【購入サイト別】NEC(LAVIE:ラヴィ)の領収書の発行方法まとめ

NEC(Lavie)は直販サイトであるNEC Direct、楽天市場、Amazonなどで取り扱いがあり、どこで購入するかによって領収書が発行できるかどうかや、どのような手順で発行すればいいのかが異なります。

購入後に領収書が発行できないことに気付き、経費で計上できなくなるというパターンもあり得るため、しっかりとチェックしておきましょう。

 

NECのパソコンの領収書発行方法目次

以下から各解説に飛ぶことができます。

本ページについて

もし、このページを再度見たい場合はブックマークするか「シンプシー(当サイト名) NEC 領収書」と検索ください。はてなブックマークはこちらから利用ください。

 

NECのパソコンを公式サイトで購入した場合

公式サイトである「NEC Direct」で購入した場合の、領収書の取り方についてまとめたものが以下の表になります。支払方法によってWeb発行になるか郵送になるかが変わるため、購入前によく確認してください。

Web発行
FAX ×
郵送 〇 (申し込みはWebから)
即日発行 ×
商品同梱 ×
発行手数料 なし
発行期限 -
再発行 不可
宛名の変更 ×

 

インターネットからの発行

NEC DirectまたはNEC LAVIE公式サイトのマイページにある「NEC Directご注文の状況」のボタンから、領収書の表示・印刷が可能です。宛名は注文者名義となり、再発行も不可となっているため気を付けてください。詳細についてはこちらのページから確認できます。

 

郵送での発行

郵送での領収書を発行してもらう場合にも、発行依頼は公式サイトのマイページにある「NEC Directご注文の状況」から行います。この場合も宛名の変更や再発行は不可となっているため、注意しましょう。

 

支払方法による違い

クレジットカード払いの場合はWeb画面上での表示・印刷となります。その他、以下の支払方法の時には、Webから発行依頼をして郵送してもらうという流れになります。

  • 銀行振込
  • Pay-easy
  • 代金引換
  • コンビニ決済

 

ただし銀行振込以外の場合、支払い時の受領書・領収書をNEC Direct宛に送付する必要があります。

 

 

NECのパソコンを楽天市場で購入した場合

楽天市場にはNEC Direct楽天市場店がありますが、領収書の発行は対応していません。領収書が必要な場合は、楽天市場店での購入は避けましょう。

 

 

NECのパソコンをAmazonで購入した場合

Amazonでの領収書の発行についてまとめたものが以下の表です。Amazonは様々な支払方法に対応していますが、支払方法によって領収書が発行できるかどうかが異なる点に気を付けてください。また、NECはブランドサイトが無いので注意して下さい。

Web発行
FAX ×
郵送 ×
即日発行 ×
商品同梱 ×
発行手数料 なし
発行期限 なし
再発行 可 (2回目以降「再発行」の印字あり)
宛名の変更

 

インターネットからの発行

商品出荷後、注文履歴にある「領収書/購入明細書」ボタンから、領収書を発行することができます。基本的に何度でも再発行が可能となっていますが、2回目以降は「再発行」の印字が入るということは知っておきましょう。手順についての詳細は、こちらのページから確認できます。

 

支払方法による違い

領収書が発行可能なのは、以下の支払方法を選択した場合です。

  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • Paidy翌月払い
  • Amazonギフト券
  • Amazonポイント
  • パートナーポイント

 

それ以外で以下の方法を選択した場合、領収書は発行できません。それぞれ支払時の受領書を領収書として利用する形になります。

  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • 代金引換

 

NECのパソコンをPayPayモールで購入した場合

PayPayモールにはNECの公式ストアがないため、家電量販店等の各店舗での購入となります。領収書はそれぞれの店舗の手順や条件に従って発行してもらってください。

 

 

NECのパソコンの領収書発行時の注意点

宛名の変更について

公式サイトでは宛名の変更に対応していないため、初めから領収書の宛名に使いたい名前で注文をしてください。Amazonの場合は自分で宛名を記入する形になりますが、デフォルトでは空欄になっているため、記入忘れには注意しましょう。

 

 

まとめ

特に気を付けなければいけないのが、NEC Direct楽天市場店では支払方法等に関わらず領収書の発行に対応していないという点です。経費で計上するために絶対に領収書が必要な場合は、楽天市場以外で購入するようにしてください。