当サイトの記事は広告を含みます。

GIGABYTE G5(2023)の実機レビュー

GIGABYTE G5のレビュー概要

お財布に優しいエントリーゲーミング

GIGABYTE G5シリーズは第12世代のintelプロセッサとRTX4000番台のグラフィックボードを搭載したエントリークラスのゲーミングノートパソコンです。

同性能クラスの他社モデルと比較してリーズナブルな点が特に注目ポイントです。

こんなタイプにマッチ

  • エントリーゲーミングを探す人
  • ディスプレイ拡張もしたい人

簡易スペック表

発売日 2023年4月15日
CPU Core i5-12500H
RAM 8~16GB
ストレージ 512GB
画面サイズ 15.6インチ
GPU RTX4060 Laptop
RTX4050 Laptop
USB-PD 対応(電源オフもしくはスタンバイ時)
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 非搭載
重量 2100g
Cinebench R20 4664pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

GIGABYTE G5の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

GIGABYTE G5の特徴

ここではGIGABYTE G5の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

エントリーとして十分以上のゲームパフォーマンス

本モデルは第12世代のintelプロセッサとGeForce RTX4000番台を搭載し、エントリークラスとしては十分なパフォーマンスを備えています。詳しいデータについてはベンチマーク結果をご覧ください。

 

豊富なインターフェイス

ノートパソコンとしてはトップクラスのインターフェイスを備えています。PC単独だけでなく、外部ディスプレイに接続して使う場合の柔軟性も嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

価格帯は他社製品と比較して抑えめ

同じクラスの製品群と比較すると価格帯は安めになっており、お財布に優しいです。

 

GIGABYTE G5の価格とコストパフォーマンス

同じエントリークラスのノートパソコンと比較すると高いコストパフォーマンスとなっています。

 

GIGABYTE G5のスペック

今回レビューしたGIGABYTE G5のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2023年4月15日
製品名 GIGABYTE G5
型式 G5 KF-E3JP313SH
サイズ 238×360×22.7mm
重量(実測) 本体 2100g
電源アダプタ 475g
CPU Core i5-12500H
GPU GeForce RTX4060 Laptop
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 IPS
リフレッシュレート 144Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 100万画素
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 搭載
バッテリー サイズ 54Wh
公称値 公式記載なし時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

GIGABYTE G5のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4664pts、シングルコア662ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。第12世代intelプロセッサということもあり、4500ptsを超える高いパフォーマンスとなっています。シングルスコアも650ptsを超えており高いパフォーマンスを有しています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は11380pts、シングルコア1706ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Crystaldiskmarkのスコアは4700MB/sとなっており、エントリーのゲーミングパソコンと比べると高めの数値になっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 7130 快適
高品質 8992 快適
軽量品質 9730 とても快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる
GPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる

 

GIGABYTE G5のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 63.2% 63.4%
Adobe RGB 47.0% 47.0%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

GIGABYTE G5の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:416.53Mbps
ポイント②:121.76Mbps
ポイント③:277.23Mbps
ポイント④:203.86Mbps
ポイント⑤:101.97Mbps
ポイント⑥:43.67Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 416.53 275.32 13
ポイント② 121.76 200.9 13
ポイント③ 277.23 243.32 34
ポイント④ 203.86 217.54 13
ポイント⑤ 101.97 134.78 15
ポイント⑥ 43.67 86.77 13

 

通信スピードテストの評価

最長距離では速度がガクッと落ちてはいるものの、それ以外では100Mbps以上の数値を出しています。少しばらつきがありますが、ゲームで使うなら有線イーサネットコネクタを活用した方が安定性が高まるため、そちらがおすすめです。

 

GIGABYTE G5のUSB-C(PD)による充電テスト

本モデルは電源オン時にはUSB PD充電には非対応となっています。ただしシステム電源がオフもしくはスタンバイモードで35W以上のPD充電器を使うと充電が可能です。

 

GIGABYTE G5の外観

天板はシンプルでGIGABYTEのロゴのみとなっています。

 

背面はスリットが大きく空いた形状で、ヒートパイプやファンが見えるようになっています。

 

開いた様子です。ベゼル幅は並程度(ゲーミングPCとしては狭め)になっています。144Hzのディスプレイとなっています。

 

最大開き角は130°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。日本語キーとなっていて特に癖はなく使いやすい印象でした。テンキーも搭載されています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.72mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.6mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、121mmとなりました。

 

フルサイズイーサネットコネクタ、USB Type-Cポート、microSDスロットを備えています。

 

USB Type-Aポートを2つ、ヘッドフォンおよびマイクジャックを備えています。

 

背面にはUSB Type-C、フルサイズHDMI、ミニディスプレイポート、電源ポートを備えています。

 

本体の重量を測定したところ、2100gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2575gとなりました。充電器単体では475gとなります。

 

GIGABYTE G5のメリット・魅力

リーズナブルな価格帯

GIGABYTE G5(2023)は10万円台前半から購入することができるため、価格帯的にはかなりリーズナブルな一台となっています。

 

しっかりとしたパフォーマンス

CinebenchやFF15のベンチマークの結果からもわかるように十分なパフォーマンスが得られています。エントリークラスのゲーミングノートパソコンとしては十分と言えるでしょう。

 

インターフェイスの豊富さが魅力

筆者が最も評価したいポイントはインターフェイスの多さです。パフォーマンスがしっかりあるが故に、ノートパソコンだけでなくディスプレイを拡張して使える余裕がある点も魅力。しかもミニディスプレイポートとフルサイズHDMIを備えています。

さらにUSB端子も多いため、外部接続の余力がある点は見逃せません。

 

GIGABYTE G5のデメリット・欠点

ファン音が大きめ

ベンチマークテスト時にファン音が一般的なノートパソコンと比較するとかなり大きい点が気になりました。ただし、ゲーミングパソコンなら並程度。初めてゲーミングモデルを買う人は一度量販店などでファン音を他しめておくほうが無難です。

 

Core i7モデルはなし

ラインナップはCore i5モデルのみとなっています(ただし、12450と12500モデルが存在)。よりプロセッサパフォーマンスを求める場合には本モデルは選択対象外になります。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

GIGABYTE G5
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

エントリーモデルとしてパフォーマンスは十分、かつリーズナブルで買う価値のある一台です。ゲーミングっぽいライティング要素は薄いですが、裏を返せばシンプルなので普段使いもしたい人にはちょうど良いかもしれません。

 

GIGABYTE G5がおすすめな人

値段を抑えて購入したい人

本モデルのメインターゲットは「価格控えめでゲーミングパソコンが欲しい人」と言えるでしょう。スペック的に十分なパフォーマンスを持っています。

 

外部ディスプレイ接続を考えている人

メリットでも書いた通り、外部ディスプレイ接続を主に考えている人にとっては強みのある一台です。USB Type-A、Type-Cともに拡張性があるためマウスなどの接続自由度がより高くなります。

 

GIGABYTE G5がおすすめではないタイプ

音を気にする人

ゲーミングパソコンということもあり、ファン音はかなり大きめです。音にデリケートな人は必ず事前にチェックすることをおすすめします。

 

GIGABYTE G5のカスタマイズ・モデルの選び方

GIGABYTE G5の2023モデルはプロセッサがCore i5のみでグラフィックボードを選んだり、メモリを選択できる構成になっています。根本的に大きく変わる部分は少ないので、予算に合わせてスペックをチョイスして良いでしょう。

公式サイトを見る

 

GIGABYTE G5の実機レビューまとめ

リーズナブルなエントリーゲーミング

結論

価格控えめで十分なパフォーマンスを持つノートパソコンということもあり、買いに値する魅力的なモデルです。

 

GIGABYTE G5を安く買う方法

GIGABYTE G5に限らず、日本GIGABYTEのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年5月】日本HPパソコンをクーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト