Surface Laptop Goの実機レビュー

Surface Laptop Goのレビュー概要

タッチパッドの優れた低価格Surface

Surface Laptop Goは同メーカーのクラムシェルPCの中で最も値段の安いモデルです。廉価モデルではあるものの、本体の質感が高く、またベンチマークの結果からわかるようにシングルスレッド性能が高いため動作は快適に使うことができます。

また、Officeソフトが標準で付属しているためPC本体価格に加えソフトウェアの価格を考えれば、むしろ一般PCよりもコストパフォーマンスが高いモデルになる特徴を持った一台。

自宅でライトに使う人で出来るだけ安く、質感の高いWindowsパソコンを求める人にはベストに近い選択肢です。

簡易スペック表

CPU Core i5-1035G7
RAM 4~8GB
ROM 64~256GB
(64GBはeMMC)
画面 12.4インチ
GPU UHD Graphics
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測) 1115g
Cinebench R20 1024pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Surface Laptop Go実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーから検証機をお借りして実機レビューしています。

 

Surface Laptop Goの特徴

ここではSurface Laptop Goの一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

クラムシェル系で最も手に入れやすい価格

Surface系のクラムシェルノートパソコンは10万円を超える価格が当たり前ですが、Surface Laptop Goは2020年に登場したシリーズの廉価版モデルになります。そのため10万円以下から手に入るモデルとなっています。

 

高い質感

価格帯は安いですが、Surfaceシリーズならではの高い質感が特徴。金属製の筐体が用いられており10万円以下で買えるモデルとは到底思えません。またメリットでも後述しますが、タッチパッドの性能が非常によく、モバイル時にマウスを使わない人の大きな助けになります。

 

持ち運びしやすいボディサイズ

Surface Laptop Goは廉価版という特徴の他に、シリーズよりも一回り小さい12インチクラスの液晶ディスプレイとなっています。その分ボディサイズがコンパクトになっており、持ち運びに向く特徴があります。

次に戻る⇒

 

Surface Laptop Goの価格とコストパフォーマンス

Surface Laptop Goのスペックからみてコストパフォーマンスは普通ですが、それ以上にボディの質感、タッチパッドの性能の観点から考えると十分コストパフォーマンスが高い部類に入ると考えます。ネットサーフィンをしたり、ビデオ視聴することを目的として、家で気軽に使うノートパソコンとしてはベストマッチするでしょう。

 

Surface Laptop Goのスペック

今回レビューしたSurface Laptop Goのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年10月13日
製品名 Surface Laptop Go
型式 記載なし
サイズ 361.8×245.7×18.7cm
重量(実測) 本体 1115g
電源アダプタ 215g
CPU Core i5-1035G1
GPU UHD Graphics
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB SSD
2nd 無し
ディスプレイ サイズ 12.4 インチ
解像度 1536×1024
形式 PixelSenseディスプレイ
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター ×
リヤカメラ 画素数 ×
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ 記載なし
公称値 最大13時間

※1 詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

Surface Laptop Goは12.4インチの小型PCで、本体は1.1kgと非常に軽く持ち運びしやすいことが特徴。また、廉価モデルでありながらWi-Fi6の最新規格にも対応しています。ディスプレイはコストダウンのためか、解像度が1536×1024となっており、一般PCよりも低めになっています。ただし、ディスプレイ自体が小さいこと、かつ色味に不自然さが無く美しいため気になりません。

目次に戻る⇒

 

Surface Laptop Goのベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1024pts、シングルコア408ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は2617pts、シングルコア1067ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCinebench R23の結果一覧をご覧ください。

 

PASSMARK

PASSMARKの測定値は以下の通りです。他機種との比較をしたい人はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードは2003MB/sとなっており高速です。

 

ベンチマーク時の熱について

ベンチマークを行うと背面が暖かくなる印象を受けました。表側はさほどですが、膝の上に載せて作業をする人は気になる可能性が高いです。

 

騒音テスト

ベンチマーク計測時でも音は比較的静かです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質
高品質
標準 4714 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質
標準
軽量品質 968 動作困難

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

Surface Laptop Goの通信環境(WI-Fi)のテスト

通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。どのエリアでも十分なPINGとダウンロード数値が出ており安定した結果が得られました。

1F

2F

目次に戻る⇒

 

Surface Laptop GoのUSB-C(PD)による充電テスト

Surface Laptop GoでUSB-PDによる充電テストを行いました。20Wの充電器では接続が不安定で充電がされたりされなかったりを繰り返す挙動となりました。30W以上で安定して充電できています。

USB-PDの出力 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Surface Laptop Goの外観

天板です。Surfaceらしい高い質感が特徴です。センターにはMicrosoftのマークがあります。

 

背面です。

 

開いた様子です。ベゼルは広めで、光沢液晶となっています。アスペクト比は縦に長い3:2です。

 

最大開き角は約135°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

本体上部ベゼルにはフロントカメラがあります。物理シャッターはありません。

 

キーボードです。クセのないキーボード配置となっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2つのキーを計測し割返して算出したところ、17.1mmとなりました。またキーストロークは1.3mmで浅めの設計です。

 

タッチパッドは100mmとなっています。

 

キーボードの電源ボタンは指紋認証を搭載しておりWindows Helloに対応しています。

 

本体右側にはSurfaceコネクタのインターフェイスがあります。

 

本体左側はUSB-A、USB-C、ヘッドフォンジャックを搭載しています。USB-CはPD充電に対応しています。

 

本体のみで質量を計測したところ1115gとなりました。

 

本体と充電器を合わせて計測したところ1330gとなりました。充電器単体では215gとなります。

目次に戻る⇒

 

Surface Laptop Goのメリット・魅力

価格以上の価値を感じる素晴らしいタッチパッド

SurfaceはMicrosoftが発売するノートパソコンの中でも値段帯が安いためそこに注目されがちですが、筆者から見て最も魅力に感じたのは価格にそぐわないほど高感度なタッチパッドです。サラサラとした質感でありながら、遅延のないタッチパッドは10万円以下で買えるノートパソコンとしては素晴らしい出来です。

 

低価格帯とは思えないほどの質感

どんなにハイブランドなパソコンであっても、低価格帯になると質感が下がることが当たり前ですが、Surface Laptop Goは全くそういったことはありません。むしろタッチパッドが快適なことを考えれば驚くばかりです。

 

薄型で持ち運びしやすい筐体

Surface Laptop Goは他のクラムシェルSurfaceよりもコンパクトサイズになっています。また2in1型のSurface GoやSurface Pro7などと異なり、自立できるため電車の中などで開いて、膝の上で打つことも可能です。

 

USB-PDに対応

Surface Laptop GoはUSB-PDに対応しているため、Androidスマートフォンと統一して使うことが可能です。持ち運びが多い人にとっては、手持ちの充電器を共通化することが可能になります。

 

OFFICEソフトが標準付属

Surface Laptop Goはネット販売されているノートパソコンとしては珍しくOFFICEソフトが標準付属しています。本来2万円強す流ソフトが含まれるため、実質的な価格から見るとさらにコストパフォーマンスがアップします。

目次に戻る⇒

 

Surface Laptop Goのデメリット・欠点

ディスプレイが小さい

モバイル性とはトレードオフになりますが、ディスプレイが小さくなっています。据え置きでメインで使う場合は、欠点と感じるかもしれません。場合によっては、外部出力モニターを用意しておくと良いでしょう。

 

映像出力系のポートがない

モバイル性の高いノートパソコンとしては残念ですが、USB-A、USB-Cのみで映像出力系のポートがありません。外部プレゼンを多く行う人は一緒にUSB-Cハブを持ち運ぶ必要性があります。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Surface Laptop Go
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Surface Laptop Go

価格が安いにも関わらず、本体の質感が高く、かつタッチパッドの性能が非常に優れている点に好感が持てました。マウスを使わないユーザーでも満足して操作できると感じます。また、Office Hone&Bussinessが標準付属するためソフトウェア込みの値段で考えれば非常にコストパフォーマンスが高い点も魅力です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • コンパクトで持ち運びしやすそう
  • 見た目がシンプルでかっこいい
  • キーボードが打ちやすい

 

Surface Laptop Goがおすすめな人

PCを初めて買うエントリーユーザー

Surface Laptop Goは廉価版のノートパソコンですが、ネットサーフィン、動画鑑賞程度ならPCスペックとしては十分な性能を持っています。絶対性能よりも見た目や質感を重要視する人におすすめです。しかもOfficeが搭載されているため、最低限のソフトウェアを搭載している点も魅力と言えます。

 

モバイル用のサブPCを探しているユーザー

Surface Laptop Goはタッチパッドの質感が高いためモバイル用のサブPCを探している人にぴったりです。マウスを都度繋ぐ必要がなくなるため、利便性が高いと言えます。

 

Surface Laptop Goがおすすめではないタイプ

大きくディスプレイを表示させたい人

Surface Laptop Goはコンパクトな筐体のため、大画面で表示させたい人にとってはデメリットが大きくなります。この場合、他のPCを選ぶか外部モニターを接続できる環境を検討しておくと良いでしょう。

 

Surface Laptop Goのカスタマイズ・モデルの選び方

Surface Laptop Goにはメモリ・CPU別にいくつかの種類がありますが、最もおすすめなのはCore i5、8GBモデルです。長期で利用することを前提に使うなら、最廉価の4GBは心許ないためワンランク上を選んでおくべきです。

公式サイトを見る

 

Surface Laptop Goの実機レビューまとめ

モバイルに最適なSuface

結論

Surfaceのクラムシェルで最廉価に位置するモデルですが、安くても本体質感に全く妥協がないことを考えると10万円で買えることに驚きのあるモデルです。

自宅でPCをライトに使う人にとって、ぜひ選んでほしいおすすめのモデルと言えます。

 

Surface Laptop Goを安く買う方法

Surface Laptop Goに限らず、Microsoftのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

Microsoft Surface(サーフェス)をクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

Microsoft製品はブランドイメージが強いため、割引があまりない印象を持っている人が多いかもしれません。しかし、実はブランドイメージとは裏腹に割引のキャンペーンを意外と多く行うメーカーです。セール ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)