ROG Zephyrus M16の実機レビュー

ROG Zephyrus M16のレビュー概要

ゲーム以外もしっかり使える高性能PC

ROG Zehyrus M16はASUSのゲーミングブランド、ROGが出す最強クラスのノートパソコンです。プロセッサには6コア12スレッドのCore H45「Core i7-11800H」にRTX3070 Laptopを搭載(下位モデルは他にもグレード展開有)。さらにゲーマー向けにリフレッシュレートは165Hzを搭載したモデルになっています。

ゲーミングパソコンとしては珍しくディスプレイアスペクト比が16:10で16インチになっている上、色域が一般的なゲーミングノートと比べると広くなっていることが特徴。ゲーム以外のクリエイター作業に向くこともポイントです。

簡易スペック表

発表日 2021年7月15日
CPU Core i7-11800H
RAM 16GB
ストレージ 1TB
画面サイズ 16インチ
GPU GeForce RTX3070 Laptop
GeForce RTX3060 Laptop
GeFotce RTX3050Ti
USB-PD 対応(100W)
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 非搭載
重量 2045g
Cinebench R20 5075pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2021年7月15日時点で219,800円から。ASUSは割引が高くなる傾向があるので、必ずキャンペーン・セール情報をご確認ください。

 

ROG Zephyrus M16の目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーよりお貸出しいただき、テストを行っています。ただし、内容に関する指示は一切受けておりません。

 

ROG Zephyrus M16の特徴

ここではROG Zephyrus M16の一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Core H45プロセッサ搭載

ROG Zephhrus M16ではintelの8コア16スレッドのCore H45プロセッサを搭載しています。ベンチマーク結果で詳しくは掲載しますが、Cinebench R20でマルチスレッド5000pts越え、シングルスレッド572ptsと素晴らしいスコアになっています。

 

最上位のdGPUはRTX3070 Laptopを搭載

今回レビューした最上位のROG Zephyrus M16では独立型GPUとして、GeForce RTX3070 Laptopを搭載しています。

 

アスペクト比が16:10となり15インチ筐体に収まる

ゲーミングPCとしては珍しく、2560×1600の16:10のアスペクト比デザインとなっています。本体サイズは15インチクラスでコンパクトなことも特徴で、ゲーミングとしての用途だけでなく作業効率も高いPCと言えます。

 

USB-PDに対応

ROG Zephyrus M16は100W USB-PDに対応。本来のACアダプタの容量には満たないため、機能をフルで使いこなせるわけではありませんが、持ち運び時にPD充電ができることは大きな特徴です。なお、iGPUモードを備えるため、電力消費を抑えられることもUSB-PD充電とともに知っておきたいポイントです。

 

DPI-3カラーに対応

ハイリフレッシュレートに対応するゲーミングパソコンではカラー性能がクリエイターに向かないこともありますが、本モデルはそういったことはなく、PANTONE認証された色域の広いディスプレイが搭載されています。

モニター評価の項目にて後述しますが、Adobe RGBカバー率の実測値も高めの結果となっています。

 

ROG Zephyrus M16の価格とコストパフォーマンス

ROG Zephyrus M16は主に3050Ti、3060、3070のGPUから構成されており、ここで値段差がついています。最も下のモデルで219,800円から、ハイエンドで269,800円となっています。

Core H45プロセッサを積んでいること、GPUのパフォーマンスが高いこと、ディスプレイ性能に優れることを考えれば、価格メリットの高い一台と言えるでしょう。

2021年7月15日時点で219,800円から。ASUSは割引が高くなる傾向があるので、必ずキャンペーン・セール情報をご確認ください。

 

ROG Zephyrus M16のスペック

今回レビューしたROG Zephyrus M16のスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発表日 2021年7月15日
製品名 ROG Zephyrus M16
型式 GU603HR
サイズ 243×355×19.9mm
重量(実測) 本体 2045g
電源アダプタ 725g
CPU Core i7-11800H
GPU GeForce RTX3070 Laptop
メモリ(RAM) 16GB
ストレージ 1st 1TB
2nd
ディスプレイ サイズ 16インチ
解像度 2560×1600
アスペクト比 8:5
形式 IPS液晶
リフレッシュレート 165Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 720P
物理シャッター 無し
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 4セルバッテリー
公称値 ー時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

 

ROG Zephyrus M16のベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は5075pts、シングルコア572ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Core H45で8コア16スレッドに対応していることもあり、非常に高性能です。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は12388pts、シングルコア1495ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。CrystalDiskmarkの結果、7000MB/sを超える速度が出ており、非常に高速です。

 

VRmark

VRMarkの測定結果は以下の通りとなっています。

スコア Average Frame Rate Target frame rate
Orange Room 10187 222.07 109.00
Blue Room 3048 66.44 109.00

 

ゲームベンチマーク

FF14

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果はFF14のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 14049 非常に快適
高品質 15508 非常に快適
標準品質 16460 非常に快適

 

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 8851 快適
高品質 10936 とても快適
軽量品質 11468 とても快適

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

騒音テスト

騒音に関する評価は以下の通りです。

 

モード スコア
通常時 静か。特にiGPUモードにするとゲーミングPCとは思えないほど。
Cinebench R23 ファンが周りうるさくなります。
FF15 同上

 

ROG Zephyrus M16のモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。ROG Zephyrus M16の色域は広く、sRGBカバー率は100%を超えています。Adobe RGBカバー率は80%台なので、本格的なクリエイターPCとしては少し足りない部分もありますが、本来の用途がゲーミングであることを考えれば十分な性能です。

sRGBカバー率:100%

RGBカバー率:85.6%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

 

ROG Zephyrus M16の通信環境(WI-Fi)のテスト

測定環境

Wi-Fiの通信環境テストを行いました。テスト環境は光1Gbps(IPv6対応)でWi-FiにはArcher 10 Proを用いました。テスト環境は以下の通りで戸建て環境の1階、及び2階で測定を行っています。幅方向約10.5m、奥行き方向8.2mの環境です。

1階部分

2階部分

※タップで画像を拡大できます。

 

検証結果

スピードテストを行った結果です。ポイント⑥になるほど実質的な距離が大きくなります。

ダウンロード数値比較

ルーター前:571.9Mbps
ポイント②:324.5Mbps
ポイント③:430.3Mbps
ポイント④:293.8Mbps
ポイント⑤:259.5Mbps
ポイント⑥:75Mbps

アップロード、PING、ジッターを計測した数値を表にまとめています。

測定項目 ダウンロード アップロード PING
単位 Mbps Mbps ms
ルーター前 571.9 310.1 8
ポイント② 324.5 235.8 11
ポイント③ 430.3 323.7 12
ポイント④ 293.8 269.7 8
ポイント⑤ 259.5 276.8 11
ポイント⑥ 75 75.1 9

 

通信スピードテストの評価

Wi-Fi6に対応しているため、500Mbpsを超える速度となりました。ただし、今回のテストではPNGが若干長めの傾向が見られること、さらに長距離で通信速度が落ちている点が気になりました。ゲーマーであれば有線で使う可能性が高いことや、利用者の環境によって差異が出やすいところなので参考として下さい。

 

ROG Zephyrus M16のUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。ROG Zephyrus M16は100W USB-PDに対応しています。ただし、機能をフルにした状態は推奨されず、dGPUオフにしたiGPUモードを推奨されます。また、LGディスプレイによる画面拡張も対応しています。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W × PowerPort Ⅲ Nano
30W × PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W × PowerPort Atom Ⅲ 45W Slim
61W × RP-PC133
100W AUKEY PA-B7
LG 29UM69G-B 画面拡張は可能 LG 29UM69G-B

 

ROG Zephyrus M16の外観

天板はゲーミングPCには見えないシンプルな造形となっています。近くで見ればパンチホールが空いていてゲーミングPCらしさを感じますが、主張は強くなく、どこでも使えそうなデザインになっています。

 

背面もゲーミングPCとしてはスリット数が少なく感じるデザインとなっています。スピーカーは底面に2基存在します。

 

開いた様子です。DCI-P3に対応しており、PANTONE認証しているモデルということもあって、非常に美しいです。IPS液晶ですが、深みもありクリエイターでも十分使えます。ディスプレイの性能についてはモニター評価も合わせてご参考ください。

 

ディスプレイは180°開くことができます。ゲーミングPCとしては珍しいです。

 

上部ベゼルです。16インチを15インチクラスの筐体に収めていることもあり、非常に狭ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

キーボード全体です。エンターキー、スペースキーなどが接している箇所がありますが、配列はクセがなく、打ちやすいです。テンキーは非搭載です。また、左上に各種ショートカットがあります。さらに電源ボタンは指紋認証を兼ねたものになっています。

 

ミツトヨのデジタルノギスでキーピッチを算出したところ、18.8mmとなりました。また、SHINWAのデップスゲージでキーストロークを測定したところ、1.4mmとなっています。

 

タッチパッド幅を計測したところ、130mmとなりました。タッチパッドはかなり広めな上にさらさらとした感覚で使いやすいです。

 

本体右側にはケンジントンロック、microSD、USB-A端子があります。

 

本体左側には電源コネクタ、フルサイズHDMI、有線イーサネットコネクタ、USB-A、USB-C×2ヘッドフォンジャックがあります。左側にインターフェイスが集中している構成です。

 

背面には大きな通気口が設けられています。

 

スピーカーはキーボード側にも設けられています。音質が良く聞きやすいです。

 

本体の重量を測定したところ、2045gとなりました。16インチモデルとしてはやや軽いといった程度ですが、このクラスの性能を持つゲーミングPCとしては軽量です。

 

充電器込みの重量を測定したところ、2770gとなりました。充電器単体では725gとなります。

 

ROG Zephyrus M16のメリット・魅力

タッチパッドの性能が良い

ROG Zephyrus M16を評価する中で感動したポイントがタッチパッド。130mm幅と広い上にさらさらとした使い心地で快適に使うことができました。持ち運びでマウスのない環境で使う人でも効率よく作業が行えるでしょう。

 

スピーカー性能に優れる

ASUS製品全体に言えることですが、本製品もスピーカー性能が高くPC本体のみでも音楽を楽しむことができます。ゲームのために構成を組む人も多いと思いますが、逆にワンデバイスでセットアップしたい人にも向くモデルと言えるでしょう。

 

狭ベゼル

16インチを15インチ筐体に収めていることもあり、非常に狭ベゼルです。見ているだけで惚れ惚れするほどカッコいいです。

 

サイレントモードが驚くほど静か

ASUSはノートパソコンを出来る限り静かにするために技術を投入しているメーカーで、その成果もあってかサイレント性能に長けています。本PCはゲーミングパソコンで静穏性がトレードオフになりやすいモデルですが、サイレントモードは非常に静かです。

パフォーマンスは、Armoury Createを起動して簡単にコントロールができます。

 

iGPUモードがある

独立GPUは本体性能を向上できますが、静穏性や電力が犠牲になります。ROG Zephyrus M16に搭載されているiGPUモードを用いることでCPUプロセッサだけで動作させることが可能。USB-PDを使って100W充電する際にも重宝します。

 

色域が広い

ゲーミングパソコンとしては色域が広く、クリエイターでも使える性能になっています。

 

ROG Zephyrus M16のデメリット・欠点

インターフェイスがサイド方式

主観として最も残念だったポイントがインターフェイスが側面になっていること。このクラスだと常時接続となるであろう電源コネクタも左にあります。

 

ゲーミングPCはマウスやキーボードを外部接続することを前提としていることも多いので、背面インターフェイスの方が前面から見た場合にすっきりさせることができます。そういった点で左側にインターフェイスが集中しているのは残念です。

 

パフォーマンスモードではファン音が大きい

ゲーミングPCなので当然の弱点にはなりますが、パフォーマンスモードでのファン音は大きめです。

 

発熱も大きめ

Core i7-11800Hを搭載していることもあってか、ベンチマーク時の発熱もかなり大きめでした。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

レビューを投稿してみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

 レビューを書いてみましょう

ROG Zephyrus M16
Average rating:  
 1 レビュー
by SIMPC on ROG Zephyrus M16

性能が高く、しかも対スペックで見た場合のコストパフォーマンスが良いことが特徴。GPUを自分の用途に合わせて選ぶことができ、予算を調整できる点も嬉しい。ゲーミングPCは一般的に色域が低くなりがちですが、比較的高くなっているのでクリエイターでも使いやすいメリットもあります。

 

女性目線の口コミ

普段、Let's NoteのSZシリーズを使っている妻からコメントをもらいました。ライトユーザーとしての一意見として捉えて頂ければと思います。

女性目線のコメント

  • シンプルで見た目が良い
  • 頑張れば持ち運びができる

 

ROG Zephyrus M16がおすすめな人

ゲームもするクリエイター

本PCはプロセッサの高い性能、GPUとしての能力、そしてハイリフレッシュレートを備えておりゲーミングユーザーに適している上、広い色域を持つノートパソコンです。

そのため、ゲームだけでなく、クリエイティブ作業をする人にも向いています。8コア16スレッドのintelプロセッサの強みを活かしてより効率的な作業が可能になります。

 

作業効率を高めたいクリエイター

プロセッサの性能が良いことに加えて、タッチパッドをはじめとした操作性が良いことも特徴。PC単体で作業効率を高めたいユーザーにもおすすめです。

 

ROG Zephyrus M16がおすすめではないタイプ

ゲーム性能だけを追求する人

非常に高性能なパソコンですが、ゲーム性能だけを追求するユーザーの場合、色域の良さを追求するよりもより高いリフレッシュレートを追求する方が良いケースがあります。

特に低負荷のFPSなどは高リフレッシュレートが出やすいので、高駆動に予算をかける方が良いケースがあります。好みにもよりますが、ASUSの300Hzを搭載するPCも合わせて検討して下さい。

 

ROG Zephyrus M16のカスタマイズ・モデルの選び方

ROG Zephyrus M16のラインナップはGPUとSSDが選ぶポイントになります。GPUは3050Ti、3060、3070から選ぶことが出来ますが、それぞれ21~26万円台まで幅があるので予算、もしくは自分のやりたいことに合わせて選ぶと良いでしょう。オフィス搭載モデルは無いので注意して下さい。

公式サイトを見る

 

ROG Zephyrus M16の実機レビューまとめ

実用性の幅が広いゲーミングPC

結論

ROG Zephyrus M16は評価結果の通り、ゲーミングPCとしては高性能なプロセッサ、ハイリフレッシュレート、そして広い色域を持つゲームにも仕事にも使えるノートパソコンです。

2kgの重さはあるものの、狭ベゼルを採用したコンパクトさとUSB-PD対応で持ち出しでも使えるメリットもあり、幅広い実用性を兼ね備えた一台となっています

2021年7月15日時点で219,800円から。ASUSは割引が高くなる傾向があるので、必ずキャンペーン・セール情報をご確認ください。

 

ROG Zephyrus M16を安く買う方法

ROG Zephyrus M16に限らず、ASUSのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

ASUSの限定クーポンとキャンペーンで安く買う方法・コツ

ASUS(エイスース)のパソコンは他社と比べて、コスパが高くなっています。性能と安さを兼ね備えたモデルを多く出しているため、「現行が安い」+「型落ちモデルも安い」とユーザーの買い手市場になっています。 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト