Surface Laptop Go2の実機レビュー

Surface Laptop Go2のレビュー概要

軽量かつコスパに優れたSurface

Surface Laptop Go2は第11世代のCore i5プロセッサを搭載したコンパクトノートパソコン。

軽くて持ち運びしやすいだけでなく、価格がシリーズの中でも手頃で手に入れやすいモデルとなっています。

こんなタイプにマッチ

  • 大学生
  • 外出の多いビジネスパーソン

簡易スペック表

発売日 2022年6月7日
CPU Core i5-1135G7
RAM 4~8GB
ストレージ 128~256GB
画面サイズ 12.4インチ
GPU Iris Xe Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 搭載
重量 1135g
Cinebench R20 1511pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Surface Laptop Go2の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事では日本マイクロソフトより貸出頂き、検証テスト・レビューを行っています。また当サイトはマイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

Surface Laptop Go2の特徴

ここではSurface Laptop Go2の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

低価格だが高品質な筐体デザイン

Surface laptop Go2は10万円を切っている低価格なノートパソコンですが、上位モデルにも劣らない高品質な筐体デザインが特徴です。

 

3:2の縦長ディスプレイ

昨今のノートパソコンの中でも珍しい3:2インチのディスプレイを採用しています(縦長のモデルは他にもあるが16:10が一般的)。そのため、Wordなどの書類作成しやすい点やネットサーフィンしやすいメリットを備えます。

 

コンパクトで軽量

Surface laptop Go2は12.4インチと珍しいサイズ感でコンパクトになっています。重さも約1.1kgと軽量でUSB PDに対応しているため持ち出しに便利です。

 

豊富なカラーバリエーション

本モデルは4色展開しています。今回レビューしているカラーのように珍しいモデルも含んでおり、自分の好みに合うものを選択できます。

 

Surface Laptop Go2の価格とコストパフォーマンス

Surfaceシリーズとしては破格とも言える10万円以下から購入が可能になっています(2022年7月8日時点で96,580円から)。プロセッサは上位モデルには劣るものの、本体の質感やスピーカー性能、タッチパッドなどはあまり変わらない印象であり、パフォーマンスの高さが伺えます。

 

Surface Laptop Go2のスペック

今回レビューしたSurface Laptop Go2のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年6月7日
製品名 Surface Laptop Go2
型式 -
サイズ 206.2×278.2×15.7mm
重量(実測) 本体 1135g
電源アダプタ 210g
CPU Core i5-1135G7
GPU iris Xe Graphics
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 12.4インチ
解像度 1536×1024
アスペクト比 3:2
形式 公式記載なし
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 13.5時間時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Surface Laptop Go2のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1511pts、シングルコア505ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。本モデルはCore i5であることを考えるとR20のスコアが1511pts、そしてシングルが500ptsを超えていることが特徴的です。

廉価グレードという位置付けですが、一般用途で使うには十分すぎる暮らしのパフォーマンスがあると感じました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は3614pts、シングルコア1219ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は2000MB/sを超えており、トップクラスには及ばないものの十分な数値となっています。動作パフォーマンスに不満もありません。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 1754 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ファンの音が聞こえる
CPUテスト時 ファンの音はしっかりと聞こえる
GPUテスト時 ファンの音はしっかりと聞こえる

 

Surface Laptop Go2のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 94.4 % 97 %
Adobe RGB 70.0 % 71.9 %

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Surface Laptop Go2の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:670.26Mbps
ポイント②:358.12Mbps
ポイント③:652.47Mbps
ポイント④:560.34Mbps
ポイント⑤:375.94Mbps
ポイント⑥:189.45Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 670.26 438.87 14
ポイント② 358.12 217.87 14
ポイント③ 652.47 400.75 13
ポイント④ 560.34 348.33 13
ポイント⑤ 375.94 293.87 14
ポイント⑥ 189.45 79.94 13

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6に対応していることもあり、600Mbpsを超えるスピードが出ています。10万円未満から購入できるモデルとしては、十分すぎるほどのパフォーマンスと言えるでしょう。

 

Surface Laptop Go2のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。30W以下については低速充電表示が出るものの、充電が可能でした。45W以上は問題なく充電できています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Surface Laptop Go2の外観

今回レビューしたモデルはサンドストーンカラーです。サンドと聞くと茶色っぽいイメージを持つかもしれませんが、実際は落ち着いたピンクに近い色合いです。天板は金属製で中心にMicrosoftのマークがあります。

 

背面にはスリットはなく、フラット感があります。

 

開いた様子です。ベゼルは普通ですが、液晶側と一体化されているため狭く感じます(タブレットのイメージに近くなっています)。

 

キーボード全体です。クセのない配置になっています。

 

本体右側にはSurfaceコネクタ用のポートがあります。

 

本体左側にはUSB Type-Aポート、USB Type-C、3.5mmのヘッドフォンジャックを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、1135gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1345gとなりました。充電器単体では210gとなります。

 

Surface Laptop Go2のメリット・魅力

軽量で持ち運びしやすい

Surface Laptop Go2はシリーズの中で廉価版の位置付けのため当然性能は劣りますが、軽量性に関してはクラムシェルモデルの中で最も軽くなっています。サイズ自体も12インチクラスで持ち運びしやすいため、メインで持ち運ぶ人もサブPCとして使う人にもメリットがあります。

 

タッチパッドの質感が非常に良く操作性に優れる

本モデルでぜひ知ってほしいポイントの一つがタッチパッド。パソコンは値段が落ちるにつれて、タッチパッドのセンシング能力が落ちる傾向が顕著ですが、このモデルは上位モデルと変わらないレベルを実現しています。吸い付くようなタッチパッドのため、マウスがなくても十分使えます。

 

インターフェイスが豊富

Surface Laptop Go2はウルトラブックに類するものですが、USB Type-A、Type-Cをはじめインターフェイスが豊富です。そのためビジネスシーンでも使いやすくなっています。

 

Officeソフトが付属

本モデルで忘れてはいけないポイントがOfficeソフト。Surfaceシリーズは基本的にOfficeソフトが付属するため、購入前提なら他社に比べてかなり節約することができます。

 

Surface Laptop Go2のデメリット・欠点

ファン音が大きめ

実際に使っていて、普段の利用時、ベンチマークテスト時ともにファン音が大きく感じました。音に敏感な人は気をつけて下さい。

 

解像度が低め

一見液晶は綺麗ですが、一般的なノートパソコンと比較すると解像度が低めになっています。ただし、ディスプレイサイズが12インチクラスのため、ほとんどの人は気にならないと思います。また、解像度は低いですが色域は広めになっています。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Surface Laptop Go2
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

廉価モデルということで悪い点が気になるかもしれませんが、実際に蓋を開けてみるとそういった点はほぼなく、むしろ「この価格でこのレベルまで仕上げられるのか」と思うほど。Officeソフト付きで購入予定ならお財布に優しい点も魅力です。ただし、ファン音が大きめな点だけは注意しておいて下さい。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • ピンクのカラーが可愛い
  • 軽くて持ち運びしやすそう

 

Surface Laptop Go2がおすすめな人

新入学生

本モデルが一番ぴったりなのは新入学生です。小型で持ち運びしやすく、性能もそこそこながら、低価格。そしてOfficeソフトも付属しているため、レポート作成でも困りません。

 

外出先で使うユーザー

メリットや外観で繰り返し述べていますが、最も印象的だったのはタッチパッドです。10万円以下で買えるモデルでこれほど指に吸い付くようなタッチパッドは非常に珍しいです。外でもマウスを使わずに快適に作業できるでしょう。

 

Surface Laptop Go2がおすすめではないタイプ

パフォーマンスを求めるユーザー

Surface Laptop Go2はCore i5モデルのみとなっています。パフォーマンスを求める人には向きません。価格はアップしますが、その場合はSurface Laptop4をおすすめします。

Surface Laptop4(13.5インチ・2021年モデル)の実機レビュー

前モデルと比較してパフォーマンスが大きくアップしつつ、ほぼ価格据え置きでお得感がグッと増したモデル。Ryzen5 4680Uも選択できる点が嬉しい。2021年4月15日発売。

続きを見る

 

Surface Laptop Go2のカスタマイズ・モデルの選び方

Surface Laptop Go2はカスタマイズ幅がほとんどなく、プロセッサはCore i5固定でメモリが4か8GB、そしてストレージを選べるのみです。基本的に選ぶなら8GBの128GBモデルを選択し、それ以上のスペックがほしい場合はそもそもSurface Laptop 4を選択肢に入れる方が良いでしょう。

公式サイトを見る

 

Surface Laptop Go2の実機レビューまとめ

価格とデザインを両立したい人向け

結論

Surface Laptop Go2は優れた筐体デザインと価格、そして性能をバランスさせた機種です。PCにあまりお金はかけたくない、でも見た目にはこだわりたいという層でも満足できるモデルと言えるでしょう。

 

Surface Laptop Go2を安く買う方法

Surface Laptop Go2に限らず、Surfaceのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年8月】Microsoft Surface(サーフェス)をクーポン・キャンペーン・学割・セールで最大限安く買う方法・コツ

Microsoft製品はブランドイメージが強いため、割引があまりない印象を持っている人が多いかもしれません。しかし、実はブランドイメージとは裏腹に割引のキャンペーンを意外と多く行うメーカーです。セール ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト