G-Tune HM-B-3060Tiの実機レビュー

G-Tune HM-B-3060Tiのレビュー概要

エントリーから中級向けのゲーミングPC

G-Tune HM-B-3060Tiはintel Core i7-11700FとGeForce RTX3060Tiを搭載したミドルレンジクラスのデスクトップパソコンです。エアフロー重視のブラック筐体となっています。

標準では普通のデスクトップのように見えるシンプルさを持ちながら、カスタマイズで強化ガラスパネルなども選択可。フロントHDMI接続があるため、VRデバイスを利用するユーザーにもおすすめです。

こんなタイプにマッチ

  • エントリーから中級のゲーマー
  • 写真・動画クリエイター
  • VRデバイスユーザー

簡易スペック表

発売日 2021年11月22日
CPU Core i7-11700F
RAM 16GB
ストレージ 512GB SSD(増設可)
画面サイズ -
GPU GeForce RTX3060Ti
USB-PD -
LTE・5G通信 -
MSオフィス 選択可
重量 10.9kg
Cinebench R20 4035pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年3月23日時点で税込208,780円から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

G-Tune HM-B-3060Tiの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

G-Tune HM-B-3060Tiの特徴

ここではG-Tune HM-B-3060Tiの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第11世代のintelプロセッサを搭載

G-Tune HM-B-3060Tiでは第11世代のintelコアプロセッサを搭載しています。Cinebench R20で結果を後述しますが、シングル・マルチ共に十分なパフォーマンスを誇ります。

 

グラフィックスにRTX3060Ti

グラフィックスにはGeForce RTX3060Tiを搭載。優れたパフォーマンスを誇ります。今回検証したモデルではMSIのグラフィックボードが搭載されていました。

 

水冷式のCPUクーラー

本モデルでは240mmラジエーターの水冷式CPUクーラーが搭載されています。空冷に比べると音を抑えられる利点を持ちます。

 

VRでも使いやすいフロントHDMI

ゲーミングパソコンの中でも珍しいフロントHDMIを搭載。VRデバイスでHDMI接続を必要とするものを手間なく接続することができます。

 

サイドパネルの変更が可能

G-Tune HM-B-3060Tiは通常では黒のサイドパネルが採用されていますが、カスタマイズにより強化パネルやLEDライティング仕様への変更が可能です。

 

G-Tune HM-B-3060Tiの価格とコストパフォーマンス

2022年3月23日時点で定価は208,780円です。プロセッサのパフォーマンスを考えれば適正な価格と言えるでしょう。また、さらに、セールにより価格が安くなるとその分割安感が出るので、公式サイトをチェックしてみて下さい。

2022年3月23日時点で税込208,780円から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

G-Tune HM-B-3060Tiのスペック

今回レビューしたG-Tune HM-B-3060Tiのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年11月22日
製品名 G-Tune HM-B-3060Ti
型式 -
サイズ 390×189×396mm
重量(実測) 本体 10.9kg
電源アダプタ -
CPU Core i7-11700F
GPU GeForce RTX3060Ti
メモリ(RAM) 32GB
ストレージ 1st 512GB SSD
2nd -
ディスプレイ サイズ -
-
アスペクト比 -
形式 -
リフレッシュレート -
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 -
物理シャッター -
リヤカメラ 画素数 -
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 -
SIMカードサイズ -
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ -
公称値 -

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他スペックを見てみる

 

G-Tune HM-B-3060Tiのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4035pts、シングルコア584ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core i7-11700Fはパフォーマンスが高く、十分な性能となっています。intel製なのでシングルスコアの性能が高いのも特徴です。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は9112pts、シングルコア1525ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値が約2000MB/sとなっており、SSDのスピードとしては十分です。トップクラスを目指すなら、カスタマイズでアップグレードしても良いでしょう。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 10870 とても快適
高品質 14611 非常に快適
軽量品質 17606 非常に快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ほぼ無音
CPUテスト時 あまり音はしない
GPUテスト時 あまり音はしない

 

G-Tune HM-B-3060Tiのモニター評価(色域・トーンカーブ)

デスクトップPCのためモニター評価は行なっておりません。

 

G-Tune HM-B-3060Tiの通信環境(WI-Fi)のテスト

デスクトップPCのため通信環境テストは行なっておりません。

 

G-Tune HM-B-3060TiのUSB-C(PD)による充電テスト

デスクトップPCのため充電テストは行なっておりません。

 

G-Tune HM-B-3060Tiの外観

表から見た様子です。フロントにはヘッドフォンジャック、マイクジャック、USB Type-A、HDMI端子を備えます。フロントのHDMI端子をつなげる場合、背面のコードをグラフィックボードに繋ぐ必要があります。

 

サイドパネルです。エアフローのために通気口が空いています。

 

逆側のサイドパネルです。

 

背面です。各インターフェイスを備えています。

 

背面上部には延長用のHDMIケーブルがあります。表面のHDMIコネクタを利用する場合、このケーブルをグラフィックボードに接続して利用します。

 

グラフィックボードの出力はディスプレイポート×3、HDMI×1となっています。

 

サイドパネルを開いた様子です。

 

MSIのグラフィックボードが接続されています。

 

メモリスロットは2枚で両方とも埋まっています。

 

G-Tune HM-B-3060Tiのメリット・魅力

クセがないデザインの筐体

本モデルはゲーミングPCの位置付けですが、カスタマイズしなければクセがなくシンプルな筐体となっています。ゲーマーだけでなく、一般ユーザーでも使いやすい意匠と感じました。

 

RTX3060Ti搭載で十分なパフォーマンス

グラフィックスにはGeForce RTX3060Tiを搭載しており、十分なパフォーマンスとなっています。

 

かなり細かくカスタマイズできる

ぜひ一度公式サイトでチェックして欲しいポイントですが、本モデルは非常に細かくカスタマイズが可能です。元々ゲーミングパソコンとして十分な設計がなされている上に容量増設、2ndストレージの追加、光学ドライブの追加など使う人の用途に合わせて変更できます。

 

G-Tune HM-B-3060Tiのデメリット・欠点

純正でカスタマイズは16GBまで

G-Tune HM-B-3060Tiでは純正のカスタマイズオプションは16GB以上で増設することができません。32GBモデルもありますが、その場合はプレミアムモデルになるので注意して下さい(カスタマイズではなく、そもそも別モデルで展開されています。公式ページはこちら)。

※後述の安く買う方法でも書いていますが、こちらの通常モデルがセールではなく、プレミアムモデルがセールになるケースがあります(2022/3/23時点のセールでそうなっています)。そのため、購入時は通常モデルとプレミアムモデルの両方の価格をご確認ください。

 

メモリスロットは2つ

メモリスロットは2つのため、RAMの追加増設ができなくなっています。容量アップしたい場合、コストがかかってしまう弱点があります。

 

ノーマルだとゲーミング感が薄い

どんな人でも使いやすいデザインである一方、標準だとゲーミング感が薄いと感じました。よりゲーミング感を求める人は追加カスタマイズでサイドパネルを変更しても良いでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみましょう。

G-Tune HM-B 3060Ti
レビューの平均:  
 1 レビュー
 by SIMPC

クセがなくバランスが取れたデスクトップパソコン。ゲーミングの位置付けですが、本体デザインが控えめなので、オフィスでも普通に使えそうです。メモリの増設が難しいところだけが、人によっては懸念点になる可能性があります。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • ゲーミングっぽくない
  • 黒くてシンプルなデザイン

 

G-Tune HM-B-3060Tiがおすすめな人

エントリーから中級向けのゲーマー

G-Tune HM-B-3060Tiはスペックの分類で言うとミドルレンジの位置付けになります。エントリーからミドルレンジでプレイするユーザー向けのモデルと言えるでしょう。

 

写真・動画制作者

プロセッサのパフォーマンスが高く、GeForce RTX3060Tiも十分な性能があるため写真、動画制作にも向くでしょう。ストレージが足りない可能性があるので、メインサブ共に増設しても良いですし、SSDのグレードを上げてより高速に読み書きできるモデルへ変更しても良いでしょう。ユーザーに応じて臨機応変にカスタマイズできる点もクリエイターにとって向いています。

 

VRユーザー

ゲーミングパソコンは数あれど、フロントHDMI接続できる機種は多くありません。フロント接続できると本当に楽なので、PCを使ってVR機器と接続する人はぜひ候補に入れて下さい。

 

G-Tune HM-B-3060Tiがおすすめではないタイプ

RAMを大量に使うユーザー

本モデルは16GBでRAMが固定されており、かつメモリスロットに空きがありません。RAMをさらに使うユーザーは32GB搭載のプレミアムモデル、もしくはより大容量を搭載できる別デスクトップPCををおすすめします。

 

G-Tune HM-B-3060Tiのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルは初期設定で十分なパフォーマンスが出るように設計されています。その上で筆者がカスタマイズするなら、SSDのバージョンアップと2ndストレージの追加です。

SSDはさらに高速なモデルが存在すること、さらに標準で512GBでは物足りないのでアップグレードすると思います。2ndストレージは純粋にPCのストレージが欲しいのでHDDで追加するでしょう。

また、本文で何度か書いていますが、このモデルは16GBメモリの通常版と32GBのプレミアムモデルの2種類があります。片方だけセールをやっていることがあり、32GBのセールで16GBよりも安くなることがあるので必ず両方チェックするようにして下さい。

公式サイトを見る

 

G-Tune HM-B-3060Tiの実機レビューまとめ

バランスの取れたゲーミングPC

結論

Core i7-11700FとGeForce RTX3060Tiを搭載したデスクトップで、エントリーから中級者向けにぴったりなモデル。

本体デザインがゴテゴテしていないので、クリエイターがオフィスに置いても使えるでしょう。本体カテゴリはゲーミングPCですが、幅広く色んな人にマッチしそうな一台です。

2022年3月23日時点で税込208,780円から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

G-Tune HM-B-3060Tiを安く買う方法

G-Tune HM-B-3060Tiに限らず、マウスコンピューターのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年6月】マウスコンピューター・G-Tuneのセール・クーポンとキャンペーン・学割で安く買う方法・コツ

この記事ではコスパの高いマウスコンピューターのパソコンを最大限安く買うための方法についてまとめました(この同メーカーのゲーミングブランド「G-Tune(ジーチューン)」を安く買う方法も含みます)。 結 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト