Inspiron 14インチ 5415(Ryzen・2021年モデル)の実機レビュー

Inspiron 14インチ 5415のレビュー概要

コストパフォーマンスに優れた14インチ

Inspiron 14インチ 5415は前モデルに引き続き、高性能なAMD Ryzenプロセッサを搭載しつつ、6万円台から購入できる高いコストパフォーマンスを誇る機種となっています。

Microsoft Office搭載モデルも選べるようになっているため、パソコンに慣れていないエントリーユーザーでも使いやすいモデル。動画編集までは向かないものの、入力しやすいキーボードの質感・タッチパッドの広さを兼ね備えており作業性が抜群に高い機種となっています。

低コストで高パフォーマンスかつキーボード入力性が良いため、一般家庭だけでなく法人で事務用のパソコンを一括購入する際にも候補に入れておくと良いPCです。

簡易スペック表

発売日 2021年4月14日
CPU Ryzen5 5500U
Ryzen7 5700U
RAM 8,16GB
ROM 256,512GB
画面サイズ 14インチ
GPU 内臓グラフィックス
USB-PD 対応
LTE 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1430g
Cinebench R20 2680pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Inspiron14 5415はAmazonで安くなっていることもあるので合わせてチェックするのがおすすめです。

 

Inspiron 14インチ 5415の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※当サイト(シンプシー)でDELL公式サイトから購入し、検証・ベンチマークテストを行っています。

 

Inspiron 14インチ 5415の特徴

ここではInspiron 14インチ 5415の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

大人気モデルの後継機

Inspiron5415は価格.comでも一位を獲得したモデルの後継にあたります。前モデルでは低価格・高性能・シンプルでスタイリッシュな外観の三拍子を揃え大人気モデルとなりましたが、今回もそのコンセプトからブレることなく正当進化したモデルとなっています。

 

Ryzen 5000シリーズプロセッサを搭載

前モデルではRyzen4000シリーズプロセッサを搭載していましたが、今回はRyzen5000シリーズプロセッサにバージョンアップ。Ryzen3000シリーズから4000シリーズほどのベンチマーク数値のインパクトはないもののモバイルPCとしてはintel機と比べて明らかにパフォーマンスが高くなっています。

 

クーポン適用で6万円で購入可能

前モデルも安さが売りでしたが、今回も同様にコスパが魅力的な一台になっておりクーポン適用で6万円台から購入することができます。プロセッサや本体の質感から考えると非常に魅力的な値段たいと言えるでしょう。

 

前モデルとの違い

前モデルからはプロセッサがRyzen5000シリーズに変更された他、バッテリー容量が大きくなっています。そのため、本体重量が前モデルと比べると重くなっています。

 

Inspiron 14インチ 5415の価格とコストパフォーマンス

Inspiron 14 5415は2021年4月発売モデルでこのレビューは発売から1か月も立たないうちに書いていますが、コストパフォーマンスは非常に良いです。特にRyzen5 5500Uプロセッサの性能が高いため、intel製プロセッサを選ぶ理由がないほど。他社のエントリーモデルも含めて、安くてかつ実用的なパソコンを探している人は第一候補に入れて良いPCと言えるでしょう。

 

 

Inspiron 14インチ 5415のスペック

今回レビューしたInspiron 14インチ 5415のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年4月14日
製品名 Inspiron 14インチ 5415
型式
サイズ 212.8×321.27×17.99mm
重量(実測) 本体 1430g
電源アダプタ 330g
CPU Ryzen5 5500U
GPU 内臓グラフィックス
メモリ(RAM) 8GB
保存(ROM) 1st 256GB
2nd
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1080インチ
形式 液晶
リフレッシュレート 記載なし
生体認証 指紋 無し
顔認証 有り
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 4セル(54Whr)
公称値 記載なし時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

Inspiron 14インチ 5415のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は2680pts、シングルコア456ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Ryzen5 5500Uでも一昔前のデスクトップパソコン級の性能を持っています。シングルコア性能も400ptsを超えており、単処理でのパフォーマンスも十分と言えます。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は6235pts、シングルコア1180ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。CrystalDiskMarkでのReadの数値は3000MB/sを超えており、一般流通クラスのノートパソコンとしては最高クラスになります。動作面でストレスを感じることはありません。

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
標準品質 2037 普通

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 未計測 未計測
高品質 未計測 未計測
軽量品質 853 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

Inspiron 14インチ 5415の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:528.53Mbps
ポイント②:321.1Mbps
ポイント③:525.81Mbps
ポイント④:499.56Mbps
ポイント⑤:434.45Mbps
ポイント⑥:214.65Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 528.53 226.92 9
ポイント② 321.1 176.4 9
ポイント③ 525.81 242.37 9
ポイント④ 499.56 61.52 11
ポイント⑤ 434.45 187.25 10
ポイント⑥ 214.65 114.75 9

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6に対応していることもあり、下り、上りそしてPINGともに安定した数値が得られています。一戸建て環境において、最長距離である⑥ではダウンロードの数値が半分以下になってはいるもののPINGが安定しているためレスポンスがよく速度低下は感じません(通信性能が悪いものは長距離でPINGが落ち、レスポンスが悪くなる傾向がある)。

 

Inspiron 14インチ 5415のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。45W以下では通常運転に必要な電力に足りていないとの通知が出ます(充電は可能)。61WのUSB-PD以上では正常に充電ができています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Inspiron 14インチ 5415の外観

今回購入したカラーはシルバーです。天板はDELLのロゴのみのシンプルなスタイルとなっています。なおロゴは印刷ではありません。

 

背面は天板と色合いが異なりますが、マットなシルバーシルバー調になっています。センターにスリットは大きめです。

 

開いた様子です。ベゼル幅が狭く、安っぽさは感じません。

 

上部ベゼルです。ハイエンドクラスまではいきませんが狭い印象です。

 

下部ベゼルです。格安モデルは下部のベゼルが大きくなることが往々にしてありますが、このモデルは小さめでデザインが良いことが特徴です。

 

フロントカメラは小さめです。ベゼルは狭いにも関わらず物理シャッターを搭載しています。格安モデルとしては魅力的な点です。

 

キーボード全体です。バックスペースやエンターキーなど一部tなりあっているところもありますが、全体的にクセがなく使いやすいです。ただし、バックスペースの上が電源ボタンになっているので押し間違いには注意です。

 

ミツトヨのデジタルノギスで2点間のキーを測定し割り返してキーピッチを算出したところ、1.1mmとなりました。また、SINWAのデップスゲージでキーストローを測定したところ、17.9mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、115mmとなりました。

 

本体右側にはヘッドフォンジャック、USB-A、microSDカードスロットを備えています。

 

本体左側です。電源ボタン、フルサイズHDMI、USB-A、USB-Cを備えています。

 

本体の重量を測定したところ、1430gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1760gとなりました。充電器単体では330gとなります。

 

Inspiron 14インチ 5415のメリット・魅力

Ryzen5 5500Uにより驚くほど高いコスパ

今回レビューした機種はAMD Ryzenの5000番台シリーズです。4000番台同様に優れたプロセッサとなっており、前モデル同様に高いベンチマーク結果が得られています。結果、本体の低価格さと相まって、高いコストパフォーマンスを実現しています。

 

低価格PCではレベルが高いタイピング性能

低価格帯PCとしてはタイピングの質感がよく、打ちやすい印象を受けました。軸の横揺れなどもなく、入力が多い人にもすすめられるモデルになっています。

 

よりモバイル性を強化

バッテリーは前モデルと比較して増えており、モバイル性に強みがあります。またUSB-PDに対応しているため、窒化ガリウム型の充電器と組み合わせることで手持ちの荷物を減らすことが可能です。

 

タッチパッドの質感も良い

キーボードに加え評価したいのがタッチパッド。WindowsPCとしては比較的大きめなタッチパッドを搭載し、かつ追従性や触感がよく、マウスがない環境でも作業効率を向上できるようになっています。

 

Inspiron 14インチ 5415のデメリット・欠点

本体重量がクラスとしては重め

Inspiron 14 5415は14インチノートパソコンとしては本体重量が重めの部類入ります(実さに手に持ってもずっしり感があります)。モバイル性を重視する人にとっては、気になり始めるクラスと言えるでしょう。

 

キーボードの見た目が安っぽい

Inspiron14 5415のかなり残念な点としてキーボードトップの質感が挙げられます。せっかくタイピング性能は優れているにもかかわらず、グレーベースのキートップとなっているため安っぽさを感じてしまいます。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

Inspiron 14 5415
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on Inspiron 14 5415

クーポンで6万円台で買えるにもかかわらず一世代前のデスクトップ級パフォーマンスを誇るコストパフォーマンス機種。価格.comで1位だった前モデルの正統進化版でおそらく2021年も売れると予想される一台です。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • シンプルな見た目が良い
  • コンパクトな割に重さを感じる

 

Inspiron 14インチ 5415がおすすめな人

安いパソコンを探している人

Inspiron 14 5415は税込6万円台から購入できることもあり、リーズナブルな値段帯のPCです。しかも、Ryzen5000シリーズを搭載していることで性能も抜群。コストパフォーマンスを重視している人にはピッタリです。

 

自宅用で持ち運んで使う人

本機は重めではあるもののバッテリー容量が大きいため普段充電しておいて自宅内で持ち運びをするタイプの人にぴったりです。14インチサイズで狭ベゼルのコンパクト仕様のため持ち運びに困ることはありません。

 

短納期で手に入れたい人

Ryzenは価格帯の割に高性能なこともあって、どこのメーカーでも売り切れやすい傾向がありますが、Inspiron 14 5415は納期が短く12~15営業日で手に入れることができます。少し待つことにはなりますが、他と比べると比較的短い納期で手に入れることができるメリットがあります(2021年5月時点)。

 

Inspiron 14インチ 5415がおすすめではないタイプ

持ち運びが多い人

Inspiron 14 5415自体はコストパフォーマンスに優れる魅力的なPCですが、残念ながら持ち運びが多い人には14インチクラスの中でも重めのためお勧めできません。普段から持ち運びが多いのであればお金を出してもさらに軽量なモデル(1.2kg以下)を購入することをおすすめします。

 

ペン入力をしたい人

Insrpiron 14 5415のようにRyzen5000シリーズを搭載している低価格ノートパソコンはいくつかありますが、ペン入力をしたいならIdeaPad Flex 550がおすすめです。スタイラスペンが純正付属、タッチパッドも利用可能で価格帯がほぼ同じというPCです。レビューしているのでこちらも合わせてチェックしてみてください。

IdeaPad Flex550(14)の実機レビュー

IdeaPad Flex 550のレビュー概要 超魅力的なパイコスパPC Lenovoから2020年に新しく登場した格安ノートパソコンで、実用的に使えるクラスでも5万円前後で購入することが可能です。 ...

続きを見る

 

Inspiron 14インチ 5415のカスタマイズ・モデルの選び方

Inspiron 14 5415はRyzen5モデルとRyzen7モデルがあります。ベンチマーク結果から見て、よほどスペックや性能を求めなければRyzen5 5500Uモデルで十分な性能があります(一世代前のデスクトップ級)。またMicrosoft Office付属かどうかが選べるので自分の要件に合わせて選んでください。

公式サイトを見る

 

Inspiron 14インチ 5415の実機レビューまとめ

コスパ重視のノートパソコンを探す人に

結論

Inspiron 14 5415は10万円以下の価格帯のパソコンとしては、高い領域でバランスされた魅力的な機種です。デメリットで書いた通り14インチノートとしては重めな点を除けば、非常にリーズナブルで「パソコンをよく使うわけではないが、いざ使うときに処理速度でイライラしたくない」という人にぴったりの機種になっています。

 

 

Inspiron 14インチ 5415を安く買う方法

Inspiron 14インチ 5415に限らず、DELL(デル)のパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2021年9月】Dell(デル)をキャンペーン・キャッシュバックやクーポン・セールで最大限安く買う活用法・コツ

世界でトップクラスのシェアを誇るDELLのパソコンは、多彩なシリーズ展開と豊富なカスタマイズ、そしてコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。 そんなDELLのパソコンですが、購入窓口によって価格 ...

続きを見る

 

またAmazonでも取り扱いがあります。こちらも合わせて価格比較するのがおすすめです。

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

Insrpiron 14 5415を性能・発売年月日が近いライバル機種をピックアップしています。