Surface Laptop Studioの実機レビュー

Surface Laptop Studioのレビュー概要

フリップタイプの最上級Surface

Surface Laptop Studioは2022年から登場したSurfaceシリーズの中でもフラッグシップに当たる2in1ノートパソコンです。一般的なタブレット式や360°回転式ではなく、フリップすることでタブレットに変形できる機構を備えています。

Core Hシリーズプロセッサ、上位モデルではRTX3050 Laptopを搭載しつつ、Surface Slim Penをマグネットホールドできるような細かな配慮まで施された魅力的なモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • 一台で全てをこなしたい人
  • ペン入力をするデザイナー
  • 動画をよく見る人

簡易スペック表

発売日 2022年3月1日
CPU Core i5-11300H
Core i7-11370H
RAM 16~32GB
ストレージ 256GB~1TB
画面サイズ 14.4インチ
GPU Iris Xeグラフィックス
GeForce RTX3050 Laptop
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 1825g
Cinebench R20 2240pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年2月8日時点で税込209,880円から。現在の価格については、以下の公式サイトからご覧ください。

 

Surface Laptop Studioの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事では日本マイクロソフトより貸出頂き、検証テスト・レビューを行っています。また当サイトはマイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

Surface Laptop Studioの特徴

ここではSurface Laptop Studioの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Laptopシリーズのフラッグシップモデル

Surfaceにはいくつかブランドがある中でクラムシェルのLaptopシリーズのフラッグシップに当たるモデルです。MicrosoftのSurfaceはどれも高いクオリティを持つノートパソコンですが、本モデルもシリーズに違わず高い質感を誇ります。

 

外観の仕上がりだけでなく、本モデルの特殊機構であるフリップ機能においても手に取っただけでわかる剛性感を持っており、フラッグシップにふさわしい逸品です。

 

特殊なフリップ機構

概要でも書いた通り、Surface Laptop Studioはクラムシェルノートパソコンでありながら、フリップしてタブレットのように使える特殊な機能が備わっています。

 

GeForce RTX3050 Laptop搭載

本モデルはCore i5とCore i7モデルがありますが、上位ではRTX3050 Laptopが搭載されています。dGPUを搭載することで、グラフィックス性能が高められています。

 

背面にペンを収納可能

Surface Laptop Studioでは背面にペンが収納できるようになっています。マグネットでしっかりホールドされる上に、他のマグネットホールドと異なり、パソコンの側面から飛び出さない仕様になっています。

 

Surface Laptop Studioの価格とコストパフォーマンス

Surface Laptop StudioはCore i5、メモリ16GBで20万円台から。Surface Slim Pen等のアクセサリーは別売りとなります。本体だけならば、スペック、機構、そして他社のフラッグシップと比較して特別高いわけでは無印象です。

法人向けの場合はOFFICEが選択必須となっています。GeForce RTX搭載モデルはCore i7モデルからで27万円台からとなっています。

2022年2月8日時点で税込209,880円から。現在の価格については、以下の公式サイトからご覧ください。

 

Surface Laptop Studioのスペック

今回レビューしたSurface Laptop Studioのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年3月1日
製品名
型式 -
サイズ 228.32×323.28×18.94mm
重量(実測) 本体 1825g
電源アダプタ 380g
CPU Core i7-11370H
GPU GeForce RTX3050 Laptop
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14.4インチ
解像度 2400×1600
アスペクト比 3:2
形式 公式記載なし
リフレッシュレート 最大120Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 有り
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式掲載なし
公称値 最大18時間時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Surface Laptop Studioのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2240pts、シングルコア499ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。ベンチマークの結果、Hシリーズ搭載のノートパソコンとしては低めの結果となりました。

ただし、よっぽどパフォーマンスを必要とする場合を除けば、実用レベル以上の性能です。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は5624pts、シングルコア1286ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値が2130MB/sとなっており、ハイエンドノートパソコンとしては低めです(この価格帯では3000MB/sが多い)。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 4613 やや快適
高品質 6625 快適
軽量品質 8158 快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ほぼ無音
GPUテスト時 ファンが回る音がしっかりと聞こえる

 

Surface Laptop Studioのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGBカバー率は99.9%、AdobeRGBのカバー率も80.1%と高く、クリエイター向けとして十分使えるノートパソコンになっています。

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

 

Surface Laptop Studioの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:563.77Mbps
ポイント②:483.07Mbps
ポイント③:618.59Mbps
ポイント④:453.52Mbps
ポイント⑤:430.87Mbps
ポイント⑥:186.37Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 563.77 320.79 7
ポイント② 483.07 279.39 9
ポイント③ 618.59 370.24 6
ポイント④ 453.52 309.77 7
ポイント⑤ 430.87 219.78 7
ポイント⑥ 186.37 169.2 8

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6に対応していることもあり、最大で500Mbps以上の十分以上の通信速度が得られています。PING値も低めのため、ストレスに感じることはないでしょう。

 

Surface Laptop StudioのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。GeForce RTX3050 Laptopは純正でも高いW数のアダプタが用意されていることもあってか、ほとんどのコネクタで低速充電表示になる結果が得られました。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Surface Laptop Studioの外観

天板はシンプルなシルバーとなっており、Windosの刻印が施されています。フリップできるため、真ん中に切り込みが入っていますが精密に設計されているためかそこまで目立ちません。

 

背面は穴のないシンプルな構造です。パームレスト側に段が付いており、Surface Slim Penをマグネットで収納することができます。

 

開いた様子です。一般的なパソコンと比較すると、角が丸っこい印象を受けるデザインになっています。ベゼル上部には1080pのフロントカメラとWindows Hello用のIRカメラが内蔵されています。

 

最大開き角は140°です。

 

クラムシェルでは180°まで倒せませんが、フリップを活用することでほぼ平面形状としてつかうことができます。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。これまでのモデル同様にキーボードは薄いグレーになっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.72mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.3mmとなっています。ラップトップモデルのためキーは剛性感が高く、しっかりとしています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、120mmとなりました。タッチパッドは感圧タッチとなっており、クセになるクリック感です。

 

本体右側にはSurfaceコネクタ、ヘッドフォンジャックがあります。

 

本体左側にはThunderbolt 4コネクタを2つ搭載しています。

 

本体の重量を測定したところ、1825gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2205gとなりました。充電器単体では380gとなります。

 

電源ポートにはUSB Type-Aポートが搭載されています。

 

Surface Laptop Studioのメリット・魅力

フラッグシップに相応しい高い品質のモデル

Surface laptop Studioは細部までこだわりを感じる高品質なモデル。本体を開けた瞬間から、所有欲に満たされるほどの高い質感を誇ります。さらに触っていても、合わせ面のチリやエッジの仕上がりなどどこを取っても美しく、魅力的なデザインです。

 

ラップトップなのにペンがちゃんと使える

クラムシェル型モデルはタッチパネルで純正スタイラスペンに対応していても、本体角度の都合上、フルにその機能を使いこなすことは難しいですが、このモデルは特殊なフリップ機能による擬似タブレット化でき、Surface Slim Penを存分に使うことができます。

また本体の下部にマグネット吸着して保管できるため、収納面でもスマートな仕上がりになっています。

 

Surfaceらしい高い品質のスピーカー

Windowsのノートパソコンのほとんどはスピーカーのパフォーマンスがイマイチなことが多いですが、Surfaceはどのモデルもスピーカー音質に優れています。本モデルはフラッグシップモデルということもあり、特に優れてい流と感じました。

 

RTX3050搭載で幅広く使えるパフォーマンス

今回レビューしたCore i7モデル以上では、GeForce RTX3050 LaptopがdGPUとして搭載されています。色域の広いPixel senseディスプレイと合わせてグラフィック系もノートパソコンとして十分使えるでしょう。

 

Surface Laptop Studioのデメリット・欠点

本体価格はスペックから考えると高め

本モデルはintel Core HシリーズとRTX3050 Laptopの組み合わせなので、同じようなスペックのモデルと比べるとプロセッサのコストパフォーマンスは低めです。

ただし、120Hzリフレッシュレート、スタイラスペンが使いやすい2in1である、色域の広いモニター、高い品質の本体などを考えておく方がよさそうです。

 

USB Type-Cポートは左のみ

筆者が使った中で最も不便に感じたのはUSB Type-Cのポートが左にしか無いこと。充電やディスプレイの拡張でどうしても配置に制限が生まれてしまいます。Surfaceコネクタを利用したDockを使えば話は別ですが、価格がかなり高い点がデメリットです。

 

ペンなどのアクセサリーは別売り

Surface Slim Penは別売りとなっています。他のSurface製品と使い回しができるとはいえ、価格がそれなりにするので注意しておきましょう。

 

エッジが丸い点をどう評価するか

Surface Laptop Studioは昨今のノートパソコンの中ではかなりエッジが丸くなっていると感じました。トレンド的にスタイリッシュなPCほどエッジが立っているイメージなので、好みが分かれそうなポイントです。

 

SSDの読み込みが値段の割に遅め

あまり問題にはならないとは思いますが、ストレージの読み込み速度が2000MB/sとハイエンドノートパソコンと比較すると遅めになっています(20万円以上のモデルでは3000MB/s程度であることが多い)。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

Surface Laptop Studio
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

フラッフシップだけあり、高い仕上がりのノートパソコン。スペックに対してベンチマークデータがイマイチなことが少し気掛かりですが、パフォーマンス最優先ならこのパソコンは選ばないと思います。それよりも、音響が良いことやタッチパッドが感圧式になっているなど五感で感じる部分の質感が高い点が個人的には高評価です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 見た目がかっこいい
  • 本体が重い

 

Surface Laptop Studioがおすすめな人

クラムシェル型でペン入力したい人

Surface Laptop Studioは外観のところでも示した通り、クラムシェルとしてだけでなく、変形してタブレットとしても使える特殊なモデル。Surface Proにはなかったキーボードの剛性とペン入力を両立でき、両方の作業を妥協したく無い人におすすめです。

 

モバイルで画像・動画編集したい人

Core i7モデル以上ではGeForce RTX3050 Laptopが搭載されつつ、バッテリーの公称値は18時間となっています。超高性能とまではいきませんが、Core HシリーズのプロセッサとGeForce RTX3050 Laptopのパワーで画像・動画編集をこなすことが可能です。

 

パソコンで動画鑑賞する人

Surface laptop Studioで動画鑑賞をする場合、2つのメリットがあります。一つはキーボードを隠す形で見ることができ集中できること。

そしてもう一点がスピーカー音質が良いことです。特に後者のスピーカー音質は一度慣れてしまうと他のパソコンに戻りたくなくなるほど。自宅にテレビを置かず、YouTubeやVODをよく見る人に良いでしょう。

 

Surface Laptop Studioがおすすめではないタイプ

コスパを求める人

本モデルは良くも悪くも、スペック以外の部分にもコストがかかっているモデルです。そのためスペック中心に考える人やクラムシェルとして外部ディスプレイに繋いで使うことを前提にする人にはお勧めできません。

 

持ち運びが多い人

14.4インチと大柄なこともありますが、本体重量が約1.8kgと15.6インチモデルと比べても重めになっています。そのため、持ち運びを前提にするなら厳しいでしょう。

 

Surface Laptop Studioのカスタマイズ・モデルの選び方

Surface Laptop Studioで気をつけなければならない最大のポイントはCore i5は内蔵グラフィックス、Core i7はdGPU搭載モデルであることです。本モデルを購入する人はパフォーマンスを求める人も多いと思うので注意しておいて下さい。

また、個人向けと法人向けではOfficeソフトの取り扱いが異なり、法人向けはOfficeソフトの追加が必須になる点にも気を付けておきましょう。

公式サイトを見る

 

Surface Laptop Studioの実機レビューまとめ

最高峰に相応しいノートPC

結論

値段が高い分、細かい部分でデメリットをいくつか挙げていますが、それを差し引いてもSurface Laptop Studioはフラッフシップの魅力のあるモデル。スペックだけでなく、超高級2in1ノートパソコンを所有する喜びを感じたいならぜひこのモデルをおすすめします。

2022年2月8日時点で税込209,880円から。現在の価格については、以下の公式サイトからご覧ください。

 

Surface Laptop Studioを安く買う方法

Surface Laptop Studioに限らず、Microsoftのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年5月】Microsoft Surface(サーフェス)をクーポン・キャンペーン・学割・セールで最大限安く買う方法・コツ

Microsoft製品はブランドイメージが強いため、割引があまりない印象を持っている人が多いかもしれません。しかし、実はブランドイメージとは裏腹に割引のキャンペーンを意外と多く行うメーカーです。セール ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト