Yoga Slim 750i(14)の実機レビュー

Yoga Slim 750iのレビュー概要

薄型でコスパの高いノートPC

Yoga Slim750i(14)は基本を抑えつつ、薄型でモバイル性の高いノートパソコンです。またコンパクトなだけでなく、他メーカーの製品と比べて価格競争力が高く、コストパフォーマンスに優れる点がメリットの一台です。

また薄型でありながら、必要なインターフェイスをしっかりと備え、バッテリー保持は20時間を超えており、ビジネスシーンに置いても使い勝手の良いモデルに仕上がっています。

自宅でのネットサーフィン、Wordやエクセルといった事務処理がベースで、できるだけ薄型、かつ値段の安いノートパソコンを探すなら第一候補に入れておいて良いPCです。

簡易スペック表

CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i5-1035G7
Core i7-1065G7
RAM 8~16GB
ROM 512GB
画面 14.0インチ
GPU 内臓グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
重量(実測) 1330 g
Cinebench R20 1712 pts

※詳細スペックはこちら(PDFファイル)
※その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

Lenovo
2021年2月16日段階で99,213円(10%税込)となっています。PCは時期で値段が変わるので都度公式サイトをご覧ください。

 

Yoga Slim 750iの実機レビュー目次

実際に使った感想(主観)はメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。

※本記事ではメーカーから検証機をお借りして実機レビューしています。

 

Yoga Slim 750iの特徴

ここではYoga Slim 750iの一般的な特徴に触れています。筆者が使用した感想については、メリットデメリットからご覧ください。

 

薄型で持ち運びに向く筐体

Yoga Slim750i(14)は薄型でコンパクトな筐体が特徴です。ベゼル幅がしっかりと抑えられているため、14インチノートパソコンとしては非常にコンパクトなことも魅力と言えます。また、持ち運びに向く筐体でありながらインターフェイスをしっかりと備えており使い勝手が良い点も魅力と言えるでしょう。

 

USB-PD充電にも対応

Yoga Slim750i(14)は元々の純正充電器もUSB-PDに対応しています。もちろん、社外の窒化ガリウム対応のUSB-PD充電器を用いることによって、よりモバイル性を高めることが可能になります。

 

上位モデルもチェック

Yoga Slim 750i(14)には上位モデルとしてYoga Slim 750i Carbonという特殊モデルが存在します。画面アスペクト比、CPU、メモリのクロック数、重量と全てが異なります。価格ももちろん高くなりますが、より軽いモデルが欲しい場合はこちらもチェックしておいてください。

Yoga Slim 750i Carbon(2020年モデル)の実機レビュー

Yoga Slim 750i Carbonのレビュー概要 真っ白な新しい軽量モバイルノート Yoga Slim 750i Carbonは2020年に発売された1kg切りの軽量13インチモバイルノート。 ...

続きを見る

次に戻る⇒

 

Yoga Slim 750iの価格とコストパフォーマンス

Yoga Slim 750iのコストパフォーマンスは非常に高く、自宅にコンパクトなノートパソコンを置いておきたい人にぴったりの一台です。Core i5モデルとCore i7モデルがありますが、自分の利用用途に合わせて選ぶと良いでしょう。どちらを選んでも市場価格からはリーズナブルな値段帯となっています。

Lenovo
2021年2月16日段階で99,213円(10%税込)となっています。PCは時期で値段が変わるので都度公式サイトをご覧ください。

 

Yoga Slim 750iのスペック

今回レビューしたYoga Slim 750iのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年9月8日
製品名 Yoga Slim 750i
型式 82A100GLJP
サイズ 354.9×259.9×22.6~27.2m
重量(実測) 本体 1330 g
電源アダプタ 330 g
CPU Core i7-1065G7
GPU 内蔵グラフィックス
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 512GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 14.0 インチ
解像度 1920×1080
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 ×
顔認証
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth 5.0
LTEモジュール 対応の可否 非対応
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非対応
バッテリー サイズ 4セル
公称値 23.7時間

※1 詳細仕様はこちら(PDFファイル)

 

スペックの解説

今回はCore i7モデルをレビューしています。内臓グラフィックスのノートパソコンとしては一般的な性能レベルです。特筆すべきはバッテリー。通常、低価格ノートパソコンはバッテリー容量が小さくなることが多々ありますがこのモデルは20時間を超える設定となっています。コンパクトでモバイル性が高い特徴をさらに活かすことが可能となっています。

目次に戻る⇒

 

Yoga Slim 750iのベンチマーク

ベンチマーク結果は以下の通りです。

 

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1712pts、シングルコア455ptsという結果になりました。第10世代のCore i7としては高い数値が出ています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は4156pts、シングルコア1200ptsという結果になりました。

 

PASSMARK

PASSMARKの測定値は以下の通りです。他機種との比較をしたい人はPASSMARKのデータ一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードが3000MB/s以上も出ており非常に高速です。

 

騒音テスト

ベンチマーク時のファン音はそれなりに大きめです。ただしそれ以外での利用時の音は静かでした。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未測定
高品質 未測定 未測定
標準 4483 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
高品質 未測定 未測定
標準 未測定 未測定
軽量品質 1630 動作困難

目次に戻る⇒

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。各データはクリックで拡大できます。

 

Yoga Slim 750iの通信環境(WI-Fi)のテスト

通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPV6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。最長距離である部屋2において速度が大きく低下する傾向が見られています。モデムより離れた場所で利用する場合はメッシュWi-Fiなどの利用をおすすめします。データはクリックで拡大できます。

1F

2F

目次に戻る⇒

 

Yoga Slim 750iのUSB-C(PD)による充電テスト

Yoga Slim750i (14)でUSB-PDによる充電テストを行いました。20Wから100Wで検証したところ、30W以下では低速充電表示が出ます。45W以上では通常充電となっています。

USB-PDの出力 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Yoga Slim 750iの外観

本体の天板です。金属ですが、マット加工されており高い質感になっています。

 

背面です。センターにスリットが入った形状となっています。

 

開いた様子です。ベゼルはかなり狭くなっています。

 

フロントカメラはIRカメラを搭載し、Windows Helloに対応しています。

 

本体は180°まで開きます。なお本モデルはYogaの名前がついていますが、360°回転はしません。

 

キーボードです。一般的な配列です。ただし、エンターキー及びスペースキーが変則となっています。

 

キーボードバックライトが付属しています。また、スピーカーがキーボード横に配置されています。背面にはスピーカーはありません。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2つのキーから割り返してキーピッチを計測したところ17.8mmでした。またキーストロークは1.4mmでした。

 

タッチパッドです。幅は105mmとなっています。

 

パームレストは金属でできています。

 

本体右側です。電源ボタン、USB-A×2、microSDカードとなっています。

 

本体左側です。USB-C、HDMI、USB-C、ヘッドフォンジャックとなっています。

 

本体質量を測定したところ1330gとなりました。

 

充電器込みの質量は1660gです。充電器単体では330gとなります。

目次に戻る⇒

 

Yoga Slim 750iのメリット・魅力

薄くてモバイル性が高い

Yoga Slim750i(14)の最大の魅力は何と言っても薄くてモバイル性が高いことと言えます。低価格モデルにもかかわらず、本体に金属を採用しているため、全体的にスッキリとしたデザインになっていることも魅力と言えるでしょう。

 

インターフェイスが豊富でビジネスに向く

昨今の薄型のノートパソコンはどれもインターフェイスが省かれる傾向にあり、特にUSB-AとHDMIが無くなっているケースが多数あります。しかしこのYoga Slim750iではビジネスシーンで必要なインターフェイスが全て備わったモデルとなっています。

 

IRカメラ搭載し顔認証も可能

低価格帯ノートパソコンではWindows Helloが省かれる傾向がありますが、Yoga Slim750i(14)では搭載しています。実際に使ってみるとわかりますが、Windows Helloは非常に便利です。

 

比較的安く手に入る

最大の魅力はこれでしょう。安さを最大限まで求めるのであれば同メーカーのIdeaPad Flex550IdeaPad Slim350が候補ですが薄さ、モバイル性まで考慮するとYoga Slim750iの方に軍配が上がります。

目次に戻る⇒

 

Yoga Slim 750iのデメリット・欠点

ライバルに比べると重い

14インチのノートパソコンとしては重さがあるモデルになります。できる限り軽さを求めるのであれば、上位のYoga Slim750i Carbonが良いでしょう。

 

上位モデルの魅力に負ける

軽さもそうですが、Yoga Slim 750iは上位モデルのCarbonの出来が非常に良く、かつ価格差も小さいため通常版の魅力に欠けてしまいます。もし予算があるなら上位モデルを購入する方が後から後悔しないでしょう。

目次に戻る⇒

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Yoga Slim 750i(14)
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Yoga Slim 750i(14)

モバイル性と価格、そして性能のバランスが取れたノートパソコンです。USB-PDを搭載しているため持ち運び時の荷物が減らせる点も大きなメリットです。14インチのノートパソコンとしては重量がある点だけ少しマイナスです。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 薄型で見た目がスマート
  • コンパクトな割に重量がずっしりとある

 

Yoga Slim 750iがおすすめな人

安くてスタイリッシュなPCが欲しい人

安い、かつデザイン性に優れたノートパソコンが欲しい人はYoga Slim750iは非常におすすめです。本体が金属で質感が高い点も評価できるポイントです。

 

マウスを使わない人

Yoga Slim750iは低価格帯パソコンとしてはタッチパッドがサラサラで使いやすいメリットを持ちます。そのため、マウスを使わない人(例えば外出利用が多い人)などにはおすすめできる一台と言えるでしょう。

 

Yoga Slim 750iがおすすめではないタイプ

外で縦長画面を使いたい人

Yoga Slim750iは本体が16:9のアスペクト比になっています。もし情報を多く表示したいなら、4Kの他のPCを選択するかアスペクト比が16:10などの縦長になるモデルを選ぶと良いでしょう。なお、上位モデルにYoga Slim750i Carbonは16:10になっています。

 

より軽量なモデルが欲しい人

Yoga Slim750iは薄型ですが、本体重量は14インチノートパソコンとしては重い部類に入ります。もっと軽いPCが欲しい場合は、同メーカーの場合、Yoga Slim750i CarbonThinkPad X1 CarbonThinkPad X1 Nanoを検討してください。

 

Yoga Slim 750iのカスタマイズ・モデルの選び方

Yoga Slim750iのカスタマイズはプロセッサの強さで選ぶと良いでしょう。ネットサーフィンや軽いオフィス作業だけならCore i5でも十分です。ビジネスシーンを初めPCを使う時間が長い人はCore i7モデルを購入しておく方が快適に使えるでしょう。どちらのモデルも市場価格からは割安になっています。

公式サイトでカスタマイズを見る

 

Yoga Slim 750iの実機レビューまとめ

低価格のモバイルPCならこれ

結論

薄型で持ち運びしやすく、コストパフォーマンスに優れるノートパソコンです。バッテリー持続時間が長いことも魅力の一つ。

できるだけ安く、デザインが良く、かつ持ち出しでも使うPCが欲しい人におすすめのノートパソコンと言えるでしょう。

インターフェイスが多いので、外部接続が多いビジネスパーソンにも向いています。

Lenovo
2021年2月16日段階で99,213円(10%税込)となっています。PCは時期で値段が変わるので都度公式サイトをご覧ください。

 

Yoga Slim 750iを安く買う方法

Yoga Slim 750iに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買うためには、ネット限定の「Eクーポン」と「キャンペーン(セール)」があります。 あまり知られていませんが、レノボの購入ページは同じに見えて割引率が違う ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)