AQUOS zero2の実機レビュー

AQUOS zero2レビューの概要(ポイント)

超軽量な大画面モデル

AQUOS zero2は、過去発売されたAQUOS zeroの後継にあたるモデルです。最大の特徴はその軽さ。6インチを超える大型スマートフォンでありながら、141gの軽さを実現しており、持ってみると違和感を感じるほど。

軽さだけでなく、Snapdragon855を搭載した高性能さや疑似240Hzのリフレッシュレートに対応したゲーミング性能など目を見張るところが多い機種となっています。

またこの機種はSoftbankで投げ売りされた経緯があり、中古価格がかなり下がりコストパフォーマンスが異様に高くなっているので、狙い目のモデルと言えます。

簡易スペック表

発売日 2020/1/30
SoC Snapdragon855
RAM 8GB
ROM 256GB
画面 6.4インチ
重量 141 g
5G(Sub-6) ×
5G(ミリ派) ×

※詳細は公式スペック表でご確認ください。

シャープ(SHARP)
AQUOS zero2はSoftbankで投げ売りがあったため、イオシスでの価格が大幅に下がっています。中古でよければかなりお得なので在庫をチェックして下さい。

 

AQUOS zero2の目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。筆者が使った主観的な内容については、メリット・デメリットの項目で記載しています。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはイオシス からソフトバンク版のSIMロック解除されたものを購入しレビューを行っています。

 

AQUOS zero2の特徴

この項目ではAQUOS zero2の特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

超軽量ゲーミングスマホ

AQUOS zero2の最大の魅力はなんといっても驚くほどの軽さ。6.4インチで141gの軽さは他に例がないほどのスペックになっています。大型スマホが良いが重いスマホはちょっと、というトレードオフを求める人にもおすすめできるモデルになっています。

 

240Hzで疑似高リフレッシュレート

AQOUS zero2では120Hzのリフレッシュレートモニターに黒挿入をすることで疑似的に240Hzのモニターになるように設計されています。これによりゲーム中の動きがより滑らかにすることができます。

 

SIMフリーのデュアルSIMモデルが存在

AQUOS zero2は軽さ、リフレッシュレート、ハイスペックとスマートフォンの中でも素晴らしい性能をバランスさせていますが、さらにデュアルSIMのSIMフリーモデルが存在するという驚きのモデルです。AmazonなどでSIMフリーモデルが発売されているので、もしデュアルSIMが欲しい場合はそちらを選ぶようにして下さい。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2の価格とコストパフォーマンス評価

AQUOS zero2の新品コストパフォーマンスは普通でしたが、2021/01/04時点において中古のコストパフォーマンスは異常なほど高いです。特にSoftbank版が1年落ちで3万円台で買えてしまうため、中古で問題なければ下手な格安スマホ買うよりもおすすめです。

価格情報について

価格については執筆時点(2020/12/21)の情報です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

シャープ(SHARP)
AQUOS zero2はSoftbankで投げ売りがあったため、イオシスでの価格が大幅に下がっています。中古でよければかなりお得なので在庫をチェックして下さい。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2のマシンスペック

マシンスペック

AQUOS zero2のマシンスペックは以下の通りです。

発売日 2020/1/30
寸法 158×74×8.8mm
重さ  141g
ディスプレイ サイズ 6.4インチ
形式 OLED
画素数 1080×2340
リフレッシュレート 60Hz、240Hz
バッテリー 電池容量 3130mAh
ワイヤレス充電 ×
リバースチャージ ×
急速充電 記載なし
プロセッサ(Soc) Snapdragon855
GPU 記載なし
ストレージ(ROM) 256GB
メモリ(RAM) 8GB
外部メモリ 対応無し
通信 下り最大 988Mbps
上り最大 46Mbps
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 4台
生体認証 指紋認証
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android10
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 〇(※)

※スペック詳細はこちら
※DSDV対応はSIMフリーモデルのみ

 

対応バンドについて

キャリアモデルのため未掲載です。

 

スペックの解説

スペック面を見ても、141gの重量には違和感を感じるほど軽量です。しかも、これだけ軽量でありながらバッテリーは3000mAhを超えているため、それなりに使うことができます。またスペックだけでは分かりませんが、AQUOS zero2は充電系統が2つあり、それにより発熱をより抑える工夫が施されています。その他にもメモリが8GB、そしてROMが256GBと大容量な上高速なUFS3.0を使っています。データ容量が大きい点でも安心の一台です。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2のベンチマークテスト

Antutu

Antutuベンチマークのスコアは以下の通りとなりました。その他の機種比較についてはAntutuベンチマーク測定データまとめと比較下さい。

 

GeekBench

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

 

AQUOS zero2の通信スピードテスト

Wi-Fi環境テスト

AQUOS zero2の通信環境テストをアプリOoklaを用いて行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6対応のArcher A10  Proを用いています(クリックで拡大します)。

1F

2F

 

全体的に通信速度が安定しており快適に使うことが出来ています。最長距離で若干スピード落ちるものの、100Mbpsを超える十分なスピードが得られています。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2のカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。昨今のカメラとしては珍しく広角カメラの方が有効画素数が大きくなっています。ただし、手振れ補正は標準のみです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
標準カメラ 1220万 1.7 〇(動画撮影)
広角カメラ 2010万 2.4 × 〇(動画撮影)

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

インカメラのスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 800万 2.2 × 〇(動画撮影)

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

AQUOS zero2で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。超広角から8倍ズームまで利用できます。8倍ズームでも実用的になっています。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

8倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。かなり色味が変わります。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。色変化もそうですが、それよりも暗く映ることが欠点です。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。接写用のレンズを搭載していないためあまり向いていません。

マクロカメラで撮影

 

 

前後でピントを調整し撮影しました。ボケ感は弱めです。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。夜景モードは驚くほど変化があります。特に暗い部分ではノイズが大きくなっていますし、灯りが多くなると色温度がかなり変わります(見た目よりも黄色みが強くなっています)。見た目通りに撮影するという観点で見れば、大幅に変わる点が注意です。

1個

4個

8個

12個

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2の外観

AQUOS zero2の背面です。カラーは一色のみで、ブルーとブラックのグラデーションカラーとなっています。

 

背面には超広角と広角カメラの二つがセットされています。カメラの高さはあまり無いため、そのまま机に置いてもガタツキは気になりません。

 

表側にした様子です。大画面で表示領域が広く使いやすい印象のモデルです。

 

本体上部です。SIMスロットがあります。

 

本体左側です。こちらには何もありません。

 

本体右側です。音量ボタン、電源ボタンが備え付けられています。

 

下部にはUSB-C、スピーカーがあります。スピーカー音質は下の上といったところです。

 

SIMスロットを取り出した様子です。デュアルSIMに見えますが、nanoSIMとmicroSDカードの組合せが利用できます(ただし、SIMフリーモデルは物理デュアルSIMです)。

 

その他の付属品はありません。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2のメリット・長所

大画面で軽い良モデル

何度も繰り返しになりますが、6.4インチの大画面でこれだけ軽いのは魅力的です。通勤通学などでスマートフォンを見ている時に重さは大敵なので、軽いモデルに変えるだけで楽に使えるでしょう。

 

リフレッシュレートの恩恵は素晴らしい

AQUOS zero2では240Hzのリフレッシュレートが使えますが、これがとにかく素晴らしくスクロールで滑らかさを感じます。一度ハイリフレッシュレートに慣れると60Hzでは違和感が強くなってしまうほどです。

 

カメラが綺麗に映る

軽量モデルになるとしわ寄せがカメラに行くことも多いですが、AQUOS zero2はそれなりに綺麗に映りました。特に室内撮影でも明るく映る点が魅力的。またオートフォーカスが上手な機種なので、初心者でも綺麗に写せるカメラになっています。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2のデメリット・欠点

快適に使うために初期設定が必要

AQUOS zero2は出荷時から設定を始めると、文字が大きめの設定になっており小さくしたくなります。また240Hzリフレッシュレートを使うためにはゲーミング設定が必要になります。これらの初期設定が必要な点が面倒と言えます。

具体的にはAQUOSの便利機能の中から設定するアプリを選択する必要があります。つまりホーム画面ではハイリフレッシュレートを活かすことが出来ないため損した気分になります。以下のようにハイレスポンスモードをonにした状態でさらにこの設定の下部にあるハイリフレッシュレートを適用するアプリを選択する必要があります。

 

 

夜景の撮影能力が低い

作例でも紹介していますが、とにかく夜景の撮影能力が低いことが弱点です。外観を見てのとおりカメラにあまり力を入れているようには見えませんが、それが夜景に最も表れていると感じました。

 

指紋認証はワンテンポ遅い

AQUOS zero2ではディスプレイ指紋認証を搭載していますが、認証はワンテンポ遅いです。顔認証と併用するようにすると良いでしょう。

 

背面に指紋がつく

背面は光沢ブルーになっていますが、ここに指紋がかなりつきます。そのまま運用する場合は指紋が気になるかもしれません。

 

スピーカー音質が低い

弱点のなさそうなAQUOS zero2ですが、唯一はっきりと言える弱点がスピーカーです。モノラルであること、さらに本体が軽すぎるために低温で本体がビビリ音を出してしまうことが弱点と言えます。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2の口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

AQUOS zero2
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on AQUOS zero2

ハイエンドスマートフォンの中でも超軽量で特殊性が際立つモデル。ただし、軽さに振り切ってるため、人によってはぴったりはまるモデル。漫画をよく読むので、ハイリフレッシュレートと軽さと大画面の組合せは有難い限り。カメラ性能がもう少しマトモなら文句なしだった。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2の女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • びっくりするほど軽い
  • 画面が滑らかに動いてる(リフレッシュレート240Hz)

 

AQUOS zero2がおすすめのタイプ

通勤・通学で長時間スマホを触る人

長時間移動がある場合スマホを見る機会が必然的に増えると思いますが、通勤通学で長時間スマホを触る人にはとてもおすすめ。141gの軽さを知ってしまうと他には戻れなくなるかもしれないほど魅力的です。

 

スマホで漫画を読む人

スマホ漫画は面白いものがたくさんありますが、漫画を読む人にもおすすめです。iPhone12 miniiPhoneSE2など軽いモデルも出ていますが、総じて画面が小さいです。AQUOS zero2は141gで6.4インチ有機ELなので漫画を長時間楽しむ人には負担になりづらくピッタリと言えます。

 

AQUOS zero2をおすすめしない人

電池消費が激しい人

AQUOS zero2は大型有機ELディスプレイを搭載しているため電池消耗が激しい機種です。特にリフレッシュレート240Hzを適用すればなおさらです。モバイルバッテリーを持ち運ばない人で長時間充電できる環境にない人にはおすすめが難しいモデルです。

目次に戻る⇒

 

AQUOS zero2の実機レビューまとめ

軽さにエッジをきかせた大画面スマホ

結論

欠点も多いですが、それは尖ったモデルだからこそ。AQUOSシリーズの中では特徴が際立ったスマートフォンとも言えます。

また変な方に尖るのではなく、軽量化に特化したことで大画面141gの異次元の軽さを実現しており長時間スマホを使う人にとって魅力的なモデルとなっています。

2021/01/07時点でSoftbankが投げ売りした影響で安く買えるので中古モデルを探してみると良いでしょう。

 

AQUOS zero2のキャンペーン・安く買う方法

AQUOS zero2を安く買うためにはとにかくイオシスを見てSoftbank版を探して下さい。Softbankの投げ売りでとにかく安くなっています。

シャープ(SHARP)
AQUOS zero2はSoftbankで投げ売りがあったため、イオシスでの価格が大幅に下がっています。中古でよければかなりお得なので在庫をチェックして下さい。

 

もしイオシスで安く買う方法を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

イオシスでキャンペーンやポイント術を活用して安く買う方法・コツ

中古スマホをお取り扱う会社はたくさんありますが、中でもスマホをほぼ専門に取り扱っている会社がイオシス。国内だけでなく、海外メーカーの輸入品も取り扱っているので、スマホ好きにはたまらない販売店です。 中 ...

続きを見る

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

ハイエンドスマートのレビューです。

 

関連公式サイト

各種公式サイトへのリンクです。

© 2021 SIMPC(シンプシー)