Deco X50の実機レビュー

Deco X50のレビュー概要

ポートが増えたメッシュWi-Fi

Deco X50はイーサネットコネクタが3個に増えたメッシュWi-Fiです。

Decoシリーズで今まで弱点だった、ポートの少なさを解決したモデルになっており、PCに直接LANを繋ぎたい人やNAS接続したい人が選択肢を増やせる無線LANとなっています。

こんなタイプにマッチ

  • LANポートが必要な人
  • NASユーザー
  • 自宅が広い人

簡易スペック表

発売日 2022年4月7日
理論速度(5GHz) 2402Mbps
理論速度(2.4GHz) 574Mbps
本検証での最大速度 614Mbps
メーカー TP-Link
ストリーム数 4本
最大接続台数 150台
IPoE 非対応
推奨環境 台数によって異なる
重量 公式記載なし

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Deco X50の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。


※本記事ではメーカーよりDeco X50を提供頂き、テストを行っています。ただし、内容に関する指示は一切受けておりません。

 

Deco X50の特徴

ここではDeco X50の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Decoシリーズのミドルレンジモデル

TP-LinkのDecoシリーズにはたくさんのモデルがありますが、本モデルはミドルレンジモデルとなっています。(過去、ハイエンドクラスでしたが、X90が発売されたことで実質的にミドルレンジモデルになりました。

他社製品と比較するとハイエンドな位置付けです)。上位モデルはより高速であったり、ストリーム数が多いという違いがあります。

 

すっきりとしたデザインでどこにおいても違和感がない

Decoシリーズは過去からいくつかモデルがありますが、Xシリーズになってシンプルな形状となりリビングに置いても違和感のないデザインとなっています。

 

有線用のポートが3つに

Deco X50シリーズは、背面のイーサネットコネクタの数が変更されており、3つになりました。このため、PCへ直接ポート接続しつつNASに接続するなど多くのパターンに対応することができます。

 

Deco X50の価格とコストパフォーマンス

Deco X50は2パックセットで想定価格が27,800円(税込)、Wi-Fiルーター全体から見ると、高額ですが、メッシュWi-Fiのくくりで考えると低価格なモデルになります。1パックで追加購入もできるので、家庭の事情に合わせたセッティングを追加して行うことも可能です。

 

Deco X50のスペック

今回レビューしたDeco X50のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年4月7日
製品名 Deco X50
サイズ 110×110×114mm
CPU 1GHzデュアルコア
最大受信速度 2.4GHz 574Mbps
5GHz(1本目) 2402Mbps
5GHz(2本目) -
最大接続台数 150台
アンテナ本数 2本
ストリーム数 4本
LANポート数 3個
ビームフォーミング 対応
メッシュWi-Fi 対応
Wi-Fi6 対応
IPv6プラス 非対応
推奨環境 パック数で異なる

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

詳細スペックを見てみる

 

Deco X50の外観

正面から見た様子です。Deco X60やDeco X20と同じシンプルなデザインになっています。

 

背面は3ポートが並んでいます。さらに電源ポートはその下にあります。

 

有線LANが付属します。電源コネクタはコンセント一体型で邪魔になりにくくなっています。

 

サイズ感確認のため、手のひらに持った様子です。

 

Deco X50の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)で接続しています。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

なお、今回2台目のDeco X50はポイント⑥の部屋の入り口に設置しており、家のほぼ中心部となる位置にセッティングしています。

 

iPhoneの検証結果

iPhone 13 Proを用いてスピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:489Mbps
ポイント②:168Mbps
ポイント③:421Mbps
ポイント④:345Mbps
ポイント⑤:352Mbps
ポイント⑥:114Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 489 468 12
ポイント② 168 199 14
ポイント③ 421 264 13
ポイント④ 345 310 14
ポイント⑤ 352 377 13
ポイント⑥ 114 26.1 14

 

2台目のDeco X50をセットし、iPhoneで測定した様子です。

ダウンロード数値比較

ルーター前:532Mbps
ポイント②:226Mbps
ポイント③:216Mbps
ポイント④:393Mbps
ポイント⑤:315Mbps
ポイント⑥:140Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 532 581 12
ポイント② 226 242 13
ポイント③ 216 300 13
ポイント④ 393 382 13
ポイント⑤ 315 212 11
ポイント⑥ 140 83.2 12

 

 

Androidの検証結果

ROG Phone 5 Proを用いて、スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:578Mbps
ポイント②:397Mbps
ポイント③:577Mbps
ポイント④:437Mbps
ポイント⑤:390Mbps
ポイント⑥:243Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 578 538 13
ポイント② 397 366 14
ポイント③ 577 513 13
ポイント④ 437 380 13
ポイント⑤ 390 323 15
ポイント⑥ 243 164 16

 

2台目のDeco X50を設置して測定した様子です。

ダウンロード数値比較

ルーター前:614Mbps
ポイント②:380Mbps
ポイント③:508Mbps
ポイント④:410Mbps
ポイント⑤:434Mbps
ポイント⑥:294Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 614 572 14
ポイント② 380 330 14
ポイント③ 508 427 14
ポイント④ 410 394 13
ポイント⑤ 434 375 15
ポイント⑥ 294 203 14

 

MacBookの検証結果

MacBook M1 Pro(14インチ)を用いてスピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:478Mbps
ポイント②:394Mbps
ポイント③:445Mbps
ポイント④:416Mbps
ポイント⑤:388Mbps
ポイント⑥:65.8Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 478 527 13
ポイント② 394 288 13
ポイント③ 445 404 13
ポイント④ 416 288 14
ポイント⑤ 388 304 21
ポイント⑥ 65.8 22.1 13

 

こちらは2台目を設置して測定を行った様子です。

ダウンロード数値比較

ルーター前:445Mbps
ポイント②:416Mbps
ポイント③:388Mbps
ポイント④:65.8Mbps
ポイント⑤:424Mbps
ポイント⑥:359Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 445 404 13
ポイント② 416 288 14
ポイント③ 388 304 21
ポイント④ 65.8 22.1 13
ポイント⑤ 424 263 18
ポイント⑥ 359 199 17

 

通信スピードテストの評価

Deco X50一台では同じ部屋、および隣り合った部屋では十分な速度が出ているものの、部屋を挟むと速度が落ちてしまう印象を受けました。それに対して、2台設定しメッシュWi-Fiを構築することで最も遠い環境で、明らかな速度アップの結果が得られています(MacBookでのテスト、部屋⑥がわかりやすく大幅にスピードアップしています)。

今回はスピードテストだけの結果ですが、現在シリーズの他の機種(Deco X60)を普段から使っていても同じように感じるので、ルーターが部屋の端にある場合はメッシュWi-Fiの効果がわかりやすいと言えるでしょう。

 

Deco X50のメリット・魅力

他シリーズ同様のシンプルなデザイン

Deco X50は他のDecoシリーズと同じタイプのデザインになっています(X20やX60とはポート数を除き、形状が全く同じ)。DecoシリーズはメッシュWi-Fiをシリーズが異なってもネットワーク上に追加することができるので、グレードが異なってもデザインが同じというのは大きなメリットと言えます。

 

有線LANポート増加で端末の自由度がアップ

これまでのDecoシリーズでは上位モデル含め、イーサネットコネクタの数は2つとなっていましたが、X50では3ポートとなりました。これにより、PCに直接接続してレスポンスを高めたい人や、NASに接続したい人が新たにDecoを追加しなくても1つで完結できるようになっています。

 

1パックから購入可能

Dexo Xシリーズ全てに言えることですが、1パックから購入可能なため、これから引っ越ししてWi-Fiが増える可能性がある人やこれまでDecoを使っていて、メッシュWi-Fiルーターを追加したい人に向いています。

 

バンドステアリングでも速度が安定

今回、通信速度テストは2.4GHzと5GHz帯の自動切り替えモードでテストしていますが、スムーズに切り替えができており、Wi-Fiの切断などはありませんでした(あくまで主観ですが、過去モデルよりも安定しているイメージです)。

また、長距離では2.4GHz帯に自動切り替えされるはずですが、本来速度の出づらい2.4GHzでも十分なパフォーマンスが出ていたので満足です。

 

Deco X50のデメリット・欠点

上位モデルとの価格差が小さい

Deco X50自体にはデメリットというデメリットがありませんが、シリーズで見ると6ストリームのDeco X60との価格差が小さいために、コストパフォーマンスという意味で価格の優位性が落ちてしまいます。LANポートの数が少なくても良いのであれば、Dexo X60を選択する方が良いでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Deco X50
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

複数台設置することで、届きにくい自宅の端でもネット環境を快適にできる優れものです。ポートが多いのでNASなどを使うユーザー向け。速度やストリームは上位モデルには劣るものの、実質ほとんどの人はオーバースペックだと思うので問題ないでしょう。

 

Deco X50がおすすめな人

自宅のLANポートが隅にある人

筆者の環境もそうですが、自宅のLANポートが部屋の隅にあるタイプの人はメッシュWi-Fiの優位性が抜群に発揮されます。実際に使っていても、メッシュWI-Fiの範囲の広さは実感することができます。

 

NASを使う人

有線のポートが3種類あるのは非常に便利。中でもNASを使うユーザーは優先ポートが必須なので、数が多いにこしたことはありません。

 

ネットゲームをする人

基本的にネットゲームは速度、レスポンスが重要なためモデムから優先で直結が良いですが、距離が離れていて有線で対応できない場合はメッシュWi-Fiとして繋いだ先で有線LAN接続させると良いでしょう。

 

Deco X50がおすすめではないタイプ

自宅を無線環境のみで構築している人

デメリットでも書いていますが、有線LANを使わずにメッシュWi-Fiを構築する場合はLANポート3本の優位性が見出せないため、Wi-Fiルーターとしてのスペックが優れたDeco X60の方がメリットが大きくなるため、こちらを買う方が良いでしょう。

必要ならDeco X60の2パックと、Deco X50を1パックという組み合わせでも良さそうです。Deco X60のレビューは以下を参考にしてください。

TP-Link Deco X60の実機レビュー

Wi-Fi6対応のメッシュWi-Fiで3000Mbpsクラスに対応している最速クラスのルーターでありながら、コストパフォーマンスが非常に高い機種で当サイトでも高評価な一台です。

続きを見る

 

Deco X50の実機レビューまとめ

NASなどの有線環境を作る人に

結論

Deco X50はシリーズの中で初めて、3本のイーサネットコネクタを搭載したモデル。有線接続してデバイスを繋げたい人はぜひ検討してみてください。

 

Deco X50を安く買う方法

Deco X50は各種通販サイトで取り扱いがあるため、価格を比較した上での購入をおすすめします。また、Amazonでクーポンが発行されるケースも多いため必ずチェックするようにして下さい。

【2022年9月】Amazon(アマゾン)をクーポンとキャンペーン・セールで最大限安く買うコツ・方法

Amazon(アマゾン)をクーポンやキャンペーン・キャッシュバックやセール(プライムデー・サイバーマンデー・ブラックフライデー)、無料お試し期間を使って最安値で購入する方法についてまとめています。

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト