dynabook RZ/HVの実機レビュー

dynabook RZ/HVのレビュー概要

14インチのハイエンドモデル

dynabook RZ/HVは同メーカーのノートパソコンの中でも、ハイエンドに位置するモデル。

第12世代のintelプロセッサを採用し、1kgちょっとの軽量ボディに長時間バッテリーと、スピーカー性能が強化されたモデルになっています。

こんなタイプにマッチ

  • 外出先でPCを使う人
  • PCで音楽・動画を見るひと

簡易スペック表

発売日 2022年4月日
CPU Core i7-1260P
Core i5-1240P
RAM 16GB
ストレージ 512GB~1TB
画面サイズ 14インチ
GPU Iris Xe Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 付属なし
重量 1030g
Cinebench R20 3411pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年6月22日時点で272,800円から。現在の価格は公式サイトで必ずご確認ください。

 

dynabook RZ/HVの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本検証はメーカーより、検証機をお借りして実施しています。

 

dynabook RZ/HVの特徴

ここではdynabook RZ/HVの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

スピーカーが強化された特殊モデル

似たモデルに同じ軽量14インチにdynabook RZ/LVがありますが、こちらはスピーカーが強化された特殊モデルになっています。メリットでも後述しますが、その違いがはっきりと感じられる一台となっています。

 

第12世代Coreプロセッサの高いパフォーマンス

プロセッサは第12世代のintelコアプロセッサを搭載しています。第11世代と第12世代は差が非常に大きく、マルチコア、シングルコア共に大きくパフォーマンスアップしています。

 

より長いバッテリー持続時間

本モデルはシリーズの中でも最もバッテリー持続時間の長い交渉値24時間となっています。

 

約1kgの軽量ボディ

本体は公称値1.05kgと非常に軽く、しかも薄型ボディのため使いやすくなっています。片手で軽々と持つことができます。

 

dynabook RZ/HVの価格とコストパフォーマンス

本体の価格はCore i5モデルが23万円台、Core i7モデルが27万円台となっています(2022年6月6日時点)。

dGPU非搭載モデルの中ではトップクラスの価格の高さになっていますが、スペックから考えると妥当か、それよりもコスパが良いくらいです(同じ程度の国産PCは30万円を超えるケースも)。

また、第12世代のintelプロセッサが特に強力なため、Core i5が安くて十分なマシンパワーを発揮してくれる点も見逃せないポイントです。

2022年6月22日時点で272,800円から。現在の価格は公式サイトで必ずご確認ください。

 

dynabook RZ/HVのスペック

今回レビューしたdynabook RZ/HVのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年4月日
製品名
型式 W6RZHV7CCL
サイズ 224×312.4×15.9mm
重量(実測) 本体 1030g
電源アダプタ 255g
CPU Core i7-1260P
GPU Iris Xeグラフィックス
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 1TB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 TFTカラー液晶
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 92万画素
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 24時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

dynabook RZ/HVのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3411pts、シングルコア537ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。さすが第12世代のintelコアプロセッサだけあり、高いパフォーマンスを誇ります。一般用途で使うには十分で、プロセッサが原因で不満を感じることはほぼないでしょう。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は8476pts、シングルコア1498ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。今回は1TBのSSDが搭載されたモデルをテストしています。結果はREADが2400MB/sとなっており、十分な速度です。読み込みで不満に思うことはありませんでした。また、書き込みは4900MB/sを超えており非常に高速です。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2811 やや重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 非常に静か
CPUテスト時 ファン音が聞こえる
GPUテスト時 ファン音が聞こえる

 

dynabook RZ/HVのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 96.6 100.2
Adobe RGB 73.6 74.3

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

dynabook RZ/HVの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:676.49Mbps
ポイント②:469.65Mbps
ポイント③:670.85Mbps
ポイント④:631.52Mbps
ポイント⑤:514.58Mbps
ポイント⑥:368.91Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 676.49 570.02 13
ポイント② 469.65 276.95 12
ポイント③ 670.85 561.32 13
ポイント④ 631.52 491.67 13
ポイント⑤ 514.58 433.93 13
ポイント⑥ 368.91 197.94 13

 

通信スピードテストの評価

PINGが10msを超えており、反応速度の点では少し遅い結果となりましたが、通信速度自体は最長距離においても300Mbpsを超える脅威的な結果となりました。当サイトの計測値でも過去最高クラスと言えるでしょう。

 

dynabook RZ/HVのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。測定の結果、20Wから全て充電が可能でした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

dynabook RZ/HVの外観

dynabook RZ/HVの天板はダークテックブルーという濃いブルーで中央にdaunabookのロゴが配置されています。立体成形されており、高級感があります。

 

背面のスリットは小さめで主張は少なくなっています。天板カラーと同じなため、統一感が出ています。

 

開いた様子です。ベゼルが狭いため、安っぽさは全くありません。ディスプレイは16:10で縦長になっており、Word、ネットサーフィン等で縦の情報量が取りやすいデザインとなっています。カメラは主張が小さい物理シャッターがあり、視覚的に目に入ることがないため、意識を持っていかれない点で優秀です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボードはクセのない配置で、独立しているため打ちやすくなっています。また、電源ボタンが指紋認証を兼ねています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、1.7mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、19.08mmとなっています。静音かつ、深いストロークとなっており、しっかりと打鍵したい人向けと言えるでしょう。

 

タッチパッド幅を計測したところ、110mmとなりました。タッチパッドは横幅が広いこともさることながら、縦幅が広いことも特徴です。マウスを使えない環境で有利に働くでしょう。

 

本体右側にはUSB Type-Aが2つ、コンボジャックが搭載されています。

 

本体左側にはセキュリティロック、フルサイズHDMI、USB Type-A、USB Type-Cが搭載されています。

 

スピーカーは背面とキーボード横に配置されています。下位モデルよりもスピーカーが強化されています。

 

本体の重量を測定したところ、1030gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1285gとなりました。充電器単体では255gとなります。

 

dynabook RZ/HVのメリット・魅力

軽量で持ち運びしやすい

本体が1kgちょっとしかなく、軽量で持ち運びしやすいです。また、USB PD充電が可能なため、コンパクトな窒化ガリウムタイプの充電器を用いることで、手持ちを少なくできることも大きなメリットでしょう。

 

独立キーでタイピングに優れる

dynabook RZ/HVは日本向けに全てのキーが独立しています。そのため間隔がちょうど良いことや、少し深めのキーストロークでタイピングしやすい印象を受けました。また、静音なので外で打っても他の人に迷惑をかけない点もメリットです。

 

タッチパッドが縦長でマウス無しでも操作が楽

dynabook RZシリーズに言えることですが、タッチパッドが他の機種に比べて縦長になっています。おそらく、ディスプレイが16:10で縦長になっている分、フットプリントが上がりスペースを取れるようになったからだと思いますが、これがとにかく便利。

上下左右にタッチパッドで広く取れ、タッチパッドの精度が良いため、マウスなしでも使うことができます。

 

薄型なのにスピーカー性能がかなり良い

他モデルと異なり、RZ/HVはさらにスピーカー性能に力を入れたモデルで、その効果がはっきりとわかるほど低音性能がしっかりとしています。もちろん高音側もクリアになっており、ノートPCとしては十分な音響性能を持っています。

 

充実したインターフェイス

インターフェイスは昨今のウルトラブックとしてはかなり多く、一般利用において困ることはないレベル。特にフルサイズHDMIとUSB Type-Aを搭載している点がウルトラブックとしてはメリットになり、外出先でのプレゼンやデータの授受が多い人の味方になります。

 

dynabook RZ/HVのデメリット・欠点

価格がトップクラスの高さ

どうしてもしょうがない部分ではありますが、これだけのスペックが揃っていると、価格は高くなってしまいます。ただ、価格に見合ってはいるので、あくまで標準的なパソコンと比較して、という話になります。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

dynabook RZ/HV
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

14インチのノートパソコンとしてはほぼ弱点のない素晴らしい一台です。メインPCとしても差し支えないでしょう。価格は高めですが、それに見合うだけの価値は十分あります。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 色味が落ち着いていて良い

 

dynabook RZ/HVがおすすめな人

自宅も外も一台で使う人

パソコンとしてのプロセッサ性能が高いこと、スピーカーに優れていることやキーボード周りがよくできていること、そして何よりも軽量なこと。これらのメリットを兼ね備えており、自宅で使うときも外で使うときも一台で全てをこなせるパフォーマンスを持っています。

自宅限定であっても持ち運びしやすいことや、マウスを使わなくても利用が楽なこと自体がポイントと言えるでしょう。

 

マウスを使わない人

上述しましたが、マウスを使わない人にとってはタッチパッドの広さのメリットが特に大きくなります。Windowsノートパソコンの中ではトップクラスに感じました。

 

ノートでタイピングが多い人

静音キーボードで、キーストロークがしっかりとあるため、タイピングが多い人に向いています。カチャカチャした音がならないため、外でも気兼ねなく使えるでしょう。

 

dynabook RZ/HVがおすすめではないタイプ

価格を重要視する人

全てを兼ね備えているが故に14インチのdGPU非搭載パソコンとしてはトップクラスの価格帯になります。どれかの性能を許容したり、海外メーカーを選べばコストは下がりますが、もちろんスペックとのトレードオフになります。

もしスピーカー性能を犠牲にしても良いなら、dynabook RZ/LVがおすすめです。ワンランク音質は下がりますが、より軽量になり、価格もダウンします。

 

dynabook RZ/HVのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルを選ぶポイントはCore i5モデルとCore i7モデルの違いのみです。よほどハードな使い方をしない限りは、Core i5モデルで十分です。第12世代のパフォーマンスが高く、これでも持て余す人が多くなるでしょう。

起動を始めとした処理はSSDの方がボトルネックになることが多いですが、こちらは十分なパフォーマンスがあるので心配ありません。

公式サイトを見る

 

dynabook RZ/HVの実機レビューまとめ

金額さえ許容すればベストに近い14インチ

結論

本モデルは軽量14インチの中では最高クラスに良い出来を誇るノートパソコンです。もちろんその分金額は高くなりますが、第12世代でCore i5が大幅にパワーアップしたことで選びやすくはなっています。

コストはかかりますが、それに十分見合う、もしくはそれ以上の価値のあるの一台になっています。

2022年6月22日時点で272,800円から。現在の価格は公式サイトで必ずご確認ください。

 

dynabook RZ/HVを安く買う方法

dynabook RZ/HVに限らず、dynabookのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年版】Dynabook Direct(ダイナブックダイレクト)公式のセール・クーポンとキャンペーンで最大限安く買う方法・コツ

Dynabook株式会社が製造する「Dynabook(ダイナブック)」シリーズ。かつては東芝のブランドでしたが、現在はシャープの完全子会社となっています。 品質に比例して価格も高いイメージがありますが ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト