょう。

 

リフレッシュレートを求める人

Pixel4aはリフレッシュレートが60Hzとなっています。高いリフレッシュレートを求める場合は上位モデルの方が良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

Pixel4aの特徴レビューまとめ

価格からは信じられないカメラ性能

結論

Pixel4aはPixel4の廉価版として発売されていますが、実のところ中身は別物と言っても過言ではないほどコンセプトやターゲット層が違うと感じました。

スマホは安くて軽い方がいい、でもカメラは妥協したくないという人にとってはこれほどジャストミートする端末はないでしょう。

ただし、ズームやポートレートはどうにかなるとしても、超広角がないことだけ注意しておきましょう。

 

Pixel4aのキャンペーン・安く買う方法

Pixel4aはSIMロックフリー版がGoogleストアでのみ発売されています。またキャリア版はSoftBankが発売しています。現金支払いとしてはSIMフリー版の方が安くなりますが、キャリアは他での割引があるので一長一短です。好きな方で買うと良いでしょう。

公式サイトで見てみる

SoftBankで見る

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

ライバル機種のレビューです。

 

関連公式サイト

 

© 2020 SIMPC(シンプシー)