mouse B5-R5の実機レビュー

B5-R5のレビュー概要

コストパフォーマンスに優れた15インチ

mouse B5-R5はマウスコンピューターが取り扱う15インチモデルの中でもコストパフォーマンスに特に優れており、一般ユーザー向きだとこれで十分と言えるほどのモデルです。

事務用途やネットサーフィンならストレスを感じることなく使うことができ、かつオフィスソフト無しなら税込10万円以下で購入できるメリットを備えています。

「パソコンをあまり使わない」という人にこそ選んで欲しいモデルと言えます。

簡易スペック表

発売日 2020年11月20日
CPU Ryzen5 4500U
RAM 8~64GB
ROM 256GB~2TB SSD 1~2TB HDD
画面サイズ 15.6インチ
GPU Radeon
USB-PD 対応
LTE 対応
MSオフィス 搭載モデルあり
重量 1615g
Cinebench R20 2297pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

オンライン価格で税込87,780円から。現在の価格やオフィス付きについては公式サイトをご覧ください。

 

B5-R5の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

B5-R5の特徴

ここではB5-R5の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

低価格で手に入るRyzen5モバイルノート

mouse B5-R5は10万円以下の低価格で手に入るモバイルノート。後述しますが、ベンチマークテスト結果から見ても、一般用途でまず困ることのないレベルの性能を確認しています。

 

コスパが良いのに高い質感

税込10万円以下のノートパソコンはどうしても筐体の質感が低下しがちですが、このモデルはそういったことはありません。特に天板のヘアライン仕上げが綺麗で税込8万円台のPCとは感じません。

 

Office搭載モデルあり

B5-R5では通常モデルとOffice搭載モデルがあります。詳しい人ならどちらでも良いですが、初心者向けにオフィスソフト搭載モデルがあるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

LTE、USB-PDに対応

15インチパソコンとしては珍しくUSB-PDとLTEに対応しています。特にLTEは2021年4月7日時点で税込15,000円で追加できるためリーズナブルです。

 

 

B5-R5の価格とコストパフォーマンス

mouse B5-R5のコストパフォーマンスは非常に高く、同性能のノートパソコンの価格帯でもトップクラスの安さを誇ります。事務用途、ネットサーフィンが中心であれば、選択肢に入れておくべきモデルです。

オンライン価格で税込87,780円から。現在の価格やオフィス付きについては公式サイトをご覧ください。

 

B5-R5のスペック

今回レビューしたB5-R5のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年11月20日
製品名 B5-R5
型式
サイズ 239.3×360.4×19.9mm
重量(実測) 本体 1615g
電源アダプタ 320g
CPU Ryzen5 4500U
GPU Radeon
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB
2nd 無し
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 100万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 非掲載
公称値 8.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

スペックの解説

15インチノートパソコンとしては過不足のないスペックです。特徴はRyzen5 4500Uを搭載していることでプロセッサのパフォーマンスが高い点です(ベンチマークテスト項目を参照)。また今回のモデルでは、SIMフリー非対応モデルを評価しましたが、カスタマイズによりLTE対応を選ぶことができます。

 

B5-R5のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2297pts、シングルコア445ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Ryzen5 4500Uを搭載しているため高パフォーマンスです。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は5621pts、シングルコア1175ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。500MB/s強となっており、SSDとしては遅めです。ただ起動が遅く感じることは無いため、大量書き込み・読み込みをしたりハードに使う用途でなければあまり気にする必要はありません。またカスタマイズにより上のグレードへの換装は可能です。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
標準品質 2337 普通

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
軽量品質 1241 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

 

B5-R5の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:560.57Mbps
ポイント②:411.66Mbps
ポイント③:499.95Mbps
ポイント④:498.29Mbps
ポイント⑤:270.86Mbps
ポイント⑥:187.91Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 560.57 393.446 10
ポイント② 411.66 309.2 8
ポイント③ 499.95 476.51 9
ポイント④ 498.29 486.4 8
ポイント⑤ 270.86 243.9 8
ポイント⑥ 187.91 189.59 9

 

通信スピードテストの評価

 

B5-R5のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。mouse B5-R5では30W以上で充電を確認することができました。なお30Wでも低速表示はありませんでした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

B5-R5の外観

天板はシルバーでヘアライン加工が施されています。センターにはマウスのロゴが掲載されています。

 

背面はプラスチック素材で大きくスリットが設けられています。

 

開いた様子です。ベゼルは一般的なサイズです。

 

180°開くことができます。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラです。検証機ではIRカメラは搭載していません。

 

キーボードはテンキー搭載で独立型となっています。クセはなく打ちやすいキーボードと言えます。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、17.8mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストローを測定したところ、1.6mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、121mmとなりました。

 

本体右側には電源コネクタ、HDMI、USB-A、USB-Cが搭載されています。

 

本体左側にはケンジントンロック、有線イーサネットコネクタ、USB-A×2、microSD、ヘッドフォンジャックが搭載されています。

 

スピーカーは背面に設置されています。

 

本体の重量を測定したところ、1615gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1935gとなりました。充電器単体では320gとなります。

 

B5-R5のメリット・魅力

全体的な質感は価格以上

mouse B5-R5は税込価格87800円からという低価格ですが、全体的な質感は価格以上のものがあります。15インチで幅方向がありますが本体の剛性が高く、たわみが小さいこと、パームレストの色合いが良いなどの魅力があります。

 

特に天板のヘアライン加工が魅力

全体的な質感は価格以上のものがある中でmouse B5-R5は天板のヘアライン加工デザインが魅力的、これだけで価格以上の価値を感じます。

 

15インチとしては薄型で持ち運びも可能

15インチノートパソコンはどうしてもサイズが大きくなりがちですが、本PCは薄型のため持ち運びが他の15インチに比べるとやりやすいメリットがあります。

 

豊富なインターフェイス

昨今のノートパソコンはインターフェイスが削られる傾向にありますが、mouse B5-R5ではそういったことはありません。フルサイズHDMI、USB-A、USB-C、有線イーサネットコネクタなど、外部接続インターフェイスを十分に備えています。

 

Ryzen5は十分なスコア

B5-R5ではRyzen5 4500Uプロセッサを搭載していますが、とにかくこれが高性能。Cinebench R20で2000ptsを超えており2世代前のデスクトップ並みのパフォーマンスになっています。コストの面でも、モバイル性の面で見ても大きな魅力を持ちます。

 

B5-R5のデメリット・欠点

昨今の15インチから考えるとベゼルが広め

mouse B5-R5は全体的に出来がとても良いPCですが、昨今のパソコンの傾向から考えるとベゼル幅が広めです。見た目に直結する部分なので気になる人は価格を出しても狭ベゼルパソコンを選ぶと良いでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

B5-R5
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on B5-R5

15インチノートパソコンで一般向けとしては、リーズナブルでしかも性能が高く、ほとんどの人におすすめできるモデル。全体的な質感が高い点も魅力。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • シンプルで綺麗な外観
  • キーボード、タッチパッドが大きくて使いやすい

 

B5-R5がおすすめな人

ほとんどの人におすすめ

mouse B5-R5は価格が安い上に性能が高いためコストパフォーマンスに優れ、ほんとの人におすすめできるノートパソコンです。ネットサーフィンや書類作成などでストレスを感じることなく使えるでしょう。

 

オフィスソフト作業する人

mouse B5-R5はオフィスソフト搭載モデルも選べます。パソコンが苦手であれば、最初からオフィスソフトが入ったPCを選んだおくと良いでしょう。

 

B5-R5がおすすめではないタイプ

動画編集・ゲームには向かない

mouse B5-R5はプロセッサは強めですが、動画編集やゲームには向きません。ベンチマークの結果からも厳しいことがわかっています。もしゲームもするなら、ランクを上げてGPU搭載のmouse K5を検討してみてください。

 

持ち運びを前提にする人

B5-R5は15インチノートパソコンとしてはコンパクトですが、常時持ち運びするなら14インチサイズの方がおすすめです。mouseのノートパソコンには14インチにX4-R5というモデルがあり、ほぼ同価格で手に入るため、こちらを検討した方が良いでしょう。スペック的にはほぼ同じです。

 

B5-R5のカスタマイズ・モデルの選び方

B5-R5はオフィスソフトのあるなしの他にBTOのため、かなり細かくカスタマイズすることができます。メモリは最大で64GB、2ndHDDとして2TBも積むことが可能。ただ、あまりカスタマイズするともともとのコストパフォーマンスが失われてしまうため、個人的には事務用途ベースで使うことを前提に最小構成で良いと考えます。ただし、LTEに関しては15000円で追加できるため、検討しておいても良いでしょう。

公式サイトを見る

 

B5-R5の実機レビューまとめ

15インチならこの一台

結論

15インチのノートパソコンで一般用途としては決定版と言える程、魅力度が高い一台です。コストパフォーマンスにも優れますし、オフィスソフト搭載できる点も魅力。デザインも値段の割に質感が高くなっています。マウスは24時間サポートもあるので、できるだけパソコンを安く買いたい初心者の人にお勧めのモデルと言えるでしょう。

オンライン価格で税込87,780円から。現在の価格やオフィス付きについては公式サイトをご覧ください。

 

B5-R5を安く買う方法

B5-R5に限らず、mouseのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

マウスコンピューター・G-Tune公式のキャンペーン・セールを使って安く買う方法・コツ

この記事ではコスパの高いマウスコンピューターのパソコンを最大限安く買うための方法についてまとめました(この同メーカーのゲーミングブランド「G-Tune(ジーチューン)」を安く買う方法も含みます)。 結 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)