Chromebook Flip CM3(CM3200)の実機レビュー

Chromebook Flip CM3のレビュー概要

魅力的な12インチChromeOSノート

本体重量1.1kgと持ち運びに優れる12インチのChromeOS搭載ノートパソコンで、本体価格が2021年5月28日時点で5万円以下とコストパフォーマンスも非常に高い機種。

プロセッサはintel系ではなく、スマートフォン用に近いARM型のMediaTek MT8183が搭載されており、Androidアプリとの親和性を高める構成になっています。

モバイル用のChromebookを探している人はぜひ第一候補に入れて欲しい一台です。

簡易スペック表

発売日 2021年5月20日
CPU MediaTek MT8183
RAM 4GB
ストレージ 64GB eMMC
画面サイズ 12インチ
GPU 内臓グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
MSオフィス 非搭載
重量 1145g
Geekbench5 927(multi)

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Chromebook Flip CM3の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Chromebook Flip CM3の特徴

ここではChromebook Flip CM3の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

12インチのコンパクトChromebook

市場に投入されているChromebookはその多くが14インチクラスか10インチクラスが多いのですが、今回のCM3は珍しい12インチクラスとなっています。画面はそこそこ大きく、かつコンパクトになったことで本体重量が軽い構成です。

 

3:2の縦長ディスプレイ

CM3ではノートパソコン全体で見ても珍しい3:2の縦長ディスプレイを搭載しています。これにより縦の情報量が増えネットサーフィンや書類作成などの実務をこなしやすくなっています。

 

USB-PD充電対応

CM3の充電器はUSB-PDとなっているため、Androidスマートフォン他と共通化することが可能でモバイル時に便利な構成となります。

 

5万円を切る価格

本体は税込で49,800円(ASUS公式ストア価格)からとなっており、リーズナブルで手に入れやすい価格帯となっています。

 

Chromebook Flip CM3の価格とコストパフォーマンス

Chromebookの市場では3万円台のノートパソコンも数多く見るため、約5万円の価格は一見高く見えるかもしれません。しかしながら、IPS液晶、12インチの3:2ディスプレイ、1.1kgの軽さ、USB-PD対応といった機能面を考えるとコストパフォーマンスが良いと考えます。特に低価格帯の場合、VA液晶が使われていることが多く、液晶の見づらさがあります。外で長時間使うならIPS液晶の方がメリットが大きいと言えます。

 

Chromebook Flip CM3のスペック

今回レビューしたChromebook Flip CM3のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年5月20日
製品名 Chromebook Flip CM3
型式
サイズ 215.8×269.2×16.8mm
重量(実測) 本体 1145g
電源アダプタ 170g
CPU Mediatek MT8183
GPU Arm Mali-G72 MP3
メモリ(RAM) 4GB
保存(ROM) 1st eMMC 64GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 12インチインチ
解像度 1366×912インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v4.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 2セル
公称値 15.6時間時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Chromebook Flip CM3のベンチマーク

OCTANE 2.0

Chromebookのため、ウェブブラウザのベンチマークテストである「OCTANE」にて評価を行いました。スコアは9752でした。他の結果と比較したい方は、OCTANEベンチマーク一覧をご覧ください。

 

GeekBench 5

GeekBench 5にてスコアを計測しました。multiが927、Singleが261となっています。ちなみに同じプロセッサを搭載しているChromebook Detachable CM3よりも35%ほど低いスコアが出ています。他のChromebookのスコアを比較したい場合はGeekbench5測定結果一覧をご覧ください。

 

騒音テスト

どの操作においても騒音はほぼなく、非常に静かです。

 

Chromebook Flip CM3の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:257Mbps
ポイント②:229Mbps
ポイント③:254Mbps
ポイント④:256Mbps
ポイント⑤:254Mbps
ポイント⑥:142Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 257 6 13
ポイント② 229 9.66 7
ポイント③ 254 8.99 9
ポイント④ 256 57.7 10
ポイント⑤ 254 163 8
ポイント⑥ 142 110 37

 

通信スピードテストの評価

通信テストの結果どの部屋でも十分な結果が得られています。ただし、PINGが長距離で低下している点のみ

 

Chromebook Flip CM3のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。20W以下では充電が開始されませんでしたが、30W以上では充電が可能でした。またLGディスプレイへはThunderbolt3ケーブルで接続することによって、充電及び画面拡張が可能でした(ただし、充電は低速となっています)。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7
LG 29UM69G-B LG 29UM69G-B

 

Chromebook Flip CM3の外観

天板はアルミで仕上げられており、高級感があります。センターにロゴマーク、そして左上に Chromebookのマークがあります。

 

背面も同様にアルミで仕上げられています。ゴム足がグレーになっているため統一感があります。

 

開いた様子です。ディスプレイは3:2で縦長を採用しているため、パッと見た感じで違和感を感じる人も多いかもしれません。また画面は光沢になっており、ベゼル幅は比較的広めです。フロントカメラはディスプレイ上側に付いています。物理シャッターはありません。

 

フリップタイプのため、タブレット形式にすることが可能です。

 

本体キーボードです。12インチのコンパクト筐体ですが全てが独立しており打ちやすいです。ただし、エンターキーが小さめのため、気になる人はいるかもしれません。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、16.1mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキースストロークを測定したところ、1.3mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、105mmとなりました。

 

本体右側には音量ボタンと電源ボタンがあります。

 

本体左側にはUSB-CとmicroSDスロット、そしてUSB-A、ヘッドフォンジャックがあります。

 

本体の重量を測定したところ、1415gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1315gとなりました。充電器単体では170gとなります。

 

Chromebook Flip CM3のメリット・魅力

縦長でシングルタスクの作業性が高い

Chromebook Flip CM3で感じた最大のメリットは縦長ディスプレイで作業性が良いことです。特にGoogleドキュメントやネットサーフィンで使う場合、閲覧領域が広がり作業性が向上するメリットがあります。

 

キーボードが打ちやすく入力性が高い

12インチの薄型ノートパソコンはキーストロークが浅く打ちにくいモデルも多いですが、本モデルは打ちやすく入力性が高いメリットを持っています。ドキュメント作成ユーザーに良いでしょう。

 

リーズナブルなのにスピーカーが比較的良い

ASUSのノートパソコン全般に言えることですが、リーズナブルな値段帯の割にスピーカー性能が高いことがメリットとして挙げられます。Flipタイプでテントモードとしても使えるので動画を見たりするのに便利です。

 

十分快適な速度

このモデルで搭載しているプロセッサは一般的なパソコンから見れば性能は低いですが、Chromebookという括りであれば、通常利用においては全く問題ありません。また、もともとスマートフォン向けのプロセッサなので、Androidアプリとの親和性が高いこともメリットです。

 

インターフェイスが充実

薄型のChromebookは全般的にインターフェイスが不足していることが多いですが、12インチで1.1lg台のノートパソコンとしてはインターフェイスが多くなっています。

 

バッテリー性能が高い

長時間持ち運ぶ人に知っておいて欲しいこととして、Chromebookは全体的にバッテリーの公称値が低いという問題があります(10~13時間が多い)。ところが、Chromebook Flip CM3のバッテリー持続時間は15時間と非常に長くなっています。持ち運びが多い人には大きなメリットとなります。

 

Chromebook Flip CM3のデメリット・欠点

タッチパッドの質感が低い

Chromebook Flip CM3のタッチパッドは引っかかりを感じるタイプで質感はあまり良くありません。外で使うのであれば我慢するか、タッチパッドを使う、もしくはマウスを使うことを前提とすると良いでしょう。

 

ASUS USIペンは別売りなので注意

Chromebook Flip CM3はASUSの純正スタイラスペンが付属しません。別売りになっているので注意してください。

 

1.1kgだが見た目よりも重い

本体は1.1kgで12インチノートパソコンとしては軽いですが、本体が小さいこともあって密度が高く感じます。ただ、実際カバンに入れてしまえば関係ないので、見た目だけでのデメリットに近いです。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Chromebook Flip CM3
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Chromebook Flip CM3

モバイル枠で見た時に2021年度販売モデルとしてはベストに近い選択肢。3:2の縦長ディスプレイで作業性を確保しつつ、長いバッテリー駆動時間が魅力の一台となっています。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • コンパクトで持ち運びしやすそう
  • ディスプレイが縦長で違和感はある

 

Chromebook Flip CM3がおすすめな人

持ち出し用の安いパソコンが欲しい人

Chromebook Flip CM3が最もマッチするのはやはり外でドキュメント作成、メール返信などを中心とする人です。Chromebookとしては長いバッテリー持続時間、軽量性、そして何よりも縦長のディスプレイがユーザーにマッチします。また、紛失した際に外部からログアウトできる、GoogleChromeならではのセキュリティ性も魅力です。

 

Googleドキュメントを使う人

上でも書いていますが、Googleドキュメントを使う人にとっては、持ち出し外でもメリットがあります。縦長のディスプレイで小さい画面は集中できるので、書き物が多いユーザーはチェックしておくべき端末と言えるでしょう。

 

Chromebook Flip CM3がおすすめではないタイプ

より高速性を求める人

Chromebookなのでこのプロセッサでも十分動きますが、それ以上に高速性を求める人にとってはCore i3以上のモデルをおすすめします。重いアプリでも動かせるようになるため、もともと快適なOSをさらにスピーディに使うことが可能となります。ただ、価格とはトレードオフになりChromebookの良さの一つが失われるので注意して下さい。

 

Chromebook Flip CM3のカスタマイズ・モデルの選び方

本PCにカスタマイズモデルはありません。

公式サイトを見る

 

Chromebook Flip CM3の実機レビューまとめ

12インチのベストChromeBook

結論

12インチで購入できるChromebookは数が限られている中で、質量とバッテリー持続時間を考えると2021年上期ではベストに近い選択肢です。

格安さがウリの中では少し高めになりますが、買って後悔しないモデルの一つと言えるでしょう。スタイラスペンを使う人は別途購入が必要なのでその点のみ注意してください。

 

Chromebook Flip CM3を安く買う方法

Chromebook Flip CM3に限らず、ASUSのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

11468
ProDesk 405 G6 SFFの実機レビュー

小型ながらパワフルで光学ドライブを含む豊富なインターフェイスを持つパソコン。2020年12月日発売モデル。

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)