Galaxy Z Fold4の実機レビュー

Galaxy Z Fold4のレビュー概要

正統進化の4代目Fold

Galaxy Z Fold4は2022年に登場した4代目の横向き折りたたみスマートフォンです。

フラッグシップらしい強力なパフォーマンスをもちつつ、折りたたみならではのギミックとそれに合わせたユーザーインターフェイスが成熟した一台となっています。

こんなタイプにマッチ

  • 電子書籍を読む人
  • 動画を見る人
  • 写真を楽しみたい人

簡易スペック表

発売日 2022年9月29日
SoC Snapdragon 8+ Gen1
RAM 12GB
ストレージ 256GB
画面サイズ 7.6インチ(メイン)
重量 263g
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Galaxy Z Fold4の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Galaxy Z Fold4の特徴

ここではGalaxy Z Fold4の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

さらに仕上がった折りたたみ4代目

Galaxy Z Fold4は前モデルからより細部がブラッシュアップされたモデル。3で一旦の完成形と思える仕上がりだったので、4では大きな変化点は少ないですが、その分1や2から乗り換えやすいモデルとも言えるでしょう。

 

ハイエンドらしいスペック

折りたたみのフラッグシップモデルということもあり、ハイエンドチップセットを搭載。全く不満のない動作感が得られています。

 

画面下カメラで大画面をより楽しめる

メインディスプレイには画面下カメラが搭載されており、ピンホールの穴を気にすることなく大画面で楽しむことができます。

 

折りたたみながら防水に対応

Galaxy Z Fold4は折りたたみという特殊なギミックを採用しながら、防水に対応しています。

 

デュアルSIMの利用が可能

Galaxy Z Flod4と3の最大の違いはキャリアモデルもデュアルSIM運用が可能になったことです。物理SIMtとeSIMの組み合わせで使えるのでより使い勝手の良さが高まっています。

 

Galaxy Z Fold4の価格とコストパフォーマンス

Galaxy Z Fold4はauで税込249,960円から。高価格ですが、初代に比べると価格は下がっており、コストパフォーマンス自体は相対的に上がっています。

スペックや機能だけでなく、個人的に最も評価したいポイントが質量。過去モデルと比べ着実に軽量化されて使いやすくなりつつ、価格が下がって来ている点に特に魅力を感じます。

 

Galaxy Z Fold4のスペック

今回レビューしたGalaxy Z Fold4のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年9月29日
製品名 Galaxy Z Fold4
型式 -
サイズ 155.1×67.1×15.8mm
本体重量 263g
ディスプレイ サイズ 2176×1812
アスペクト比 544:453
サイズ 7.6インチ
形式 OLED
リフレッシュレート 1~120Hz
バッテリー 容量 4400mAh
ワイヤレス充電 有り
リバースチャージ 無し
急速充電 有り
SoC(CPU) Snapdragon8+ Gen1
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 12GB
ストレージ 256GB
コネクタ USB Type-C
外部メモリ 形式 対応無し
最大容量 -
通信速度 上り数字 公式記載なし
下り最大 公式記載なし
Wi-Fi6 対応
bluetooth バージョン v5.2
最大接続台数 公式記載なし
生体認証 指紋認証 対応
ディスプレイ内指紋認証
顔認証 対応
光彩認証
おサイフケータイ 有り
緊急避難速報 有り
防水 IPX8
ワンセグ/フルセグ 非対応
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android12
SIMサイズ nanoSIM
DSDV 有り
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

 

Galaxy Z Fold4の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:661Mbps
ポイント②:267Mbps
ポイント③:596Mbps
ポイント④:362Mbps
ポイント⑤:309Mbps
ポイント⑥:139Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 661 210 15
ポイント② 267 192 16
ポイント③ 596 283 16
ポイント④ 362 270 15
ポイント⑤ 309 162 14
ポイント⑥ 139 144 16

 

通信スピードテストの評価

最長距離に置いても100Mbpsを超える結果が出ており十分なパフォーマンスが確保されています。

 

Galaxy Z Fold4のカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。クリックしてご覧ください。

有効画素 F値 光学手振れ補正
広角 5000万画素万画素 F1.8 対応
超広角 1200万画素万画素 F2.2 対応
マクロ 1000万画素万画素 F2.4 対応
有効画素 F値 光学手振れ補正
イン 400万画素万画素 1.8 非対応

※カメラに関する詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

アウトカメラのレビュー

Galaxyらしい、質の高い写真が撮影可能です。夜景にも強く気軽に撮れます。一方で、Galaxy Sシリーズのような望遠性能は低めとなっています。

 

インカメラのレビュー

画面下にカメラが仕込まれているため、カメラの画質は荒めです。

 

Galaxy Z Fold4で撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

30倍

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

ピントの合う位置で接写能力を検証しました。

コインを撮影

 

50に合わせて撮影

 

前後でピントを調整し撮影しました。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

キャンドルライトを使って夜景モードテストをしました。

1個

4個

8個

12個

 

 

Galaxy Z Fold4の外観

折り畳み状態です。サブディスプレイが広くなりより使いやすくなっています。

 

開いた様子です。タブレット並みの大きさで視認性が大幅に向上します。真ん中に若干折り目が見えます。

 

カメラは3眼になっており、超広角、広角、望遠の組合せです。

 

本体右側には音量ボタンと、指紋認証付き電源ボタンが付属します。

 

本体左側にはnanoSIMが付属します。

 

本体上部です。

 

本体下部です。

 

Galaxy Z Fold4のメリット・魅力

軽量性が何よりもメリット

Galaxy Z Foldは代を重ねるごとにかなりの軽量化が施されています。折りたたみという機構を持ちながら、260g台と驚異的な数字になっています。

 

背面のカメラ段差が少ない

昨今のスマートフォンの傾向として、カメラがかなり出っぱっている印象がありますが、Fold4はあまりそういった印象を受けません。机の上に置いても違和感は少ない印象です。

 

サブディスプレイの実用性が高い

1,2代目のGalaxy Foldと比較して横幅が大きくなっており、視認性、使いやすさがアップしています。本格的なブラウザやYouTubeの利用は難しいものの、縦スクロールのアプリをチェックしやすくなった印象です。

 

Galaxy Z Fold4のデメリット・欠点

3からの変化点が小さい

前モデルの3と比較して軽量性がアップしているところを特に評価したいものの、客観的に見れば差はあまりないと感じるかもしれません。もし、質量を我慢できるなら型落ちモデルも候補になるでしょう。

 

ケースの選択肢が少ない

Galaxy Z Fold4はまだ一般的なスマホではないため、サードパーティアクセサリーの選択肢が少ない現実があります。

 

Sペン付属ではないの注意

公式サイトではSペンを使えることがアピールされていますが、付属ではありません。また本体内に収納する機構もないので注意してください。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Galaxy Z Fold4
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

正当進化で最終形態に仕上がったと感じる折りたたみスマートフォン。質感もさることながら、3代目けらさらに軽量化されている点が特に好印象です。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

Galaxy Z Fold4がおすすめな人

動画を見るユーザー

Galaxyの折りたたみモデルはどれも半折り状態で表示が切り替わるように最適化されています。そのため軽く折った状態で(スタンドなしで)YouTubeなどの動画を楽しむことができます。大画面にすれば、スマホとは思えない表示領域で動画を見ることも可能なため、動画を見る機会が多いユーザーにおすすめです。

 

電子書籍を見るユーザー

大画面ディスプレイは電子書籍を見るユーザーにもうってつけです。画面を90度反転すれば、見開き状態で見ることもできます。

 

テレビ電話をよく使う人

何度か触れていますが、Galaxyの半折り状態でのユーザーインターフェイスは非常に秀逸です。折り目部分で画面が分割され、とても使いやすくなっています。

 

Galaxy Z Fold4がおすすめではないタイプ

安く見開きで電子書籍を見たいユーザー

Galaxy Z Fold4は電子書籍におすすめですが、価格が高いことも事実です。もし折り畳みかつ大画面で見たい場合はSurface Duo2も候補に入れておくと良いでしょう。こちらは価格がかなり落ちています。以下でレビューしているので参考にしてみて下さい。

Surface Duo 2の実機レビュー

2画面分割して使える折り畳みスマートフォンで実用性が高いモデル。特に電子書籍でマンガを読む人にベストマッチです。

続きを見る

 

Galaxy Z Fold4の実機レビューまとめ

買う価値のある折りたたみスマホ

結論

Galaxy Z Fold4は「3からの進化点が少ない」と耳にすることがありますが、正直筆者はそうは思いません。特に普段から手に持つスマホだからこそ、軽量化は大きく評価すべきポイントです。

またデュアルSIM化されたことで、ビジネスシーンでも使いやすくなっています。値段は高いですが、それなりに価値のあるモデルだと感じました。

 

Galaxy Z Fold4を安く買う方法

Galaxy Z Fold4はdocomoとauが取り扱っています。auで安く買う方法については以下でまとめているので参考にしてみて下さい。

【2022年版】au(エーユー)のクーポンとキャンペーン・キャッシュバックで最大限安く買う方法・機種変更するコツ

スマートフォンは高額なためできるだけ安く手に入れたいと思うのが心情。しかしながら、スマートフォンの契約は正直ややこしく、億劫になってしまう人も多いと思います。 そこでこのページでは、au公式で行われて ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト