OPPO A54 5Gの実機レビュー

OPPO A54 5Gのレビュー概要

低価格ながら非常に魅力的な一台

OPPO A54 5Gはファンタスティックパープルとシルバーブラックの2色を揃えるスマートフォン。auとUQモバイルが取り扱うキャリア系スマートフォンでありながら、実質1万円強で購入できるモデルです(割引はないがSIMフリー版も存在)。

かなり安い価格ながら、ベンチマーク結果からもわかるように処理性能が非常に高いこと、さらにカメラの性能に優れることから、できるだけ安く、かつ性能が良いスマートフォンを探している人にすすめたいモデルです。

簡易スペック表

発売日 2021年6月4日
SoC Snapdragon 480 5G
RAM 4GB
ストレージ 64GB
画面サイズ 6.5インチ
重量 190g
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

OPPO Japan
2021年7月5日時点でUQモバイルで本体代金11,880円で購入可能です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またSIMフリーモデルはAmazonで販売しています。

 

OPPO A54 5Gの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

本モデルはイオシスでUQモバイルモデルを購入し、実機レビューを行っています。

 

OPPO A54 5Gの特徴

ここではOPPO A54 5Gの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

低価格な5Gモデル

OPPO A54 5Gはキャリアで購入すると、割引適用で1万円強で買えるスマートフォンですが、最新の通信規格5Gに対応しています。5Gエリアの範囲内であれば、より快適にネット・動画配信を楽しむことができます。対応バンドについては、マシンスペックの項目をご覧ください。

 

Snapdragon480 5Gは魅力的

本モデルでは400番台で2021年最高クラスの性能を誇るSnapdragon 480 5Gを搭載しています。400番台はローエンドな印象ですが、最新モデルだけあって、サクサクと動きます。詳しくはベンチマーク結果の項目で書いていますが、Antutuが25万点を超えており、一般的なミドルレンジモデルよりもプロセッサが強力になっています。

 

リフレッシュレート90Hzに対応

OPPO A54 5Gではリフレッシュレート90Hzに対応。一般的なスマホは60Hzなので、画面の動きがスムーズに見えるようなディスプレイとなっています。必要に応じて60Hzに変更することも可能です。

 

5000mAhの大容量バッテリー

本モデルのバッテリー容量は5000mAhとなっており、スマートフォンとしてはかなり容量が大きめです。画面が大きいモデルですが、その分バッテリーが強化されているのは嬉しいポイントです。

 

OPPO A54 5Gの価格とコストパフォーマンス

OPPO A54 5Gはキャリア(au、UQモバイル)で1万円ちょっとで購入できるモデルです。低価格な割に性能が良い一台です。メリットで後述しますが、ローエンドのプロセッサを積んでいる割に実用性が高く、低コストモデルとは思えないほどカメラ性能に優れていることを考えれば、非常に魅力的なモデルです。

OPPO Japan
2021年7月5日時点でUQモバイルで本体代金11,880円で購入可能です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またSIMフリーモデルはAmazonで販売しています。

 

OPPO A54 5Gのスペック

今回レビューしたOPPO A54 5Gのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年6月4日
製品名 OPPO A54 5G
型式 CPH2303
サイズ 162.9×74.7×8.4mm
本体重量 190g
ディスプレイ サイズ 6.5インチ
解像度 2400×1080インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 最大90Hz
バッテリー 容量 5000mAHmAh
ワイヤレス充電 無し
リバースチャージ 無し
急速充電 18W
SoC(CPU) Snapdragon 480 5G
GPU Adreno619
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB
コネクタ USB-C
外部メモリ 形式 microSD
最大容量 記載なし
通信速度 上り数字 記載なし
下り最大 記載なし
Wi-Fi6 非対応
bluetooth バージョン v5.1
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証 対応
ディスプレイ内指紋認証
顔認証 対応
光彩認証
おサイフケータイ 有り
緊急避難速報 無し
防水 非対応
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android11
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 有り
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

対応バンドについて

対応バンドは以下の通りです。

5G NR n3/n28/n77/n78
FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/17/18/19/20/26/28
TD-LTE 38/39/40/41/42
W-CDMA 1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz

 

OPPO A54 5Gのベンチマーク

Antutu

Antutuの値は256038という結果になりました。Snapdragon400番台とは思えないほど、高い性能になっています。ベンチマークスコアだけでなく、実際の使用感としてもほぼストレスがありません。その他の機種比較についてはAntutu測定データまとめをご覧ください。

ベンチマーク比較

A14 Bionic:626380
SD888:611411
SD865+:606446
SD865+:598223
SD855:469568
SD765G:323615
SD480 5G:256038
SD720G:252606
Dimmensity 720:237746
Helio P65:167025
SD655:150705

実測定データ

ベンチマークスコア

検証機種名 プロセッサ メモリ Antutuスコア
iPhone12 Pro A14 Bionic 6GB 626380
Galaxy S21 SD888 8GB 611411
Galaxy Note20 Ultra SD865+ 12GB 606446
ZenFone7 SD865+ 8GB 598223
AQUOS zero2 SD855 8GB 469568
Reno 5A SD765G 6GB 323615
OPPO A54 5G SD480 5G 4GB 256038
AQUOS sense4 lite SD720G 4GB 252606
Galaxy A32 5G Dimmensity 720 4GB 237746
Android One S8 Helio P65 4GB 167025
OPPO A5 2020 SD655 4GB 150705

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

OPPO A54 5Gの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:298Mbps
ポイント②:260Mbps
ポイント③:294Mbps
ポイント④:276Mbps
ポイント⑤:292Mbps
ポイント⑥:114Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 298 264 8
ポイント② 260 119 8
ポイント③ 294 285 8
ポイント④ 276 181 7
ポイント⑤ 292 260 9
ポイント⑥ 114 52.5 10

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6非対応モデルのため、最大通信速度は300Mbps弱となっています。ただし、ダウンロード速度、PINGの観点から見て長距離でも実用的な通信速度になっているためあまり心配は必要ありません。

 

OPPO A54 5Gのカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 4800万画素 1.7
超広角カメラ 800万画素 2.2
マクロカメラ 200万画素 2.4
モノクロカメラ 200万画素 2.4
インカメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1600万画素 2.0

 

OPPO A54 5Gで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

6倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。

 

 

前後でピントを調整し撮影しました。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

ポートレートモードで撮影を行いました。

 

 

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。

1個

4個

8個

12個

夜景モード

 

OPPO A54 5Gの外観

今回購入したカラーはファンタスティックパープルです。グラデーションがかかったカラーリングになっています。

 

背面カメラは4眼となっています。カメラバンプは高めです。

 

表面です。パンチホールディスプレイとなっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

本体上部には何もありません。

 

本体左側はSIMスロットと音量ボタンになっています。

 

本体右側は指紋認証を兼ねた電源ボタンになっています。

 

本体下側はヘッドフォンジャック、USB-C、スピーカーとなっています。

 

SIMスロットを外した様子です。デュアルnanoSIMとmicroSDカードのトリプルスロットになっていますが、今回はUQモバイルモデルなのでSIMスロットが一つ潰されています。SIMピンは一般的なタイプです。

 

実際に手に持った様子です。

 

ケースが付属しています。

 

OPPO A54 5Gのメリット・魅力

低価格ながらストレスなく使えて良い出来の一台

スマートフォンは価格と処理速度が直結しやすいデバイスですが、本モデルに関しては気にしなくても良いほど1万円ちょっとで買えるモデルとしては性能が高いです。操作でもたつくことがなく使えるので、メール・電話・LINEなどをベースにするのであれば十分すぎる性能です。

 

カメラ性能が思った以上に高い

安いスマートフォンはカメラ画質が悪いことも多いですが、OPPO自身がカメラに力を入れていることもあってか低価格モデルとは思えないほど性能が優れています。カメラの検証でも書いたように露出補正が甘いところもありますが、この価格帯なら十分納得できる映りとなっています。

 

リフレッシュレート90Hzで滑らか

ローエンドモデルでは非常に珍しいリフレッシュレート90Hzを採用しています。設定するだけで明らかに画面遷移の滑らかさが変わるので、ぜひ体感して欲しい項目です。設定は「設定>ディスプレイと輝度>もっと見る>画面リフレッシュレート」の項目から変更できます。

 

指紋認証が使いやすい

OPPO A54 5Gでは指紋認証を横に搭載しています。静電容量タイプなので、認識が速くストレスなく使うことができます。また電源ボタン併用型の指紋認証は遅い印象がありますが、背面型とほぼ変わらない速度で使うことが可能です。

 

OPPO A54 5Gのデメリット・欠点

190gで本体は重め

OPPO A54 5Gは本体サイズが大きく、190gとなっています。一般的なスマートフォンと比較すると、標準から重めのランクになります。ただ、価格帯が安いのでケースを付けないで運用する人もいると思うので、そういった意味では標準クラスになるでしょう。

 

シングルスピーカー

OPPO A54 5Gのスピーカーは本体下部のみのモノラル構成となっています。音の立体感という意味では物理的に不利になります。ただし、スピーカーの性能としては悪くはありません。

 

Felica(おサイフケータイ)非対応

残念ながらFelicaには対応していません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

A54 5G
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on A54 5G

Antutuベンチマークスコアが25万点を超えていて、処理性能にストレスが無い点でSnapdragon480 5Gの性能に驚かされました。カメラ性能も十分なので、とにかく安くスマホを買いたい!という人ならこのモデルで十分過ぎるほどです。

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • (ファンタスティックパープルは)かなり派手
  • スマホを持つとずっしり来る

 

OPPO A54 5Gがおすすめな人

au、もしくはUQで出来るだけスマホを安く手に入れたい人

OPPO A54 5GはauとUQで取り扱いのあるスマートフォンで、割引適用することで1万円ちょっとで購入することができる魅力的なモデルです(キャッシュバックを考えればさらにお得)。できるだけ安く、かつ実用的なモデルが欲しい場合は間違いなくおすすめできる一台です。

 

安くてもカメラ性能が出来るだけ欲しい人

安いスマホはカメラ性能がネックになる部分がありますが、OPPO 54 5Gではあまり気にする必要はありません。ハイエンドに比べれば劣りますが、5万円クラスのミドルレンジモデルとほぼ変わらない映りになっています。

 

指紋認証を使いたい人

外出先でスマホを見る際に指紋認証を使う人も多いと思いますが、静電タイプなので解錠が速く快適に使えます。

 

OPPO A54 5Gがおすすめではないタイプ

スマホを長時間使う人

通勤・通学でスマホを長時間使う人は重さを気にした方が良いでしょう。190gあるので、できればケース無しで運用するかスマホリングを装着するなどして、負担がかからないような使い方をおすすめします。

 

OPPO A54 5Gの実機レビューまとめ

安さと機能を求める人向けのスマホ

結論

OPPO A54 5Gはこの価格帯としては驚くほど性能が良く、ストレスなく使える端末です。安くスマートフォンを探しているのであれば、これ一択と言っていいほど。

欠点としては190gの重さとおサイフケータイ非対応な部分はありますが、この2つだけ許容できるなら、十分買いの一台と言えるでしょう。

OPPO Japan
2021年7月5日時点でUQモバイルで本体代金11,880円で購入可能です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またSIMフリーモデルはAmazonで販売しています。

 

OPPO A54 5Gを安く買う方法

OPPO A54 5GではUQモバイル、auをキャリアモデルとして取り扱っています。購入前には特典を利用するために以下のページを合わせて参考にしてください。

UQモバイル(ユーキューモバイル)のキャンペーン・クーポン・学割で最大限安くする方法

\クリックで特別ページへ/   ユーキューモバイルは昼間でも速度が落ちない、とても優秀な格安SIM。さらにキャンペーン・キャッシュバックがシンプルで分かりやすいうえに、現金最大1万円で返って ...

続きを見る

【2021年版】au(エーユー)のクーポンとキャンペーン・キャッシュバックで最大限安く買う方法・機種変更するコツ

スマートフォンは高額なためできるだけ安く手に入れたいと思うのが心情。しかしながら、スマートフォンの契約は正直ややこしく、億劫になってしまう人も多いと思います。 そこでこのページでは、au公式で行われて ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト