当サイトの記事は広告を含みます。

Legion Pro 7i Gen8の実機レビュー

Legion Pro 7i Gen8のレビュー概要

超高性能ゲーミングノートPC

Legion Pro 7i Gen8はCore i9-13900HXをベースとして、GeForce RTX4090もしくは4080を搭載した最強クラスのゲーミングノートパソコンです。

こんなタイプにマッチ

  • 高性能ゲーミングが欲しい人

簡易スペック表

発売日 2023年3月24日
CPU Core i9-13900HX
RAM 16〜32GB
ストレージ 512GB~1TB
画面サイズ 16インチ
GPU GeForce RTX4080
GeForce RTX4090
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 2630g
Cinebench R20 9489pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2023年6月6日時点で税込394,350円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Pro 7i Gen8の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Legion Pro 7i Gen8の特徴

ここではLegion Pro 7i Gen8の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

最強クラスのゲーミング性能

Legion Pro 7i Gen8は非常に能力の高いゲーミングノートパソコン。プロセッサにCore i9を採用し、最高モデルではGeForce RTX4090を選択することが可能となっています。

 

240Hzの高リフレッシュレートディスプレイ

ディスプレイのリフレッシュレートは240Hzと一般的なゲーミングノートパソコンと比べてもさらに高くなっています。

 

豊富なインターフェイス

背面、左右ともにインターフェイスが豊富な点も魅力。本体が高性能な分、ディスプレイを拡張したり

 

Legion Pro 7i Gen8の価格とコストパフォーマンス

2023年6月4日時点で最低グレードでも30万円を超える価格帯からになっています。ロマン仕様と言えるでしょう。

2023年6月6日時点で税込394,350円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Pro 7i Gen8のスペック

今回レビューしたLegion Pro 7i Gen8のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2023年3月24日
製品名 Legion Pro 7i Gen8
型式 82WQ0034JP
サイズ 262.2×363.4×22〜25.9mm
重量(実測) 本体 2630g
電源アダプタ 990g
CPU Core i9-13900HX
GPU GeForce RTX4080
メモリ(RAM) 32GB
ストレージ 1st 1TB
2nd -
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 2560×1600
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 240Hz
生体認証 指紋 無し
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 99.9Whr
公称値 5時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Legion Pro 7i Gen8のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は9489pts、シングルコア706ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。最高峰のプロセッサということもあり、Cinebench R23で9500ptsに迫る驚異的なデータが出ています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は20949pts、シングルコア1915ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。Readの値は6500MB/sを超えており、非常に高いパフォーマンスとなっています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 11267 とても快適
高品質 14178 とても快適
軽量品質 15498 非常に快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 比較的静か
CPUテスト時 ファン音が大きい
GPUテスト時 ファン音が大きい

 

Legion Pro 7i Gen8のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 99.4% 104.1%
Adobe RGB 76.8% 77.2%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Legion Pro 7i Gen8の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:479.8Mbps
ポイント②:258.94Mbps
ポイント③:396.41Mbps
ポイント④:301.13Mbps
ポイント⑤:130.98Mbps
ポイント⑥:24.63Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 479.8 514.83 14
ポイント② 258.94 395.15 14
ポイント③ 396.41 458.85 14
ポイント④ 301.13 509.49 14
ポイント⑤ 130.98 229.68 14
ポイント⑥ 24.63 43.93 15

 

通信スピードテストの評価

ほとんどのエリアで十分な速度が得られていますが、最長エリアのみガクンと速度が落ちる結果となりました。

 

Legion Pro 7i Gen8のUSB-C(PD)による充電テスト

今回は検証を行なっておりません。

 

Legion Pro 7i Gen8の外観

天板は過去シリーズ同様にLEGIONマークとLenovoのロゴになっています。

 

背面にはゲーミングPCらしく大きなスリットが設けられています。

 

開いた様子です。ハイリフレッシュレートディスプレイの割にはベゼルがかなり狭いことが特徴です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。テンキーもあり、実用性にも優れています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、20.06mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.6mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、120mmとなりました。

 

本体右側にはカメラの電子シャッターとヘッドフォンジャックを備えています。

 

本体左側にはUSB Type-AとUSB Type-Cポートを備えています。

 

背面が最もインターフェイスが多く、フルサイズHDMIやUSB Type-C、Type-Aなどがあります。ディスプレイポートはありません。

 

本体の重量を測定したところ、2630gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、3620gとなりました。充電器単体では990gとなります。

 

Legion Pro 7i Gen8のメリット・魅力

ゲーミングノート最強のパフォーマンス

Legion Pro 7i Gen8はゲーミングノートとしては最強クラスのスペックを持ちます。もちろん価格は高めですが、それに見合うだけのパフォーマンスがあるベンチマーク結果となりました。

 

優れた画面特性

プロセッサ面だけでなく、ディスプレイ性能も非常に高くなっています。240Hzのハイリフレッシュレートだけでなく、色域も比較的広めになっている点がポイントです。

 

豊富なインターフェイス

Legion Pro 7i Gen8は左右、背面の豊富なインターフェイスを持っています。ゲーミングパソコンは外部機器への接続も多いはずなので、背面はもちろんサイドの選択肢が多いことは大きなメリットと言えるでしょう。

 

Legion Pro 7i Gen8のデメリット・欠点

重さと価格がネック

高性能であるが故に価格が高くなること、そして質量に転嫁されてしまう点はトレードオフになってしまうポイントです。これらを許容できることが購入時のポイント言えるでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Legion Pro 7i Gen8
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

妥協なしのハイパフォーマンスPCであり、文句なしのレベルです。もちろん価格は高いですが、それに見合うだけの性能を兼ね備えています。

 

Legion Pro 7i Gen8がおすすめな人

最高峰のノートPCが欲しい人

本モデルはなんと言ってもスペックが一級。高いパフォーマンスを持つゲーミングノートパソコンが欲しい人に向いています。

 

Legion Pro 7i Gen8がおすすめではないタイプ

持ち出しをしない人

どうしてもゲーミングパソコンはデスクトップパソコンよりも価格が高くなってしまう傾向があります。そのため、持ち出しをしない(もしくは宅内で移動がない)のであれば、最初からデスクトップ式のパソコンを購入する方がベターです。

 

Legion Pro 7i Gen8のカスタマイズ・モデルの選び方

Legion Pro 7i Gen8のカスタマイズモデルはグラフィックボードのみで、RTX4080かRTX4090を選択するのみです。自身の予算に合わせて選ぶようにしておきましょう。

公式サイトを見る

 

Legion Pro 7i Gen8の実機レビューまとめ

最強ゲーミングノート

結論

スペックから分かるように非常に高性能なゲーミングノートパソコンです。PC選びで妥協したくない人はぜひ候補に入れてみて下さい。

2023年6月6日時点で税込394,350円から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Pro 7i Gen8を安く買う方法

Legion Pro 7i Gen8に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年2月】日本HPパソコンをクーポンとキャンペーン・セールを使って最大限安く買う方法・コツ

日本でも数多く発売されている外資系パソコンメーカーHP(ヒューレットパッカード)のパソコンは安くて高性能、かつ「デザインが良い」ことが最大の特徴です。2020年以降、ウルトラブックにLTEを載せるよう ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト