Mac mini(2020年モデル、M1)の実機レビュー

Mac mini(2020、M1)のレビュー概要

M1搭載初のMac Mini

2020年の後半に登場したMac miniで次世代のApple SilliconチップであるM1チップを搭載したモデルになっています。M1チップはパフォーマンスに優れる上、動作音がほぼなく非常に静かに動くプロセッサとなっています。

またMac miniは本体デザインがとても良いため、リビングなどに置いたりテレビと接続できるように置いていても違和感のない一台となっています。

簡易スペック表

CPU Apple Silicon M1
RAM 8~16GB
ROM 256~2TB SSD
画面 デスクトップ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 非対応
LTE 非対応
重量 1.2 kg
Cinebench R23 7747pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Mac mini(2020、M1)実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事は実機をApple Storeにて購入した上でレビューを行っています。

 

Mac mini(2020、M1)の特徴

ここではMacbook Pro(2020、M1)の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

コンパクトなデスクトップ型Mac

Mac miniはデスクトップPCですが、本体は非常に小さく厚みもほとんどありません。主張が少ないため、どこにおいても違和感なく使えるモデルと言えます。メリットでも後述しますが、M1チップはほとんど熱が出ないため密閉された空間においてもサーマルコントロールを気にしなくてよくなっています。

 

刷新されたM1チップを搭載

2020 lateのMac miniから刷新されたARMアーキテクチャのM1チップを搭載しています。これによりパフォーマンスが大幅に向上し、今までとは段違いに快適に使えるノートパソコンへと進化しています。M1チップにネイティブ対応したアプリを利用すれば、さらに快適にPCを使うことが可能となっています(ネイティブ対応以外はRosetta2を経由して起動します)。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)の価格とコストパフォーマンス

Mac mini M1モデルのコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。M1チップモデルはメモリの動作が特殊で、容量が少なくてもより快適に使えるようになっているため8GBでも十分に動作します。そのため、結果的に下位モデルでもしっかりと使うことが出来ます(動画編集も可能)。ノートパソコンと比較すると、キーボード、マウス、ディスプレイを揃える必要性はあるものの既にこれらを持っているなら、より低コストでPC環境のパフォーマンスアップが可能になります。

 

Mac mini(2020、M1)のスペック

今回レビューしたMacbook Pro(2020、M1)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020/11/17
製品名 Mac mini
型式 -
サイズ -
重量 本体 1.2kg
電源アダプタ 未計測
CPU Apple Silicon M1
GPU 内蔵(8コア)
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB SSD
2nd
ディスプレイ サイズ
解像度
形式
リフレッシュレート
生体認証 指紋 ×
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数
物理シャッター
リヤカメラ 画素数
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ
公称値

※1 他モデル含む詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

今回レビューを行ったのはメモリ8GBのカスタマイズなし(いわゆる吊るし)モデルです。本体のサイズは前モデルと同様です。なお、本体形状は全く変わらないため、オプションパーツ等は今までのものをそのまま使うことが可能です。なお、Mac miniはMacBook Air(M1)と異なり、GPUは廉価モデルでも同じ8コアが搭載されています。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

CINEBENCH R23

Cinebench R23の結果はMultiが7747pts、シングルが1518ptsという結果になりました。

 

Geekbenchスコア

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

Disk Mark

Readが3385MB/sと3000MB/sを超えており、読み込みが非常に速くなっています。起動が

 

騒音テスト

ファン搭載モデルですが、Cinebench R23をマルチ10分、シングル10分回した程度ではファンは回りませんでした。Windows機であれば、ほぼどのモデルでもある程度は音がするだけに驚きの結果です。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)の通信環境(WI-Fi)のテスト

Macbook Pro(2020、M1)の通信環境テストをDeco X20で行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6非対応)でWi-FiにはWi-Fi6非対応のルーターを用いています。かなり良い結果が得られており、体感としても満足度は十分です。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDには非対応です。

 

Mac mini(2020、M1)の外観

トップにはAppleマークがあるシンプルなアルミ筐体です。

 

背面にインターフェイスが集中しています。インターフェイスにはUSB-C、USB-Aなどを備えMacBookシリーズとは利便性が異なります。なお排気ファンも背面に付いています。

 

底面です。ゴムではなくプラスチックなので滑る点には注意が必要です。

 

純正キーボード、マウスを揃えた様子です。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)のメリット・魅力

どこにおいても違和感のないシンプルな外観

Mac mini 2020 M1はどこにおいても違和感のない外観が魅力と言えます。前面、及び左右はアルミで覆われており凹凸がありません。シンプルな形状はオフィスでもリビングでも使いやすい魅力があります。

 

他と比べて圧倒的に安い

Mac miniは本体価格で考えると税込で6万円以下で購入できることから、Windowsデスクトップパソコンと比べると非常に安いです(ただし、キーボード、マウスは付属なし)。既に環境が整っており、バージョンアップしやすいモデルと言えます。

 

ディスプレイは2枚出力可能

Mac miniのM1モデルがノートパソコンと比べて優れている点として「ディスプレイが2枚出力できる」ことにあります(M1搭載のノートパソコンは1枚出力のみ)。ThunderboltとHDMiでの出力が必要にはなるものの、6Kディスプレイの利用も可能で自分の使いやすい環境に合わせた構成を組むことが出来ます。

 

過去モデルとオプションパーツの共有が可能

Mac mini M1は過去モデルと筐体サイズを完全に同一としています。そのため、過去モデルをベースに作られたサードパーティパーツをそのまま使うことができるメリットがあり、現状でもMac miniを使っている人はコストダウンが可能です。

 

廉価モデルでもGPUは上位

M1チップ搭載のMacシリーズはほぼ同じチップセットが搭載されていますが、唯一の違いとしてAirの下位モデルのみ7コアのGPUチップセットとなっています。Mac miniの場合は廉価版でもGPUは8コアが搭載されています。

目次に戻る⇒

 

Mac mini(2020、M1)のデメリット・欠点

マウス・キーボードが必要

Windowsデスクトップでは一般的にキーボードとマウスが付属しますが、Mac miniには付属しません。Apple純正製品ということもあり、それなりに値段が高いので、Mac miniを初めて買う人は予算に含めるようにしておいてください。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Mac mini M1(2020late)
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Mac mini M1(2020late)

シンプルな筐体、M1チップになったことで熱が出なくなったこと、さらにディスプレイ二枚に出力できる点を考えるとMacBookよりも人によっては魅力を感じる一台。USB-Cのハブを用意しなくても良いので、アクセサリが安く済む点もメリット。ただし、マウスやキーボードを持っておらず初めて使うユーザーには初期コストが上がる点だけ注意しておきたいところです。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • シンプルな外観でデスクトップPCとは思わない

 

Mac mini(2020、M1)がおすすめな人

大型ディスプレイを2枚使う人

Mac miniの最大の利点はMacBookと異なりディスプレイが2枚出力できる点にあります。大型ディスプレイ2枚でM1チップを動かしたい場合はこの選択肢だけになります。

 

イーサネットへ接続したい人

Mac miniには有線で接続できるフルサイズのイーサネットコネクタがあります。より通信速度を求める人はMac miniを利用する方が配線周りを綺麗にすることが可能です(MacBookはUSB-Cのみのため)

 

リビングのテレビをPC化したい人

個人的におすすめなタイプがリビングのテレビをパソコンとして利用したい人です。Mac miniはリビングにおいても違和感のないデザインであることや、厚みがほぼなくテレビ台の中に収納しやすいこと、さらに熱をあまり持たないため閉鎖環境でも使いやすくなります。M1チップにネイティブ対応したSafariが高速なため、リビングPCで動画視聴をよりスムーズに行えたり、iPhoneで撮影した画像をMac miniにAir Dropで転送し、家族で共有してみたり、一緒に編集することも出来ます。

 

動画編集で安さを求める人

動画編集用のパソコンを求める人は基本的にグラフィックボード搭載のモデルがおすすめですが、できるだけ安いPCで編集したいとなるとMac miniは優秀な選択肢になります。8GBモデルでも十分編集が可能なため、低価格でクリエイティブな環境を作ることが出来ます。

 

Macbook Pro(2020、M1)がおすすめではないタイプ

音を重視する人

Mac miniはスピーカーが弱いので注意が必要です(そもそもデスクトップにスピーカーを期待してはいけません)。別途、HomePodなどで音響環境を作ることを前提に考えておくと良いでしょう。

 

Mac mini(2020、M1)のカスタマイズ・モデルの選び方

Mac miniはカスタマイズなしのモデルでも十分な性能です。クリエイティブな作業をバリバリこなす場合は16GBモデルの購入を考えても良いとは思いますが、16GB、8GBのM1チップそれぞれを検証した身からすると、メモリよりプロセッサの方に律速があるイメージです。そのため、8GBのモデルを購入するか、それ以上のクリエイティブ性能が欲しい場合は次世代のグラフィックボード搭載モデルの購入を検討した方が良いと考えます。

公式サイトでラインナップを見る

 

Mac mini(2020、M1)の実機レビューまとめ

コストを抑えて導入できるM1

結論

コンパクトながら、M1チップを搭載したことでパワフルになったMac mini。サーマルコントロールが格段に向上したことでファンがほとんど回らずに使えるので、静穏性の観点でも魅力的。

MacBookと悩むところではあるものの、大型ディスプレイ2枚に出力したい場合はこちら一択でしょう。

 

Mac mini(2020、M1)を安く買う方法

Macminiを含め、Apple製品を安く買う方法をまとめています。パソコンもスマホも高額のため、還元率を高くできます。必ずご覧ください。

iMac・MacBook(マックブック)を安く買う方法・コツ(新品・中古をそれぞれ解説)

デザイン性に優れ、iPhoneとの連携性の高いMac製品は魅力的です。しかしブランドがしっかりしている分、価格は高くなっています。だからこそ、ほんの少しでも安く買いたいと思う人は多いはず。 そんな人の ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

© 2021 SIMPC(シンプシー)