Legion Slim 770iの実機レビュー

Legion Slim 770iのレビュー概要

薄型高性能なゲーミング

Legion Slim 770iは第12世代のintel Hシリーズプロセッサを搭載したゲーミングノートパソコンです。

高いパフォーマンス、165Hzのハイリフレッシュレートディスプレイを有しながら、名前の通りゲーミングPCとしては薄型の筐体が最大の特徴となっています。

こんなタイプにマッチ

  • たまに持ち運ぶ人
  • クリエイティブ用途にも使う人
  • データ読み書きが多い人

簡易スペック表

発売日 2021年7月5日
CPU Core i7-12700H
RAM 16GB
ストレージ 1TB
画面サイズ 16インチ
GPU GeForce RTX3060Laptop
USB-PD 非対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可
重量 2260g
Cinebench R20 5915pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2022年9月26日時点での価格は178,585円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Slim 770iの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

Legion Slim 770iの特徴

ここではLegion Slim 770iの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

第12世代intelプロセッサ採用

Legion Slim770iは最新型の第12世代intelプロセッサを採用しています。Hシリーズということもあり、非常に高いベンチマーク結果を出しています。

 

ゲーミングとは思えない薄型機

ゲーミングPCはそれなりに厚みがあるケースがほとんどですが、本モデルは名前にSlimがついている通り、ゲーミングPCとしてはかなり薄い設計になっています。

持ち運びがしやすい、というレベルまでにはいかないもののこのレベルなら実家に帰る時に持って帰るなど、移動時に持ち運びしても苦になりづらい筐体サイズと言えるでしょう。

 

価格帯が安め

搭載しているプロセッサ、dGPUから考えて価格帯が安めになっています。薄型機という他にないメリットも考慮すると、かなりアドバンテージを感じる機種と言えるでしょう。

 

最大リフレッシュレート165Hz

Legion Slim770iのリフレッシュレートは165Hzとゲーミングノートパソコンとしては高めになってます(一般的に144Hzが多い)。リフレッシュレートの実測はdGPUに依存しますが、ディスプレイの最大値が高いことによるデメリットはないため、165Hzを搭載していることは大きな特徴と言えるでしょう。

 

Legion Slim 770iの価格とコストパフォーマンス

本体のパフォーマンス、165Hzディスプレイ、薄型であることなどを考慮するとコストパフォーマンスは非常に高いと感じます。たまに持ち運びがしたいユーザーにとっては、これまでなかった選択肢でもあるため、こういった方々にはコスパ良く感じられるでしょう。

2022年9月26日時点での価格は178,585円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Slim 770iのスペック

今回レビューしたLegion Slim 770iのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売日(月) 2021年7月5日
製品名 Legion Slim 770i
型式 82TF0075JP
サイズ 357.7×260×16.9~21mm
重量(実測) 本体 2260g
電源アダプタ 865g
CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX3060 Laptop
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 1TB
2nd -
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 2560×1600
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 165Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.1
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 公式記載なし
公称値 9時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

Legion Slim 770iのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は5915pts、シングルコア687ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。第12世代intel Hシリーズプロセッサを採用しているため、非常に素晴らしいパフォーマンスとなっています。

特にシングルスコアが650ptsを超えていることからも一世代前とは別物といった印象を受けます。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は13773pts、シングルコア1811ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。ベンチマークテストの結果、7000MB/sに迫るスコアが出ており非常に高い性能を誇ります。このレベルで不満に思うことはほぼないでしょう。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 7442 快適
高品質 9859 とても快適
軽量品質 11807 とても快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。CPUテストはCinebench R20、GPUテスト時はFinalFantasy15のベンチマーク測定時に測定を行っています。

モード 評価
通常時 ファン音がしっかり聞こえる
CPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる
GPUテスト時 ファン音が大きく聞こえる

 

Legion Slim 770iのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 98.9% 102.3%
Adobe RGB 74.9% 75.9%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

Legion Slim 770iの通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:601.59Mbps
ポイント②:482.19Mbps
ポイント③:600.21Mbps
ポイント④:525.49Mbps
ポイント⑤:403.14Mbps
ポイント⑥:192.29Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 601.59 222.02 14
ポイント② 482.19 224.39 15
ポイント③ 600.21 212.81 13
ポイント④ 525.49 185.22 14
ポイント⑤ 403.14 203.67 16
ポイント⑥ 192.29 144.4 14

 

通信スピードテストの評価

全エリアで100Mpsを超えており十分なパフォーマンスが得られています。

 

Legion Slim 770iのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-PDには非対応です。

 

Legion Slim 770iの外観

天板です。ゲーミングノートパソコンではあるものの、電飾系はなくむしろLEGIONのロゴマークのみでシンプルな印象となっています。

 

背面のスリットは大きめですが、ゲーミングノートパソコンとしてはこちらも控えめになっています。パームレスト側にスピーカーを備えます。低音から高音までしっかりと出ています。特に低音が他のノートパソコンよりもしっかりと出るイメージです。逆に高音側は少しザラザラする感じがしました。

 

開いた様子です。上下左右のベゼルはかなり狭めになっていて、カッコ良い印象を受けました。165Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載しています。後述しますが、ディスプレイは解像度が異なるものを選択可能です(どちらも165Hz)。

 

最大開き角は180°です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、19.25mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。本モデルはYogaシリーズのような薄いキータッチが特徴です。静音タイプで事務用途で不満なく使えますし、テンキー付属なので表計算ソフトでスピーディに入力可能です。

 

タッチパッド幅を計測したところ、120mmとなりました。クリック音がカチカチとなるタイプのタッチパッドです。広め、かつ感度が良いためタッチパッドだけでも一般用途では十分使えると感じました。

 

本体右側には4in1メディアリーダー、カメラの電子スイッチ、コンボジャックを備えます。

 

本体左側にはUSB Type-C端子を2本備えます。

 

背面はフルサイズHDMI、USB Type-A×3本、電源ポートを備えます。

 

本体の重量を測定したところ、2260gとなりました。

 

充電器込みの重量を測定したところ、3125gとなりました。充電器単体では865gとなります。

 

Legion Slim 770iのメリット・魅力

コスパに優れる

Legion Slim 770i自体が安いわけではありませんが、プロセッサのパフォーマンスが高いこと、同じくらいのゲーミングPCとしては薄型でありながら価格が既存のものと近いことから相対的にコストパフォーマンスが良いと感じました。

 

薄型機でありながら背面ポート搭載

ゲーミングPCは大柄な電源ポートが必須となることや、外部ディスプレイ、キーボードに接続したくなります。その際に背面ポート形式だと便利で、Legion Slim 770iはきちんと踏襲しています。

 

優れたインターフェイス

サイド、および背面に数多くのインターフェイスを有しており、追加でハブの購入が必要ない点もメリットです。特に4in1スロットリーダーまであるため、クリエイティブ用途でSDカードを使う人も使いやすいと言えるでしょう。

 

ROMの読み書きがスピーディ

ベンチマークの結果の通り、ストレージの読み書きが昨今のノートパソコンから見てワンランク上になっています。読み書きが早いことにはメリットしかなく、それによって価格が上がっているわけではない点もメリットです。

 

Legion Slim 770iのデメリット・欠点

USB PDには非対応で持ち運びに向かない

薄型で同クラスから見るとコンパクトな部類に入りますが、USB PD充電に対応していない点が残念。持ち運び時には必ず充電アダプターが必要なため、持ち運びには向きません。

 

サウンドは少し弱め

同価格帯のゲーミングノートパソコンと比較するとサウンド性能は弱め。音響を楽しみたいなら追加でスピーカー購入を視野に入れておく方が良いでしょう。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Legion Slim 770i
Average rating:  
 1 レビュー
 by SIMPC

これまで課題であったゲーミングPCの薄さにチャレンジしている点が魅力。実物を見てみるとこれまでのゲーミングノートよりもかなり薄くなっています。それでいて価格はこれまでのモデルと近い点もポイント。スピーカー性能がもう少し欲しかった点を除けば、非常に満足度が高い一台です。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを作成する

 

Legion Slim 770iがおすすめな人

スタイリッシュなゲーミングが欲しい人

薄型ゲーミングPCのため、よくありがちな野暮ったさがありません。それでいて、インターフェイス面で妥協していない点もポイントが高いです。

 

持ち運びする可能性がある人

上と重複しますが、薄型PCのためたまに持ち運びする人にとってはメリットが大きいです。

 

データ移動が多い人

昨今のノートパソコン全体で見て、CrystaldiskmarkのREADで6000MB/sを超えるモデルは少なく、データ移動が多い人はメリットがあります。特に動画編集もする人にとって、データ移動の速さから受ける恩恵は大きいでしょう。

 

Legion Slim 770iがおすすめではないタイプ

頻繁に持ち運ぶ人

薄型モデルのため持ち運びができなくはありませんが「頻繁に」持ち運ぶなら、質量が重くあまりおすすめはできません。

 

USB Type-Aをよく使う人

Legion Slim 770iは左右にUSB Type-Aがなく、後方に備えるタイプです。有線マウスなどは良いですが、フラッシュメモリや外付けSSDを頻繁に付け外しする人は注意しておきましょう。

 

Legion Slim 770iのカスタマイズ・モデルの選び方

本モデルはカスタマイズの幅が広く、プロセッサ、ストレージ(2nd含む)、ディスプレイの解像度などが調整可能です。またバッテリー容量が選択できる点も見逃せません。

ベーシックなゲーム用途ならCore i5モデルでも十分とは思いますが、Core i7モデルを選択しても+3300円、Core i9モデルでも+11000円とかなりリーズナブルなので、自分の予算に合わせてカスタマイズを増していくのがおすすめです。

公式サイトを見る

 

Legion Slim 770iの実機レビューまとめ

高性能な薄型ゲーミング

結論

本体性能が高いだけでなく、コスパに優れ、さらに薄型でスタイリッシュ。ゲーミングノートパソコンを探している人にとって、ぜひ候補に入れておいて欲しいモデルです。

2022年9月26日時点での価格は178,585円(税込)から。現在の価格については公式サイトをご覧下さい。

 

Legion Slim 770iを安く買う方法

Legion Slim 770iに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2022年11月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト