当サイト経由で特別割引

メーカーさんからのご厚意で最大7%オフになる特別特典を頂きました。個人向けPCが13.2万円以上購入で7%OFFに、法人向けPCが7.7万円以上購入で4%OFFになります(どちらも税込)。以下のリンクを経由することで自動で獲得できるので、かならず適用しておいてください。

限定クーポン ⇒ 個人向け7%オフクーポンを獲得する

限定クーポン ⇒ 法人向け4%オフクーポンを獲得する

HP 250 G8の実機レビュー

HP 250 G8のレビュー概要

コスパに優れた15インチノート

本モデルは5万円台から買える低価格ノートパソコン。最上位モデルのCore i5モデルでも10万円しないため、非常に安く手に入れることができるモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • 安さを求める人
  • ネットサーフィン、書類作成メインの人

簡易スペック表

発売日 2021年12月15日
CPU Core i5-1135G7
Core i3-1115G4
Celeron N4020
RAM 4~8GB
ストレージ 128~256GB
画面サイズ 15.6インチ
GPU インテルUHDグラフィックス
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 1705g
Cinebench R20 989pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年4月10日の公式ダイレクト価格で50,380円から。現在の価格は公式サイトでご覧下さい。

 

HP 250 G8の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

HP 250 G8の特徴

ここではHP 250 G8の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Corei5モデルでも10万円以下

HP 250 G8は低価格な15インチノートパソコンで、Core i5搭載モデルでも税込10万円以下で購入できる魅力的なモデルです(CeleronとCore i3モデルもラインナップ)。できるだけ安くPCを手に入れたい人向けのモデルの一つです。

 

前モデルに比べ軽量化

本モデルでは重量が1.9kgから1.74kgへ大幅に改善されています。15インチノートは大柄なため、どうしても重さがネックになってしまいますし、低価格モデルでは特に課題になりやすいので嬉しいポイントです。

 

生体認証を搭載

低価格モデルとしては非常に珍しく、生体認証を備えています。

 

HP 250 G8の価格とコストパフォーマンス

本モデルはCore i3モデルで78,980円(税込)となっており、できるだけ安くPCが欲しい人にはピッタリの一台と言えます。より性能を求めてCore i5モデルを選んでも、10万円以下で購入できるのも魅力です(2022年4月6日時点)。

2022年4月10日の公式ダイレクト価格で50,380円から。現在の価格は公式サイトでご覧下さい。

 

HP 250 G8のスペック

今回レビューしたHP 250 G8のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年12月15日
製品名 HP 250 G8
型式 -
サイズ 242×358×19.9mm
重量(実測) 本体 1705g
電源アダプタ 270g
CPU Core i3 1115G4
GPU UHDグラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 液晶
リフレッシュレート 公式記載なし
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v4.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 6.37時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

HP 250 G8のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は989pts、シングルコア499ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core i3モデルのため、マルチでスコアがあまり出ていませんが、シングルコアの性能は500ptsに迫る勢いで十分以上です。

マルチタスクを常時走らせるなら厳しいかもしれませんが、ネットサーフィンや書類作成程度なら何の問題もなくこなせるでしょう。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は2577pts、シングルコア1316ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は2000MB/sを超えており、この価格帯としては十分すぎるスピードです。読み書きで遅さを感じることはまずありません。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 1654 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音がはっきりと聞こえる
GPUテスト時 ファン音がはっきりと聞こえる

 

HP 250 G8のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 61.6% 61.6%
Adobe RGB 45.7% 45.7%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

HP 250 G8の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:583.52Mbps
ポイント②:479.2Mbps
ポイント③:361.69Mbps
ポイント④:469.18Mbps
ポイント⑤:386.38Mbps
ポイント⑥:271.48Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 583.52 595.2 13
ポイント② 479.2 529.17 13
ポイント③ 361.69 580.75 12
ポイント④ 469.18 533.11 12
ポイント⑤ 386.38 467.96 13
ポイント⑥ 271.48 209.42 12

 

通信スピードテストの評価

全エリアで200Mbpsを超える速度が出ており十分高速です。この価格帯のパソコンでここまでの結果が出るのは珍しいです。

 

HP 250 G8のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。残念ながら、HP 250 G8はUSB PD充電に非対応です。

 

HP 250 G8の外観

天板はシンプルなシルバーで、センターにメッキされたロゴが配置されています。

 

背面は天板と同系統の色味で仕上げられています。

 

開いた様子です。ベゼルが広めのため、少し古さを感じます。

 

最大開き角は130°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。テンキーを搭載しています。また右下には指紋認証ボタンを備えます。また上部には超低価格帯のパソコンとしては十分なスピーカーが搭載されています。高品質というわけではないものの、価格を考えれば満足できるでしょう。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.6mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。キーはカチャカチャと音が鳴るタイプなので、ハードパンチャーの人は気をつけた方が良いかもしれません。

 

タッチパッド幅を計測したところ、116mmとなりました。タッチパッドは廉価帯のPCとしてはサラサラで使いやすい印象です。

 

本体右側には電源ポート、USB Type-A、フルサイズSDスロットを備えます。

 

本体左側は有線イーサネットコネクタ、HDMI、USB Type-C、ヘッドフォンジャックを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、1705gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1975gとなりました。充電器単体では270gとなります。

 

HP 250 G8のメリット・魅力

初心者なら十分なパフォーマンス

第11世代のCoreプロセッサは、パフォーマンスが高く初心者ならほぼ不満のないスペックになっています。使うソフトにもよりますが、ほとんどの人が満足できる性能になっています。

 

値段の割に入力性が高い

低価格ノートパソコンの多くはキーボードやタッチパッドの品質を犠牲にしていることが多いですが、このパソコンはそういったことはありません。安さと入力性を同時に求めているのであれば、一つの選択肢として向いています。

 

豊富なインターフェイス

HP 250 G8はインターフェイスが多めです。特にフルサイズのSDスロットを搭載している点が魅力的と言えるでしょう。

 

HP 250 G8のデメリット・欠点

ベゼルは広めで古さがある

軽量化されてはいるものの、ベゼルが太めなため古さを感じてしまう弱点があります。

 

丸っこいデザインは好みが分かれる

本体デザインはシルバーでカッコ良いですが、エッジがかなり丸くなっており、可愛さを感じるデザインになっています。ここは好みがはっきりと分かれるところでしょう。

 

セカンドストレージが選択できない

15インチノートパソコンの場合、セカンドストレージにHDDを搭載して記憶容量を増やす人も多いかと思いますが、このモデルはセカンドストレージが選択できません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

HP 250 G8
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

値段の割にちょっと驚くくらいしっかりと使えるノートパソコン。セカンドストレージが選択できないなどのデメリットはありますが、ヘビーユーザーでなければあまり気にならないポイントだと思います。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 全体的に丸っこい
  • キーボードが打ちやすい

 

HP 250 G8がおすすめな人

パソコン初心者の人

低価格ですが、第11世代Coreプロセッサの性能が良いこと、キーボードやタッチパッドの入力性が優れているという観点から、初めてだしあまりパソコンにお金をかけたくないという初心者の人に向いています。

 

HP 250 G8がおすすめではないタイプ

持ち運びする人

本モデルは15インチで重さがそれなりにあり、かつUSB PD充電非対応のため、大きな電源ケーブルを持ち運ぶことになります。もしよく持ち運びするなら、14インチか13インチサイズを選ぶ方が良いでしょう。

 

写真を大量に保存したい人

デメリットで書いた通り、セカンドストレージにHDDが選択できないため写真やビデオを大量に保存したい人は外部保存用ストレージを購入する必要があり、別途出費が必要になります。

 

HP 250 G8のカスタマイズ・モデルの選び方

可能ならCore i3モデル以上がおすすめです。理由は最も低価格なモデルがCeleron N4020搭載モデルかつメモリが4GB、さらに解像度が1366×768と低くなっているからです。また、ストレージも128GBと少なめになっています。

公式サイトを見る

 

HP 250 G8の実機レビューまとめ

安さを重要視する人向け

結論

HP 250 G8はパソコンの中ではかなりリーズナブルなモデルです。それでいて必要十分な性能があるので、値段を重要視する人にぜひ選んでほしいモデルと言えるでしょう。

2022年4月10日の公式ダイレクト価格で50,380円から。現在の価格は公式サイトでご覧下さい。

 

HP 250 G8を安く買う方法

HP 250 G8に限らず、HPのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年6月】日本HPパソコンを限定クーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト