Galaxy A52 5Gの実機レビュー

Galaxy A52 5Gのレビュー概要

中位モデルながら十分な性能

Galaxyシリーズの中位モデルとして登場したGalaxy A52 5G。前モデルから正当進化しつつ、カメラ・ディスプレイなど細かいところがブラッシュアップされてより使いやすいモデルになっています。

特にハイリフレッシュレート120Hzに対応し滑らかな挙動になった点が魅力。価格は安めですが、ハイエンドに近い構成となっておりこれで不満が出る人はほとんどいないと言える一台になっています。

簡易スペック表

発売日 2021年6月3日
SoC Snapdragon750G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
画面サイズ 6.5インチ
重量 188g
5G 対応

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

Galaxy A52 5G
docomoオンラインストアの割引前価格で59,400円です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインストアでは事務手数料3,300円が無料になります。

 

Galaxy A52 5Gの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Galaxy A52 5Gの特徴

ここではGalaxy A52 5Gの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリットデメリットの項目をご覧ください。

 

ミドルレンジクラスでトップ性能のSnapdragon750G

Galaxy A52 5Gでは2021年時点で販売されている中位クラスのスマートフォンの中でもトップクラスの性能を誇るSnapdragon750Gを搭載しています。ベンチマークテストでも後述しますが、結果はAntutu30万点越えとなっており、2年前のハイエンドモデルとほぼ変わらない性能を持ちます。

 

高いカメラ性能

ミドルレンジクラスのスマートフォンはハイエンド系に比べるとカメラ性能が劣ることがありますが、A52 5Gでは日常使いで全く違和感のないほどのパフォーマンスを持ったカメラとなっています。また今回からカメラ全体をボディで包み込むデザインに変更されています。

 

美しい有機ELと高駆動ディスプレイ

Galaxy A52 5GではOLEDディスプレイを採用しており、コントラスト比が高い美しいディスプレイとなっています。さらにハイリフレッシュレート120Hzとなっているため、残像感のない表現が可能となっています。

 

Galaxy A52 5Gの価格とコストパフォーマンス

Galaxy A52 5Gの価格は2021年6月23日時点で59,400円(税込・割引適用前)となっています。ミドルレンジスマートフォンとしては高めの設定ですが、性能を考えれば十分コストパフォーマンスが高いでしょう。控えめな価格ながら長く使いたい人にぴったりです。

Galaxy A52 5G
docomoオンラインストアの割引前価格で59,400円です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインストアでは事務手数料3,300円が無料になります。

 

Galaxy A52 5Gのスペック

今回レビューしたGalaxy A52 5Gのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年6月3日
製品名 Galaxy A52 5G
型式
サイズ 160×75×8.4mm
本体重量 188g
ディスプレイ サイズ 6.5インチ
解像度 1080×2400インチ
形式 OLED
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 容量 4500mAh
ワイヤレス充電 無し
リバースチャージ 無し
急速充電 有り
SoC(CPU) Snapdragon750G
GPU Adreno 619
メモリ(RAM) 6GB
メモリ(ROM) 128GB
コネクタ USB-C
外部メモリ 形式 microSD
最大容量 1TB
通信速度 上り数字 2.1Gbps
下り最大 218Mbps
Wi-Fi6 対応
bluetooth バージョン v5.0
最大接続台数 記載なし
生体認証 指紋認証
ディスプレイ内指紋認証 対応
顔認証 対応
光彩認証
おサイフケータイ 有り
緊急避難速報 有り
防水 IP5/8
ワンセグ/フルセグ IP68
赤外線通信 無し
OS 無し
OS Android11
SIMサイズ nano-SIM
DSDV 無し
5G通信 有り

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

対応バンドについて

キャリアモデルのため記載しておりません。

 

Galaxy A52 5Gのベンチマーク

Antutu

Antutuの値は330870という結果になりました。Antutuベンチマークは30万点を超えており、高い数値となっています。その他の機種比較についてはAntutu測定データまとめをご覧ください。

 

GEEKBENCH5

GeekBench 5の値は以下の通りです。その他の機種比較についてはGeekbench 5測定データまとめをご覧ください。画像はクリックで拡大できます。

 

 

Galaxy A52 5Gの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:298Mbps
ポイント②:260Mbps
ポイント③:294Mbps
ポイント④:276Mbps
ポイント⑤:292Mbps
ポイント⑥:114Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 298 264 8
ポイント② 260 119 8
ポイント③ 294 285 8
ポイント④ 276 181 7
ポイント⑤ 292 260 9
ポイント⑥ 114 52.5 10

 

通信スピードテストの評価

Galaxy A52 5GではWi-Fi6に対応していないため、最大スピードが300Mbps以下になるという結果が得られました。当サイトの結果ではWi-Fi6対応のスマートフォンでは600Mbps近く出るため、半分程度となります。とはいえ、ルーター前であれば300Mbps近く出ており十分。問題は長距離です。Wi-Fiルーターの設定を2.4GHzで使うか、メッシュWi-Fiの検討をしておくと良いでしょう。ワンルームであったり、よく使う部屋がモデムと近距離にあるのであればあまり気にする必要はありません。

 

Galaxy A52 5Gのカメラスペック

カメラスペック

タブからイン・アウトカメラスペックを切り替えられます。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 6400万画素 1.8
超広角カメラ 1200万画素 2.2
マクロカメラ 500万画素 2.4
被写体深度カメラ 500万画素 2.4

メインカメラ評価

Galaxy A52 5Gでは4つのカメラ機能を搭載しておりミドルレンジとしては豪華な構成となっています。
インカメラスペックは以下の通りです。

有効画素 F値 手振れ補正
光学 電子式
広角カメラ 3200万画素 2.2

アウトカメラ評価

インカメラは1種類だけですが、有効画素数は3200万画素とかなり高めの設定です。

 

Galaxy A52 5Gで撮影した作例

作例を掲載しています。各画像はクリックで拡大することができます。10倍でも比較的きちんと輪郭を捉えており実用性は高いと言えます。

0.5倍

1倍

2倍

5倍

10倍

 

被写体によるホワイトバランスの変化を検証しました。

黒のカメラに焦点

緑の葉に焦点

 

明るい色、暗い色の花の撮影による変化を検証しました。どちらの色もパキっと撮影できており、背景との色味のバランスも実物に近く撮影できている印象です。

明るい花の写真

黒い花の写真

 

接写能力を検証しました。マクロカメラを搭載しているためしっかりと撮影できています。

 

前後でピントを調整し撮影しました。ミドルレンジスマートフォンとしてはしっかりとしたボケ味が強みです。

前の花にピント

後ろの花にピント

 

ポートレートモードで撮影を行いました。2回撮影を行いましたが、物体に対してのポートレートは機能しませんでした。以下はポートレートを適用して撮影した写真です。

ポートレート①

ポートレート②

 

キャンドルライトを用いてナイトモードの検証を行いました。個数が少ない方が色味が自然で、キャンドルライトの数が増えるほど色味が実物から離れる傾向となりました。カメラ性能は悪くないものの、夜間撮影にはクセがあります。

1個

4個

8個

12個

 

Galaxy A52 5Gの外観

本体背面です。今回レビューした端末はオーサムバイオレットです。薄い藤紫のようなカラーリングになっています。

 

本体カメラは4眼でレンズ部分が強調され主張の強い印象です。カメラバンプは本体から一体成形されており繋がったデザインになっています。

 

表面です。ベゼルはほぼ等間隔。フロントカメラはパンチホール形式になっています。

 

他のスマートフォンと異なり、パンチホールの周りに銀メッキが施されています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。上部に比べると、ほんの少しだけ大きくなっています。

 

本体上部です。SIMスロットを備えています。

 

本体左側には何もありません。

 

本体右側には音量ボタンと電源ボタンがあります。右にも左にもBixbyボタンはありません。

 

本体下部です。USB-C、ヘッドフォンジャックを備えています。本体スピーカーは下部のみとなっており、モノラルとなっています。

 

SIMスロットを外した様子です。

 

手に持った様子です。ベゼル幅が狭いこともあり、ディスプレイサイズの割に持ちやすい印象を受けました。

 

Galaxy A52 5Gのメリット・魅力

不満の出ないバランスの取れた一台

Galaxy A52 5Gはプロセッサ、カメラ、本体のカメラ、バッテリー容量など全てにおいてバランスが取れた一台となっています。ハードにゲームをするなどはともかく、日常使いがメインの人で不満に感じる人はほとんどいないでしょう。価格的にも抑えられているので、選びやすいメリットを持っています。

 

一昔前のハイエンド級で文句のないスペック

Galaxy A52 5Gにおいて最も特徴的なのはSoCです。前モデルのGalaxy A51ではプロセッサがSnapdragon765Gだったためスペックが下がっているように感じるかもしれませんが、実質はほぼ同じとなっています。プロセッサのスペックが上がっていないのは残念ですが、性能としてはどちらも30万点越えで十分なパワーを持っています。

 

日常使いで十分なカメラ

ミドルレンジクラスのカメラは使い物にならないことも多々ありますが、Galaxy A52 5Gでは写りが自然で使いやすくなっています。上位モデルのSシリーズでは独自の補正がかかるためか彩度が高い(補正されたことがわかりやすい)イメージですが、A52 5Gではそういったことはなく、筆者としてはむしろA52 5Gの方が好みです。またマクロレンズを搭載しているため、撮影の幅を広げることが可能です。

 

指紋が付きにくい本体デザイン

Galaxy A52 5Gではボディ材質が特徴的でサラサラのデザインになっています。この材質と表面加工により指紋が付きにくいデザインになっています。

 

Galaxy A52 5Gのデメリット・欠点

ワイヤレス充電がない

Galaxy A52 5Gで唯一不満点を挙げるとすればワイヤレス充電です。昨今のスマートフォンがワイヤレス充電に対応しているため、デバイスを共通化できないデメリットがあります。

 

Wi-Fi6非対応

ミドルレンジモデルということもあってか、Wi-Fi6には非対応です。Wi-Fi6と比較すると、最大通信速度が落ちるため最高速を目指すのであれば不適です。ただし、日常使いレベルであれば十分な速度が出ているので気にする必要はありません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Galaxy A52 5G
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Galaxy A52 5G

安くて、性能に優れたスマートフォンが欲しい人にとってはベストマッチする一台。特に2年前のGalaxyユーザー(例えばS9など)から乗り換えることを想定するとぴったり。プロセッサの性能はほぼ同一で、他全ての性能がアップしつつ、ほぼ同じインターフェイスで使えるメリットがあります。

 

女性目線の口コミ

妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 優しい紫色が可愛い
  • サラサラで持ちやすいデザイン

 

Galaxy A52 5Gがおすすめな人

日常使いで不満を感じたくない人に

安さを基準にしてスマートフォンを探すと後悔することも多いですが、Galaxy A52 5Gではほぼ不満に感じることはないでしょう。一般ユーザーなら文句なしで使えるスマートフォンに仕上がっています。

 

被写体によって撮影したい人

日本で発売されているスマートフォンの中では珍しく、マクロカメラに対応しています。例えば作ったアクセサリーなど接写撮影をしたい方向きのデバイスと言えます。

 

Galaxy A52 5Gがおすすめではないタイプ

望遠レンズを使う人

Galaxy A52 5Gでは最大倍率が10倍となっており、望遠機能としては弱目の設定です。より高い倍率ズームを使いたい場合はハイエンドモデルの購入を検討しましょう。

 

ワイヤレス充電ユーザー

欠点でも書いた通り、Galaxy A52 5Gはワイヤレス充電には非対応です。デバイスを共通化して使っている人には不向きなスマートフォンと言えます。

 

Galaxy A52 5Gの実機レビューまとめ

安めで過不足ないスマホを探す人に

結論

Galaxy A52 5Gは本当に良くできたスマホで、バランスが取れています。電話・ラインをメインにして使う人にとっては、この一台で十分こなせるはず。

ディスプレイサイズが大きめにもかかわらず、バッテリー容量大きめ、かつ軽いのでネットサーフィンなどで長い間スマホを触る人にもマッチした一台と言えるでしょう。

 

Galaxy A52 5Gを安く買う方法

Galaxy A52 5Gはドコモの専売モデルです。購入時にはオンラインストアを利用することで事務手数料を無料化できるので、オンラインストアからの申し込みをおすすめします。

Galaxy A52 5G
docomoオンラインストアの割引前価格で59,400円です。現在の価格は公式サイトでご覧ください。またオンラインストアでは事務手数料3,300円が無料になります。

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト