dynabook RZ/LVの実機レビュー

dynabook RZ/LVのレビュー概要

薄くてパワフルな国産PC

dynabook RZ/LVはintel Core i7-1260Pを搭載したノートパソコンで、12コア16スレッドの強力なパフォーマンスを持つノートパソコンです。

高い性能に加え、本体は900g前半台と非常に軽く、持ち運びしやすかったり色域がsRGBカバー率ほぼ100%といった特徴も兼ね備えています。

こんなタイプにマッチ

  • 軽量な国産PCが欲しい人
  • 外でPCをよく使う人

簡易スペック表

発売日 2022年4月
CPU Core i7-1260P
RAM 16GB
ストレージ 512GB~1TB
画面サイズ 14インチ
GPU Iris Xe Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 940g
Cinebench R20 3616pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

dynabook RZ/LVの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

dynabook RZ/LVの特徴

ここではdynabook RZ/LVの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第12世代搭載で大幅パフォーマンスアップ

dynabook RZ/LVは2022年最新型の第12世代プロセッサを搭載することで大幅にパフォーマンスアップしたモデルです。12コア16スレッドとなり、デスクトップにも劣らない性能となっています。

 

軽くて持ち運びしやすい

本モデルは軽量性重視で1kgを切るデバイスになっています。薄くて、軽いため、持ち運びが非常に楽になっています。指先でつまむように軽々と持てます。

 

付属からUSB Type-Cポート

国産のノートパソコンはACプラグ形式で充電するものが多いですが、本モデルはUSB Type-Cによる充電方式に変更されています。スマートフォンやタブレットでType-Cを使うことも多いでしょうから、統一できるメリットがあります。

 

16:10の縦長のディスプレイ

ディスプレイは16:10となっています。昨今多かった16:9のディスプレイよりも縦長になっていることで、ネットサーフィンでスクロール量を減らしたりWord文書を作る時に縦の表示領域を大きく取ることができます。外観の項目でチェックしてみて下さい。

 

20時間を超えるバッテリー

軽量なノートパソコンながら、バッテリーの公称値は20時間を超えています。

 

dynabook RZ/LVの価格とコストパフォーマンス

ハイエンドモデルのため、一番安いモデルでも20万円以上します。ただし、1kg以下でこれだけのパフォーマンスを持つものは少なく、海外製であれば10万円台後半、国産なら20万円台後半以上が基本です。

そういった意味で、国産にこだわりたい方にとってはコストパフォーマンスが高くなる機種です。

 

dynabook RZ/LVのスペック

今回レビューしたdynabook RZ/LVのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年4月
製品名 dynabook RZ/LV
型式 W6RZLV7CAL
サイズ 224×312.4×15.9mm
重量(実測) 本体 940g
電源アダプタ 255g
CPU Core i7-1260P
GPU Iris Xe Graphics
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 TFTカラー液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 20.5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

dynabook RZ/LVのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3616pts、シングルコア583ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。第12世代のintel Core Pプロセッサは非常に強力で3600ptsを超える数値を叩き出しています。ノートとしてはもちろん、デスクトップとしてでも十分使えるパフォーマンスのレベルです。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は8485pts、シングルコア1540ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は3000MB/s近く出ており、非常に高速です。スピーディで利用していて、不満は全くありませんでした。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2954 やや重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 非常に静か
CPUテスト時 非常に静か
GPUテスト時 非常に静か

 

dynabook RZ/LVのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 97.0 101.2
Adobe RGB 74.2 75

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

dynabook RZ/LVの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:675.88Mbps
ポイント②:380.18Mbps
ポイント③:649.75Mbps
ポイント④:508.52Mbps
ポイント⑤:552.87Mbps
ポイント⑥:143.42Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 675.88 428.04 5
ポイント② 380.18 393.05 6
ポイント③ 649.75 453.86 6
ポイント④ 508.52 463.51 7
ポイント⑤ 552.87 489.95 6
ポイント⑥ 143.42 81 8

 

通信スピードテストの評価

最長距離では速度が落ちてしまってはいるものの、全エリアにおいて安定した数値が得られています。一部屋挟んで500Mbps以上出ているので優秀と言えるでしょう。

 

dynabook RZ/LVのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。20Wでは充電できませんでしたが、それ以外では問題なく充電可能でした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

dynabook RZ/LVの外観

天板にはdynabookのロゴがあります。プラスチック素材ですがマット加工により高級感があります。

 

背面です。スリットは少なめです。天板と同様の素材が用いられています。

 

開いた様子です。ベゼルが狭く今風です。16:10のディスプレイを採用しており縦長で情報量が取りやすいことが特徴です。カラーで評価していますが、色域は広く非常に見やすいです。

 

180°まで開きます。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。それぞれのキーが独立しており、クセのない配置です。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.14mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.5mmとなっています。しっかりとした深さがあり、合成感のあるキーボードで打ちやすくなっています。カチカチといった音が鳴らないので、どこでも気軽に使える点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

タッチパッド幅を計測したところ、110mmとなりました。タッチパッドは横幅だけでなく、縦幅が他社ノートパソコンと比べるとかなり大きめです。触感もよく、マウスなしでの作業性が高くなっています。

 

本体右側にはmicroSD、有線イーサネットコネクタ、USB Type-A、コンボジャックがあります。

 

本体左側にはセキュリティロック、フルサイズHDMI、USB Type-A、USB Type-Cが2つ配置されています。

 

スピーカー性能は並程度です。パームレスト裏側に配置されています。

 

本体の重量を測定したところ、940gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1195gとなりました。充電器単体では255gとなります。

 

dynabook RZ/LVのメリット・魅力

第12世代Coreシリーズが非常にパワフル

本モデルに限った話ではありませんが、第12世代Coreプロセッサは非常にパワフルです。ベンチマークの結果の通り、デスクトップにも劣らない性能があるため、新しくPCを買うならぜひ選んで欲しいモデルと言えます。

 

とにかく軽くて持ち運びしやすい

1kgを切るモデルはいくつかありますが、その中でも900g台前半と軽く、薄い筐体のため、同じクラスでも特に持ち運びに向いた機種と言えます。

 

持ち物の負担軽減できる

充電系統はUSB Type-Cが採用されているため、PCに付属の充電器をスマホ・タブレットの充電器と兼用することもできます。また窒化ガリウムタイプのUSB PD充電器を利用すれば、コンセント側をよりコンパクトにすることも可能です。

 

国産PCにしてはスピーカーが良い

これまで国産ノートパソコンの大きな欠点として、スピーカー性能がとにかく低いという問題がありました。dynabook RZ/LVは並程度のスピーカー性能があり、動画視聴でも十分使えます(ただし、ハイクオリティを求めるなら必ず外部スピーカーを用意して下さい)。

 

dynabook RZ/LVのデメリット・欠点

価格は高め

1kgを切る軽量ノートパソコンの中で、海外メーカーと比べると価格は高めになっています。ただし、コストパフォーマンスの項目で書いたように、国産の同クラスの中ではかなり安くなっています。

 

人気で売り切れ気味

2022年5月31日時点で直販サイトでは全て売り切れていました。確かに、このスペックと価格なら売り切れる理由がわかります。

 

SIMフリーモデルはなし

2022年6月1日時点で軽量ノートパソコンにオプションで選べることが多いSIMフリーモデルですが、当モデルにはモバイル通信の選択肢がありません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

dynabook RZ/LV
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

軽くて持ち運びしやすいだけでなく、第12世代のCoreプロセッサが強力。色域が広かったり、スピーカーも国産モデルと比べると良いにもかかわらず、値段は控えめな点が嬉しい。モバイル通信に対応していれば完璧だったが、そこまでは求めすぎかもしれない。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 軽くて大きめなので持ち運びが楽そう
  • タイピングがしやすい

 

dynabook RZ/LVがおすすめな人

よくPCを持ち運ぶ人

軽量ノートパソコンのため、よくPCを持ち運ぶ人には最適です。キーボードやタッチパッド性能もよく、外出先でのパフォーマンスを落とさずに仕事ができます。

 

外でタイピングを良くする人

dynabook RZ/LVは特にキーボードがよくできていると感じました。全て独立しており、日本人向けの配置でクセがありません。しかも、静音のためタイピングしていても迷惑をかけません。もし外で触る機会があれば、ぜひ試して欲しいモデルと言えます。

 

dynabook RZ/LVがおすすめではないタイプ

安さを重視する人

1kgを切る軽量ノートパソコンは海外メーカーにさらに安い機種が存在します。その分キーボードの配置が違ったり、サポートの問題があったりはしますが、許容できるなら海外メーカーも検討しておくと良いでしょう。以下のページから1kg以下のノートパソコンをレビューした記事を掲載しています。

 

dynabook RZ/LVのカスタマイズ・モデルの選び方

dynabook RZ/LVシリーズは基本的にWindows HomeもしくはPro、officeの有無、SSDの容量で選択します。パフォーマンスに依存するところはほぼ無いので、一般用途ならHomeでSSDは自分が使う容量に合わせて選択すると良いでしょう。敢えてSSDの容量を下げて、外部のデータストレージを用意するのも良いでしょう。

公式サイトを見る

 

dynabook RZ/LVの実機レビューまとめ

文句なしの軽量モバイルノート

結論

国産としては文句なしに仕上がったモバイルノートパソコンです。軽量で持ち出しやすく、しかも第12世代でパワフル。

モバイル通信に非対応な部分だけが弱点ですが、テザリングでカバーできるのでそこだけ許容できるなら、ぜひ購入候補に入れておくべき一台と感じました。

 

dynabook RZ/LVを安く買う方法

dynabook RZ/LVに限らず、dynabookのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年版】Dynabook Direct(ダイナブックダイレクト)公式のセール・クーポンとキャンペーンで最大限安く買う方法・コツ

Dynabook株式会社が製造する「Dynabook(ダイナブック)」シリーズ。かつては東芝のブランドでしたが、現在はシャープの完全子会社となっています。 品質に比例して価格も高いイメージがありますが ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト