当サイトの記事は広告を含みます。

ThinkBook 14 Gen6 AMDの実機レビュー

ThinkBook 14 Gen6 AMDのレビュー概要

複数のプロセッサを選べるノート

ThinkBook 14 Gen6は第13世代のintelプロセッサを搭載したノートパソコンです。

ThinkBookのコストパフォーマンスが魅力的なことに加え、パフォーマンスの異なるより上位のプロセッサを選択できることが特徴的な一台となっています。

こんなタイプにマッチ

  • コスパを求める人
  • 14インチハイパフォーマンスが欲しい人

簡易スペック表

発売日 2024年
CPU Ryzen 7 7730U
Ryzen 5 7530U
Ryzen 3 7330U
RAM 8~16GB
ストレージ 256GB~2TB
画面サイズ 14インチ
GPU AMD Radeon Graphics
USB-PD 対応
LTE・5G通信 非対応
MSオフィス 選択可能
重量 1.38kg
Cinebench R20 3154pts

※詳細スペックはこちら。その他性能は目次よりベンチマーク結果をご覧ください

2024年2月13日時点で税込74,800円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの目次

実際に使った感想(主観)はメリット・デメリットからご覧いただけるとわかりやすくなっています。購入を悩んでいる場合はおすすめかどうかをチェックください。

※本記事ではメーカーより貸出を受けて、テストを行っています。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの特徴

ここではThinkBook 14 Gen6 AMDの一般的な特徴について解説しています。実際に筆者が使った感想、レビューについてはメリット・デメリットの項目をご覧ください。

 

Ryzen 7000シリーズ搭載

ThinkBook 14 Gen6ではRyzen 7000シリーズプロセッサを搭載しており、高いパフォーマンスが出ていることが魅力です。詳しくはベンチマーク結果を参考にして下さい。

 

ダントツのコスパ

14インチのノートパソコンとしては非常に高いコストパフォーマンスを誇ります。14インチのノートパソコンで10万円以下な時点で安いにも関わらず、パフォーマンスも高いという機種です。

 

intel版の場合はHシリーズが選択可能

本モデルはAMD版になりますがintel版の場合はノートパソコンで用いられるUシリーズに加えてHシリーズが選択できることが大きな特徴と言えます。

持ち出し頻度が低い場合、Hシリーズプロセッサを選択してパソコン自体のパフォーマンスをアップするという選択肢もあります。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの価格とコストパフォーマンス

ThinkBookシリーズはもともとのコンセプトが新社会人や大学生向けのエントリーモデル的な位置付けなのでコストパフォーマンスに優れている点が特徴となっており、このモデルもその一つと言えます。

またこれらがターゲットとなっていることもあり、低価格ノートパソコンの中ではスタイリッシュなことも特徴です。

2024年2月13日時点で税込74,800円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのスペック

今回レビューしたThinkBook 14 Gen6 AMDのスペックは以下の通りです。

マシンスペック(技術仕様)

発売年 2024年
製品名 ThinkBook 14 Gen6
型式 -
サイズ 224×313.5×16.9mm
重量(公称値) 本体 1.38kg
電源アダプタ 未計測
CPU Ryzen5 7530U
GPU AMD Radeon Graphics
メモリ(RAM) 16
ストレージ 1st 512GB
2nd -
ディスプレイ サイズ 14インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 8:5
形式 IPS
リフレッシュレート 60Hz
生体認証 指紋 有り
顔認証 無し
フロントカメラ 画素数 1080p
物理シャッター 有り
リヤカメラ 画素数 無し
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax
bluetooth v5.2
LTEモジュール 対応の可否 非搭載
SIMカードサイズ
光学ドライブ 非搭載
バッテリー サイズ 45Whr
公称値 最大15時間

※レビュー機種以外やカスタマイズ内容などの詳細スペックはこちらからご覧ください。

他グレードを見てみる

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのベンチマーク

CINEBENCH R20

CINEBENCH R20の測定値は3154pts、シングルコア537ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。Cinebench R20のスコアは3000ptsを超えており、低価格ノートパソコンとしてはかなり高めのパフォーマンスとなっています。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23の測定値は7262pts、シングルコア1438ptsという結果になりました(パフォーマンスモードで測定)。他機種のデータについてはCINEBENCHの結果一覧をご覧ください。

 

Crystal Disk Mark

Crystal Disk Markの測定結果は以下の通りです。READの値は3500MB/sを超えており、低価格ノートパソコンとしては十分なパフォーマンス。実利用で不満を感じることはまずないでしょう。

 

ゲームベンチマーク

FF15

ファイナルファンタジー15のベンチマーク結果は以下の通りです。全てフルHD品質でテストを行っています。他機種の結果は、FF15のベンチマーク結果一覧をご覧ください。

モード スコア 評価
最高品質 - -
高品質 - -
軽量品質 1483 動作困難

 

CPU-Z

CPU-Zでの検証は以下の通りです。クリックで拡大することができます。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのモニター評価(色域・トーンカーブ)

モニターの評価結果は以下の通りです。タブで色域の評価結果とトーンカーブの測定データを切り替えることができます。測定はi1 Display Proを用いてデータ測定後、Color ACにてIICプロファイルからカバー率などのデータを作成しています。

sRGB

Adobe RGB

 

カバー率及び、カバー比のデータは以下の通りです。

カバー率 カバー率 カバー比
sRGB 61.3% 62.5%
Adobe RGB 46.3% 46.3%

 

トーンカーブの評価結果は以下の通りです。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの通信環境(WI-Fi)のテスト

今回はテストしておりません。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのUSB-C(PD)による充電テスト

USB-Cの充電テストを行いました。30W以下では低速充電表示が出るものの45W以上では問題なく使うことができました。

USB-PD 充電の可否 検証した充電器
20W PowerPort Ⅲ Nano
30W PowerPort Atom Ⅲ Slim
45W PowerPort Atom Ⅲ Slim
61W RP-PC133
100W AUKEY PA-B7

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの外観

天板はThinkBookとLenovoのロゴが配置されています。

 

背面には縦向けのスリットが入っています。

 

正面から見た様子です。ベゼル幅は並程度です。

 

上部ベゼルです。

 

下部ベゼルです。

 

本体右側にはセキュリティロック、有線イーサネットコネクタ、USB Type-A、4in1メディアリーダーを備えます。

 

本体左側にはUSB Type-C、USB Type-A、フルサイズHDMI、USB Type-C、コンボジャックを備えます。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのメリット・魅力

とにかくコスパが高い

ThinkBookシリーズは特徴でも書いた通り、コストパフォーマンスではずば抜けています。同メーカーのモデルの中ではIdeaPadが比較対象として挙げられますが、本体のデザイン性を含めると筆者の主観的にこちらの方がコストパフォーマンスが高いのではと感じます。

 

上位モデルでも価格は安め

Ryzenモデル全般に言えることですが、プロセッサパフォーマンスが上がっても価格はintel版に比べると控えめです。対ベンチマークスコアで見た時のコスパが高く、お得感があります。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのデメリット・欠点

上位モデルはコスパが悪くなる

本モデルに限らず低価格モデルの上位機種に言えることですが、どうしても上位モデルを選択すると同じメーカーのハイエンドモデルとの差が小さくなります。価格差が縮まるだけでなく、本体質量という本体プロセッサ以外での比較ポイントが出てきます。そのため、上位モデルを選択する場合はこの機種だけでなく同価格帯のハイエンドモデルも合わせて選択することが求められます。

 

色域カバー率は低め

低価格ノートパソコンは総じて価格差がディスプレイに現れがちです。そのため、色域カバー率が低い結果となっている点に注意が必要です。もしクリエイティブ用途で使うつもりならおすすめはできません。

 

みんなの口コミ

ぜひ口コミをご投稿ください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

ThinkBook 14 Gen6 AMD
Average rating:  
 1 reviews
 by SIMPC

本体のパフォーマンスが高く、しかも安いためとりあえずパソコンが欲しいユーザーにはおすすめな一台です。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDがおすすめな人

コスパを求める人

何度も繰り返しになりますが、コストパフォーマンスを求める人にはぴったりの一台と言えます。さらにラインナップが数多くあるため予算に合わせて選ぶことができるでしょう。

 

PCの持ち出しが少ない人

上位のプロセッサを選ぶことでパフォーマンスを上げられます。ただし、その分消費電力が上がるためパソコンの持ち出しが少ない人に向くでしょう。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDがおすすめではないタイプ

持ち出しが少ない人

14インチノートパソコンなので、1.38kgと持ち出しには困らない重量感です。しかしながら、14インチのハイエンドモデルの場合1.1kgを切るモデルも多数あります。もし頻繁に持ち出しをするなら多少費用が掛かってもハイエンドなモデルを選択すると良いでしょう。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDのカスタマイズ・モデルの選び方

一般的な利用用途の場合は、Ryzen3 7330Uモデルでも十分使えるでしょう。ただ、Ryzen5モデルでも価格的には控えめなので、予算が許すならより長く使えるこちらのモデルがおすすめです。

公式サイトを見る

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDの実機レビューまとめ

コスパを求める人への一台

結論

ThinkBook 14 Gen6はここまで説明した通り、非常にコストパフォーマンスの高いノートパソコンです。

さらにプロセッサを数多く選択できるため、予算に合わせて自由度を高く選びたい人にぴったりです。

2024年2月13日時点で税込74,800円から。現在の価格については公式サイトをご覧ください。

 

ThinkBook 14 Gen6 AMDを安く買う方法

ThinkBook 14 Gen6 AMDに限らず、Lenovoのパソコンを安く買う方法については以下の記事でまとめています。購入前に必ずご確認ください。

【2024年2月】レノボ公式のネット限定Eクーポンとキャンペーン・セール・学割で最大限安く買う方法・コツ

lenovo(レノボ)のパソコンをできるだけ安く買う方法として、ネット限定の「Eクーポン」、「キャンペーン(セール)」、「学生専用ストア(学割)」があります。 また、あまり知られていませんがレノボの購 ...

続きを見る

 

関連記事・ライバル機種

他機種のレビュー

ライバル機種のカテゴリーをピックアップしています。

関連公式サイト