当サイトの記事は広告を含みます。

Legion Slim 5i Gen8の実機レビュー

Legion Slim 5i Gen8のレビュー概要

スリムで実用的なゲームPC

Legion Slim 5i Gen8は薄型ながらもパフォーマンスの高いプロセッサ、GPUを搭載したゲーミングノートパソコンです。

16インチディスプレイを搭載していることもあり、ゲーム用途だけでなく、実用面でも優れています。

こんなタイプにマッチ

  • 一台で全てこなしたい人
  • 幅広くスペックを選びたい人

簡易スペック表

発売日 2023年
CPU Core i7-13700H
Core i5-13500H
Core i5-13420H
RAM 16~32GB
ストレージ 512GB
画面サイズ 16インチ
GPU GeForce RTX4060
GeForce RTX4050
GeForce RTX3050
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 2200g
Cinebench R20 4222pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2023年11月13日時点で187,374円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

Legion Slim 5i Gen8の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Legion Slim 5i Gen8の特徴

ここではLegion Slim 5i Gen8の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

パワフルなプロセッサ

プロセッサには第13世代intelプロセッサのHシリーズを搭載しています。ゲーミング用途であれば、GPUの方が重要になることもありCore i5でも十分。一昔前のデスクトップに劣らない性能があるため、実用面で困ることはほぼないでしょう。

 

RTX4000番台も選べる

dGPUはGeForce RTX4000番台、及び3000番台から選ぶことができます(メインは4000番台)。プレイしたいゲームに応じて選択可能です。

 

リフレッシュレートを選択可能

ディスプレイは165Hzモデルと240Hzモデルが存在します。パフォーマンスをしっかり出すためには、上位のdGPUが必要になるためコストアップする欠点はあるものの選択肢があること自体が大きなメリットです。

 

Legion Slim 5i Gen8の価格とコストパフォーマンス

Legion Slim 5iはスペックに合わせて幅広く展開されており、価格帯が広くなっています。どのスペックにおいてもコストパフォーマンスは妥当か、少し安い程度という印象です。

2023年11月13日時点で187,374円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

Legion Slim 5i Gen8のスペック

今回レビューしたLegion Slim 5i Gen8のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売年 2023年
製品名 Legion Slim 5i Gen8
型式 82YA0006JP
サイズ 260.3×359.7×21.9mm
重量(実測) 本体 2200g
電源アダプタ 535g
CPU Core i5-13500H
GPU GeForce RTX4050
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 165Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 80Whr
公称値 8時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Legion Slim 5i Gen8のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は4222pts、シングルコア654ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Cinebench R20のスコアは4000ptsを超えており、非常に高いパフォーマンスです。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は10887pts、シングルコア1690ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値が6500MB/sを超えており、ノートパソコンとしてはかなり高いパフォーマンスを出しています。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 8040 快適
高品質 11354 とても快適
軽量品質 14197 非常に快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

Legion Slim 5i Gen8のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

 

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 99.1% 102.8%
Adobe RGB 74.1% 76.2%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Legion Slim 5i Gen8の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:510.42Mbps
ポイント②:175.77Mbps
ポイント③:558.9Mbps
ポイント④:333.75Mbps
ポイント⑤:57.84Mbps
ポイント⑥:32.27Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 510.42 461.76 14
ポイント② 175.77 376.45 14
ポイント③ 558.9 393.81 13
ポイント④ 333.75 437.48 15
ポイント⑤ 57.84 138.78 15
ポイント⑥ 32.27 62.86 14

 

通信スピードテストの評価

短距離では十分なパフォーマンスが得られてはいるものの、長距離になるとガクンとスコアが落ちる現象が見られました。ネット接続するのであれば、近距離もしくは有線接続する方が良いかもしれません。

 

Legion Slim 5i Gen8のUSB-C(PD)による充電テスト

今回は検証しておりません。

 

Legion Slim 5i Gen8の外観

天板です。LEGIONロゴとLenovoロゴがあります。ゲーミングPCですがどちらも光りません。

 

背面です。排熱を重視して大きなスリットが設けられています。

 

本体を開いた様子です。高リフレッシュレートパソコンとしてはベゼルが細めな印象を受けます。

 

キーボード全体です。一部キーが接合していますが、全体的にクセがなく打ちやすい印象です。テンキーが付属します。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.41mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.6mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、120mmとなりました。

 

本体右側です。通気口、カメラの物理スイッチ、フルサイズSDスロットを備えています。

 

本体左側です。通気口、USB Type-Cが2ポート、コンボジャックを備えています。

 

背面には電源ポート、フルサイズHDMI、イーサネットコネクタ、USB Type-Aが2ポート備えられています。

 

本体の重量を測定したところ、2200gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2735gとなりました。充電器単体では535gとなります。

 

Legion Slim 5i Gen8のメリット・魅力

高いパフォーマンス

ベンチマークの結果からもわかるように非常に高いパフォーマンスを有しており、ミドルクラスのゲーミングノートとして十分な実力を持っています。

 

カスタマイズ幅が魅力

本モデルはスペックそのものよりも、プロセッサ、dGPU、ディスプレイなど幅広いカスタマイズ性が魅力。ある程度決まったところからさらに細かく自分に合わせられるので、一度カスタマイズページをぜひのぞいてみて欲しいです。

 

16インチで作業性も良い

筆者が注目したポイントの一つが16インチの縦長ディスプレイ。画面が大きくなることでゲーム以外でも、ネットサーフィンや書類作成などで幅広く活躍してくれます。

 

Legion Slim 5i Gen8のデメリット・欠点

メモリをカスタマイズできるのは上位モデルのみ

本モデルの最も残念なポイントはメモリ。基本モデルが16GBで、32GBにカスタマイズできるのは30万円前後の上位モデルのみとなっています(2023年11月8日現在)。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Legion Slim 5i Gen8
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

ゲーミングパソコンというカテゴリではあるものの、ディスプレイが16インチの縦型でありネットサーフィンや書類作成でも使える実用性がある点も評価ポイント。カスタマイズのラインナップが豊富なので自分の欲しいものや予算に合わせて選べるのも嬉しいモデルです。

 

Legion Slim 5i Gen8がおすすめな人

一台でできるだけこなしたい人

ゲームはもちろん、16インチの縦長ディスプレイである点をいかして幅広い作業にパソコンを使うことが可能。一台でできるだけ幅広く使いたい人におすすめです。

 

Legion Slim 5i Gen8がおすすめではないタイプ

持ち運びが多い人

16インチということもあり、本体および充電器の質量はかなり大きいです。Slimと名前が付いてはいるものの、決して持ち運び性が良いというわけではありません。

 

Legion Slim 5i Gen8のカスタマイズ・モデルの選び方

Legion slim 5i Gen8はカスタマイズ幅がかなり広いことが特徴で、Core i5モデルとCore i7モデルが選べるほか、RTXシリーズも3000番台と4000番台から選択することが可能です。そのため、予算に合わせて選択するようにして下さい。ただし、メモリを32GBにしたい場合は上位モデルでしか選択できないので注意して下さい。

公式サイトを見る

 

Legion Slim 5i Gen8の実機レビューまとめ

カスタマイズ幅の広いゲーミングノート

結論

Legion 5i Gen8は高いパフォーマンスを幅広いスペックの中から選ぶことができるノートパソコン。

予算ややりたいことから柔軟に選んで購入するようにしましょう。

2023年11月13日時点で187,374円(税込)から。現在の価格については公式サイトでご確認ください。

 

Legion Slim 5i Gen8を安く買う方法

Legion Slim 5i Gen8に限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年5月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト