DAIV 5N(2021年モデル・RTX3060)の実機レビュー

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のレビュー概要

RTX3060に進化したクリエイトPC

2021年に発売されたDAIV 5Nは元々持っていた広い色域のディスプレイ、ハイパワーなプロセッサはそのままに2020年モデルからGPUが3060に変更され、より高性能に。

これにより、クリエイター向けで必要とされるパフォーマンスが向上し、効率的に作業を行えるノートパソコンへ進化しました。

またカメラ位置がディスプレイ下部から上部に変更されており、テレワーク事情にマッチ。15.6インチで1.7kg台と比較的軽く、外出先の仕事でも使いやすいモデルとなっています。

簡易スペック表

発売日 2021年4月23日
CPU Core i7-10870H
RAM 16~64GB
ストレージ 512GB~2TB
画面サイズ 15.6インチ
GPU Ge Force RTX3060
USB-PD 非対応
LTE 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1725g
Cinebench R20 3142pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2021年6月10日時点で税込197,780円。現在の価格・セール情報については以下の公式サイトをご覧ください。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の特徴

ここではDAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

モバイル用GeForce RTX3060を搭載

2021年版のDAIV 5Nでは、前モデルからコンパクトなデザインはそのままにRTX3060を搭載してGPUパフォーマンスをアップしています。

 

プロセッサはCore i7-10870H

プロセッサは前モデル同様にCore i7-10870Hを搭載しています。Hシリーズということもあり、ベンチマーク結果のように魅力的なパフォーマンスを持っています。

 

sRGB100%のWQHDを採用

DAIVシリーズは元々クリエイター向けのノートパソコンとなっており、色域の広いモニターを採用していることが特徴です。このDAIV 5NでもsRGB100%カバーのモニターを標準搭載しています。

 

1.73kgの薄型PC

15インチクラスのパソコン、さらに外部GPUを搭載したパソコンの場合、本体重量は重くなりがちですが1.73kgと同クラスから考えれば、軽い構成になっています。同時に本体が小さいこともあり、持ち運びできるサイズ感となっています。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の価格とコストパフォーマンス

DAIV 5Nは2021年6月10日時点で、税込20万円以下で購入可能です。プロセッサとGPUの価格から考えれば高めに感じるかもしれませんが、色域の広いモニターを搭載しているクリエイター向けPCであることを考えれば妥当な価格です。もし、外部モニターに繋ぐことを想定しているのであれば、モニターを気にせずに(性能は落ちてしまいますが)mouse K5などを検討することを視野に入れても良いでしょう。

2021年6月10日時点で税込197,780円。現在の価格・セール情報については以下の公式サイトをご覧ください。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のスペック

今回レビューしたDAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年4月23日
製品名 DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)
型式 -
サイズ 236.7×355.5×403mm
重量(実測) 本体 1725g
電源アダプタ 850g
CPU Core i7-10870H
GPU GeForcec RTX3060 Laptop
メモリ(RAM) 16GB
保存(ROM) 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 2560×1440インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 100万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 記載なし
公称値 7.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3142pts、シングルコア476ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7999pts、シングルコア1218ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 14022 非常に快適
高品質 15098 非常に快適
標準品質 15775 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 7953 快適
高品質 10107 とても快適
軽量品質 11137 とても快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のモニター評価(色域・トーンカーブ)

DAIV 5Nの色域をsRGB、Adobe RGB領域にて評価を行いました。

sRGB:99.7%カバー

Adobe RGB:76.3%カバー

 

DAIV 5Nのトーンカーブは以下の通りです。バランスの取れた発色になっています。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のスピーカー・サウンド評価

ノートパソコンのスピーカー性能としては10点満点で6点です。低音も高音も比較的出ており、スピーカーとしては性能十分です。なおスピーカーは一般的なノートパソコン同様に背面のパームレスト下側に左右ステレオ配置されています。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:446.78Mbps
ポイント②:558.17Mbps
ポイント③:511.34Mbps
ポイント④:495.16Mbps
ポイント⑤:448.26Mbps
ポイント⑥:180.34Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 446.78 550.38 11
ポイント② 558.17 509.8 11
ポイント③ 511.34 533.46 11
ポイント④ 495.16 508.93 10
ポイント⑤ 448.26 324.36 11
ポイント⑥ 180.34 140.87 11

 

通信スピードテストの評価

DAIV 5Nは全領域において100Mbpsを超える速度が得られており安定した通信ができています。PINGが10ms前半と他のノートパソコンと比較すると高めの結果が出ています(とはいえ、差は小さいので誤差の範囲かもしれません)。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDには非対応となっているため、テストは行っていません。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の外観

天板はプラスチック素材でできています。ロゴはDAIVの文字がプリントされたシンプルなデザインです。ロゴは立体成形されています。

 

ハイパフォーマンスなGPUを搭載しているだけあって、背面のスリット(通気口)は大きめでインパクトがあります。

 

開いた様子です。15.6インチノートパソコンとしてはベゼルが狭く、結果筐体サイズがコンパクトになっています。発色は自然で見やすいです。

 

最大開き角はおよそ140°となっています。

 

上部ベゼルの幅は8mmです。また左右ベゼル幅は4mmとなっています。

 

下部ベゼル幅は22mmとなっています。

 

フロントカメラはディスプレイ上部に内蔵されており、IRカメラも装備されています。物理シャッターはありません。

 

キーボード全体です。テンキー搭載でクセのない配置です。マウスコンピューターならではのフォントが可愛いデザインとなっています。キーボードはRGBバックライトに対応しており、カラフルに光ります。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、18.7mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.2mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、116mmとなりました。

 

本体右側にはUSB-A×2、microSDスロットが搭載されています。

 

本体左側にはUSB-A、マイクジャック、ヘッドフォンジャックが搭載されています。

 

背面インターフェイスは豊富でUSB-C、フルサイズHDMI、イーサネットコネクタ、電源コネクタが搭載されています。なおUSB-Cで画面拡張することも可能です。

 

本体の重量を測定したところ、1725gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2575gとなりました。充電器単体では850gとなります。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のメリット・魅力

15インチとしては軽くモバイルとしては優れた構成と性能

DAIV 5Nはコンパクトかつ軽量なモデルとなっています。2021もそのコンセプトは引き継がれており、モバイルに向いた構成となっている点が魅力。テレワーク主体のクリエイターやシェアオフィス、フリーアクセスを採用している会社などで使いやすいPCと言えます。

 

端子類が背面集約されていてスッキリ

DAIV 5Nの外部接続で用いられるインターフェイス類は背面に全て集約されています。クリエイターが2画面を利用して作業する際にもケーブル類が表から見えないため、快適な環境作りに貢献します。

 

色域が広くクリエイター向け

モニター評価でも検証している通り、sRGB100%のカバー率を誇り色域を重要するクリエイターにとって重要なポイントを押さえています。ただし、Adobe RGBクラスではないので注意してください。

 

有線インターフェイスを備える

仕事として動画クリエイターをしている場合、重要になるポイントが回線の太さ。ダウンロード、アップロードが仕事の効率を握りますが、DAIV 5Nの場合はWi-Fi6に加え、有線インターフェイスも備えており、より安定した回線速度で使うことが可能です。またポートは背面にあるため、見た目がスッキリする点も嬉しいポイントです。

 

タッチパッドの質感が非常に良い

DAIV 5Nはクリエイター向けの色域やRTX3060のパフォーマンスの方に目が行きがちですが、実はタッチパッドの性能が滑らかで操作性が良いというメリットがあります。クリエイター向けPCで軽量ということもあり、モバイルすることも想定されるのでタッチパッドの性能が良いことは外出時の作業性改善に一役買ってくれます。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のデメリット・欠点

バッテリーの持続時間は短め

DAIV 5Nのバッテリー持続時間は公称値で7.5時間とかなり短めです。モバイル環境で長時間使う場合は注意してください。

 

USB-Cインターフェイスは背面のみ

昨今用いられることが多くなってきたUSB-Cインターフェイスですが、DAIV-5Nは背面にしか持っていない点に注意してください。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

DAIV 5N 2021年モデル
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on DAIV 5N 2021年モデル

RTX3060を搭載し、グラフィック性能がパフォーマンスアップ。正統派の進化に加え、カメラ位置が変更されるなど、実用的なアップデートも加わり、より使いやすいモデルになっています。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 本体がグレーでシンプル
  • 15インチの割には小さく感じる

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)がおすすめな人

画像編集するクリエイター

Core i 7 Hシリーズを搭載するプロセッサ、そしてGeForce RTX3060を搭載しているため画像編集であれば、十分な実力を発揮します。sRGBカバー率100%なのも画像編集するユーザーにとっては重要なポイントです。

 

ライト〜ミドルな動画編集者

RTX3060を搭載しているため、エントリーから中級者クラスの動画編集者には十分なスペックを持っています。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)がおすすめではないタイプ

ライトな動画編集者にはオーバースペック気味

GeForce RTX3060を搭載しているため、動画編集する人で購入検討する人も多いかと思いますが、ライトユーザーにとってはオーバースペックで価格に見合わない可能性があります。これから始めるライトユーザーはより低価格なmouse K5を候補に入れてください。色域・スペックは落ちてしまいますが、その分低価格で購入可能です。レビューは以下よりご覧ください。

mouse K5の実機レビュー

2021年1月発売のmouse K5の実機レビューです。エントリークラスの動画編集・イラストアニメーション作成ユーザーにぴったりの一台です。

続きを見る

 

ファン音が気になる人

DAIV 5Nはベンチマーク時のファン音が大きめでした。プロセッサを考えれば仕方ないことですが、購入前にそういった欠点があることを押さえておきましょう。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)のカスタマイズ・モデルの選び方

DAIV 5Nはプロセッサ、GPUが固定されているためカスタマイズする余地が小さいこと、初期で16GB搭載されているので一般的には気にしなくても良いですが、動画編集をするのであればRAMは増やしても良いかもしれません。最大64GBまでカスタマイズ可能です。

公式サイトを見る

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)の実機レビューまとめ

ミドルクラスのクリエイターに

結論

ハイパフォーマンスなプロセッサはそのままに新しくRTX3060を搭載したことでパフォーマンスアップした一台。筐体がコンパクトなので外だけでなく家の中での持ち運びも楽に使うことが可能。

sRGB100%の色域を持つので、イラストレーター、デザイナーをはじめ、動画編集を積極的にしたいユーザーにもおすすめです。

2021年6月10日時点で税込197,780円。現在の価格・セール情報については以下の公式サイトをご覧ください。

 

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)を安く買う方法

DAIV 5N(2021年・RTX3060搭載)に限らず、マウスコンピューターのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

マウスコンピューター・G-Tune公式のキャンペーン・セールを使って安く買う方法・コツ

この記事ではコスパの高いマウスコンピューターのパソコンを最大限安く買うための方法についてまとめました(この同メーカーのゲーミングブランド「G-Tune(ジーチューン)」を安く買う方法も含みます)。 結 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)