VAIO SX12 2022年モデルの実機レビュー

VAIO SX12のレビュー概要

12インチの超軽量ノートPC

VAIO SX12は第12世代intelプロセッサを搭載し、正統進化した超軽量ノートパソコン。Pシリーズを搭載しており、前モデルと比較して大きくパフォーマンスアップしています。

前モデル同様にモバイル通信に対応し、機動性が高い点も見逃せない一台です。

こんなタイプにマッチ

  • 持ち運びが多い人
  • LTE通信が必要な人
  • インターフェイスがほしい人

簡易スペック表

発売日 2022年7月1日
CPU Celeron 7305
Core i3-1215U
Core i5-1240P
Core i7-1260P
RAM 8~16GB
ストレージ 128GB~2TB
画面サイズ 12.5インチ
GPU Iris Xe Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 LTE通信対応
MSオフィス 選択可
重量 915g
Cinebench R20 3892pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年9月27日時点で167,800円(税込)です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

VAIO SX12の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

VAIO SX12の特徴

ここではVAIO SX12の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

超軽量なボディ

VAIO SX12は12.5インチの小回りの良さに加えて、900g台の超軽量なボディとなっています。アクセサリーの電源アダプターも小型化されており、国内で販売されているモデルの中でも特に持ち運び性に優れたパソコンとなっています。

 

幅広なキーボード

VAIO SX12はコンパクトな筐体でありながら、14インチクラスの幅広いキーボードを備えており、生産性を落とさない工夫が施されています。

 

LTEオプション選択可能

過去モデル同様にモバイル通信オプションを選択でき、LTE通信対応させることが可能です。

 

上質なデザイン

本モデルで忘れてはいけないポイントがフラッグシップならではの高級なデザイン。特にアーバンブロンズモデルは他のノートパソコンではあまりみないカラーリングで上質さを感じます。

また、さらに上質な質感を求める人にはALL BLACK EDITIONの存在があることも見逃せません。

 

VAIO SX12の価格とコストパフォーマンス

VAIO SX12はフラッグシップモデルということもあり、価格帯は高めです。ただ、それに見合うだけのクオリティを備えたモデルと言えるでしょう。

2022年9月27日時点で167,800円(税込)です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

VAIO SX12のスペック

今回レビューしたVAIO SX12のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年7月1日
製品名 VAIO SX12
型式 VJS125
サイズ 205×287.8×15~17.9mm
重量(実測) 本体 915g
電源アダプタ 165g
CPU Core i7-1260P
GPU Iris Xe Graphics
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 12.5インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 公式記載なし
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 207万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 24.8~26.0時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

VAIO SX12のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3892pts、シングルコア610ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。第12世代のPシリーズを搭載していることもあり、デスクトップPCにも劣らない非常に高いパフォーマンスとなっています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7599pts、シングルコア1672ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READが6000MB/sを超えており、最高クラスのパフォーマンスとなっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2602 やや重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音が大きい
GPUテスト時 ファン音が大きい

 

VAIO SX12のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 98.8% 100.8%
Adobe RGB 74% 74.7%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

VAIO SX12の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:584.24Mbps
ポイント②:567.35Mbps
ポイント③:622.67Mbps
ポイント④:560.46Mbps
ポイント⑤:432.28Mbps
ポイント⑥:286.27Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 584.24 534.59 15
ポイント② 567.35 504.04 14
ポイント③ 622.67 551.27 14
ポイント④ 560.46 511.86 14
ポイント⑤ 432.28 312.99 14
ポイント⑥ 286.27 205.38 15

 

通信スピードテストの評価

W-Fi6が搭載されていることもあり、全エリアで高い通信速度の結果が得られています。

 

VAIO SX12のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。テストした中では全てで通常充電できる結果となりました。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

VAIO SX12の外観

今回レビューしたカラーはアーバンブロンズです。VAIO SX12の中でも特徴的なカラーリングで、高級感あふれるカラーです。

 

背面はブラックになっています。側面側に排気口が集約されているため、スリットはありません。スピーカーはパームレスト側にあります。音質は並より少し良い程度です。低音は弱めですが、テレワークなどを考慮すれば逆に聞きやすいのでメリットとも言えそうです。

 

開いた様子です。左右ベゼルは細めですが、上部ベゼルは太めです。下部にもベゼルはありますが、チルトアップする構造のため、ほとんど目立ちません。

 

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。国産メーカーということもあり、クセのない配置になっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.07mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.5mmとなっています。12インチでありながら、サイドギリギリまで詰めているため14インチとほぼ同等のキー配列になっていて打ちやすくなっています。キーは剛性が高く、打鍵音が静かな点も魅力と言えます。

 

タッチパッド幅を計測したところ、80mmとなりました。過去のVAIO SX12と同様に小さめのタッチパッドです。しかし前モデルと比較してタッチパッドの滑らかさが増している感覚でタッチパッドだけでも使いやすくなっています。

 

本体右側にはUSB Type-C、フルサイズイーサネットコネクタ、フルサイズHDMI、USB Type-C、USB Type-Aが搭載されています。

 

本体左側にはセキュリティロック、排気口、USB Type-A端子を備えます。

 

本体の重量を測定したところ、915gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1080gとなりました。充電器単体では165gとなります。

 

VAIO SX12のメリット・魅力

抜群の持ち運び性

過去モデル同様にVAIO SX12は抜群の持ち運び性を備えています。特に昔のモデルと比べるとアダプターがコンセント一体型になっているなどの改良点もあり、持ち運ぶ際の負担が減っています。

 

タイピングしやすいキーボード

コンパクトPCはどうしてもキーボードの入力性が犠牲になることが多いですが、本モデルはタイピングしやすく非常に使いやすいです。入力時にほとんど音が鳴らないので場所を選ばない点もメリットの一つと言えるでしょう。

 

改善されたスピーカー

過去モデルではスピーカー性能が低い(低音が出ない)印象がありましたが、本モデルではかなり改善されていると感じました。本格的に楽しむならスピーカーは必須ですが、軽く音楽を聴いたり、動画を見る程度なら十分と感じます。

 

タッチパッドも操作しやすく

タッチパッドも過去モデルと比べて改善が感じられ、よりスムーズな動作感になっています。

 

VAIO SX12のデメリット・欠点

高負荷でのファン音が大きい

過去モデルでも起きていた現象ですが、高い負荷をかけた時のファン音はかなり大きめです。また本体左側の排気口も熱くなる傾向があるので注意して下さい。

 

タッチパッドが小さい

VAIO SX12と上位の14インチどちらにも言えることですが、タッチパッドが小さい点が気になります。画面を端から端まで使う人は外出先でもマウスの利用を前提とする方がよさそうです。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

VAIO SX12
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

過去モデルからの正統進化が魅力的なモデル。900g台で持ち運びに便利、かつLTE通信も使えるのでどこでも作業ができます。高負荷がかかった時にファン音が大きくなること、熱を持つことだけが注意点。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

VAIO SX12がおすすめな人

持ち運びが多いユーザー

VAIO SX12は軽量性、コンパクトさという点にエッジを効かせているので、持ち運びが多い人にピッタリなノートパソコンです。モバイル通信搭載モデルを選択すれば、ちょっとした隙間時間でパソコンを開いて使うこともできて便利です。

 

VAIO SX12がおすすめではないタイプ

高負荷な作業をするユーザー

デメリットのところでも書いた通り、高い負荷をかけるとファン音が大きくなり、熱を持つ傾向があるため注意が必要です。

 

VAIO SX12のカスタマイズ・モデルの選び方

VAIO SX12はカスタマイズの幅広いモデルです。筆者の考えとしては、Core i5モデル以上を選択することをおすすめします。

SSDは通常タイプとハイスピードタイプがありますが、通常タイプでも十分速度が出るので予算が許せば追加すれば良いでしょう。カラーもタイプによって追加オプションが発生しますが、これらは自分の好みで変更して良いでしょう。

通常モデルの他に高級なALL BLACK EDITIONもあるので、予算に余裕のある方はそちらも見ておきましょう。

公式サイトを見る

 

VAIO SX12の実機レビューまとめ

持ち運びが多いならぜひおすすめ

結論

フラッグシップのため価格はそれなりにしますが、それに応じた分だけの十分な魅力を持つノートパソコンです。

特に持ち運びが多い人にはぜひ一度家電量販店などでその軽さを体感してほしいモデルと言えるでしょう。

また通常モデルの他によりプレミアムなALL Black Editionもあるのでそちらもぜひ見てください。

2022年9月27日時点で167,800円(税込)です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

VAIO SX12を安く買う方法

VAIO SX12に限らず、VAIOのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年版】VAIO(バイオ)公式のセール・クーポンとキャンペーンで最大限安く買う方法・コツ

VAIOは2014年にSONYから独立し、現在はVAIO株式会社が製造を行っています。そのため公式オンラインショップとしてはVAIO直営の「VAIOストア」があり、さらにSONYの運営する「ソニースト ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト