Archer AX4800の実機レビュー

Archer AX4800のレビュー概要

買って後悔しない低価格ルーター

Archer AX4800は理論値4800Mbps台の通信速度、6ストリーム、同時接続台数80台、そしてIPoEに対応しながら12,760円と非常に低価格なWi-Fiルーター。

ワンルームマンションから一戸建てまでカバーでき、不足を感じればメッシュWi-Fiも構築できるので、どんな人にも勧められるモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • ほぼ全ての人におすすめ
  • 引っ越し予定がある人
  • IPoE対応ユーザー

簡易スペック表

発売日 2021年8月12日
理論速度(5GHz) 4324Mbps
理論速度(2.4GHz) 574Mbbps
本検証での最大速度 641Mbps
メーカー TP-Link
ストリーム数 6本
最大接続台数 80台
IPoE 対応
推奨環境 4LDK

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Archer AX4800目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーよりArcher AX4800を提供頂き、テストを行っています。ただし、内容に関する指示は一切受けておりません。

 

Archer AX4800の特徴

ここではArcher AX4800の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

より廉価でIPoEに対応したルーター

Archer AX4800は同じTP-LinkのArcher AX73の廉価版のようなモデルで、より低価格でIPv6プラス(IPoE)に対応したルーターです。ドコモ光、au光などの対応サービスを利用する際に、Archer AX4800を利用することでコストを抑えながらより高速なネット環境を構築することができます。

 

廉価モデルとは思えない十分なパフォーマンス

前の項目でも書いた通り、スペックから見てTP-Linkの別製品の廉価的な位置づけですが、スペックの違いは理論速度(5GHz帯)のみとなっています。それでいて数千円安いので、Archer AX4800の優秀さが伝わります。

機種名 Arhcer AX4800 Archer AX73
理論速度(5GHz) 4324Mbps 4804Mbps
理論速度(2.4GHz) 574Mbbps
本検証での最大速度 Mbps
メーカー TP-Link
ストリーム数 6本
最大接続台数 80台
推奨環境 4LDK

 

Archer AX4800の価格とコストパフォーマンス

Archer AX4800は12,760円(税込想定価格)となっています。IPoEが使えること、ベストエフォート4000Mbps強の速度、80台同時接続などそのスペック・パフォーマンスから考えると驚くほど低価格です。ほとんどの家庭ではこのAX4800で十分まかなうことができるでしょう。

 

Archer AX4800のマシンスペック

今回レビューしたArcher AX4800のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日 2021年8月12日
製品名 Archer AX4800
型式
サイズ 262.2×144.3×51.0mm
質量 600g
CPU 1.5GHz トリプルコアCPU
最大受信速度 2.4GHz 574Mbps
5GHz(1本目) 4324Mbps
5GHz(2本目) -
最大接続台数 80台
アンテナ本数 6本
ストリーム数 6本
LANポート数 4個
USBポート数 1個
ビームフォーミング 対応
メッシュWi-Fi 対応
Wi-Fi6 対応
IPv6プラス(IPoE) 対応
推奨環境 4LDK

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Archer AX4800の外観

黒の外観でセンターから放射状にスリットが入った形状となっており、それぞれから前面以外の側面からアンテナが出ています。

 

iPhoneと比較するとかなり大きいことが分かります。

 

背面には電源ジャック、電源ボタン、WANポート、LANポート×4、さらにリセットスイッチを含むボタンが3種類あります。

 

右側面にはUSBをセッティングでき、簡易NAS化できます。

 

背面には壁掛け穴とパスワード情報が記載されています。

 

Archer AX4800の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。それぞれiPhone端末(iPhone 12 Pro)、Android端末(AQUOS R6)、MacBook Pro(M1)を用いてテストを行いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

測定条件

測定時はスマートコネクト機能を利用し、2.4GHz及び5GHz両方を自動選択できる状態で行っています。なお、設定からは5GHz単独で選択することも可能ですが、今回は実施していません。

 

iPhone端末での検証結果

iPhoneでスピードテストを行った結果です。ほとんどのエリアで安定していましたが、最長距離でダウンロード、アップロードともにガクンと速度が落ちる結果になりました。

ダウンロード数値比較

ルーター前:641Mbps
ポイント②:519Mbps
ポイント③:518Mbps
ポイント④:542Mbps
ポイント⑤:491Mbps
ポイント⑥:116Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 641 564 7
ポイント② 519 427 7
ポイント③ 518 475 7
ポイント④ 542 467 7
ポイント⑤ 491 519 7
ポイント⑥ 116 41.4 8

 

Androidでの検証結果

Androidでスピードテストを行った結果です。ポイント②ではなぜか速度が低下したものの、エリア全体で十分な数値になっています。最長距離でも安定した結果となりました。

ダウンロード数値比較

ルーター前:509Mbps
ポイント②:112Mbps
ポイント③:566Mbps
ポイント④:437Mbps
ポイント⑤:453Mbps
ポイント⑥:176Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 509 244 7
ポイント② 112 200 6
ポイント③ 566 152 9
ポイント④ 437 178 8
ポイント⑤ 453 164 10
ポイント⑥ 176 121 10

 

 

MACでの検証結果

MACでスピードテストを行った結果です。MacBookではなぜか測定最大値が低く、149Mbpsとなりました。距離に応じて速度は低下するものの、全体的に安定した数値となっています。

ダウンロード数値比較

ルーター前:149Mbps
ポイント②:144Mbps
ポイント③:140Mbps
ポイント④:119Mbps
ポイント⑤:95.5Mbps
ポイント⑥:76.1Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 149 106 8
ポイント② 144 67.6 12
ポイント③ 140 94.3 9
ポイント④ 119 74.1 10
ポイント⑤ 95.5 77.6 8
ポイント⑥ 76.1 49.6 9

 

同時測定比較

iPhone、Android、MacBookを同時にスピードテストし、速度比較を行いました。長距離環境においてはダウンロード数値が大幅に下がる様子が見られましたが、ルーター前では速度は低下するものの十分な数値となっています。またPINGの数値はあまり変化は見られませんでした。

それぞれの結果はタブからクリック(タップ)で変更できます。




ダウンロード測定値

ルーター前 ポイント⑥
iPhone 429Mbps 53.4Mbps
Android 239Mbps 78.8Mbps
MacBook 75.8Mbps 25.2Mbps

PING測定値

ルーター前 ポイント⑥
iPhone 13ms 10ms
Android 7ms 10ms
MacBook 8ms 8ms

 

Archer AX4800のメリット・魅力

低価格でIPoEに対応している点

まだまだIPoEに対応しているルーターが少ない中で、Archer AX4800は低価格で対応してきた素晴らしい製品です。1万円台前半の価格帯でIPoEに対応しているというだけで、無条件で評価できるほど魅力的です。

 

十分過ぎるほどの通信速度と安定性

低価格ルーターを使うと速度を気にする人も多いと思いますが、測定結果から十分すぎるほどのデータが得られています。同時接続すると速度が落ちるものの、リアルタイムゲームをするような用途でなければ、気にする必要はないでしょう。

 

Archer AX4800のデメリット・欠点

欠点ではないが上位モデルと悩む

Archer AX4800は価格帯と用途を考えれば、一般向けとしてこれといった弱点がありません。ただ、本文で何度も出ているArcher AX73と似た性能を持っているため、購入時に悩む人もいるかもしれません。

筆者の意見としてはベストエフォートの数値は5GHzで500Mbpsほど違いますが、あくまで合計台数の数値であり、単体での実測度ではこの差は小さくなるので、安い方のArcher AX4800で十分です。

もしUSBを使って簡易NASを構築して容量の大きいファイルを頻繁に移したり、接続台数が多い場合(例えばスマートホームなどを構築している場合)は上位モデルを選択しても良いでしょう。

上位モデルもレビューしているので合わせてこちらもご参考ください。

Archer AX73の実機レビュー

2021年3月に発売されたArcher AX73の実機レビューです。IPv6プラス対応、Wi-Fi6に対応しており、価格は1万円台とリーズナブルな機種で万人にすすめられる一台です。

続きを見る

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Archer AX4800
Average rating:  
 2 レビュー
by AX73 on Archer AX4800

現状では上位AX73の方が実売価格が安い。
時間が経ちAX73より価格が下がれば買いだとは思う。

by SIMPC on Archer AX4800

低価格ながらIPoE対応で通信速度が速くて安定している。ファミリーユースも含め、ほとんどの人がこの一台で賄うことができる。もし不足を感じてもOneMeshでルーターを増やすことができる点も魅力。

 

Archer AX4800のおすすめな人

十分過ぎる性能で万人にマッチ

Archer AX4800は低価格モデルでありながら、同時に万能選手でもあります。迷わずにこのモデルを買っておけば良いと断言できるほど、おすすめのWi-Fiルーターと言えます。

 

今後引っ越しの可能性がある人

Archer AX4800は推奨環境が4LDKになっているように、広い環境においても十分にカバーできる能力を持つルーターです。それに加え、TP-LinkのOneMesh(メッシュWi-Fi)に対応しているので、今後引っ越しする可能性がある人も幅広く対応することが可能になっています。

 

IPoEの中継用ルーターとして

ゲーミングユーザーなどストリーミング時の邪魔にならないように、専用の帯域を作れるルーター(トライバンドなどで割り当てできるルーター)のほとんどは高速ですが、IPoEには非対応のケースがほとんどです。

そのため、低価格で購入できるArcher AX4800を経由させることで、IPoEに対応した回線化させることができネット回線の高速化がコストを抑えながら実現することができます。

 

Archer AX4800のおすすめではないタイプ

同時ストリーミングが多い人やゲームなどの優先帯域を作りたい人

Arhcer AX4800は低価格で高機能ですが、デュアルバンドのため同時ストリーミングや専用帯域の割り当てには向きません。この場合は専用のゲーミングルーターやトライバンド対応のルーターを用意して接続しましょう。

 

Archer AX4800の実機レビューまとめ

低価格ながら優れた一台

結論

Arhcer AX4800は低価格なWi-Fiルーターの決定版と言えるほど、十分なパフォーマンスを持つWi-Fiルーターです。

ほとんどの一般家庭において、十分満足できる性能を有しており、設定も簡単なのでぜひ購入の候補に上げて欲しいモデルと言えるでしょう。

 

Archer AX4800のキャンペーン・安く買う方法

Archer AX4800は各種通販サイトで取り扱いがあるため、価格を比較した上での購入をおすすめします。また、Amazonでクーポンが発行されるケースも多いため必ずチェックするようにして下さい。

 

またAmazonでの購入を前提とする場合、さらに安く買う方法があります。詳しくは以下のページをご覧ください。

【2021年版】Amazon(アマゾン)をクーポンとキャンペーン・セールで最大限安く買うコツ・方法

Amazon(アマゾン)をクーポンやキャンペーン・キャッシュバックやセール(プライムデー・サイバーマンデー・ブラックフライデー)、無料お試し期間を使って最安値で購入する方法についてまとめています。

続きを見る

 

ライバル機種のレビュー・公式サイト

他機種のレビュー

同ランク・同じ性能を持つルーターについては以下からご覧ください。

関連公式サイト