iPad mini 第6世代(2021年モデル)の実機レビュー

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のレビュー概要

ベストバイな小型タブレット

2021年に刷新された小型タブレット「iPad mini 第6世代」。ベゼルレス設計、Apple Pencil第二世代対応、USB Type-Cポート、300gを切る質量と前モデルと比較して大幅に進化しています。

スペック的な進化しつつ、キープコンセプトされているため、持ち運びに適したコンパクトさで外出先のお供としても使えますし、デジタル読書の端末としてバッチリハマる一台です。

簡易スペック表

発売日 2021年9月24日
SoC A15 Bionic
RAM 4GB
ストレージ 64,256GB
画面サイズ 8.3インチ
重量 293g(Wi-Fi)
297g(Cellular)
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の特徴

ここではiPad mini 第6世代(2021年モデル)の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

片手で持てるコンパクトさ

iPad mini 第6世代は第5世代のコンパクトさを踏襲しつつ、ホームボタンを無くしてディスプレイをコンパクトにしたモデルです。本体自体も軽く、300gを切っており持ち運びに便利です。人によってはギリギリですが、片手で持つこともできます。

 

指紋認証に対応

iPad miniは持ち運びを想定しているからか、電源ボタン兼指紋認証となっています。電源ボタンに軽く触れるだけで解錠する仕組みになっています。

 

A15 Bionicでパワフル

第6世代になり、プロセッサが一気に刷新され、最新のiPhoneと同じA15 Bionicが搭載されています。ベンチマーク結果でも後述しますが、Antutuスコアは70万点を超える結果となっています。なお、A15 BionicはiPhone13の無印版とPro版でGPUコア数が異なり、上位が5コアですがiPad miniでもGPUコア数は5となっています。

 

Apple Pencil第二世代に対応

iPad mini 第6世代からApple Pencilの第二世代に対応しています。本体の横にマグネットで付くので、持ち運びも便利です。

 

センターフレーム対応

iPad Pro Gen4で対応した、超広角カメラを用いて人を画面の中心に持ってくるセンターフレームをiPad miniでも使うことが出来ます。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の価格とコストパフォーマンス

iPad miniは税込みで64GBが59,800円からとなっています。Cellularモデルの場合は77,800円からとなります。8インチモデルはそもそも他にAndroidも含めライバルがいないので比較しようがありません。

ただ、パフォーマンス面だけで見るとA15 Bionicのプロセッサを搭載してこの価格はかなり安めの設定です(AndroidでSnapdragon888搭載タブレットは10万円前後がメインの価格帯)。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のスペック

今回レビューしたiPad mini 第6世代(2021年モデル)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日 2021年9月24日
製品名 iPad mini 第6世代(2021年モデル)
型式 -
サイズ 195.4×134.8×6.3mm
本体重量 293g
ディスプレイ サイズ 2266×1488
アスペクト比 1133:744
サイズ 8.3
形式 -
リフレッシュレート 60
バッテリー 容量 記載なし
ワイヤレス充電 有り
リバースチャージ 無し
急速充電 有り
SoC(CPU) A15 Bionic
GPU 5コアグラフィックス
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB
コネクタ Lightinig
外部メモリ 形式 非対応
最大容量 -
通信速度 上り数字 記載なし
下り最大 記載なし
Wi-Fi6
bluetooth バージョン v5.0
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証 対応
ディスプレイ内指紋認証
顔認証
光彩認証
おサイフケータイ 無し
緊急避難速報 無し
防水 非対応
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS iOS15
SIMサイズ 非対応※
DSDV 有り
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

対応バンドについて

今回はWi-Fiモデルをレビューしていますが、本モデルは5Gにも対応しています。対応バンドは以下の通りです。

5G NR 1,2,3,5,7,8,12,20,25,28,29,30,38,40,41,48,66,71,77,78,79
FDD-LTE 1,2,3,4,5,7,8,11,12,13,14,17,18,19,20,21,25,26,28,29,30,32,66,71
TD-LTE 34,38,39,40,41,42,46,48
CDMA EV-DO Rev.A 800,1900MHz
GSM/EDGE 850,950,1800,1900MHz

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のベンチマーク

Antutu

Antutuベンチマークスコアは776968という結果になりました。Antutuベンチマークの結果、iPhone13 Proとほぼ同じ結果が得られました。非常に高性能です。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。1727109244568

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:643Mbps
ポイント②:501Mbps
ポイント③:513Mbps
ポイント④:456Mbps
ポイント⑤:434Mbps
ポイント⑥:98.8Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 643 324 8
ポイント② 501 480 7
ポイント③ 513 527 7
ポイント④ 456 471 8
ポイント⑤ 434 476 8
ポイント⑥ 98.8 77.7 7

 

通信スピードテストの評価

通信速度測定の結果、ルーター前からポイント⑤までは安定した通信速度が得られました。しかし、最長距離のポイント⑥では速度の低下が見られています(PING値はほぼ変化なし)。これは同時期に発売されたiPhone13シリーズと同様の傾向になっています。今回は5GHz帯でテストしていますが、長距離での利用が想定される場合、2.4GHz帯の利用、もしくはメッシュWi-Fiを使う方が良いでしょう。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
アウトカメラ 1200万画素 1.8 -
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 1200万画素 2.4 -

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。画素数はiPhoneシリーズと同じですが、色味が薄く魅力に欠けます。ズームしてもそれなりには映りますが、iPhoneの方が圧倒的に上なので、スマホで撮影後AirDropでタブレットに飛ばす方が効率的と言えるでしょう。

1倍

2倍

 

5倍

 

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。ホワイトバランスの変化量はiPhoneと比べてより大きく感じます。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロ非対応のため接写には向きません。最大ズームした状態で撮影するとそれなりには寄れますが、手振れが厳しい問題があります。マクロを取りたいならiPhone13 Proを選択することをおすすめします。

広角1倍

最大ズーム

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ味は弱めです。

前の花にピント

 

後ろの花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。夜景は比較的輪郭をしっかりと捉えていますが若干ノイジーです。

4個

8個

12個

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の外観

今回はパープルを購入しました。淡い紫色ですが、重厚感(高級感)があります。ポップな感じではありません。

 

背面のカメラはシングルになっています。出っ張りはあまりありません。

 

表面です。ベゼル幅は他のタブレットと比較してもかなり大きく9mmとなっています。フロントカメラはシングルでIRカメラは非搭載(顔認証非対応)です。

 

本体上側には指紋認証を兼ねた電源ボタン、および音量ボタンがあります。

 

本体左側には何もありません。

 

本体右側にはSmartFolio用の接続端子があります。

 

本体下側にはスピーカーおよびUSB Type-Cポートがあります。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のメリット・魅力

PCサイトのネットサーフィンに最適なサイズ感

筆者が感じたiPad mini 第6世代の最も良い点が横持ちした時のサイトの表示状態です。サイトにもよりますが、ほとんどのサイトでPCサイズが表示されます(縦持ちだとスマホビュー)。

iPad Pro11インチも持っていますが、このサイズだとパソコンで運用してもたいして差が無いので、8インチ台でパソコンサイトを見れるのは、持ち運び時や寝ころびながら見る時にちょうど良いです。

 

本を読むのに便利なサイズ感

タブレットで漫画や本を読む人は多いと思いますが、iPad mini 第6世代はその観点ではほぼパーフェクトな一台。300g以下で持ち運びにも便利ですし、縦に持って1ページ、横で持って見開きのどちらでも上手く対応できます。

 

指紋認証の反応が良く快適

iPad mini 6では指紋認証に対応しており、縦持ち、横持ちどちらでも押しやすい位置に指紋認証があります。指紋なので外出先でも気兼ねなく使えるのは大きなメリットです。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)のデメリット・欠点

ベゼル幅が広い

iPad mini 第6世代の弱点はベゼル幅が広いこと。背面は高級感があるのに、表面のベゼルの広さがもったいなく感じます。ただ、タブレットの場合はベゼル幅が狭すぎると誤タッチの原因になりかねないので、デザインとの両立は難しいところです。

 

カメラ性能はオマケ程度

写真の作例でも紹介しているように、カメラ性能はあくまでおまけです。iPhoneで撮影しAirDropを使ってiPad miniに飛ばす方が実用的です(Androidの場合はGoogleドライブなどで共有すると良いでしょう)。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

iPad mini 第6世代
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

「これを待っていた」と声を大にして言えるほどの名タブレット。120Hzモニターに対応していれば完璧でしたが、そこまで求めるのは酷なのでこれで十分。漫画を読むのが楽しくなるので、デジタル本を持っている人はぜひ購入を検討してみて欲しいです。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • コンパクトで持ちやすいサイズ感
  • パープルカラーが可愛い

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)がおすすめな人

外出先でタブレットを使う人

iPadはminiの他にインチ数の異なる4つのラインナップがありますが、どれも10インチを超えており大柄です。ちょっとした持ち出しにはiPad miniはジャストサイズ。しかも、指紋認証に対応しているので外出先での認証解除を楽に行うことができます。

 

本を読む人

iPad mini 第6世代はデジタル本を読むための端末と言っても過言ではないほど。300g切りの軽さと見開きでも楽しめるサイズ感、そしてA15 BionicのハイパフォーマンスさとWi-Fi6でストレスなくダウンロードから読み始められるのはこの端末だけと言っても過言ではありません。

 

メモをよく取る人

本モデルではApple Pencil第二世代に対応しており、ペンアクションも健在。縁からペンを滑らすだけでメモ帳が立ち上がりますし、スクリブル(手書き文字認識)が日本語に対応して精度が高まっているので入力性が向上しています。さっと取り出ししやすいサイズ感なので、デジタルメモ帳としては最適です。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)がおすすめではないタイプ

タブレットで本格的にゲームする人

ゲームをするうえでスペック面の不満はありませんが、タブレットで本格的にゲームするなら120Hz対応したディスプレイが欲しいところです。この場合、国内で技適を取っているものに限定すると、iPad ProもしくはXiaomi Pad 5が選択肢となり、ゲーム中心ならこれらのモデルを選ぶ方が良いでしょう。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)の実機レビューまとめ

ほぼ弱点のない2021年最強小型タブ

結論

iPad mini 第6世代は小型タブレットを求める人にとってほぼ弱点のない一台となりました(デメリットを書いてはいますが、享受できるメリットに比べると些細なことです)。

プロセッサが刷新され、iPhone13と同じモデルを使っているので、向こう数年は余裕をもって使えます。購入を悩んでいるなら、ぜひ買って良いモデルと言える名機種です。

 

iPad mini 第6世代(2021年モデル)を安く買う方法

iPad mini 第6世代(2021年モデル)を購入する場合、各キャリアでセルラーモデルを、もしくはSIMフリーモデルやWi-FiモデルをAppleストア、もしくは通販サイトで購入する形になります。もし通販サイトで購入するなら、以下の記事をぜひ参考にしてください。iPad miniに限らず全商品安く買う方事が出来ます。

【2022年11月】Amazon(アマゾン)をクーポンとキャンペーン・セールで最大限安く買うコツ・方法

Amazon(アマゾン)をクーポンやキャンペーン・キャッシュバックやセール(プライムデー・サイバーマンデー・ブラックフライデー)、無料お試し期間を使って最安値で購入する方法についてまとめています。

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。