当サイトの記事は広告を含みます。

HP 14s-fq1034AUの実機レビュー

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

HP 14s-fq1034AUのレビュー概要

リーズナブルなノートPC

HP 14s-fq1034AUは10万円以下がメインの14インチノートパソコンです。

位置付け的にはエントリーではあるものの、Ryzen5000シリーズプロセッサを搭載することで十分なパフォーマンスを備えています。

こんなタイプにマッチ

  • 安くパソコンが欲しい人
  • 外に持ち歩く可能性がある人

簡易スペック表

発売日 2022年1月28日
CPU Ryzen5 5625U
Ryzen3 5300U
AMD 3020e
RAM 4~8GB
ストレージ 128~256GB
画面サイズ 14インチ
GPU AMD Radeon Graphics
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1335g
Cinebench R20 2675pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2023年5月11日時点で44,800円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

HP 14s-fq1034AUの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

HP 14s-fq1034AUの特徴

ここではHP 14s-fq1034AUの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Ryzen5000シリーズ搭載ノートパソコン

本モデルの最も重要なポイントはリーズナブルなPCでありながら、高いパフォーマンスを有している点です。Ryzen3であっても、動作に不満はまず出ないレベルの性能となっています。

 

清潔感のあるボディ

エントリーパソコンは無塗装であるものも多く、どうしてもプラスチックらしさが出てしまうモデルが多く存在します。本モデルについては綺麗な白色となっているため、清潔感があります。

 

豊富なインターフェイス

インテーフェイスはフルサイズHDMI、USB Type-C、SDカードスロットなど一般利用において必要なものを全て備えています。詳しくは外観の項目で説明します。

 

HP 14s-fq1034AUの価格とコストパフォーマンス

10万円以下で買えるノートパソコンとしては非常に優秀な性能を持っています。ただし、最廉価グレードのAMD 3020eは安い一方で性能に不満が出ると思うので、おすすめはできません。あくまでRyzen3 5300U以上のモデルがコスパという点でも優れたモデルと言えるでしょう。

2023年5月11日時点で44,800円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

HP 14s-fq1034AUのスペック

今回レビューしたHP 14s-fq1034AUのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年1月28日
製品名 HP 14s-fq
型式 fq1034AU
サイズ 225×324×17.9mm
重量(実測) 本体 1335g
電源アダプタ 280g
CPU Ryzen5 5500U
GPU AMD Radeon Graphics
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 記載なし
公称値 9.5時間時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

HP 14s-fq1034AUのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2675pts、シングルコア452ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Cinebench R20のマルチスコアで2600ptsを超えており高いパフォーマンスを有しています。

一般的なのーとぱそこんとしては十分過ぎるパワーがあり、パフォーマンスで不満に思うことはまずないでしょう。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は6518pts、シングルコア1183ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は3000MB/sを超えており、価格を考えれば十分過ぎるパフォーマンスです。実使用で不満を感じることはほぼないでしょう。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 1941 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音が聞こえる
GPUテスト時 ファン音が聞こえる

 

HP 14s-fq1034AUのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 46.7% 46.7%
Adobe RGB 62.0% 63.0%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

HP 14s-fq1034AUの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:371.94Mbps
ポイント②:509.84Mbps
ポイント③:567.99Mbps
ポイント④:528.66Mbps
ポイント⑤:313.33Mbps
ポイント⑥:195.78Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 371.94 347.31 13
ポイント② 509.84 256.06 13
ポイント③ 567.99 229.8 13
ポイント④ 528.66 244.24 14
ポイント⑤ 313.33 159.37 14
ポイント⑥ 195.78 102.91 13

 

通信スピードテストの評価

低価格ながらWi-Fi6を搭載していることもあり、全エリアで100Mbpsを超えるパフォーマンスが得られています。

 

HP 14s-fq1034AUのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PD充電には非対応です。

 

HP 14s-fq1034AUの外観

天板は真っ白でセンターにHPの鏡面ロゴが配置されています。

 

背面も天板同様の色合いになっており安っぽさはありません。

 

開いた様子です。ベゼル幅は左右が普通、上下は少し広めになっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。エンターキー右側にhomeやpg upなどのボタンが配置されている点が特徴的です。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.23mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、110mmとなりました。

 

本体右側には電源ポート、フルサイズHDMI、USB Type-A、USB Type-C、ヘッドフォンジャックが備えられています。

 

本体左側にはフルサイズSDスロットがあります。

 

本体の重量を測定したところ、1335gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1615gとなりました。充電器単体では280gとなります。

 

HP 14s-fq1034AUのメリット・魅力

コスパと見た目の良さを両立

このモデルの魅力はなんといってもコストパフォーマンスの高さと安いにも関わらず、見た目が優れていること。安いモデルのほとんどは無塗装プラスチックになることが多いため、このクオリティを価格とともに両立している点は特に魅力的に感じます。

 

パフォーマンスも十分

Ryzen5000シリーズプロセッサを搭載し、ベンチマークテストからもわかるように高いパフォーマンスを有しています。10万円以下で買えるノートパソコンとしては十分以上と言えるでしょう。

 

14インチで軽め

低価格なノートパソコンとしては非常に珍しく、14インチでかつ1.3kg台になっています。バッテリー持続時間は短めではあるものの、これだけ軽ければ持ち出すも十分に可能です。

 

HP 14s-fq1034AUのデメリット・欠点

USB PDに非対応

持ち出しできる軽さがある一方で、USB PDには非対応となっています。持ち出し時には電源が必要になるかもしれないので注意しておきましょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

HP
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

コストパフォーマンス高め、本体デザイン良し、インターフェイス多め、それでいてプロセッサのパフォーマンスも十分と価格面から見て文句なしの一台になっています。

 

HP 14s-fq1034AUがおすすめな人

安めのパソコンが欲しい人

本モデルの魅力はなんといってもそのコストパフォーマンスにあります。安くてしっかりと使えるノートパソコンが欲しい人にはぴったりです。

 

持ち出し用のラフに使えるパソコンが欲しい人

値段が安いこと、さらに約1.3kg台で持ち出しやすいメリットを備えているため、普段のノートパソコンと別に持ち出し用のサブパソコンとして使いたい人にも良い候補となるでしょう。

 

HP 14s-fq1034AUがおすすめではないタイプ

持ち物を減らしたい人

デメリットでも書いた通り、弱点はUSB PDが使えないこと。そのため、長時間の持ち出しに電源アダプタが必要になる点がマイナスです。

 

HP 14s-fq1034AUのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルでは上位のカスタマイズよりも注意して欲しいことが、最廉価グレードのAMD e3020を選ばないことです。安いですがその分パフォーマンスがグッと落ちることやメモリ、ストレージが将来を見越すと足りなくなる可能性が高いので注意してください。

公式サイトを見る

 

HP 14s-fq1034AUの実機レビューまとめ

低価格でもしっかり使える一台

結論

本モデルは10万円以下という低価格でありながら、しっかりと使える一台。

本体デザインが優れている点や持ち出しもしやすいなど利点を数多く備えています。

2023年5月11日時点で44,800円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

HP 14s-fq1034AUを安く買う方法

HP 14s-fq1034AUに限らず、日本HPのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年2月】日本HPパソコンをクーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト