ENVY 15-ep0000(クリエイターモデル・2020年)の実機レビュー

ENVY 15-ep0000のレビュー概要

超ハイエンド15インチノート

ENVY 15 ep-0000はHPが発売しているクリエイター向けノートパソコンです。グレード別にラインナップがいくつかあり、Core i7モデルから最上位ではCore i9とRTXを組み合わせたモデルまでが存在します。

最上位モデルではメモリ32GBに4Kディスプレイまで搭載しており、持ち運びできるノートパソコンとしてはクリエイター向けとして相応しいパワフルなモデルとなっています。

簡易スペック表

CPU Core i7-10750H
Core i9-10885H
RAM 16~32GB
ROM 512~2TBGB SSD
画面 15.6インチ
GPU GeForce GTX1660Ti
GeForce RTX 2060 Max-Q
USB-PD 非対応
LTE 非対応
重量(実測) 2060 g
Cinebench R20 3174 pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

ENVY 15-ep0000実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーからお借りしてレビューを行っています。

 

ENVY 15-ep0000の特徴

ここではENVY 15-ep0000の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

ENVYらしいスッキリとしたデザイン

一般的にパワフルさをうりとするノートパソコンのほとんどは見た目がゴテゴテとしてしまう印象がありますが、ENVY 15 ep-0000はハイパワーでありながらENVYらしいスッキリとしたデザインで外で使っても恥ずかしくないモデルになっています。クリエイター向けPCを持ち運びしたいという用途にぴったりとなっています。

 

中身はエッジの効いたハイエンド

概要から前述していますが、ENVY 15-ep0000のクリエイターモデルはCore i9-10885Hを搭載しており、さらにRTX2060 Max-Qが搭載されており、ハイフォーマンスさをウリにしています。

 

この構成に加え、4Kディスプレイ対応のモニターを備え作業領域を確保できるようにもなっています。

目次に戻る⇒

 

ENVY 15-ep0000の価格とコストパフォーマンス

ENVY 15 ep-0000のコストパフォーマンスは普通から少し高めのレンジです。後述しますが、絶対的なベンチマークからいうとRyzen7 4800がプロセッサとしてはより強く、またグラフィックボードも同じRTX2060を搭載しつつ、安いモデルが存在するからです。差別化のポイントは4Kモニターなのでここに魅力を感じるかどうかが大きな分かれ目でしょう。

 

 

ENVY 15-ep0000のスペック

今回レビューしたENVY 15-ep0000のスペックは以下の通りです。Core i7モデル、Core i9モデルがありますが、今回は最上位のクリエイターモデルを評価しています。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年8月8日
製品名 ENVY 15-ep0000
型式 15-ep0003TX
サイズ 358×237×18 mm
重量(実測) 本体 2060 g
電源アダプタ 645 g
CPU Core i9-10885H
GPU GeForce RTX2060 Max-Q
メモリ(RAM) 32GB
保存(ROM) 1st 2TB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 3840×2160
形式 有機EL
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋
Windows Hello ×
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ 6セル
公称値 6時間30分

※1 詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

最高クラスのモデルだけあって非常に高いスペックになっています。Core i9-10885Hを搭載し、さらにRTX2060 MAX-Qを積んだ上で2TBのSSDまで積んでいるため、動画編集の素材なども入れて持ち歩けるモデルになっています。注意点としてはディスプレイがOLEDとなっていることでバッテリーが公称値で6時間30分になっていること。もしバッテリー持続時間を優先したいなら液晶ディスプレイの下位モデルも検討すると良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

ENVY 15-ep0000のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3174pts、シングルコア502ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23(Test Duration 10分設定)の測定値は6266pts、シングルコア1149ptsという結果になりました。

 

PASSMARK

PASSMARKの測定値は以下の通りです。他機種との比較をしたい人はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードが3000MB/sを超えており、SSDの中でも高速な部類に入ります。

 

VRmark

VRmarkのオレンジルームでテストを行いました。スコアは7281となりました。

 

VRmarkのブルールームでテストを行いました。スコアは1674となりました。

 

騒音テスト

ベンチマーク時、操作時の騒音はかなりおおきくファンがうなるほどでした。負荷が大きい作業をするとファン音が大きくなるため、気になる人は注意して下さい。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 12885 非常に快適
高品質 14196 非常に快適
標準 15405 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 6001 快適
標準 7780 快適
軽量品質 9965 とても快適

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証結果です。

 

ENVY 15-ep0000の通信環境(WI-Fi)のテスト

ENVY 15-ep0000の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。結果、快適な通信速度が得られています。

1F

2F

 

下りは十分な速度が出ていますが、上り速度はバラツキが見られました。最長距離では100Mbpsを超えてはいたもののルーター前から大きく低下していたため、より実力を発揮させたいならメッシュWi-Fiを利用するほうが良さそうです。

目次に戻る⇒

 

ENVY 15-ep0000のUSB-C(PD)による充電テスト

非対応のためテストしておりません。

 

ENVY 15-ep0000の外観

天板はハイエンドを象徴するHPのロゴが記載されています。

 

背面はセンターに通気口があり、さらに背面側にも通気口があります。。左右パームレスト側にスピーカーを備えています。

 

開いた様子です。ベゼル幅はそれなりに大きめですが、本体の画面サイズが大きいためにあまり気になりません。

 

最大開き角は約130°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラです。IRカメラは非搭載、カメラの物理スイッチはありません。

 

キーボードです。変則はありませんが、一番右側にホームボタンやページのコントロールがあります。矢印キー横に指紋認証があります。

 

キーボードはバックライトを採用しています。

 

ミツトヨのデジタルノギスで計測した結果、キーストピッチは17.6mmとなりました。またキーストロークは1.4mmでした。

 

タッチパッドの幅は115mmです。触感はさらさらとしていてとても使いやすいです。

 

キーボード右側にはスピーカーがあります。BANG&OLUFSENのものが搭載されています。スピーカー品質は並みです。

 

パームレストはプラスチック素材です。シルバー塗装されており高級感があります。

 

右側インターフェイスです。USB-Aと排気ファンがあります。

 

左側インターフェイスです。USB-A、フルサイズHDMI、USB-C×2、miniSDカードコネクタがあります。

 

本体の質量を測定した様子です。2.06kgとなりました。

 

本体に加え、充電器の質量を測定した様子です。充電器単体では645gとなっています。

目次に戻る⇒

 

ENVY 15-ep0000のメリット・魅力

持ち運べるintel機としては最高クラス

モバイル性のあるintel機としてはCore i9-10885Hを搭載しており、さらにRTX2060 Max-Qを積んでいるため最高クラスと言えるモデルです。固定された場所だけでなく、色々な場所でミーティング、作業したりする人にとっては大きなメリットを持ったモデルと言えるでしょう。

 

4Kディスプレイ+15インチで大きな作業領域

15インチモニターで4Kディスプレイを搭載しているため、表示領域が広く作業がしやすいことが特徴です。作業領域が大きいことに加え、タッチパッドがさらさらとしていて扱いやすいため、快適性に磨きがかかっています。

 

下位モデルはコストパフォーマンスが高い

今回レビューしたモデルは最上位のCore i9のクリエイターモデルですが、個人的には最も下位のモデルが魅力的と感じました。4Kではなくなり、GTX1660Tiになるとはいえ、よほどハードに動画編集をするなどのことがなければこれで十分と言えるでしょう。

目次に戻る⇒

 

ENVY 15-ep0000のデメリット・欠点

ファンの音が大きい

ENVY 15-ep0000を使っているととにかくファンの音が気になります。何もしていない時は静かですが、何か作業をしたりして少しでも重い作業を始めるとファンがうなりをあげています。ファンの音を気にする人は要注意です。

 

画面のチラつきが気になる

4Kディスプレイで美しいことには間違い無いのですが、白い画面が若干チラついて見えることがあります。光沢ディスプレイのせいかもしれませんが、今まで4Kモニター、4Kノートパソコンを使ってきましたが、チラつきを感じたのは初めてです。

 

バッテリーが持たない

4Kモニターの宿命とも言えますが、バッテリーが持ちません。下位グレードにするとバッテリーの時間が急速に伸びるのでもし4Kにこだわらないなら下位モデルも検討すると良いでしょう。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

ENVY 15 ep-0000
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on ENVY 15 ep-0000

ハイエンドパフォーマンスノートパソコンとしてはゴテゴテしていない点がとても良い。ただ、ファンの音が大きいことや白の画面のチラつきが気になるので、そのあたりは我慢が必要だと感じました。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 薄くて見た目がかっこいい
  • 主張が強くない
  • 見た目の薄さの割に重い

 

ENVY 15-ep0000がおすすめな人

外でもクリエイティブな作業をしたい人

ENVY 15ep-0000はハイパワーかつ持ち出し可能な重さのため、外でもクリエティブな作業をしたい人向けと言えます。バッテリー持続時間が短いため電源の確保は必須ですが、おしゃれ、ハイパワー、モバイル可能という組み合わせはありそうであまり無いため、そういったモデルを探ししている人におすすめです。

 

ゲームPCとしても使える

モニターがリフレッシュレートが60Hzのためハードにするには難しいですが、プロセッサのパフォーマンスは十分にあるため、ゲームも快適に利用できます。もしゲームをするつもりなら、外部ディスプレイを説足し144Hz以上のリフレッシュレートを持つモデルを選ぶと良いでしょう。

 

ENVY 15-ep0000がおすすめではないタイプ

絶対的な性能を求める人

ENVY ep-0000は魅力的なモデルですが、intel機種という縛りをなくしてしまえば、Ryzen4000版台が高性能なためコストパフォーマンスが下がってしまう欠点があります。

 

性能だけでなく軽さも求める人

性能と軽さを両立させたい場合は、ゲーミングパソコンのZephyrus G14の方がよくなります。ただし、この場合は4Kモニターが選べないので注意が必要です。

 

ENVY 15-ep0000のカスタマイズ・モデルの選び方

4Kモデルを選択すると一気にバッテリ持続時間が低下してしまうため、もし長時間電源レスで使う場合は最も下のモデルを選択するほうが無難です(コストパフォーマンスも高くなります)。ただし、このモデルはある意味で究極のモバイルクリエイターパソコンなので振り切って最高モデルを買うのも良いでしょう。お洒落さとパワフルさを兼ね備えたPCでユニークな存在のため、所有欲も満たされるでしょう。

公式サイトでラインナップを見る

 

ENVY 15-ep0000の実機レビューまとめ

どこでもクリエイティブ作業したい人向け

結論

クリエイター向けで作業領域が大きいノートパソコンを探している人にとってぴったりとも言えるPCです。Core i9、32GB、RTX-2060 MAX-Qまで選べてパワフルなので実用性も抜群。

モバイル環境でもクリエイティブな実力を最大限発揮したい人はぜひ選ぶべきモデルでしょう。

 

 

ENVY 15-ep0000を安く買う方法

ENVY 15-ep0000に限らず、HPのノートパソコンは安く買う方法があります。以下の記事で詳しく解説しているので、必ず参考にしてください。

HP(ヒューレットパッカード)公式のキャンペーンと限定セールで安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

© 2021 SIMPC(シンプシー)