TUF DASH F15 FX516PRの実機レビュー

TUF DASH F15のレビュー概要

RTX30シリーズ搭載のゲーミングノート

2021年に登場した第11世代 intel core HプロセッサとRTX30シリーズを搭載したゲーミングノートパソコンのTUFシリーズです。名前の通り、タフさをアピールしつつ、性能面も強化されたモデル。

ゲーミングPCは性能の高さから、本体が重くなったり、USB-PDが使えずモバイル性が損なわれる問題がありますが、本PCはその両方をカバーし、高性能なゲーミングでありながら持ち出しも可能になっているモデルです。

簡易スペック表

CPU Core i7-11370H
RAM 16GB
ROM 512GB~1TB SSD
画面 15.6インチ
GPU GeForce RTX3070
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測) 2055 g
Cinebench R20 2735  pts

※詳細スペックはこちら
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

TUF DASH F15実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーから検証機をお借りして実機レビューしています。

 

TUF DASH F15の特徴

ここではTUF DASH F15の一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

RTX30シリーズ搭載のゲーミングノート

TUF DASHはRTX30シリーズを搭載したゲーミングノートパソコンで、前モデルから比較して更なるグラフィック性能がアップしていることが特徴の一台です。

 

240Hzのハイリフレッシュレートディスプレイ

TUF DASH F15では240Hzのリフレッシュレートを誇る画面を搭載しています。この価格帯ではより高性能な200Hz台のリフレッシュレートが出ていることは魅力です。またメリットで後述しますが、ベゼル幅が意外と狭いことも魅力の一つと言えます。

 

ゲーミングノートとしてはシンプルなボディ

ゲーミングノートは高性能になるほどエッジを効かせて光ったり、ファンなどをアピールしたモデルが多いですが、TUF DASH F15は外見にTUFという文字があるものの非常にシンプルなボディになっています。天板から側面への流れが全て直角になっており、天板のTUFという文字がなければビジネスでも通じそうな外観になっています。

次に戻る⇒

 

TUF DASH F15の価格とコストパフォーマンス

RTXゲーミングノートとしては、価格はそれなりで一般的な価格帯ですが、RTX30シリーズが高騰していることや、240Hzのディスプレイを搭載していることを考えればコストパフォーマンスは高いと言えます。またASUSは新製品でもキャンペーンを行うケースが多いので合わせて活用すればより安く手に入れることが可能と言えるでしょう。

 

TUF DASH F15のスペック

今回レビューしたTUF DASH F15のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発表日 2021年1月27日
製品名 TUF DASH F15
型式
サイズ 365.5×254×24.5mm
重量(実測) 本体 2055 g
電源アダプタ 595 g
CPU Core i7-11370H
GPU RTX 3070
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6 インチ
解像度 1920×1080
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 240Hz
生体認証 指紋
顔認証 ×
フロントカメラ 画素数 無し
物理シャッター
リヤカメラ 画素数
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 無し
バッテリー サイズ
公称値 記載なし

※1 詳細仕様はこちら

 

スペックの解説

今回検証したモデルでは、Core i7-11370GHにRTX3060モデルを検証しています。この組み合わせだと重くなることは往々にしてありますが、実測で2055gとかなり軽く仕上がっています。また、スペック表には記載していませんが、USB-PD充電器が利用可能となっています。

目次に戻る⇒

 

TUF DASH F15のベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2735pts、シングルコア585ptsという結果になりました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は6829pts、シングルコア1522ptsという結果になりました。

 

PASSMARK

PASSMARKの測定値は以下の通りです。他機種との比較をしたい人はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードが3500MB/s以上も出ており高速な読み込みが可能です。

 

VRmark

VRmarkのオレンジルームでテストを行いました。スコアは8796となりました。

 

VRmarkのブルールームでテストを行いました。スコアは2469となりました。

 

騒音テスト

ベンチマーク時および動画編集書き出し時にはかなり騒音が大きい印象を受けました。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 12606 非常に快適
高品質 14018 非常に快適
標準 14839 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 6243 快適
標準 8113 快適
軽量品質 10179 とても快適

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。

 

TUF DASH F15の通信環境(WI-Fi)のテスト

TUF DASH F15通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。全エリアで非常に快適な速度が得られる結果となりました。データはクリックで拡大できます。

1F

2F

目次に戻る⇒

 

TUF DASH F15のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDによる充電テストを行いました。以下で〇にしているものは電力供給ができているものの、GPU、CPUへの負荷が高いものについてプログラムを終了するように促されます。20Wは低速の充電ケーブルの表示が出ました。

USB-PDの出力 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133

 

TUF DASH F15の外観

天板です。TUFの文字と右上にロゴマークがあります。指紋が付きやすい天板です。

 

背面です。スリットが多く施されており排熱重視の仕様になっています。

 

開いた様子です。ベゼルが狭く好印象です。なおフロントカメラはありません。

 

最大開き角は約130°です。クラムシェルPCとしてはあまり倒れない構造になっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボードの全体像です。WASDのキーのみカラーが異なります。また英字キーボードベースで、エンターや右側シフトキーが変則となっています。

 

キーボードバックライトはカラーを選択できます。なお光り方もASUSの専用コンパネから変更できます。

 

2つのキーボードをミツトヨのデジタルノギスで計測し割返してキーピッチを計測したところ、17.7mm、キーストロークは1.7mmとなりました。

 

タッチパッドです。幅は105mmと15インチノートにしては小さめです。触り心地がよく使い勝手の良いパネルです。

 

本体左側です。電源コネクタ、有線LAN、フルサイズHDMI、USB-A、USB-C、ヘッドフォンジャックが搭載されています。

 

本体右側です。ケンジントンロック、排熱ファン、USB-A×2が搭載されています。

 

背面は通気口のみです。

 

本体質量は2055gとなっています。

 

充電器込みでの質量は2560gとなりました。なお単体での質量は495gです

目次に戻る⇒

 

TUF DASH F15のメリット・魅力

RTX30シリーズを搭載した高性能さ

RTXシリーズは20シリーズから大幅に性能が向上したことが取り沙汰されていますが、TUF DASH F15でももちろんそれは当てはまります。20シリーズと比べると別物なので、似た価格帯で悩むならRTX30シリーズを選ぶ方が良いでしょう。

 

一見してゲーミングっぽくない筐体

TUF DASH F15は一見してゲーミングっぽくないことも魅力の一つです。ビジネスユース、というところまでは厳しいですが外で使っても一般的なゲーミングPCのような物々しさがない点が魅力と言えます。

 

高リフレッシュレートの割に狭ベゼル

一般的にこうリフレッシュレートディスプレイを搭載する場合、高性能になる分ベゼル幅が大きくなる傾向がありますがTUF DASH F15の場合は比較的狭ベゼルな構成になっています。見た目の良さに直結する部分なので、ベゼルは狭い方が嬉しいです。

 

dGPUをオフにできる

ゲーミングノートを外で使えない一つのデメリットにdGPUによる電力消費の増大がありますが、TUF DASH F15では専用のパネルから簡単にオフすることができます。これにより、CPUプロセッサと内臓グラフィックスだけで運用する切り替えが容易になります。

 

高出力だがUSB-PD対応

TUF DASH F15で最も大きな魅力と言えるかもしれないUSB-PD対応。本来大きな充電器が必要になることが多いゲーミングノートパソコンをUSB-PDで充電することができます。しかも、dGPUをオフにすることもできるため、より効率的にUSB-PDを活かすことができます。

目次に戻る⇒

 

TUF DASH F15のデメリット・欠点

最新モデルの割にプロセッサのベンチマークは低め

TUF DASH F15では最新モデルであるintel core i7-11370Hを使っていますが、Cinebench R20のベンチマークの結果は3000ptsに届きません。Ryzen4000シリーズのモバイルプロセッサでは4000ptsを超えるものも多いため、CPUベンチマークだけで考えればコストパフォーマンスは低くなります。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

TUF DASH F15 FX516PR
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on TUF DASH F15 FX516PR

Core i7 HシリーズとRTX3070の組合せで高性能な上、約2kgでシンプルな直方体ボディのモバイル性も兼ね備える一台。なんとPDにも対応している(充電時フル性能の発揮は難しいが)ため、用途が合う人は多いはず。ちょっとファンがうるさめだが性能を考えるとしょうがない。一台でこなせる万能選手的存在。コスパも高め。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • ゲーミングの割におとなしい見た目
  • キーボードの一部が変わっている点が気になる

 

TUF DASH F15がおすすめな人

RTX30シリーズのゲーミングPCが欲しい人

RTX30シリーズのゲーミングパソコンが欲しい人にはおすすめです。ASUSのノートパソコン全体に言えることですが、ゲーミングパソコンが割安です。このTUF DASH F15はRTX30シリーズを搭載しつつ、その性能を活かせる240Hzリフレッシュレートを搭載しているので非常に魅力的です。

 

持ち運びできるゲーミングPCが欲しい人

TUF DASH F15ではメリットにも書いた通り、dGPUをオフできる機能があり、かつUSB-PDを用いて充電することができます。本体重量も2kgとなっており、十分持ち運びできる重さとなっています。

 

Thunderbolt4でハブ的に全てを接続したい人

2021年1月時点でThunderbolt4自体の優位性はまだ少ないですが、Thunderbolt3のようにハブに接続することで、デスクトップの作業環境をケーブル一本で整えることができます。TUF DASH F15をモバイルで使い、家に帰ってきたらThunderbolt4に接続して擬似デスクトップとして使う、という環境を構築することも可能です。

 

TUF DASH F15がおすすめではないタイプ

ファンの静かなPCが欲しい人

TUF DASH F15は残念ながら、ファンの排気音がかなり大きなモデルです。そのため負荷のかかるソフトウェアを回すときにはかなり気になります。自宅ならまだしも、外ではプロセッサをフルに使う作業は躊躇する恐れがあります。

 

TUF DASH F15のカスタマイズ・モデルの選び方

TUF DASH F15のカスタマイズポイントはカラーとディスプレイのリフレッシュレートです。リフレッシュレートが144Hzと240Hzがありますが、それぞれに価格差があるのでプレイするゲームと性能から考えて選ぶと良いでしょう。

 

TUF DASH F15の実機レビューまとめ

高性能でモバイル性もあるゲーミングPC

結論

TUF DASH F15は高性能でありながら、モバイル性も併せ持ったゲーミングノートパソコンです。しかも、中途半端にならずどちらも妥協がありません。

dGPUをオフできる機能やUSB-PDを併用することで、自分のライフスタイルに合わせながら、どこでもハイパフォーマンスを発揮できるモデルになっていると言えるでしょう。

 

TUF DASH F15を安く買う方法

TUF DASH F15を含むASUSのパソコンを安く買う方法については以下の記事で詳しくまとめているため購入前に必ず参考にしてください。

ASUSの限定クーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

ASUS(エイスース)のパソコンは他社と比べて、コスパが高くなっています。性能と安さを兼ね備えたモデルを多く出しているため、「現行が安い」+「型落ちモデルも安い」とユーザーの買い手市場になっています。 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)