mouse X5-R7(2021年モデル)の実機レビュー

mouse X5-R7(2021年モデル)のレビュー概要

15インチの中で超魅力的なモデル

mouse X5-R7はRyzen7 4800Hを搭載し、デスクトップ級のハイパフォーマンスを誇りながら価格は税込12万円から買える超リーズナブルなモデルです。

一般用途向けで考えるとオーバースペック感は否めませんが、逆に言えばこのノートパソコンを買っておけば数年先まで心配なく使えるということ。スペックが高いPCでありながら、本体は15インチの割に軽く、しかも薄いので持ち運びが楽。

しかもUSB-PDに対応しているため、充電器を兼用できるメリットもあります。初心者から玄人の人まで幅広く満足できる一台と言え、15インチの中では特におすすめしたいモデルです。

簡易スペック表

発売日 2021年2月4日
CPU Ryzen7 4800H
RAM 16~64GB
ストレージ 512GB~2TB
画面サイズ 15.6インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1470g
Cinebench R20 4201pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

X5-R7は2021年5月21日時点で税込み価格120,780円から。現在の価格および納期については公式サイトからご確認ください。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の特徴

ここではmouse X5-R7の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

リーズナブルで超高性能

X5-R7は税込12万円台でありながら、非常にハイパフォーマンスなRyzen7 4800Hプロセッサを搭載しています。

 

ベンチマーク結果でも後述しますが、Ryzen7 4800Hはデスクトップ級PCのパフォーマンスを誇るプロセッサとなっており、作業を快適に行うことができます。

 

薄型の本体

X5-R7は15インチの大柄なボディを採用しつつ、本体が薄くコンパクトな仕上がりになっています。大柄PCとしては持ち運びも楽。

 

またベゼル幅が狭く、安っぽさが見えない点も大きな魅力と言えるでしょう。

 

充実したインターフェイス

X5-R7では充実したインターフェイスを持っており、フルサイズHDMIやイーサネットコネクタを持っています。プレゼンで使うことが多い人や事務所でイーサネットコネクタに接続してネットを使う人にとって便利な特徴と言えます。

 

前モデルとの違い

前モデルではデザインはほぼ変わらず、プロセッサとしてRyzen3000プロセッサを搭載していました。今回、Ryzen4000シリーズプロセッサを搭載したことでより強力な性能を手に入れつつ、ほぼ変わらない価格となっており、まさに正当進化と言えます。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の価格とコストパフォーマンス

X5-R7のコストパフォーマンスは非常に高く、12万円台でRyzen Hシリーズプロセッサ搭載、かつコンパクトな15インチは他にあまりありません。さらにインターフェイスが一通り揃っているため、追加でハブなどをほとんど買う必要がない点も価格メリットの一つと言えます。

X5-R7は2021年5月21日時点で税込み価格120,780円から。現在の価格および納期については公式サイトからご確認ください。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)のスペック

今回レビューしたmouse X5-R7のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年2月4日
製品名 mouse X5-R7
型式
サイズ 356×233×17.9mm
重量(実測) 本体 1470g
電源アダプタ 500g
CPU Ryzen7 4800H
GPU AMD Radeon グラフィックス
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 512GB
2nd
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080インチ
形式 記載なし
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 有り
フロントカメラ 画素数 100万画素
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 記載なし
公称値 18.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4201pts、シングルコア481ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は10504pts、シングルコア1256ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
標準品質 3794 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
軽量品質 1888 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:539.84Mbps
ポイント②:364.38Mbps
ポイント③:559.98Mbps
ポイント④:571.74Mbps
ポイント⑤:508.56Mbps
ポイント⑥:150.02Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 539.84 391.88 11
ポイント② 364.38 207.73 11
ポイント③ 559.98 331.19 8
ポイント④ 571.74 251.15 9
ポイント⑤ 508.56 264.59 9
ポイント⑥ 150.02 55.81 10

 

通信スピードテストの評価

通信テストの結果どの部屋でも十分な結果が得られています。特に最長距離に当たる点でもPINGの低下が見られないため安心して使えるポイントと言えるでしょう。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。USB-PDを用いたテストを実施したところ、20WとLGのディスプレイを使っての充電はできませんでした。またLGのディスプレイで映像出力も出来ていません。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7
LG 29UM69G-B × LG 29UM69G-B

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の外観

天板は赤色でセンターにマウスのロゴがあります。

 

背面はパンチングタイプの通気口になっています。またスピーカーは下部にあります。

 

開いた様子です。ベゼルが狭くモダンな仕上がりです。ディスプレイの色は自然で見やすいです。

 

最大開き角はおおよそ140°となっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラはディスプレイ上部搭載されています。

 

キーボードはテンキーレスタイプです。キー配置にクセはありませんが、エンターキーより右側にHOMEをはじめとしたボタンが配置されているタイプです。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、1.4mmとなりました。また、シンワのデップスゲージでキーストローを測定したところ、17.6mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、117mmとなりました。

 

本体右側には電源コネクタ、フルサイズHDMI、USB-A、USB-Cが搭載されています。

 

本体左側にはケンジントンロック、有線イーサネットコネクタ、USB-A×2、ヘッドフォンジャックがあります。

 

本体の重量を測定したところ、1470gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1970gとなりました。充電器単体では500gとなります。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)のメリット・魅力

Ryzen7 4800Hと価格だけで選ぶ価値がある

X5-R7はプロセッサにRyzen7 4800Hを搭載しており、ベンチマークの結果から見てもそれだけで選ぶ価値のあるノートパソコンと言えます。プロセッサが強力であればあるほど、今後も長く使えること、普段の作業でもストレスを感じないなど大きなメリットがあります。

 

入力しやすいキーボード

10万円台前半のノートパソコンのキーボードクオリティは物によってかなり差がある印象ですが、X5-R7は非常に打ちやすくなっています。キーボータイピング音もほとんどなく、静音よりなので人が多いところでも使いやすい印象です。

 

比較的広めで入力しやすいタッチパッド

mouse X5-R7のタッチパッドは左右が広め、かつ質感がサラサラとしておりタッチパッドの入力がしやすい印象でした。マウスではなく、タッチパッドを多く使うユーザーにとってはメリットが大きいでしょう。

 

15インチとしては持ち運びしやすいコンパクトさ

15インチのノートパソコンはエントリーモデルも多いため、本体サイズが大きめなものも多いですがこのパソコンはベゼル幅が狭いことや本体が薄く設計されていることで持ち運びしやすいメリットがあります。またUSB-PDにも対応しているため、Androidと充電器が統一できることや窒化ガリウムタイプを使ってコンパクトにできることもメリットと言えます。

 

USB-PD充電にも対応

本機はUSB-PDにも対応しています。そのためAndroidと充電器が統一できることや窒化ガリウムタイプを使ってコンパクトにできることもメリットと言えます。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)のデメリット・欠点

microSDスロット

mouse X5-R7はインターフェイスが充実していますが、唯一勿体無いのがmicroSDスロットであることです。フルサイズのSDカードを使う場合にはハブやコネクタが必要となります。

 

テンキー無しは好みが分かれる

好みの問題になりますが、mouseX5-R7はテンキーレスなので、数字入力が多かったりエクセルを使うことが多い人にとってはデメリットとなり得る点に注意してください。

 

見やすいが輝度は少し低い印象

ディスプレイは見やすく視野角も広いですが、輝度が並程度の印象を受けました。明るい液晶が好みの人は注意してください。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

SIMPC|シンプシー
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on SIMPC|シンプシー

低価格かつ高パフォーマンス、さらに狭ベゼルでコンパクトな上、15インチにもかかわらず1470gと非の打ち所がないノートパソコン。インターフェイスも充実しているため初心者からPCをハードに使う人まで使えるモデルになっています。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 大きいパソコンの割には軽い
  • キーボードが打ちやすくて入力しやすい

 

mouse X5-R7(2021年モデル)がおすすめな人

事務処理用で高性能なPCが欲しい人

事務処理で高性能なノートパソコンが欲しい人はこのPCを選んでください。この用途にベストマッチした非常におすすめのモデルと言えます(ただし一般用途で軽くPCを使う人であれば、オーバースペックでもあるのでX4-R5でも良いでしょう)。

 

PCを持って移動しつつ接続機器が多い人

15インチノートパソコンとしてはコンパクトでかつ、インターフェイスが多い点は大きな魅力です。家庭では大画面で時々HDMI接続でテレビに画像を写したい人、会社などではプレゼンでPCを使ったりデータをUSB経由で取り込むことが多い人などはメリットを多く享受できるでしょう。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)がおすすめではないタイプ

ライトなゲームをする人

高性能なRyzen7 4800Hプロセッサですが、ゲームをするならベンチマーク結果が低めに出ており第11世代intelコアプロセッサの方が総じて良い結果が得られています。内臓CPUでゲームをやる人は少ないかもしれませんが、あくまでゲームを前提にするならintel機を選ぶ方が良いでしょう。

 

もう少し軽いPCが欲しい人

15インチで1470gなので、かなり軽量な部類に入りますがもう少し軽いPCが欲しい場合は同メーカーのX4-R5を検討してください。14インチの弟分に当たるモデルでハイパフォーマンスながら低価格な点がウリのモデルです。

mouse X4-R5の実機レビュー

2021年2月4日に発売されたmouse X4-R5の実機レビューです。軽量かつ高パフォーマンス、さらに価格が安いためどんな人にもマッチする一台です。

続きを見る

 

mouse X5-R7のカスタマイズ・モデルの選び方

オフィスソフト搭載の可否を選ぶ以外は基本的にカスタマイズせずとも十分使えるプロセッサ構成になっています。もし余力があるならメモリを32GBにしても良いかもしれませんが、ほとんどの人はそこまでは要らないでしょう。

公式サイトを見る

 

mouse X5-R7(2021年モデル)の実機レビューまとめ

15インチ購入ならぜひ候補に

結論

X5-R7は税込12万円台で購入できて、コンパクト・比較的軽量な15インチとしては非常に魅力的なモデルとなっています。事務処理用途でやネットサーフィンがメインで向こう何年もしっかりと使えるノートパソコンが欲しいという人にとって高性能でコスパに優れたプロセッサはベストマッチ。ぜひ候補に入れるようにしてください。

X5-R7は2021年5月21日時点で税込み価格120,780円から。現在の価格および納期については公式サイトからご確認ください。

 

mouse X5-R7(2021年モデル)を安く買う方法

mouse X5-R7に限らず、マウスコンピューターのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。また、マウスコンピューターは新モデルでもセールを行うことがあるので必ずチェックしておいてください。

【2021年12月】マウスコンピューター・G-Tuneのセール・クーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

この記事ではコスパの高いマウスコンピューターのパソコンを最大限安く買うための方法についてまとめました(この同メーカーのゲーミングブランド「G-Tune(ジーチューン)」を安く買う方法も含みます)。 結 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種や同ランクモデル、さらに同じカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト

マウスコンピューター公式サイトについては以下のページよりご覧ください。