Inspiron 16 (5625)AMDの実機レビュー

Inspiron 16 (5625)AMDのレビュー概要

低価格なパワフル16インチ

Inspiron16はRyzenn5000シリーズプロセッサを搭載した16インチのエントリーノートパソコンです。

アスペクト比が16:10のため、書類作業やネットサーフィンで活躍するモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • 安い大画面PCを探す人
  • 書類作成が多い人

簡易スペック表

発売日 2022年2月8日
CPU Ryzen5 5625
RAM 8GB
ストレージ 256GB
画面サイズ 16インチ
GPU Radeon Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 1815g
Cinebench R20 3651pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Inspiron 16 (5625)AMDの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Inspiron 16 (5625)AMDの特徴

ここではInspiron 16 (5625)AMDの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

パワフルなRyzenプロセッサ

Inspiron16は非常にパフォーマンスのたかいRyzen5000シリーズプロセッサを搭載したノートパソコンです。ベンチマーク結果でも後述しますが、デスクトップPCに劣らないパフォーマンスとなっています。

 

16:10で大きなディスプレイ

一般的な15.6インチサイズの横幅でありつつ、縦長になることで16インチとなっている本機。アスペクト比が縦に伸びることでより情報量が取りやすくなっており、ネットサーフィンや書類作成時に便利な仕様となっています。

 

Inspiron 16 (5625)AMDの価格とコストパフォーマンス

2022年11月18日時点で税込90,200円となっています。プロセッサのパフォーマンスと価格から考えて、非常にリーズナブルです。特に16インチモデルは上位機種に多いアスペクト比のため、エントリー機種で採用されつつこの価格は嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

Inspiron 16 (5625)AMDのスペック

今回レビューしたInspiron 16 (5625)AMDのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2022年2月8日
製品名 Inspiron 16
型式 5625
サイズ 251.9×356.78×15.67~18.3mm
重量(実測) 本体 1815g
電源アダプタ 345g
CPU Ryzen7 5825
GPU Radeon Graphics
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 16:10
形式 公式記載なし
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 54Whr
公称値 公式記載なし時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Inspiron 16 (5625)AMDのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3651pts、シングルコア561ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Ryzen7を搭載しており、非常に高いベンチマーク結果が得られました。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は9232pts、シングルコア1447ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は3500MB/sを超えており高いパフォーマンスを誇ります。読み書きで不満に思うことはありません。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2208 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ファン音が少し聞こえる
CPUテスト時 ファン音がしっかりと聞こえる
GPUテスト時 ファン音がしっかりと聞こえる

 

Inspiron 16 (5625)AMDのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターは今回未評価です(相性問題なのか、i1 Displayを本体が認識しなかったため)。

 

Inspiron 16 (5625)AMDの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:686.61Mbps
ポイント②:284.68Mbps
ポイント③:693.81Mbps
ポイント④:685.97Mbps
ポイント⑤:502.62Mbps
ポイント⑥:283.98Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 686.61 263.87 13
ポイント② 284.68 231.62 13
ポイント③ 693.81 263.06 13
ポイント④ 685.97 261.02 13
ポイント⑤ 502.62 261.74 14
ポイント⑥ 283.98 218.66 14

 

通信スピードテストの評価

全エリアで非常に快適な通信速度測定結果が得られています。

 

Inspiron 16 (5625)AMDのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。45、61Wでは容量不足による低速表示が出ました。また30Wでは充電されたり、されなかったりの繰り返しとなっています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W 不安定 PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

Inspiron 16 (5625)AMDの外観

天板はDELLのロゴが配置されています。掘り込み式のため、高級感があります。

 

背面は天板と同じ素材になっており、スリットが設けられています。中央にはinspironの文字があります。

 

開いた様子です。上下ベゼル幅は普通です。

 

最大開き角は約140°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。スピーカーはキーボード横に配置されるタイプとなっています。全体的にクセは無いもの、一部キーが隣で接合しています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.46mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.1mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、135mmとなりました。タッチパッドは非常に広く捜査範囲は広い一方で、クリックの反応が悪く感じました。

 

本体右側にはヘッドフォンジャック、USB Type-A、SDスロットが付属します。

 

本体左側には電源ポート、フルサイズHDMI。USB Type-A、USB Type-Cが付属します。

 

本体の重量を測定したところ、1815gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2160gとなりました。充電器単体では345gとなります。

 

Inspiron 16 (5625)AMDのメリット・魅力

大きく見やすいディスプレイ

16インチで非常に大きなディスプレイとなっています。15.6インチと0,4インチしか変わらないものの、その大きさの違いは見た目でも実用面でも差をしっかりと感じることができます。

 

最大級のタッチパッド

15インチ以上のクラスではタッチパッドが大きいことが常ですが、このモデルは中でも非常に大きくなっています。タッチパッドが大きいことは操作性の面で利点しかないため、どのモデルも15インチ以上はこれくらいのタッチパッドを設けて欲しいものです。

 

価格帯を考えれば十分なスピーカー

Inspiron16は低価格なエントリークラスのパソコンですが、それを考慮すれば十分なスピーカーを搭載しています。画面が大きいので動画を見ることも多いとは思いますが、その際に十分耐えうる能力を持っています。

 

Inspiron 16 (5625)AMDのデメリット・欠点

タッチパッドの反応がイマイチ

タッチパッドが広めなことは利点な一方で、反応はイマイチな印象を受けました。それ以外の部分が価格から見て優れているだけに残念に感じました。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Inspiron 161(5625)
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

大画面が魅力のエントリーノートパソコン。Ryzen5000シリーズプロセッサ搭載しているおかげでCinebench R20のスコアもよくパフォーマンスは十分。持ち運びが厳しい側面はあるものの、自宅で軽く使う用のパソコンで大画面が欲しい場合はこれほどピッタリな一台はありません。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

Inspiron 16 (5625)AMDがおすすめな人

入門用のパソコンが欲しい人

Inspiron16は入門用のパソコンとしてはピッタリで価格面、画面の大きさ、タッチパッドの広さなど要件を満たします。さらにパフォーマンスが高めのため、長く使えることもメリットの一つと言えるでしょう。

 

家で使う人

大きめのモデルだからこそ自宅でゆっくり使う分にはぴったりの一台と言えるでしょう。画面が大きいので動画再生などでも使いやすいと言えます。

 

書類作成が多い人

アスペクト比が縦長のため、書類作成作業がとてもはかどります。16:9と16:10の差はかなり大きいので、使ったことがない人は店頭で差を比較してみると良いでしょう。

 

Inspiron 16 (5625)AMDがおすすめではないタイプ

持ち運びが多い人

16インチで大きめのモデルになるため、持ち運びが多い人には向きません。モバイル用途であれば、14インチ前後のInspironをお勧めします。

 

グラフィックス作業する人

Ryzen5000シリーズはパフォーマンスは高いものの、グラフィックス作業にはintelモデルと比較して相対的に強くありません。また本格的に作業するなら、dGPU搭載のノートパソコンを選ぶ方が良いでしょう。

 

Inspiron 16 (5625)AMDのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルはほぼカスタマイズできず、Officeソフトやウィルスソフトを搭載するかどうかの選択程度です。自分にマッチしたものを選ぶようにしましょう。

 

Inspiron 16 (5625)AMDの実機レビューまとめ

大画面のエントリーPC

結論

リーズナブルかつ高パフォーマンス、そして大画面と初心者で自宅用のパソコンを探している人にとっては、ピッタリなモデルと言えるでしょう。

加えて、動画を見たりするなら積極的に候補に入れて欲しいモデルと言えます。

 

Inspiron 16 (5625)AMDを安く買う方法

Inspiron 16 (5625)AMDに限らず、DELLのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年11月】Dell(デル)をキャンペーン・キャッシュバックやクーポン・セールで最大限安く買う活用法・コツ

世界でトップクラスのシェアを誇るDELLのパソコンは、多彩なシリーズ展開と豊富なカスタマイズ、そしてコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。 そんなDELLのパソコンですが、購入窓口によって価格 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト