IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の実機レビュー

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のレビュー概要

2021年もコスパ最強クラスの2in1

2020年に登場したIdeaPad Flex 550は2021年モデルになって、Ryzen5000シリーズに正当進化を遂げ、前年度と同様にコスパ最強クラスのノートパソコンとなっています。

低価格で買えるPCながら、一昔前のデスクトップ級のパフォーマンスがある上にタッチパネル対応、スタイラスペン付属と至れり尽せりな機種となっています。また2021年モデルではディスプレイの色味が改善され、より見やすくなっています。

10万円以下でできるだけ安く、かつ性能ができるだけ高いノートパソコンが欲しい人には間違いなくすすめられる買って損のないPCです。

簡易スペック表

発売日 2021年2月25日
CPU Ryzen3 5300U
Ryzen5 5500U
Ryzen7 5700U
RAM 8~16GB
ストレージ 256~512GB
画面サイズ 14インチ
GPU 内蔵グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1535g
Cinebench R20 2599pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2021年6月3日時点でRyzen3モデルが57,475円から。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の特徴

ここではIdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

2021年もコスパ最強クラスの機種

概要でも書いた通り、IdeaPad Flex 550は前年に引き続き非常に優れたコストパフォーマンスを誇る機種と言えます。特にRyzen4000シリーズが登場した時ほどのインパクトはありませんが、5000シリーズでも圧倒的なマルチコアスレッド性能を持ちながら6万円台で買えてしまうのは驚き。ネットサーフィン、ワードなどのOfficeソフトを使うことを前提としているならこれで十分と言える一台です。

 

折り返して2in1としての利用が可能

IdeaPad Flex 550は2in1で折りたたみ型のタブレットとしての利用が可能です。

 

またタブレットとしてだけでなく、テントモードでも利用できるため動画鑑賞をする際にキーボードを気にせずに見ることも可能となっています。

 

スライラスペンが付属

6万円台から買えるノートパソコンながら、なんと純正でスタイラスペンが付属します。このペンの性能が意外と良く、資料修正で書き込みをするなど十分使える実力を持っています。この値段値でスタイラスペンが付属すること自体が驚異的です。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の価格とコストパフォーマンス

IdeaPad Flex 550のコストパフォーマンスの良さは前モデルから折り紙付きです。できるだけ安く、かつストレスなく使いたいなら間違いのないノートパソコンと言えるでしょう。

2021年6月3日時点でRyzen3モデルが57,475円から。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のスペック

今回レビューしたIdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年2月25日
製品名 IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)
型式
サイズ 217.5×321.5×17.9mm
重量(実測) 本体 1535g
電源アダプタ 345g
CPU Ryzen5 5500U
GPU AMD Radeonグラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1080インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 有り
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.0
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 3セル
公称値 16.1時間時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2599pts、シングルコア456ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は6877pts、シングルコア1178ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
標準品質 4182 快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
軽量品質 1864 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。IdeaPad Flex 550では8GBでもデュアルメモリとなっています。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:284.24Mbps
ポイント②:125.01Mbps
ポイント③:276.42Mbps
ポイント④:290.13Mbps
ポイント⑤:203.5Mbps
ポイント⑥:79.7Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 284.24 412.14 10
ポイント② 125.01 247.78 13
ポイント③ 276.42 426.67 9
ポイント④ 290.13 454.15 9
ポイント⑤ 203.5 298.2 10
ポイント⑥ 79.7 163.62 9

 

通信スピードテストの評価

IdeaPad Flex 550の2021年モデルではWi-Fi6を搭載していないため500Mbpsを超えることはありませんでしたが、通信速度は長距離でも安定した結果が得られています。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。20W以下では充電が開始されませんでした。また30Wでは低速充電となりました。45W以上では充電できました。LGのディスプレイでは充電、ディスプレイ表示ともにできませんでした。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7
LG 29UM69G-B × LG 29UM69G-B

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の外観

天板はプラスチック素材にメッキが施されたものになっています。触ると樹脂素材とわかりますが、一見して安っぽさはありません。また、マークはLenovoのワンマークのみで主張も強くありません。

 

背面です。こちらはコストダウンのためか天板と異なり、樹脂素材そのままとなっています。

 

開いた様子です。光沢ディスプレイとなっており、かなり反射します。その分ディスプレイは綺麗に写ります。

 

2in1のため、タブレットモードとしての利用も可能になっています。純正のスタイラスペンでの入力時に便利です。

 

上部ベゼルです。上側は9mm、左右は4mmほどとなっています。

 

下側ベゼルです。幅は12mmとなっています。

 

フロントカメラはディスプレイ上部にあり、シャッターによる物理スイッチがあります。

 

キーボード全体です。エンターキーをはじめ一部のキーがくっついています。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、18.2mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、106mmとなりました。

 

本体右側です。USB-Aが2つ、SDスロットが一つ、そして電源ボタンがあります。

 

本体左側です。電源アダプタ、HDMI、USB-C、ヘッドフォンジャックがあります。

 

スピーカーは本体キーボード上にあります。また、指紋認証を搭載しています。

 

本体の重量を測定したところ、1535gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1880gとなりました。充電器単体では345gとなります。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のメリット・魅力

6万円台としては驚異的な性能

IdeaPad Flex 550はRyzen3やRyzen5モデルが6万円台から購入可能。Cinebench R20の性能から考えると、デスクトップ級の性能を有しておりとにかくハイパフォーマンスでかつリーズナブル。安くてストレスのないパソコンを探している人にとってはこれ以上ないほど魅力的なパソコンと言えます。

 

スタイラスペンの入力性が良い

タブレット形式にできる2in1モデルではスタイタスペンが使いたくなりますが、このIdeaPad Flex 550では純正で付属。サードパーティ製のものを買うと連携がイマイチだったり、反応が悪かったりすることがありますがこれは気にする必要は全くありません。

 

前モデルからディスプレイの色味が改善

前モデルも当サイトでレビューしていますが、今回のモデルで筆者の感覚で最も評価したいのはディスプレイです。前回は少し黄色みが残るディスプレイでしたが、今回は改善され、自然な色合いとなっています。

 

USB-PD充電に対応

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のデメリット・欠点

2in1ということもあり重め

コスパ的に優位なIdeaPad Flex 550の唯一の弱点は重さ。2in1モデルはヒンジ部分に補強を入れる関係もあってか重くなり、このIdeaPad Flex 550も例外ではありません。14インチのノートパソコンの中ではかなり重いので、持ち運び前提なら他のモデルを選ぶことをおすすめします。

 

納期に注意

IdeaPad Flex 550シリーズはコスパが良すぎるが故に前モデルでも売り切れが続出しました。そのため、購入する際は納期に注意しておきましょう。もし在庫が残っているなら、そこで決めておく方が無難です。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

IdeaPad Flex 550
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on IdeaPad Flex 550

2021年も変わらず非常にコストパフォーマンスに優れたノートパソコン。パフォーマンスが高く長く使える他、純正スタイラスペンが付属していたり、タッチパネル対応のため直観的に使えて初心者にも勧められるモデルになっています。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • 安いパソコンには全く見えない
  • 本体が重いので持ち運びはキツそう

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)がおすすめな人

安くて実用性の高いパソコンを探している人

何度もくり返しになりますが、安くて実用性が高いパソコンを探している人にはぴったりです。ネットサーフィン、オフィスソフトを使う程度なら完全にオーバースペックですが、裏を返せば向こう数年はちゃんと使えるということ。安くてここまで価値のあるパソコンは本当に珍しいので、人気があるのもうなづけます。

 

14インチでSDスロットを使いたい人

昨今の海外製ノートパソコンのほとんどがmicroSDカードを使っているケースが多くなっていますが、IdeaPad Flex 550ではフルサイズSDスロットを備えています。カメラで写真を撮ったりした際にフルサイズSDスロットがあるだけで、追加パーツがいらないため手軽にデータの移動ができます。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)がおすすめではないタイプ

モバイル性を重視したい人

デメリットでも書いた通りIdeaPad Flex 550の一番の欠点は重さ。持ち運びが多いなら、お金を出しても他のモデルを買うことをおすすめします。10万円以下のパソコンでいくつか紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

 

非光沢ディスプレイが欲しい人

性能ではコスパが高く、全く問題のないIdeaPad Flex 550ですが、光沢ディスプレイは人の好みに分かれるところ。もし非光沢ディスプレイが欲しい場合はIspiron 14 5415をおすすめします。スタイラスペンは付いていませんが、価格は同じくらいのRyzen5000シリーズを搭載したモデルです。

Inspiron 14インチ 5415(Ryzen・2021年モデル)の実機レビュー

Ryzen5000シリーズを搭載したクラムシェルPC。低価格ですが、パフォーマンスが高いことが特徴。書類作成・ネットが主なら買って後悔のないコスパ重視PCです。2021年4月14日に発売モデル。

続きを見る

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)のカスタマイズ・モデルの選び方

IdeaPadFlex 550(2021)はどのモデルを選んでカスタマイズしても、コストパフォーマンスに優れますが中でも最も魅力的なのはRyzen5 5500Uモデルです。一つ下のグレードであるRyzen3シリーズと比較して価格差が小さい一方、性能差が大きいのでRyzen5自体のコストパフォーマンスが大きく上がっています。ただ、Ryzen3でも十分なパフォーマンスは持っているので、安いからダメというわけではありません。1円でも安く買いたいならRyzen3シリーズ、コスパを優先しつつ長期使いたいならRyzen5モデルとして購入しましょう。

公式サイトを見る

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)の実機レビューまとめ

2021年も最強コスパの2in1

結論

IdeaPad Flex 550はRyzenの優秀なパワー、スタイラスペン付属、シンプルかつ安っぽさのない筐体と2021年も最強のコストパフォーマンスを誇るノートパソコンに仕上がっています。

人気モデルだけあって、売り切れになっていることが多いので見つけたら即買いしても良いレベルのPCと言えるでしょう。

2021年6月3日時点でRyzen3モデルが57,475円から。現在の価格は公式サイトでご覧ください。

 

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)を安く買う方法

IdeaPad Flex550(2021年モデル・AMD)に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

Lenovo(レノボ)公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セールで安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買うためには、ネット限定の「Eクーポン」と「キャンペーン(セール)」があります。 あまり知られていませんが、レノボの購入ページは同じに見えて割引率が違う ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種をピックアップしています。

© 2021 SIMPC(シンプシー)