異なるパソコンをリンクケーブルでマルチディスプレイ化する方法(ドラッグ&ドロップも可)

2台のをマルチディスプレイ化したり、直接データを移したくなること、ありませんか?

その問題を解決してくれるアイテムが、J5の「Wormhole Switch(ワームホールスイッチ)」。

USB端子を、それぞれに挿すだけで、ソフトのインストール無しで、以下をすることができます。

リンクケーブルを買った理由

Whormhole Switchは簡単に言うと、「2つのパソコンをマルチディスプレイ化できる」機器。

私は仕事のために、2つPCを並べるようにして作業を行っています。うち一台は、画面一体型のパソコン。

注意

リンクケーブル購入当時の様子です。現在のデスク状況は異なります。

 

一つのパソコンだけにしてディスプレイを買い足し、マルチディスプレイ化しても良いんですが、PCの廃棄も面倒

ディスプレイを追加するのももったいなかったため、そのまま使っていました。

しかしPCを2台置いていることで、以下の問題点がありました。

PC2台使う問題点

  • マウスとキーボードが2つずつ必要
  • 画面上でのデータの移し替えができない

そんな時に出会ったアイテムが、リンクケーブル「wormhole switchワームホールスイッチ」。

2つのPCのUSBを繋ぐだけで、マルチディスプレイ化して、データのやり取りもできるという優れモノです。感動して、amazonで直ぐに買いました。

 

 

両端USBのシンプルなデバイス

Wormhole Switchはとてもシンプルで、ただ単純に両端にUSBが付いているだけ。いろんな機器が入っているのか、USBメモリなどよりも少し大きめです。

USBコネクタをそれぞれのPCに差し込むだけで使えます。ソフトウェアのインストールも必要ありません。ホント素晴らしい。

 

windows10同士で使っていますが、macや、windowsタブレット、windowsのバージョン違いでも使えるみたいです。

この辺りの詳細情報はメーカー(J5 Create)のHPを参照してみて下さい。

 

リンクケーブルのメリット

Wormhole Switchのおかげで、大げさではなく、2台のパソコンの使い勝手が一気に向上しましたね。メリットを簡単にまとめると下記のとおり。

リンクケーブルのメリット

  1. 2台のPCをつないでいるがマウスとキーボードは一台でOK
  2. マルチディスプレイが便利
  3. クリップボードが共有できる
  4. それぞれのパソコンのデータをドラッグ&ドロップで移せる

 

1,2は購入したキッカケのところで述べた通りです。別々のパソコンだったものが一台のキーボードとマウスで運用できるのは快適そのもの。

そして3,4がとても便利。

本来USBで繋いでいるだけなので、別のパソコン。でもクリップボードでコピーした内容はそれぞれのパソコン間で共有できます。

さらに2つのパソコン間でファイルの受け渡しがドラッグ&ドロップで簡単にできます。

これまで、クラウド経由か、モバイルHDD経由の二択で、間接的にしかできませんでした。直接やり取りできるのは時間短縮という点でもありがたいですね。

 

パソコンの新規購入時のデータ転送にも

今回はマルチディスプレイを目的に買いました。しかし、新規のパソコンを購入した時はデータを受け渡しが必要です。

Whormhole Switchを使えば、外付けHDDを通す必要が無いため、データの転送が楽に出来ます。

 

まとめ:2台以上のパソコンを持つ人は一家に一台どうぞ

今となっては欠かせなくなってしまったwormhole switch(ワームホールスイッチ)。使う人は限定的だと思いますが、以下のような人は便利でしょう。

おすすめな人

  • 自宅でパソコンを複数台同時に使っている
  • 外はノートPC、家はデスクトップPCを使っている
  • 新しくパソコンを買い替えてデータを転送したい

 

お手頃な値段ですし、家に一本あれば、いざという時に楽できる一品です。

-Tips・裏技

Copyright© SIMPC , 2019 All Rights Reserved.