Galaxy Z Flip3の実機レビュー

Galaxy Z Flip3のレビュー概要

完成度を高めたFlipモデル

最新のチップセットSnapdragon888を搭載した、第3世代折りたたみスマートフォン。

過去モデルにはなかった防水・Felicaの機能を搭載したことで一般向けに使いやすくなり、かつ価格も少し下がったので手に入れやすいモデルになりました。

メリットでも後述しますが、折り畳みという見た目のクセに反して非常に使いやすい一台となっています。

簡易スペック表

発売日 2021年9月24日
SoC Snapdragon888
RAM 8GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 6.7インチ
重量 183g
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Galaxy Z Flip3の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Galaxy Z Flip3の特徴

ここではGalaxy Z Flip3の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

ストレートタイプの折りたたみモデル

Galaxy Z Flip3はストレートタイプの折りたたみモデル。ディスプレイを折りたためることでコンパクトに収納できるスマートフォンとなっています。

 

キープコンセプトでスペックアップ

Galaxy Z Flip3はコンセプトを大きく変えることなく、プロセッサのバージョンアップ、カラーラインナップの追加が行われています。第一世代からの乗り換えの人も多いことを考えると、違和感なく乗り換えられつつ、随所で進化を感じられるでしょう。

 

サブディスプレイ搭載

大きく変わったところの一つとして、Flip3から外側にサブディスプレイが搭載されるようになりました。スマホを時計がわりに使う人も多いことや通知のチェックのためにわざわざ開く必要がなくなりました。

 

Galaxy Z Flip3の価格とコストパフォーマンス

Galaxy Z Flip3は折りたたみスマートフォンとして奇抜な位置づけだったため初代は価格が高めでしたが3代目になって、15万円以下で買えるようになりました。まだコストメリットは小さいですが、Xperiaシリーズと価格が変わらなくなったことを考えると大幅に改善してきていると感じます。

 

Galaxy Z Flip3のスペック

今回レビューしたGalaxy Z Flip3のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年9月24日
製品名 Galaxy Z Flip3
型式 SC-54B
サイズ 166×72.2×6.9mm
本体重量 183g
ディスプレイ サイズ 2640×1080
アスペクト比 22:9
サイズ 6.7
形式 有機EL
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 容量 3300mAh
ワイヤレス充電 有り
リバースチャージ 無し
急速充電 有り
SoC(CPU) Snapdragon888
GPU Adreno660
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 128GB
コネクタ USB Type-C
外部メモリ 形式 なし
最大容量 3300mAh
通信速度 上り数字 公式記載なし
下り最大 公式記載なし
Wi-Fi6 対応
bluetooth バージョン v5.1
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証 対応
ディスプレイ内指紋認証
顔認証 対応
光彩認証
おサイフケータイ 有り
緊急避難速報 有り
防水 IP6X
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android11
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 無し
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Galaxy Z Flip3のベンチマーク

Antutu

Antutuベンチマークスコアは666516という結果になりました。同じプロセッサを搭載したGalaxy S21シリーズと比較して、60万点後半になっており高めの結果となりました。最新プロセッサということもあり、使っていて不満に思うことは全くありません。

ベンチマーク比較グラフ
SD888:666516
SD888:611411
SD865+:606446
SD865+:598223
SD855:469568
SD765G:323615
SD480 5G:256038
SD720G:252606
Dimmensity 720:237746
Helio P65:167025
SD655:150705
測定実データ

機種データ

検証機種名 プロセッサ メモリ Antutuスコア
Galaxy Z Flip3 SD888 8 666516
Galaxy S21 SD888 8 611411
Galaxy Note20 Ultra SD865+ 12 606446
ZenFone7 SD865+ 8 598223
AQUOS zero2 SD855 8 469568
Reno 5A SD765G 6 323615
OPPO A54 5G SD480 5G 4 256038
AQUOS sense4 lite SD720G 4 252606
Galaxy A32 5G Dimmensity 720 4 237746
Android One S8 Helio P65 4 167025
OPPO A5 2020 SD655 4 150705

※その他の機種比較についてはAntutu測定データまとめをご覧ください。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Galaxy Z Flip3の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:524Mbps
ポイント②:302Mbps
ポイント③:473Mbps
ポイント④:468Mbps
ポイント⑤:353Mbps
ポイント⑥:104Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 524 521 6
ポイント② 302 272 8
ポイント③ 473 357 7
ポイント④ 468 376 7
ポイント⑤ 353 363 8
ポイント⑥ 104 73.3 7

 

通信スピードテストの評価

全体的に安定した数値が得られていますが、最長距離でガクンと落ちる傾向が見られました。なお、この検証結果は同じ折り畳みのGalaxy Z Fold3でも同じような傾向となっています。ルーターと使う部屋が遠い場合はメッシュWi-Fiなどを検討した方が良いでしょう。

 

Galaxy Z Flip3のカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
広角 1200万画素 1.8 対応
超広角 1200万画素 2.2 対応
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 1000万画素 2.4 公式記載なし

Galaxy Z Flip3は1200万画素カメラとさほど高画素ではないものの、映りとしては十分綺麗です。インカメラも綺麗に映る上に補正も自動でかかるため、無段階折りたたみを活かして自撮りに向いています。

 

Galaxy Z Flip3で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロレンズを搭載していないため接写はほぼ出来ません。また最大ズームでの接写も試してみましたがブレが厳しく実用性は低めです。

1倍レンズで撮影

最大ズームで撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。しっかりとボケを感じる写真が撮影できます。

前の花にピント

 

後ろの花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。過去シリーズからGalaxyは夜景に強い印象ですが、Flip3も同様です。1つでは厳しいですが、照明4つから12個までどれも比較的しっかりと輪郭を捉えています。なお夜景モードを使って撮影はしていません。

1個

4個

8個

12個

 

Galaxy Z Flip3の外観

今回レビューしたのはクリームモデルです。カメラ、およびディスプレイ部分のみ黒になっており、それ以外が柔らかい黄色になっています。ディスプレイはシンプルに数字だけを表示させる他、壁紙を表示したり自撮り用のディスプレイとして使うこともできます。

 

背面カメラは広角と超広角の組み合わせになっています。エッジは若干盛り上がってはいるものの、ほぼフラットに近く引っ掛かりを感じることはありません。

 

開いた様子です。一般的なスマートフォンと比べるとベゼルは広めですが、折りたたみなのでしょうがない部分ではあります。昔のモデルと比べるとベゼル幅が改善されているため、乗り換えならスッキリ感を感じるでしょう。

 

本体上部です。

 

本体下部です。コネクタはUSB Type-Cとなっています。スピーカーは本体下部のみですが、スマートフォンとしては音質は十分です。

 

本体右側です。音量ボタンと指紋認証兼電源ボタンが付いています。

 

本体左側です。SIMスロットがあります。

 

SIMスロットを外した様子です。シングルでSIMのスロットのみ、SDカードのスロットはありません。

 

実際に手に持った様子です。

 

半折りたたみ状態にした様子です。

 

Galaxy Z Flip3のメリット・魅力

意外と使いやすいフォルム

初代モデルからそうですが、Galaxy Z Flip3は手に馴染みやすく使いやすいことが特徴です。ディスプレイサイズは6.7インチと大型ではあるものの、縦長なので手が小さい人でも握りやすく取り回しが楽な特徴があります。

 

折り畳むとコンパクトに

Galaxy Z Flip3は折り畳むと非常にコンパクト。冠婚葬祭で使うようなサイズの小さな鞄でも収納しやすい6インチクラスのスマートフォンはGalaxy Z Flip3くらいのものでしょう。

 

静電型指紋認証で使いやすい

昨今、指紋認証はディスプレイ内蔵型と静電型の二種類がありますが、Galaxy Z Flip3では静電型が搭載されています。ディスプレイ内蔵型に比べ、ロック解除のスピードが速く使い勝手が良いと言えます。

 

自撮りのしやすさは別格

Galaxyの折りたたみモデルは過去から折りたたみ角度を無段階調整できるようになっています。そのため、自撮りのためにスタンドのようにして簡単に置くことができます。些細なことですが、自撮りで使うユーザーや鏡がわりに使う人には大きなメリットと言えるでしょう。

 

Galaxy Z Flip3のデメリット・欠点

開くワンアクションは面倒

おりたたみ式であるが故に、本来スマートフォンにはない「開く」というワンアクションが必要になります。スマホを頻繁に出し入れする人にとっては不便です。

 

本体重量が重めに感じる

主観的な話になりますが、本体重量183gの割に重く感じます。密に詰まっているのか重心の問題かはわかりませんが、スペック値より質量があるように思いました。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Galaxy Z Flip3
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

Galaxy Z Flipは初代・第二世代も触ってきて、元々非常に良い印象のスマートフォンでしたが第三代目も変わらずその良さを感じることができるモデルとなっています。防水やFelicaなどの機能追加ももちろん嬉しいですが、個人的にはそれよりもベゼルが細くなったりといった細かな質感アップしている部分が好印象。価格は高めではあるものの、一般的なスマートフォンの機能はほぼ全て搭載したので試しにチャレンジしてみても良い端末になっていると感じます。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 折りたたみなのにスッキリしてる
  • クリーム色が可愛い

 

Galaxy Z Flip3がおすすめな人

鞄の中でコンパクトにしたい人

折りたたむことでスマホではありえない大きさにすることができ、カバンのタイプを選びません。折り畳み状態でも意外と薄いので、厚みが問題になることもあまり無いでしょう。

 

ビデオ通話・自撮りが多い人

Galaxy Z Flip3の無段階折り畳みを使うことで、どんなシーンでもビデオ通話、自撮りをすぐにできます。折り畳み時用に画面が上下分割されるなど、ソフトウェア対応している点も魅力です。

 

音楽を聴く人・動画を楽しむ人

Galaxy Z Flip3はモノラルではあるもののスピーカーの音が非常に良いため、音楽、動画を楽しむ人に向いています。

 

Galaxy Z Flip3がおすすめではないタイプ

性能面でコスパ優先の人

本モデルは折り畳み自体にコストがかかっているため、価格面では割高です。性能面だけで選ぶなら、折り畳み機能が無く、同じプロセッサを積んでいるGalaxy S21の方が良いでしょう。

 

カメラを重視する人

Galaxy Z Flip3はハイエンドになるものの、カメラは2眼で望遠を備えていません。Galaxyシリーズはカメラ性能が良いこともあり、望遠が無いことで撮影の幅を狭めてしまう可能性があります。こちらも上と同じくGalaxy S21を選ぶか、Galaxy Z Fold3にしてください。

 

Galaxy Z Flip3の実機レビューまとめ

見た目ほどクセが無く使いやすい一台

結論

折りたたみスマートフォンということで見た目のインパクトが強い一台ですが、実際に使ってみると意外とクセがなく使いやすいスマートフォンです。

普通のスマートフォンとしての機能に加えて、無段階の折りたたみを使うことでスタンドなしにYouTubeを始めとする動画コンテンツを楽しめたりビデオ通話ができるので、これらの使い方が多い人には一度手に取ってみて欲しいモデルです。

 

Galaxy Z Flip3を安く買う方法

Galaxy Z Flip3はドコモ、auで販売されており、どちらもオンラインストアを使うことで事務手数料3300円を無料化できるのでお得です。さらに安くしたい場合は以下の記事も参考にしてください。

【2022年版】au(エーユー)のクーポンとキャンペーン・キャッシュバックで最大限安く買う方法・機種変更するコツ

スマートフォンは高額なためできるだけ安く手に入れたいと思うのが心情。しかしながら、スマートフォンの契約は正直ややこしく、億劫になってしまう人も多いと思います。 そこでこのページでは、au公式で行われて ...

続きを見る

 

本体価格が高いため型落ちは下落率も大きくなります。必要に合わせて以下の記事を参考にしながら中古も検討してください。

【2022年】イオシスのキャンペーン・キャッシュバックやポイントサイトを使って最大限安く買う方法・コツ

中古スマホをお取り扱う会社はたくさんありますが、中でもスマホをほぼ専門に取り扱っている会社がイオシスさん。国内だけでなく、海外メーカーの輸入品も取り扱っているので、スマホ好きにはたまらない販売店です。 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト