Latitude 7520 プレミアムの実機レビュー

Latitude 7520 プレミアムのレビュー概要

ビジネス向け15インチノートパソコン

Latitude 7520 プレミアムは第11世代のintel Coreプロセッサを選択可能な15インチモバイルノートパソコンです。

ビジネス向けということもあり、豊富なカスタマイズが可能。UbuntuがOSとして選択できる点はまさに法人向けといったモデルです。

こんなタイプにマッチ

  • ビジネス用PCを探す人
  • 従業員用のPCを探す経営者

簡易スペック表

発売日 2021年
CPU Core i5-1135G7
Core i5-1145G7
Core i7-1185G7
Core i7-1165G7
RAM 8~32GB
ストレージ 128~512GB
画面サイズ 15.6インチ
GPU Irix Xe Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 選択可能
MSオフィス 選択可
重量 1650g
Cinebench R20 1877pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

 

Latitude 7520 プレミアムの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Latitude 7520 プレミアムの特徴

ここではLatitude 7520 プレミアムの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

ビジネス向けのスタンダート15インチ

Latitude 7520はビジネス向けのスタンダードモデル。15インチサイズとなっており、PC一台で作業をこなせるパソコンとなっています。

 

ビジネス向けの細かなカスタマイズが可能

本モデルの最大の特徴は豊富なカスタマイズバリエーションがあること。ビジネス用途であれば、ハードウェア面だけでなく、OSのチョイスも必要になるので重要なポイントと言えます。

 

Ubuntuの選択が可能

Windowsだけでなく、なんとUbuntuが純正として選択可能となっています。

 

Latitude 7520 プレミアムの価格とコストパフォーマンス

ビジネスモデルということもありますが、スペック面から見ると価格設定は高めになっています。

 

Latitude 7520 プレミアムのスペック

今回レビューしたLatitude 7520 プレミアムのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

#REF!

発売日(月) 2021年
製品名 Latitude 7520 プレミアム
型式 -
重量(実測) 本体 1650g
電源アダプタ 310g
CPU Core i7-1165G7
GPU Iris Xe Graphics
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 256GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
アスペクト比 16:9
形式 公式記載なし
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 720p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ -
公称値 -時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Latitude 7520 プレミアムのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は1877pts、シングルコア528ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。第11世代らしく、シングルが強化された結果が得られています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は3741pts、シングルコア1369ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は2000MB/sを超えており十分高速。スタートやソフトウェアの起動で不満に感じることはありませんでした。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 2232 重い

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ファン音が聞こえる
CPUテスト時 ファン音がしっかり聞こえる
GPUテスト時 ファン音がしっかり聞こえる

 

Latitude 7520 プレミアムのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 kaba-ritu カバー比
sRGB 61.9 62.3
Adobe RGB 46.2 46.2

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Latitude 7520 プレミアムの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:634.35Mbps
ポイント②:252.46Mbps
ポイント③:509.81Mbps
ポイント④:311.17Mbps
ポイント⑤:182.3Mbps
ポイント⑥:17.15Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 634.35 426.98 13
ポイント② 252.46 284.16 13
ポイント③ 509.81 407.56 13
ポイント④ 311.17 321.84 13
ポイント⑤ 182.3 265.53 14
ポイント⑥ 17.15 40.82 12

 

通信スピードテストの評価

近い距離では速度が十分出ているものの、最長距離におけるテストで大幅に速度低下する結果が得られました。

 

Latitude 7520 プレミアムのUSB-C(PD)による充電テスト

USB Type-Cの充電テストは実施しておりません。

 

Latitude 7520 プレミアムの外観

天板はカーボンの編み込みのようなデザインになっています。

 

背面も同様の素材になっています。スリットは少なく、片側に設けられている程度です。

 

開いた様子です。

 

最大開き角は180°となっています。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。本モデルは日本語配列モデルです。全てのキーが独立しており、クセのない配列になっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.7mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、125mmとなりました。

 

本体右側はミニサイズディスプレイポート、フルサイズHDMI、USB Type-A、USB Type-C、microSDスロットを備えます。

 

本体左側にはUSB Type-C、USB Type-A、ヘッドフォンジャックを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、1650gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、1960gとなりました。充電器単体では310gとなります。

 

Latitude 7520 プレミアムのメリット・魅力

カスタマイズが豊富で合わせやすい

ビジネス用途で使うなら重要なカスタマイズが豊富な点が何よりも魅力。従業員の要望に合わせたセッティングも可能です。

 

USキーボードも選択可能

個人的に好印象な点がUSキーボード。昨今、テレワークになりこだわる人はUSキーボードを使う人もいるので、選択できるだけでも大きなメリットです。

 

LTEモデルも選択可能

さらにLTEモデルも選択可能となっています。LTEモデルで持ち運べば外出先でのメールチェックやプレゼンがよりスムーズにできます。またクラウド上にデータをおく運用にしやすくなるため、セキュリティ面でメリットになるでしょう。

 

Latitude 7520 プレミアムのデメリット・欠点

パフォーマンスは低め

コストパフォーマンスのところでも書いた通り、スペックから見るとパフォーマンスは低めとなっています。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Latitude 7520 プレミアム
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

法人向けということもありカスタマイズ性に優れる反面、コストパフォーマンスは低め。特定のカスタマイズに拘るなら別として、個人向けPCを選択肢に入れても良いと感じます。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • まさにビジネスノートという感じ
  • タイピングしやすく使いやすい

 

Latitude 7520 プレミアムがおすすめな人

事業者向け

本モデルは事業者向けで、特に従業員の用途に合わせたカスタマイズが必須の人に向いています。

 

Latitude 7520 プレミアムがおすすめではないタイプ

コストパフォーマンス重視の人

ハードウェアスペックから考えると本体価格(カスタマイズ価格含め)高めとなっています。コスパを追求するなら、ビジネスモデルではなく一般向けモデルから選択しても良いかもしれません。

 

Latitude 7520 プレミアムのカスタマイズ・モデルの選び方

カスタマイズは多種多様に可能であること、また各企業の使用要件があると思うのでここでは割愛します。

公式サイトを見る

 

Latitude 7520 プレミアムの実機レビューまとめ

カスタマイズ豊富な一台

結論

Latitude 7520はメーカーホームページを見ると分かるとおり、非常にカスタマイズ性に優れたノートパソコンです。

ただし、スペックに対して少し割高になっている点は注意しておいて下さい。

 

Latitude 7520 プレミアムを安く買う方法

Latitude 7520 プレミアムに限らず、DELLのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年11月】Dell(デル)をキャンペーン・キャッシュバックやクーポン・セールで最大限安く買う活用法・コツ

世界でトップクラスのシェアを誇るDELLのパソコンは、多彩なシリーズ展開と豊富なカスタマイズ、そしてコストパフォーマンスに優れているのが特徴です。 そんなDELLのパソコンですが、購入窓口によって価格 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。