Matebook X 2020の実機レビュー

Matebook X 2020のレビュー概要

かっこいい軽量ノートパソコン

Matebook X 2020は2020年11月に登場した軽量なモバイルノートパソコン。第10世代のCore i5プロセッサと16GBメモリを搭載し、約1kgで持ち運びしやすいことをコンセプトとしたプレミアムモデルです。

見た目に優れるだけでなく、3:2のアスペクト比を誇るディスプレイでモバイル環境で縦の情報量が得やすいモデルになっています。

簡易スペック表

CPU Core i5-10210U
RAM 16GB
ROM 512GB SSD
画面 14.0インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測)  1015 g
Cinebench R20  1241 pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Matebook X 2020実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーから検証機をお借りして実機レビューしています。

 

Matebook X 2020の特徴

ここではMatebook X 2020の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

超軽量モバイルPC

Matebook XはHUAWEIの上位モデルに位置する超軽量モバイルノートパソコンです。本体は約1kgで持ち運びが多い人にも向くモデルとなっています。

 

3:2の3Kディスプレイ

Matebook Xは3:2のディスプレイを搭載しており、3000×2000の3K高解像度となっています。また色域はsRGB100%。縦長のディスプレイになっていることでインターネットや書類作成時に情報を撮りやすい画面になっています。

 

感圧タッチのタッチパッド

Windowsパソコンとしては非常に珍しい感圧タッチと搭載しています。メリットでも書いていますが、サラサラとした質感で使いやすいことが特徴です。

次に戻る⇒

 

Matebook X 2020の価格とコストパフォーマンス

Matebook X 2020は2021年1月現在、第10世代のCore i5モデルで価格帯から考えると性能的コストパフォーマンスは悪いです。コストパフォーマンスを求めるなら、Matebook 14が良いでしょう。しかし、このモデルは絶対性能以外での3Kディスプレイ、感圧タッチ、1kgに近い持ち運びしやすい重量が特徴です。絶対的な性能よりも付帯的な機能にフォーカスして購入するべきモデルでしょう。

 

Matebook X 2020のスペック

今回レビューしたMatebook X 2020のスペックは以下の通りです。Core i5モデル、Core i7モデルがありますが、今回は上位モデルを評価しています。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年11月20日
製品名 Matebook X 2020
型式
サイズ 284×207×13.6mm
重量(実測) 本体  1015 g
電源アダプタ  190 g
CPU Core i5-10210U
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 512GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 13.0 インチ
解像度 3000×2000
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 有り(格納式)
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ 記載なし
公称値 11.3時間

※1 詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

重量、サイズ感からも割るようにコンパクトで軽く、持ち運びしやすいモデルとなっています。また3Kレベルのディスプレイでアスペクト比3:2も魅力の一つと言えるでしょう。ただしディスプレイ性能が良いせいか、バッテリーの公称値が短いことに注意してください。

目次に戻る⇒

 

Matebook X 2020のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1241pts、シングルコア349ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は2389pts、シングルコア1051ptsという結果になりました。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードが3400MB/s近く出ており高速です。

 

騒音テスト

ファンの音はほとんどなく、非常に静かです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未測定
高品質 未測定 未測定
標準 2314 普通

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 未測定 未測定
標準 未測定 未測定
軽量品質 739 動作困難

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。

 

Matebook X 2020の通信環境(WI-Fi)のテスト

Matebook X 2020の通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。結果、快適な通信速度が得られています。

1F

2F

 

全ての部屋で安定した速度が得られる結果となりました。

目次に戻る⇒

 

Matebook X 2020のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDによる充電テストを行いました。20Wから61Wで検証したところ、全てで充電が確認できました。20W充電器でも低速表示にはなりませんでした。

USB-PDの出力 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133

 

Matebook X 2020の外観

天板です。レビューしたパソコンはシルバーフロストです。シルバーと名前が付いていますが、青っぽい色合いになっています。

 

背面です。排気口はヒンジ部分のみになっています。

 

開いた様子です。3:2のアスペクト比で縦長になっています。3Kディスプレイで美しいことが特徴です。

 

最大角まで開いた様子です。130°まで開けることができます。

 

上部ベゼルです。かなり狭いベゼルになっています。

 

下部ベゼルです。ヒンジ部分は少しだけベゼルが大きくなっています。

 

本体カメラはキーボード内に収納されています。

 

キーボードです。ミツトヨのデジタルノギスで2つのキーボードで割返した結果、17.9mmとなっています。キーストロークは0.9mmとなっています。

 

タッチパッドは120mmとかなり広めです。

 

電源ボタンは指紋認証を兼ねています。

 

本体右側です。USB-Cポートがあります。

 

本体左側です。USB-Cポートとヘッドフォンジャックになっています。

 

本体の質量は1015gとなっています。

 

充電器込みの重量は1205gとなっています。単体では190gです。

目次に戻る⇒

 

Matebook X 2020のメリット・魅力

とにかく軽いモバイルPC

Matebook X 2020は外観に金属を採用しながら本体が1kgの軽くてモバイル性に優れたスタイリッシュなパソコン。もちろん軽いだけでなく薄型なので、小さめのカバンでも収納しやすいメリットがあります。

 

情報量が多く取れるディスプレイ

Matebookシリーズはディスプレイに3:2のアスペクト比を採用することが多く、このMatebook X 2020もその一つになっています。しかも3Kディスプレイを採用しているため、縦長でインターネットや書類作成時に縦の情報量を取りやすい画面と言えます。

 

タッチパッドの感度がとても良い

Matebook X 2020ではタッチパッドに感圧タッチが使われています。押し心地が良いこともさることながら、大型なのでモバイル環境でも操作しやすいメリットがあります。

 

格納式カメラでセキュリティアップ

Matebook X 2020ではカメラはベゼルではなく、格納式となっており、キーボード内に収まっています。画角に好みが分かれるかも知れませんが、普段カメラを使わずにかつ物理的にオフにしておきたい人にはメリットが大きいと言えるでしょう。

目次に戻る⇒

 

Matebook X 2020のデメリット・欠点

コストパフォーマンスが低い

Matebook X2020は性能よりもオプション的な部分にコストが割かれている印象です(例えば、タッチパッドや3Kディスプレイ)。そのため、絶対的な性能から考えればコストパフォーマンスが低くなります。同じHUAWEIであれば、Ryzen7 4800Hを搭載したMatebook 14の方が安いにもかかわらず、本体性能は3倍ほどあります。また1kgという事にこだわるのであれば、Lenovo Yoga Slim 750i Carbonを選択する方が第11世代で新しいプロセッサの恩恵を受けることができます。

 

モバイル向けプロセッサの割に持続時間が短い

Matebook X 2020で個人的に最も弱点と思う点がバッテリーの持続時間です。モバイル重視で軽さを打ち出しているため、外で使うケースも多いと想定されますが、バッテリーの持続時間(公称値)は約11時間となっています。USB-PDが使えるため充電機器の持ち運びは苦になりにくいですが、

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Matebook X 2020
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Matebook X 2020

2020年に発売された軽量モバイルPC。1kgを切る軽さと3:2のアスペクト比でのディスプレイが魅力。ただ、2021年1月ではRyzen4000シリーズの性能が高すぎるために相対的に性能コスパが悪くなっている点がマイナス。性能よりも機能面で買うべきモデル。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 見た目がシンプル
  • 持ち運びでも使いやすい軽さ
  • 縦長のディスプレイで見やすい

 

Matebook X 2020がおすすめな人

HUAWEIスマートフォンを使い軽いPCが欲しい人

Matebook X 2020は同メーカーであるHUAWEIスマートフォンと連携して画像をシェアしたりディスプレイ内にスマホの画面を表示させることが可能です。そのため、HUAWEIのスマートフォンユーザーで軽いPCを探している人にとってはお勧めできます。

 

Matebook X 2020がおすすめではないタイプ

絶対性能ベースでのコストパフォーマンスを求める人

Matebookシリーズでは絶対性能ベースで見た時に非常に性能の高いMatebook 14の存在があります。Matebook 14は定価で5万円ほど安く、さらにベンチマークでのプロセッサ性能の単純比較で2.5倍ほどあるモデル。重さは約1.5kgとモバイル性の面ではデメリットがありますが、HUAWEIに限らず他メーカーで見ても高いコストパフォーマンスを誇るパソコンなので、時々持ち運びで基本的に固定された場所での作業が多いという人にはMatebook 14の方がおすすめです。

 

Matebook X 2020のカスタマイズ・モデルの選び方

Matebook X 2020はワンモデル展開のためカスタマイズは選べません。

 

Matebook X 2020の実機レビューまとめ

モバイル環境で3:2を使いたい人向け

結論

Matebook X 2020は全体の質感が高く、さらに軽量、扱いやすいタッチパッドなどモバイル性に優れたノートパソコンです。さらに3:2ディスプレイを採用しているため、インターネットサーフィン、書類作成時に情報を得やすい魅力的なモデルとも言えます。

ただ、プレミアムモデルに該当するためプロセッサの絶対的な性能から見ればコストパフォーマンスが下がる点には注意してください。

 

Matebook X 2020を安く買う方法

Matebook X 2020は公式サイトの他、通販サイト経由で購入することができます。各サイトを比較した上で最も安いサイトから購入すると良いでしょう。

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)