dynabook PZ/HPの実機レビュー

dynabook PZ/HPのレビュー概要

高性能な国産15インチノート

dynabook PZ/HPは国産のノートパソコンでありながら、比較的安い値段帯で購入できる一台。

最高クラスのCore i7-1165G7はCinebench R20で2000ptsを超えており、快適に使うことが可能。また、15インチノートらしく、インターフェイスが豊富なため、どんな接続環境でも対応できる魅力があります。

ROMは256GB~1TBまでだけでなく、2ndストレージに1TB HDDを選ぶこともでき写真などのデータを置いておきたい人にも適しています。

簡易スペック表

発売日 2020年11月18日
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
RAM 8~16GB
ROM 256GB~1TB
1TB SSD
画面サイズ 15.6インチ
GPU Iris Xe
USB-PD 非対応
LTE 非対応
MSオフィス 搭載モデルあり
重量 1765g
Cinebench R20 2061pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

dynabook PZ/HPの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

dynabook PZ/HPの特徴

ここではdynabook PZ/HPの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

高性能な15インチ国産ノート

dynabook PZ/HPは第11世代Core i7まで選択できる、ハイエンドに位置するノートパソコンです。インターフェイスも充実しており、どんな人でも使いやすいモデルと言えます。

 

国産モデルだがリーズナブル

国産ノートパソコンはどのインチサイズでも比較的価格が高くなってしまうケースがよくありますが、dynabook PZ/HPは別物で国産モデルとしてはリーズナブルな価格で手に入れることが可能です。

 

 

dynabook PZ/HPの価格とコストパフォーマンス

dynabook PZ/HPはCore i5モデルが税込10万円台から購入できるノートパソコンです。絶対的な性能から見れば価格は海外メーカーと比べると見劣りしますが、国産のノートパソコンとしてはかなり安くなっています。国産モデルで15インチを探しているのであれば、候補に入れておくべきでしょう。

 

dynabook PZ/HPのスペック

今回レビューしたdynabook PZ/HPのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2020年11月18日
製品名 dynabook PZ/HP
型式
サイズ 244×361×19.9mm
重量(実測) 本体 1765g
電源アダプタ -20g
CPU Core i7-1165G7
GPU iRIS Xe
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB
2nd 1TB
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080インチ
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 有り
フロントカメラ 画素数 200万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 非掲載
公称値 10時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

スペックの解説

今回レビューしたモデルはシリーズの中でも上位に位置するCore i7モデルです。8GBは4GBのデュアルチャンネルとなっています。なお本モデルには16GBのラインナップはありません。

 

dynabook PZ/HPのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2061pts、シングルコア478ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は4082pts、シングルコアptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。リードは約2200MB/sとなっており快適に使うことができます。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
標準品質 3574 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未測定 未評価
高品質 未測定 未評価
軽量品質 2028 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

文字を撮影

50に合わせて撮影

 

dynabook PZ/HPの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:628.31Mbps
ポイント②:506.19Mbps
ポイント③:587.09Mbps
ポイント④:530.57Mbps
ポイント⑤:405.27Mbps
ポイント⑥:273.39Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 628.31 332.8 8
ポイント② 506.19 44.68 8
ポイント③ 587.09 375.17 7
ポイント④ 530.57 397.87 7
ポイント⑤ 405.27 409.58 8
ポイント⑥ 273.39 316.34 9

 

通信スピードテストの評価

全ての領域において、200Mbpsを超える速度が得られました。またPING値も一桁台でレスポンスが良い点も魅力です。

 

dynabook PZ/HPのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。dynabook PZ/HPはUSB-PD非対応でした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W × PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W × PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W × RP-PC133
100W × AUKEY PA-B7

 

dynabook PZ/HPの外観

天板は黒で細かくスリットが入った形状になっています。スリット上なので指紋が付きにくそうな点が魅力です。

 

背面も黒ですが天板とは素材感は異なります。

 

開いた様子です。

 

ディスプレイの最大開き角は約130°となりました。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

フロントカメラはディスプレイ上部にあります。またIRカメラを搭載し、Windows Helloに対応しています。

 

キーボード全体を撮影した様子です。独立型でクセのないキーボード配置になっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、1.4mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストローを測定したところ、17.3mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、107mmとなりました。

 

本体右側です。ケンジントンロック、USB-A、フルサイズSDカードスロットを備えています。

 

本体左側です。電源ポート、フルサイズイーサネットコネクタ、フルサイズHDMI、USB-A×2、USB-C、ヘッドフォンジャックを備えています。

 

本体の重量を測定したところ、1745gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2000gとなりました。充電器単体では255gとなります。

 

dynabook PZ/HPのメリット・魅力

スタンダードで安い

dynabook PZ/HPは本体のインターフェイスや機能性、そして国産であることを考えるとかなりリーズナブル。サポートを踏まえて考えるとお得感が強くなっています。

 

豊富なインターフェイスを持つ

昨今のノートパソコンは15インチノートパソコンでも薄型化が進み、インターフェイスが減る傾向にありますが、本モデルは豊富なインターフェイスを持ちます。特にフルサイズの有線イーサネットコネクタを持つため、家庭用だけでなく事務用としても用途が広がります。

 

ハイスペックモデルは高性能

今回のベンチマークの結果から、Core i7-1165G7を搭載したモデルはスコアがよくプロセッサの強さが出る結果となりました。スペックを求める人にも使える15インチパソコンです。

 

dynabook PZ/HPのデメリット・欠点

ベゼル幅が大きめ

昨今のノートパソコンは低価格帯でもウルトラブックのようにコンパクトかつ、狭いベゼルを持つものが多くなっていますが、このモデルは比較的大きめです。その分デザインに古さを感じる欠点があります。

 

USB-PDに非対応

15インチノートなのであまり気にしなくても良いかもしれませんが、USB-PDに非対応となっています。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

dynabook PZ/HP
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on dynabook PZ/HP

15インチノートパソコンで国産モデルとしてはリーズナブルな一台。オフィス搭載モデルも選べるので、初心者にマッチするモデルと言えるでしょう。Core i7-1165G7はベンチマーク結果が良い点も魅力です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 黒でシンプルな筐体で良い
  • 持ち運びには重い

 

dynabook PZ/HPがおすすめな人

安い国産ノートを探す人に

dynabook PZ/HPの最大の魅力はその安さです。国産のノートパソコンとしては他ではあまり見ないほど安く購入することができます。本体の質感も主張が少なくどんな人でも使いやすいデザインと言えるでしょう。

 

dynabook PZ/HPがおすすめではないタイプ

コンパクトなノートパソコンを求める人

15インチクラスのためそもそも大きいですが、さらにベゼル幅があることで本体サイズがより大きくなっています。コンパクトサイズを求めるのであれば、インチ数を落としてdynabook SZ/LPを検討してください。

 

dynabook PZ/HPのカスタマイズ・モデルの選び方

dynabook PZ/HPはCore i5とCore i7モデルが選べる他、ハードディスクが1st、2ndを選択、さらにOfficeソフトの搭載、非搭載も選択することができます。最も安いモデルは、Core i5で256GB SSDモデルとなっています。安さ重視ならこのモデル、もし写真などを保存したいなら2ndにHDDを搭載したモデルを選ぶと良いでしょう。Core i5モデルでも十分快適に動作するため、より拘束性を求める人以外はCore i5で十分です。

公式サイトを見る

 

dynabook PZ/HPの実機レビューまとめ

リーズナブルな国産15インチ

結論

dynabook PZ/HPは国産ノートパソコンとしてはリーズナブルな価格が特徴のモデル。

パソコン初心者の人だと、初めから海外メーカーには手が出しにくいことを考えれば、安くて国産モデルという選択肢が入るPZ/HPは魅力のある一台です。

 

dynabook PZ/HPを安く買う方法

Dynabook PZ/HPに限らず、TOSHIBAのパソコンは会員登録することで安く購入することができます。公式サイトから必ず会員登録を行っておきましょう。

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

関連公式サイト

© 2021 SIMPC(シンプシー)