Galaxy M23 5Gの実機レビュー

Galaxy M23 5Gのレビュー概要

日本初のSIMフリーGalaxy

Galaxy M23 5GはGalaxyシリーズの中で、日本初となるSIMフリー対応モデルです。Snapdragon750Gを採用し、十分なパフォーマンスを持つミドルレンジ、かつ120Hzリフレッシュレートに対応。

またGalaxyの日本発売モデルではこちらも初となるデュアルSIMに対応した一台となっています。

こんなタイプにマッチ

  • GalaxyでMVNOが使いたい人
  • デュアルSIMを使いたい人

簡易スペック表

発売日 2022年4月21日
SoC Snapdragon750G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 6.6インチインチ
重量 198g
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Galaxy M23 5Gの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Galaxy M23 5Gの特徴

ここではGalaxy M23 5Gの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

国内初のSIMフリーモデル

Galaxy M23はSIMフリーモデル。キャリアではなく、Amazonをはじめとした通販など直接通信契約無く買えるモデルになります。

 

デュアルSIMに対応

Galaxyの国内販売モデルとしては初めてのデュアルSIMに対応しています。

 

リフレッシュレート120Hz対応

Galaxy M23は廉価モデルに当たりますが、リフレッシュレートは120Hzとなっており、残像感の少ない映像で利用することができます。

 

5G対応

本モデルは5G通信に対応しています。

 

マクロカメラを搭載

カメラの構成は、広角、超広角、マクロカメラとなっています。作例は後述しますが、専用カメラがあるため接写して撮影することが可能です。

 

Galaxy M23 5Gの価格とコストパフォーマンス

Galaxy M23 5Gは5万円以下の市場でスペックと価格帯を考えると少し高めの設定です。ただし、チップセットや構成は日常で使う分には十分ですし、何よりGalaxyであることのメリットが大きく、インターフェイスが同じだからこそ気軽に乗り換えできる点に価格以上の価値を感じます。

 

Galaxy M23 5Gのスペック

今回レビューしたGalaxy M23 5Gのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年4月21日
製品名 Galaxy M23 5G
型式 -
サイズ 165.5×77×8.4mm
本体重量 198g
ディスプレイ サイズ 1080×2408
アスペクト比 135:301
サイズ 6.6
形式 TFT液晶
リフレッシュレート 120Hz
バッテリー 容量 5000mAh
ワイヤレス充電 無し
リバースチャージ 無し
急速充電 無し
SoC(CPU) Snapdragon750G
GPU Adreno
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ 128GB
コネクタ USB Type-C
外部メモリ 形式 microSDカード
最大容量 1TB
通信速度 上り数字 公式記載なし
下り最大 公式記載なし
Wi-Fi6
bluetooth バージョン v5.0
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証 対応
ディスプレイ内指紋認証
顔認証 対応
光彩認証
おサイフケータイ 無し
緊急避難速報 無し
防水 非対応
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android12
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 無し
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Galaxy M23 5Gの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:305Mbps
ポイント②:178Mbps
ポイント③:274Mbps
ポイント④:308Mbps
ポイント⑤:178Mbps
ポイント⑥:88Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 305 33.1 7
ポイント② 178 116 6
ポイント③ 274 104 8
ポイント④ 308 38.7 7
ポイント⑤ 178 116 6
ポイント⑥ 88 55.1 8

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6を搭載していないため、通信速度は最新モデルと比較して全体的に遅めです。特に最長距離においては、明らかに速度低下している結果となりました。

 

 

Galaxy M23 5Gのカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
広角 5000万画素 1.8 非対応
超広角 800万画素 2.2 非対応
マクロ 200万画素 2.4 非対応
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 800万画素 2.2 非対応

※カメラに関する詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

アウトカメラのレビュー

アウトカメラの映りは一般的なスマートフォンと同程度です。逆に言えば映りがGalaxyらしさがあまりないとも言えます(作例をハイエンドと比較して見て下さい)。

 

インカメラのレビュー

インカメラの性能も一般レベルです。オートフォーカスがありませんが、インカメラでピッタリと合わせるシーンは少ないですし、固定フォーカスでも十分です。

 

Galaxy M23 5Gで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

ピントの合う位置で接写能力を検証しました。

硬貨を撮影

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。

1個

4個

8個

12個

 

 

Galaxy M23 5Gの外観

今回レビューしたのはディープグリーンモデルです。マットな質感で落ち着いた感じになっています。

 

カメラは3眼で広角、超広角、マクロの構成となっています。

 

表面です。インカメラは2022年では珍しい水滴型です。

 

本体上部です。こちらには何もありません。

 

本体右側です。音量ボタン、及び静電容量式の指紋認証ボタンを備えています。

 

本体左側です。こちらにはボタン類はありません。

 

本体下側です。USB Type-Cポート、ヘッドフォンジャックを備えています。

 

SIMスロットを外した様子です。microSDスロットを備え、1TBの追加ストレージを作れます。

 

手に持った様子です。6.6インチであること、エッジがそれなりに大きいため大柄に感じます。重さは198gで重さをしっかりと感じます。

 

Galaxy M23 5Gのメリット・魅力

低価格帯としては十分

Galaxy M23 5Gは低価格帯としては十分なパフォーマンスを持つスマートフォン。性能もさることながら、120Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載しているため、その良さを体感できるでしょう。

 

デュアルSIMが使える

Galaxyシリーズで国内モデルの課題であったデュアルSIMが本モデルで搭載。GalaxyのUIを使いながら、2番号を持ちたかった人の解決策になっています。

 

静電式指紋認証である

Galaxyはものによって、静電型指紋認証とディスプレイ埋め込み型(超音波式、光学式)がありますが、M23では静電容量式が採用されています。実用面では静電式の方が解錠スピードが速く、使いやすくなっています。

 

Galaxy M23 5Gのデメリット・欠点

Wi-Fi6に非対応

Galaxy M23 5Gは残念ながら、Wi-Fi6には非対応になっています。acには対応しておりベンチマークの結果の通り、十分な速度は出るので心配ありませんが最新規格にこだわるなら注意して下さい。

 

ディスプレイは液晶

ディスプレイは液晶となっており、OLEDのような黒の深さはでない点に注意して下さい。

 

カメラにGalaxyらしさがない

おそらく最も気を付けておいた方が良いポイントが撮って出しの仕上がり。Galaxyは彩度が高い写真になることが多いですが、本モデルは自然な写りになるため、SNS映えには向きません。Galaxyの絵作りが好きなら気を付けておいたほうが良いポイントと言えます。

 

インカメラはオートフォーカス非対応

インカメラは廉価版ということもあり、オートフォーカス非対応となっています。

 

おさいふケータイは非搭載

おサイフケータイは非搭載なので、Suica等は使うことができません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Galaxy M23 5G
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

Galaxyの初めてのSIMフリースマートフォンと言うこともあり、不安はあったものの実際に使ってみると、ほぼ不満なく使える一台。おサイフケータイが無い点だけは明確にデメリットになる人もいると思いますが、それ以外で日常使いの人にはほぼ致命的な欠点が無いモデルです。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 丸みを帯びていて持ちやすい
  • ディープグリーンは珍しく感じる

 

Galaxy M23 5Gがおすすめな人

Galaxyの廉価モデルを求める人

Galaxyシリーズのため、UIはこれまでのシリーズを踏襲しています。今まで同じ感覚で使いたいけど、スマホ自体は安いものが欲しい人やMVNOに切り替えていて次の端末を悩むような人におすすめです。

 

2つのSIMを使いたい人

これまでGalaxyシリーズでは出来なかったデュアルSIMモデル。2番号運用ができるようになったため、私用と仕事用を分たい人におすすめできるようになりました。

 

Galaxy M23 5Gがおすすめではないタイプ

安いスマホが欲しいだけの人

安いだけのスマートフォンであれば、似たスペックでより安く買えるものがあります(例えばXiaomiなど)。あくまでもGalaxyのインターフェイスを使いつつ、安く買いたい人におすすめというモデルなので、安さだけを追求するなら他のスマートフォンの方が良いでしょう。

 

Galaxy M23 5Gの実機レビューまとめ

まとまりはあるが弱点もある一台

結論

Galaxy M23 5Gは低価格モデルとしては思った以上にまとまっており、初めてのSIMフリーグレードとしては十分以上なモデルとなっています。

ただし、カメラがGalaxyっぽくない点や、おさいふケータイがない点などは人によって気をつけておくべきポイントと言えるでしょう。これらを許容できるなら、十分アリなモデルです。

 

Galaxy M23 5Gを安く買う方法

Galaxy M23 5GはSIMフリーモデルのため、Amazonをはじめ通販サイトで購入できます。安く買うためには以下の記事を参考にするようにして下さい。

【2022年11月】Amazon(アマゾン)をクーポンとキャンペーン・セールで最大限安く買うコツ・方法

Amazon(アマゾン)をクーポンやキャンペーン・キャッシュバックやセール(プライムデー・サイバーマンデー・ブラックフライデー)、無料お試し期間を使って最安値で購入する方法についてまとめています。

続きを見る

【2022年版】PayPayモールでクーポン・キャンペーンを使って最大限安く買う方法・コツ

PayPayモールをクーポンコード・無料キャンペーン・セールを使って最安値で申し込む方法とそのコツをまとめました。

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト