Galaxy S21 5Gの実機レビュー

Galaxy S21 5Gレビューの概要(ポイント)

2021年のスタンダートGalaxy

2021年1月に海外にて発売・発売された3機種のうち、最もスタンダートなGalaxyスマートフォンです。過去のGalaxyから大幅に外観や内部のSDカードスロットについて変更が行われ、モデルチェンジしたモデルになっています。

外観は大きく変わったものの、筆者の感想としてはより使いやすいデザインになっており、先代と同じようにどんな人でも不満の出にくいモデルとなっています。

簡易スペック表

発売日 国内未発売
SoC Snapdragon888
Exynos2100
RAM 8GB
ROM 128GB
256GB
画面 6.2インチ
重量 171 g
5G(Sub-6)
5G(ミリ派)

※詳細は公式スペック表でご確認ください。

Galaxy S21 5G
2021年2月23日時点でイオシスで94,800円~(税込)となっています。

 

Galaxy S21 5Gの目次

忙しい方はまず特徴をご覧ください。筆者が使った主観的な内容については、メリット・デメリットの項目で記載しています。購入検討している人はキャンペーンを必ずお読みください。

※本レビューはメーカーからお借りしてレビューを行っています。

補足事項

本レビューはグローバル版(技適未取得機器)を用いて、「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」にて申請を出した上で、法に定める特別な条件下での使用を認められるよう手続きをして利用しております。

 

Galaxy S21 5Gの特徴

この項目ではGalaxy S21 5Gの特徴を中心に記載しています。著者が感じた主観的な内容はメリットデメリットの項目をご覧ください。

大きく変わった筐体デザイン

Galaxy S21 5Gでは、前モデルと比較してカメラ部分のデザインが大きく変わりました。

 

これまでは一般的なスマートフォンと同じくカメラの外周が高くなって、カメラバンプが高いモデルでしたが、Galaxy S21からは全シリーズがカメラ周辺を覆い、カメラ側が低い形状となっています。

 

8Kビデオに対応

実際に使うかどうかは別として、Galaxy S21では8Kビデオに対応しています。より高精細な動画が撮影できるようになります。

 

ディスプレイの画素数は低下

Galaxy S21では、前モデルと比較して画素数が低下しています。低下というとダウングレードのように感じますが、ディスプレイの画素数は少ない方がバッテリーの持ちが良くなります。ハイリフレッシュレート対応しているため、ディスプレイの画素数が少ないことは全体で見ればプラスに働くと感じます。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gの価格とコストパフォーマンス評価

Galaxy S21 5Gは2021年2月23日段階でイオシスにて未使用品が94,800円(税込)となっています。10万円を切っているため、ハイエンドな性能から見ればコストパフォーマンスが高いモデルと感じます。

価格情報について

価格については執筆時点(2020/2/28)の情報です。現在の価格については各サイトをご覧ください。

Galaxy S21 5G
2021年2月23日時点でイオシスで94,800円~(税込)となっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gのマシンスペック

マシンスペック

Galaxy S21 5Gのマシンスペックは以下の通りです。

発売日 国内未発売
寸法 151.7×71.2×7.9mm
重さ  171g
ディスプレイ サイズ 6.2インチ
形式 IPS
画素数 1080×2400px
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 電池容量 4000mAh
ワイヤレス充電
リバースチャージ 〇(ワイヤレス)
急速充電 対応
プロセッサ(Soc) 未確認
GPU 記載なし
ストレージ(ROM) 256GB
メモリ(RAM) 8GB
外部メモリ 対応無し
通信 下り最大 記載なし
上り最大 記載なし
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth バージョン 5.0
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証
顔認証
光彩認証 ×
おサイフケータイ
緊急避難速報
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
ワンセグ/フルセグ ×
赤外線通信 ×
コネクタ USB-C
OS Android11
SIMサイズ nanoSIM
DSDV グローバル版は対応

※スペック詳細はこちら

 

スペックの解説

Galaxy S21 5Gは2021年最新のチップセットSnapdragon888、もしくはExynos2100を搭載した機種となっています。メモリはシリーズとしては控えめな8GB。上位モデルとの違いとして、Wi-Fi6のみ対応(UltraはWi-Fi6E)、Bluetooth5.0(Ultraは5.2)となっています。リフレッシュレートは最大120Hzですが、動きに合わせた可変式となっておりバッテリーを抑える仕組みになっています。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gのベンチマークテスト

今回はグローバル版でネット接続を行わずにレビューしているため、未検証です。

 

Galaxy S21 5Gの通信スピードテスト

今回はグローバル版のため、未検証です。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gのカメラスペック

カメラスペック

メインカメラ

カメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1220万 - - -
超広角カメラ 1200万 - - -
望遠カメラ 6400万 - - -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

インカメラ

インカメラのスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 1000万 - - -

※「-」は公式サイトで情報がなかったため記載しておりません。

 

Galaxy S21 5Gで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。超広角から30倍ズームまで利用できます。望遠には6400万画素が使われていることもあってか、高倍率でも移りが良い印象です。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

30倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。かなり色味が変わります。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。さほど色変化はない印象です。

明るい花の写真

暗い花の写真

 

接写能力を検証しました。接写用のレンズを搭載していないためあまり向いていません。

マクロカメラで撮影

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。ポートレートモードを利用してない状態でもかなりボケ味が強いです。

前の明るい花にピント

後ろの暗い花にピント

 

ポートレートモードで撮影した様子です。複雑な葉の造形ですが、かなり正確にくり抜いています。

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。キャンドルライトが一つの状態でも文字の輪郭がはっきりとしています。

1個

4個

8個

12個

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gの外観

今回レビューしたのはファントムバイオレットです。背面は紫で、カメラ周りはピンクゴールドとなっています。

 

カメラ周辺はこれまでのモデルと異なり、サイドから覆いかぶさるようになっています。

 

表面です。ピンホール型のフロントカメラになっています。またベゼルが非常に狭くなっています。

 

本体左側側面です。

 

本体上側です。

 

本体右側です。上から音量ボタン、電源ボタンとなっています。

 

本体下側です。SIMスロット、USB-C、スピーカーとなっています。

 

本体を手に取った様子です。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gのメリット・長所

シリーズでスタンダードな使いやすさ

Galaxy S21 5Gはメリットというと難しいのですが、全ての性能がハイバランスで取れているため誰にでも使いやすいスマートフォンになっていることが大きな特徴です。さらに外観で書いているように、今回からディスプレイがフラットになったことで、より癖の少ないモデルへと進化しています。

 

カメラ性能が非常に高い

ハイエンドスマホとしては全てを兼ね備えたスタンダートなモデルですが、突出してカメラ性能が高くなっています。できるだけ軽いスマートフォンで、カメラ性能は妥協したくないという人にとってはGalaxy S21 5Gは魅力的なモデルになるでしょう。

 

Galaxy S21 5Gのデメリット・欠点

プラスαの魅力に欠ける

Galaxy S21 5Gはハイバランスな性能を持っていますが、悪く言えばエッジが効いていないとも言えます。スタンダードな性能を持っているためハズレはないですが、ガジェットオタクが求めるものとしては新鮮味がないとも言えます。

 

SDスロットが無くなった

Galaxy S21 5GではSDスロットが無くなり、外部ストレージが足せなくなりました。本体ストレージがそれなりに大きいので、ほとんどの人は問題とは思いますが、現時点でSDカードを使っていた人にとってはマイナスとなります。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gの口コミ・評判

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Galaxy S21 5G
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Galaxy S21 5G

2021年に登場したスタンダードなGalaxy Sシリーズで解像度などダウングレードしている部分もあるが、使いやすさは変わらず。本体背面のカメラバンプ周辺が大きく変わり一体型デザインになったことが好印象です。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gの女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 色合いがスマホっぽくなく素敵
  • 手に収まるサイズでコンパクト

 

Galaxy S21 5Gがおすすめのタイプ

スタンダードを求める全ての人に

Galaxy S21 5Gはスタンダードを求める人向けのスマートフォンです。必要な機能をしっかりと過不足なく揃え、機能的に不満の出づらいモデルへと正当進化しています。Galaxyシリーズは独自のユーザーインターフェイスを持つため、過去モデルからの乗り換えにも良いでしょう。

 

Galaxy S21 5Gをおすすめしない人

Androidにプラスαを求める人

Android端末はハイエンドになるほど、プラスαとしての要素が強くなる傾向があります。例えば、上位モデルのSペン対応などもその一つ。Androidスマートフォンに性能以上のオプション的なギミックが欲しい人にとってはお勧めできません。

目次に戻る⇒

 

Galaxy S21 5Gの実機レビューまとめ

ボディを刷新したGalaxy

結論

Galaxy S21はボディが刷新されイメージが変わりましたが、基本的なところは正当進化となり、スタンダードモデルとしての良さを踏襲しています。むしろこれまでカメラが机に接触することを気にしていた人にとってはボディ変更はメリット。

エッジディスプレイが無くなり、より万人受けしやすいモデルになったので長い間同じモデルを使いたい人にとっては魅力的なモデルと言えるでしょう。

 

Galaxy S21 5Gのキャンペーン・安く買う方法

Galaxy S21 5Gは例年通りの動きであれば、今後docomo、auで発売されるでしょう。その場合、オンラインショップでの購入なら事務手数料がかからないためお得になります。また、グローバル版を購入するのであればイオシス、Etorenで価格を比較しておきましょう。

Galaxy S21 5G
2021年2月23日時点でイオシスで94,800円~(税込)となっています。

 

関連記事

ライバル機種のレビュー

ハイエンドスマートのレビューです。

 

関連公式サイト

各種公式サイトへのリンクです。

© 2021 SIMPC(シンプシー)